FC2ブログ
プロフィール

ぱすてぃ

Author:ぱすてぃ
百合が好きでポケモンを好む、文章を書く人です。
好みのゲームは任天堂系/テイルズはじめRPG全般/デモンズ・ダークソウルなど。
百合は小説漫画といろいろ。百合文も書きたいです。

【ドラクエ10】
ぱすてぃ [MY795-653]

最新記事

リンク

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログコミュニティ

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

ポケットパスタ・ゲーム記
ゲームのプレイ日記を書きたい分だけ書くブログです。3DS「RPGツクールフェス」で『かけらのメガルエ』を第1回コンテストに投稿中。
大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL 【1】 行こう、スマブラへ!
sb1-8.jpg

 大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL!
 12/7(金)、ついに解禁されました!! 
ひゃっほー!

 プレイに専念しすぎて発売から2日ほど経ってしまいましたが、さっそくいくつかプレイ状況や感想など書いていきたいと思います!


ファイター解禁はやっと大詰め!


sb1-5.jpg

 まずは、使用可能になったファイターのお話!
 現在、67体まで解禁しました! Miiファイターを除けば残り人数は10を切っている……はず!
 
 挑戦者は各モードを遊んでいるとばんばん乱入してきますけど、今回、挑戦者がけっこう強いですね!
 初戦のときはかなり負けてしまっています。一度攻撃を当ててからの追撃が本当にタイマンの上手い人みたいで恐ろしい!
 挑戦者の間で再戦するときはおそらく難易度が下がっていると思うので、そこでようやく撃破というキャラが大半です。それでも負けちゃうことも!


持ちキャラはもちろん……


sb1-3.jpg

 行こう、楽園へ!!!!!!


 ということで、現在メインで使用しているファイターはレックスです。レックスです!!!
 ただネタではなくいちおう本当にレッ……Miiファイター(剣術)を使っています! 見た目がネタ? やめてくださいかわいいでしょうこのつぶらな瞳!


sb1-2.jpg

 Miiファイターは必殺ワザをそれぞれ3つの中から選択できるので、レックスっぽいワザをもちろん入れていくわけですよ!
 Bの『ラピッドスラッシュ』は炎をまとった攻撃でまさにぴったり!
 上Bの回転斬りはローリングスマッシュですし横Bのチャクラムはニアから借りてきたわけですし下BのカウンターはメレフとかハナJKから教えてもらったんでしょうしもう完璧ですね! ええ! だってこれが使いやすかったんだもん!!!

 ただ本当に、今回はMiiファイターを野良のオンでも使用できるのは嬉しいところですね!
 前作ではほとんど触っていなかったんですが、今回はレックス以外でもキャラを作ってみたいなという気にさせられます。

 剣術Miiは剣持ちにしてはややリーチが短いものの、全体的にワザにそつがなくて操作はしやすい印象です。
 スマッシュ以外では主に空中前と後ろを復帰阻止で当てて撃墜を狙う感じですが、まだ操作がおぼつかないところがあって復帰を失敗してしまうことも……。
 また、空中上がこの手の技にしてはかなり撃墜向きなので、乱闘の時などは結構頼っています。横の範囲が狭いので、うまく狙わないとですが!
 あとはやっぱBのラピッドスラッシュ! これで撃墜できたときがほんとレックス感あって気持ちいい!

 ともあれ、レックスが正式参戦するまではこの自分をレックスだと信じ込んでいる見知らぬひとでなんとか頑張りたいと思います! 来ますよレックス! きっと! たぶん! さっそく5人のうち1人埋まってもうたやないか!


 基本的にはいつも1キャラに絞らずに遊ぶ派なので、他にも使えるキャラは増やしたいなと思っています。
 今回はほんとキャラが多いので、新キャラじゃなくてももう全然触れてなかったり操作が分からないキャラもたくさん……forのDLCは全く買わなかったので、結構知らないキャラが多いです。

 ひとまず、前作で愛用していたロボットはおおむね変わらない感覚で操作できています。といっても前みたいに動かすのは全然できないですが!
 久々に復活したこどもリンクも、かなりとっつきやすくて比較的なじむ感覚があります。トゥーンはどうしても個性が強いように感じてなかなかなじまなかったので、やっぱりこどもリンクの扱いやすさは嬉しいです!
 あとはプリンちゃん、パルテナ、ロイ、ルキナ、ピチューあたりが気になっているかな、という感じです。ピチューほんとかわいい!

 操作を覚えるのが大変そうなキャラの中にもなじむキャラクターがいるかもしれないので、ほんと色々触っていきたいですね。一通りのキャラを知る過程だけでもどれだけ時間がかかるやらです!


ボリューミー&ハード、スピリッツ!


sb1-7.jpg

 スピリッツ系のモードも、気が向いたときに少しずつ遊んでいます!
 スピリッツボード、灯火の星ともに予想していたよりも歯ごたえがあって、星3以上のスピリットとの戦いでは結構負けてしまうことも多いです。
 ちゃんと編成をしないと勝てない難易度バランスになっていたほうが面白いんじゃないかなとは感じていたので、これは悪くないことかなと思います。
 全体的にこちらが不利になる特殊ルールが多く、それをスピリットで無効化してようやくイーブンに持っていったり、あるいは強力なスピリットでごり押すという遊び方に傾いている感じはあるんですが、このへんの評価は灯火の星を一通り終わらせるまで保留にしたいと思います!


sb1-4.jpg

 スピリットとのバトルはそれぞれの原作の要素を落とし込んでいて、知っている作品だとにやりとできることがありますね!
 画像は斬撃のレギンレイヴの『フレイ&フレイヤ』ですが、こちらが巨大化するというのでちょっとにやりと来ました。
 あとヨッシーアイランドのつぼおばけは白いからってでかいWiifitトレーナーぼんって置くの面白いからやめて!
 わたしは参戦作品のうち知らないものも結構多いですが、全部わかる! って人だとほんと楽しみが多そうです。

 灯火の星もスピリッツの総数もかなりボリュームがありそうなので、焦らずに進めたいなと思います。
 

もまれるしかない、オンライン!


 そして、ちょっとずつオンライン対戦も遊んでいます!
 Xやforでは結局ほとんど遊ばなかったので、今回もそんなにはやれない気もしますが、まずは参戦してみました!

 いやほんと、うまい人が多い! というかわたしが操作がおぼつかなすぎる!
 タイマンになったりすると、大抵なにもできずにぼこぼこにされてしまいます。
 予想してなかった動きでやられるのはまだしも、ダッシュ攻撃を何度も食らっていて次も確実に来ることが分かっているのにやっぱり食らっちゃう……みたいな、予想できているのにやられることが多いのが辛いところです。


sb1-6.jpg

 それはそれとして、今回は『優先ルール』というシステムがあります!
 今のところ、自身の優先ルールはこんな感じです。
 1on1はシビアなので乱闘にしつつ、アイテムあり乱闘だとはちゃめちゃすぎて操作の感覚を掴みづらいのでアイテムを封印……という感じですね。

 ただ自分の優先ルールは絶対ではないので、マッチングした人のルールで遊ぶことも多いです。
 わたしの場合、ストック制の乱闘で戦うことになるケースが結構あります。アイテム封印だとストック制やりたい人が多かったりするのかも?
 
 実は個人的に、ストック制乱闘は遊びの感覚としてはわりと好きだったりします!
 タイム制よりも自分の身を守ることを意識するぶん適度に緊迫感が増すのと、やられた人が出て人数が変わるとバトルの様子が変化していって最終的にタイマンになだれこむ……という展開が面白くて、ストック制乱闘を自分の優先ルールにしていたこともありました。

 ただ、身内じゃないストック制乱闘はどうしても逃げプレイや待ちプレイが横行しやすくなると思うので、上に行けば行くほどかなり消極的なバトルになりやすいんじゃないかなーと思って、上に行く前の早い段階でタイム制希望にシフトしとこうかなと思った次第です。
 ストック制乱闘、負けた人が試合終了まで抜けられないのもやめてほしいですね! 何かシステム上の問題があるのかもしれませんけど、これはちょっと前時代的だと思います。


 世界戦闘力や優先ルールといった独自のシステムが混乱を呼んでいるところがあって、これが発売から少し経ってもまだちゃんと機能しない状態が続くようなら、何かてこ入れは必要なのかなという感じはします。
 ただ個人的にはそれほど悪くない遊び方ができているので、今の段階ではXやforより合っている……かもしれません!


軽くまとめ


sb1-1.jpg

 ということでスマブラSP、ついに初プレイができました!
 まだ現状、キャラを思い通りに動かすというところで躓いている状態なので本当にどこから手を付けていこうかって感じです!
 それでも、とにかくさすがスマブラって感じの楽しさとボリューム感に触れられて、もっともっと遊びたい気持ちでいっぱいです。
 やりたいと思った部分から、少しずつ手を出していきたいと思います。まずは全ファイター出しちゃいたいですね!

 それでは、今日はこのへんで。そういえばまさかMiiファイターの見た目オンだと反映されてないとかありませんよね! 自分をレックスだと信じ込んでいる人を使っているつもりが自分がいったいなんなのかもわからないのにタグだけホムラついている人になってるとかだったら切なすぎる!

スポンサーサイト
web拍手 by FC2
ドラゴンクエスト10 【444】 4.4の各コンテンツを遊んできました!

 444で4.4! ねらってないです! ほんとです! ねらいませんこんな超不吉な!

 さて!
 12/5(水)、ドラクエ10はバージョン4.4の配信を迎えました!
 こちらの記事では、4.4で新登場した各コンテンツについて、軽く触った感想を書きたいと思います。
 先ほど、ストーリー内容の感想を書いた第443回も投稿したので、そちらもストーリークリア後によろしければお願いします。


夢の20万超え! 上限解放後の初メタキン!


dq443-12.jpg

 うひょー!!
 Lv上限が108に解放されたので、少しだけメタキンをやってきたんですが……見れました、夢の経験値20万越え!
 今回から1戦闘あたりの上限経験値が299999になったので、メタキン2匹ならこれまでより多くの経験値がゲットできます。
 画像のときはスパスタの方とご一緒させてもらい、スマイルによってこんな数値に! しあわせ!

 現在、まもの使いと踊り子だけ108まで上げました!
 基本的には後は適当にやろう……と思っていますが、まだ100の職も残っているので少し意識しないと追いつかないかなという気もします。なんだかんだスマブラよりドラポヨな年末年始になる可能性もなくはないです……なのかどうか!


屈強な虫たちが迫る! 防衛軍の新軍団!


dq443-5.jpg

 アストルティア防衛軍には、Lv100武器の実装に伴って『銀甲の凶蟲兵団』が新たに登場!
 チョッピ荒野を舞台とする防衛戦で、シンプルな地形が幸いしてちゃんと広範囲を使ったバトルができるようになっていて、個人的にはゾンビ兵団よりは好きな戦場かなと思います。


dq443-10.jpg

 ただ、この虫兵団、かなーり強い……!!
 侵攻隊長シザルグを筆頭として、ザコのスペックが全体的にかなり優れているので、ザコ処理の難易度がだいぶ高くなっています。
 このシザルグを大暗黒の魔鐘が呼び出すため、鐘を落とすことの重要性も高いですね!
 火力が足りなかったりアイテムの使いどころが悪いとあっという間に門に敵が殺到して、あっさり防衛失敗になってしまいます。
 

dq443-9.jpg

 重要になってくるのが、大砲!
 3箇所に設置されているほか、このマップの砲弾は高威力の『強化砲弾』になっている上に相手を痺れさせる砲弾もあるので、砲撃がしっかりできるとかなり防衛が楽になります。
 慣れないながら天地で砲撃役に回ってみたときは、わりといい感じに防衛することができました。
 新登場の『オトリストーン』を中央の砲撃ポイントにおいて、敵を集めたところに砲撃を叩き込めると非常にいいですね!

 防衛軍、固定周回はやらないのであまり長く触れることはないと思いますが、歯ごたえのある新軍団の登場で活気がつくのは良いことだと思います!
 個人的には、ブーメランの速度が1つ付いたやつだけは防衛軍で取りたいので、とりあえずはそこまでですかね!
 ブメは新素材の針の必要数が少ないので、安定して勝てる別の兵団の時に行って針を集めるのも悪くないかなと思っています。


隠密のよろこび、バトルトリニティ!


dq443-13.jpg

 そして今回の新コンテンツ、バトルトリニティもさっそく遊んできました!
 ルールはそれほど複雑ではないので、何戦かやればおおむねの感覚はつかめると思います。

 基本的には、陣取りの要素がついて操作が簡単になっている対人戦ですね!
 個人的にはわりと繰り返して遊びたくなるような感じがあって、思っていたよりも楽しめています。
 全員の基礎能力が同じなのと、行動時にタゲ指定をしないボタンコマンドなのが好感触ですね!


 戦士・武闘家・魔法使い・盗賊の4職がありますが、わたしはなんといっても盗賊がお気に入りです!
 自分の姿が一定時間見えなくなる『隠形の法』という技が実装前から気になっていたんですが、これが期待以上にいい感じで楽しく戦えています。
 姿を隠して瀕死の敵にトドメをさしたり、敵陣のジュエルを取ったり……やっぱ隠密プレイってすごく性に合ってます!


dq443-14.jpg

 まだ2回くらいですが、ポイント1位を取ることもできました。
 盗賊は他の職に対してはほぼ正面から戦うことができませんが、制圧とジュエル集めをしながらうまいこと攻撃を差し込んで、なるべく死なないように立ち回ると十分に貢献できてポイントも獲得できると思います!


dq443-15.jpg

 バトルトリニティでは、消費換金系アイテムを中心に報酬も獲得することができます。
 ピンからキリまで幅が広く、時間に換算すればぜんぜん大した報酬ではないと思いますが、対人戦のミニゲームのおまけについてくるものと考えるとある程度嬉しいくらいのものはもらえる感じで、ひとつのモチベーションになっています。

 また、1000回戦う実績があったり各職のランク上げの経験値がかなり多かったりと、各実績を取るためにかなりたくさんプレイする必要があるので、DQ10のコンテンツとしては積み上げていくものが多めに用意されているのもモチベーションには繋がりやすいと思います。各職のジュエル武器とか簡単に取れるんだろうと思ってましたけどあれかなり大変そう!

 そんな感じで、遊びが気に入れば気軽に長時間入り浸ることもできる内容にはなっているかなと思いました!
 7日からのスマブラがなければ、結構がっつり遊んでいたかもしれないです。ほんとなんで今なんですか!!


 ともあれ一方、1点だけこれはやめて欲しいなと思う部分があります。
 ずばり、固定PTを組んだ状態で通常のマッチングに参加できることです!
 当然ながら固定と野良で圧倒的に差がつく内容だと思うんですが、固定PTを組むことに制約がないどころか専用マップで5人PTを組んだ状態で参加ができるので、(判断はつかないにしろ)固定PTに圧倒されるということもままあると思います。
 
 イベント開催の対抗戦ではおそらく野良部門と固定部門を分けるんだと思うんですが、だからといって普段ごちゃ混ぜでいいってわけでは絶対に無いと思うので、ちょっとここは本当に考え直してほしいですね!
 実装から日が経つほどより固定PTを組んでいる人の比率が多くなり、またそういった環境が合わなくてやめる人が増える……という、コロシアムとまったく同じよくない循環が起こり得る可能性がけっこう高いと思うので、早めに動きがあるといいなあと思います。
 ただこのゲーム、あんまり固定と野良の違いを重要視していないところもあるのかなと思うので、それほど期待しないほうがいいのかなとも感じます! いずれにしても、はっきりした考え方を持ってマルチプレイコンテンツの仕組みを組み立ててもらえるといいなと思います。


軽くまとめ


 というわけで、4.4の新コンテンツとして、108解放・防衛軍・バトルトリニティを触ってきました!
 当日から遊べる内容としては今回結構ボリュームが多くて、なかなか網羅しきれませんでした。
 スマブラが来たらしばらくはそっち中心になると思いますが、4.5までの期間中にもうちょいそれぞれ遊んでもいいかなと思っています。あとやっぱビルダーズ2はちょっと見送ります! ぜったいムリや今は!

 またお話の話題ができましたら、色々と書いていきたいと思います!

 
dq443-11.jpg

 それでは、今日はこのへんで。そういえばついにギラグレイド踊り子が完全体になったんですよ!! 虫軍団にぼこぼこにされましたけど!!


web拍手 by FC2
ドラゴンクエスト10 【443】 4.4ストーリーの感想です!

4.4メインストーリー、やってきました!


dq443-2.jpg

 12/5(水)、バージョン4.4の配信日がやってきました!
 なんだかもうバージョン4はすっかり後半で、早くも、という印象を持ちますね。バージョン3と比べるとあっという間にバージョンが進んでくれたイメージ!

 ともあれ、この記事では4.4のストーリー部分のみのお話を軽めにしていきたいと思います!
 4.4メインストーリー・サブクエストのネタバレを含みますので、ご注意ください。



==以降、バージョン4.4のネタバレを含みます!==



さすがのプクリポシナリオ! 4.4の舞台・世界観まわり


dq443-3.jpg

 1つめのピックアップは、なんといっても…………そう、プクリポがメインになった今回の舞台、「アルウェーンの町」での物語について!
 いやもう、ダーク! ダークもダーク! プクリポ回+失敗した世界という組み合わせに火がついたのか、ここぞとばかりにえぐい舞台を用意してきましたね!
 街にはじめて着いたときに、SFでありそうなディストピアっぷりに思わずぞくぞくしてしまいました。
 このとき、奥のほうにある療養施設や保育施設を見る前にストーリーを進めてしまったんですけど、ちゃんと台詞見ておけばよかったです! どっちも怖すぎ!


dq443-1.jpg

 そして今回は、舞台そのものもSFチック! 「宇宙船アルウェーン」!
 かわいい昇降機を使った先でいきなり外に宇宙空間が広がる冷たい雰囲気の廊下に出たときは、ほんとどうなんのこれって思っちゃいました!

 でも、宇宙船だと判明してからはまともに会話ができるプクラスと出会い、その複製体であるC141が悪さをしていたということが分かって、わりとストーリーの軸がつかめたというか、戦うべきものが分かって安心した感覚になりました。

 が!
 決着の付き方も、またなんとも苦い味わいですね……。
 もう少しすんなり解決がついたり、アルウェーンの町全体がオルフェアみたいに活気づいて終わるのかなと思っていたんですが、全然そんなことなくてまた予想が外れてしまいました。
 特に、無限動力炉が止まっちゃったからまた奉仕室の装置使って自分たちの感情エネルギーで持ちこたえよう! ってなったのが君らそれほんとに大丈夫なんですかっていう!
 無限動力炉の復帰の望みがかなわないまま、記憶の結晶の助けがあっても次第にみんな感情を生み出せなくなって行って、最後は何も感じなくなったまま滅亡……みたいな未来も予見してしまいそうな終わり方で、とにかく綺麗に、簡単に解決をつけさせる物語じゃないぞ、という雰囲気を強く感じました。

 バージョン4のストーリーは全体的にそうした各町のシナリオの終わり方において、一筋縄では決着させない作りになっていると思うんですが、今回はとびきりそれを強く感じた回でしたね! 
 たぶんこの先が語られることがないぶん、4.1の古グランゼドーラ以上にきつい! という印象を持ちました。


dq443-16.jpg

 個人的にもっともゾクっとしたのが、アルウェーンのNPC住人たちのリストを見たときでした!
 雑! めっちゃ雑! 適当にハヒフヘホ並べてるだけじゃないですかこれ!
 でもこのハ行の羅列が、一定のシステムに基づいて住人の出生から何からすべてを管理しているということを想像させて、かえってそこに一種の整然さを感じてしまいました。そのプクが死んじゃったら同じ名前また使いまわすんだろうなあとか……。
 半濁音が使われていないことも、プクが本来持っているはずの情緒や躍動感も失われいてることをイメージさせて、なんとも末恐ろしかったです!


ゴフェル計画とアストルティアの滅亡



 アルウェーンの町の正体は、本編より後の時間軸で滅亡を迎えることになったアストルティアから脱出するための、「ゴフェル計画」のために作られた宇宙船でした。
 ゴフェル計画と言えば神話篇ですけど、あれは災厄の王への対抗策として使われたものだったと思うので、それを流用したという感じでしょうか。ちょっとこのへんよくわかってないですが!

 驚いたのは、本編からちょっと後くらいの時代にあんな宇宙船を作れたことです!
 アストルティア博物館に、キラキラ大風車塔+大地の箱舟の装甲+無限動力炉で作り上げた……とか説明ありましたけど、それだけでここまでのものが作れるのかっていう驚きというか、疑問がありました。電車だけじゃ絶対足りないでしょう装甲とか!
 それだけ、無限動力炉という代物がとんでもないモノだったということなのかもしれません。

 その無限動力炉の技術の元となったのが、アストルティアを滅亡に追い込んだ「無限に増え続ける魔獣」でもありました。

 ってことは、その!


dq443-17.jpg

 これにやられたんですか、これに! 我々のアストルティアが! こんななんか変な触手ついたやつに!
 確かに無限増殖って最強ではあると思いますけどなんか意外でした!
 アストルティアが滅ぶことになった原因って、あの繭の中にいる存在によるものだと思ってました。
 そうではなくて、今まで出てきた異形獣の一種っぽいバイロゴーグも世界を滅ぼすほどの存在として登場したのがわりと意表を突かれた感じがしますね! こいつだけ強すぎる!

 こうなると、繭の中にいる存在が何者なのかということもまた気になってきます。
 もちろんそちらも脅威的な存在なのかなとは思いますが、なんかちょっと、素直にどえらく強い魔物……とかいうことではなかったりするのかも? なんて風にも感じています。
 バージョン4の大ボスとしては、いまだ箱の姿でしか登場しないもののキュロノスという存在がいるので、そのキュロノスが育て上げている繭の中身がどんなポジションになるのかは気になるところです。


シリアスに、シビアに! 4.0のキャラクターたち!


dq443-7.jpg

 4.3に引き続き、今回もメインストーリー中でバージョン4.0の主要キャラたちにある程度出番が用意されていました。
 ああぁファラスが……! クオードと並んでお気に入りのキャラでしたし、まだまだ出番作れそうな役柄だと思ってたので惜しい!
 キャラの立場的には最大限の活躍をして散って行ったと思うので、そこは救いだったかなと思います。バトルの時もかなりカッコよかった!

 パドレはやはり完全にキュロノスに操られていて、ついに正気を取り戻した形に。
 正直この操られ展開はかなり残念だなと思っていたんですけど、今回明かされた本来のパドレが非常に正統派でかっこよかったので、かえってパドレへの評価はわりと持ち直したかなという感じはあります。


dq443-6.jpg

 リンジャクエの時から話にあった、リンジャーラとの異空間での決戦後のシーンを見られたのが良かったですね!
 ここはかなりイメージしていた内容に近かったです。やっぱこういうことあったんだ! と!
 でも、マローネ(と子供)が深く絡んでいることはあんまり予想できてなかったです。もっと、力を使い果たして無抵抗になったパドレをキュロノスが一方的にゲットするような感じかなと思ってたので、予想していたよりキュロノスの悪役らしいところが見られたなって印象がありました。

 そしてなんといっても、マローネですよマローネ!
 まさか既にキュロノスがゲット済みだとは思いませんでした! さんざんプレイヤーのこと欲しがってたからてっきり手持ちパドレだけなのかと思ってたじゃないですか!
 マローネもパドレと同じように甘言を操って仲間に引き入れたのか、それとも今度こそ一方的にゲットしたのか、そのへん気になります。
 マローネはまだ一言もしゃべっていないですし、本来は戦ったりできないキャラのはずなので、パドレよりも強引に支配している可能性もあるのかなーとか!

 いずれにしても、4.0のキャラクターたちはみんな境遇がとにかくシリアスになっていきますね……。
 メレアーデがもうシビアすぎじゃないですかこれ! 違和感出るからねこあつめやっぱいらなかった説を提唱します!

 ひとつ思うのが、ここまで人が死んで失われてのパターンが多いと、最終的にこのキャラたちの復活もあり得るんじゃないかなということです。
 もう一人のメレアーデとか、4.4でもゴミ処理場で出てきたプレイヤーの影とか、「やり直し」をしているように見受けられるキャラがいるので、今までの様々な犠牲などを食い止めに行く展開も可能性あるのかなとか思いました。

 ただ、そんなことやってる尺がもうないですよね!
 シナリオ、なんだかんだで後はもう4.5を残すのみとなりました。
 当然、前期後期などで複数回に分かれたシナリオになるとは思うんですけど、それでもやらなくちゃいけない内容が目白押しだと思うので、今までの失敗や犠牲を丁寧に拾っていくのは難しい気がします。
 違和感のない形で納得のいく各キャラの顛末になるかどうか、ここはぜひ注目したいところです!


軽くまとめ


 ということで、バージョン4.4のメインストーリー周りのお話でした!
 細かいつながりに気になるところはありましたし、いつもの魔獣を倒す手段を見つけるために時間移動するという流れでワンパターンさを感じたところもありましたが、意外な舞台で展開する色々な意味で印象深い話で、NPCのセリフや本の内容なども込みでけっこう楽しむこともできたお話だったと思います。


dq443-8.jpg

 この発言がかなりあっさり出てきて、うやむやになっているのも気になりますね!
 ミスリードという可能性もなくはないですが、今回のサブクエストのバルザックの血筋関連も「きょうだいはバルザックの家系だけど、主人公にとってあくまで育ての親」ってことだと思いますし、パドレとマローネという印象深いキャラを出しておきながら他にどんな両親がいるのかって話になりますし……。
 
 いったい、バージョン4.5のお話、どうなるやらです! 次は3月くらいかな? また期待しておきます!

 それでは、今日はこのへんで。パドレさんのそらをとぶってキュロノスパワーじゃないんですか! それできたらもう絶の震撃怖くないですやん教えて!


web拍手 by FC2
ドラガリアロスト 【12】 光レイドイベント『闇穿つ光の歌声』をプレイしています!

早くも2回目、光属性イベント!


写真 2018-12-05 8 42 41

 しばらくぶりの、ドラガリアロストの近況です!
 無課金プレイを続けていて、プレイヤーLvは100に到達しました。スタミナ最大値が上がってLvアップ機会も減ったので、スタミナが溢れにくくなったのはありがたいです。

 さて、11/30からは『闇穿つ光の歌声』という光属性のレイドイベントが開催中です!
 まだスポットが当たっていない闇属性が活躍するイベントが来るかと思いきや、ハロウィンに次いで早くも2回目の光属性向けイベントが来たという形になってちょっと驚きました。
 その光レイドイベント関連の感想、ざくっといきます!


狙うは一点、らぶ注入! 愛の調べガチャ!


 今回のイベントに合わせて、召喚ガチャも『響き渡る愛の調べ』という光属性推しの内容になりました。

 目玉はなんといっても、星5光ドラゴン『キューピッド』!
 初の光属性で攻撃40%のドラゴンということで、間違いなく現状では最高の光ドラゴンになります。
 今までリンドブルムやハロウィンシルキーといった攻撃力補正の光ドラゴンを引けていなかったので、なんとしてもここでキューピッドを引きたいところですが……ガチャの結果は!

 さあ、ずきゅん!



 と、最初の10連召喚で虹色の星5ドラゴン確定の演出が!!

 これは!!

 ほんとに!!


 
写真 2018-12-05 8 42 42 (2)

 らーーーーぶっ♪!!!!!!!!!!!




写真 2018-12-05 8 42 42 (1)

写真 2018-12-05 8 42 42

 あとこんな感じです。もう10連やったんですがそちらも鳴かず飛ばず!


写真 2018-12-05 8 42 41 (3)

 ただ、その後の4連くらいで星5護符の『響き渡る歌声』をゲットできました。
 スキルダメージ20%&HP70%以上で会心+5%という、わりと汎用性の高い能力なので、各パーティの操作キャラの基本護符として使ってます。

 まだ竜輝晶は17000ほど残っていますし追加の10連召喚チケットもプレゼントされたので、もう少し回してもいいかなとは思ったりはするんですが、今のところは踏みとどまっています
 今回のガチャ、ほぼキューピッド一点特化という印象があるんですよね! ルクレツィアは個人的にアマネを育てているので属性+武器被りになってしまってそこまで魅力を感じないのと、毎回ひそかに楽しみにしている星4ドラゴンのピックアップもリンドブルムじゃなくてユニコーンなので、キューピッド以外で有益なキャラ等を召喚できる可能性がかなり低い印象を受けています。
 ここからまた10、20と引いてキューピッドが出なかったときのダメージがかなり大きいので、ここはなんとか耐えようと思います!
 
 スマホゲーはほぼ初なので具体的には承知していませんが、どうも年末年始のガチャには目玉になるキャラクターなどが来ることも多いなんて聞くので、そっちに賭けてみるのもありかなと思ってます! そこでダメだったらつらそうですけど! おねがいします!


持ってる力を寄せ集め、光レイドパーティ!


写真 2018-12-05 8 42 40

 ガチャ結果を踏まえた上での、今回のイベント向けの光属性パーティはこのようになりました。今回もアマネちゃんメイン!
 ヴィクセル、エリアスで最低限の光戦力を確保しに行っています。ヴィクセルはスキル1が全体回復+リジェネなので、それだけでも回復役として機能しますし、ハロウィンの光杖で単体回復も確保できるのがありがたいです!
 アレクシスは個人的に毎度おなじみの戦力枠みたいな感じですが、やる気のバフでマジェスティックタイドが(たぶん)ブーストされるので、その点での相性はいいのかもしれません。


手堅い? 堅い? サブナック!


写真 2018-12-05 8 42 41 (1)

 今回のレイドボスは、闇属性の『サブナック』!
 ざっくりした印象としては、今までのレイドボスの中では一番手堅くまとまっているかなと感じました。
 フレガノスほど極端に攻撃を避けること前提のボスでもなく、ヒュプノスほどこちらにダメージを強要してくるわけでもなく、ほどほどに避けつつダメージを受け止めつつ戦えるボスかなという印象です。

 ただ、けっこう耐久力が高いという印象を受けました!
 敵の攻撃の引きが悪くてNPCがたくさん落ちてしまうと時間切れも見えてきたりすることもあって、なにより硬いボスというイメージが一番強いです。
 攻撃面、防御面ともに、なんというか少しのっぺりした印象があって、手堅くはあるもののプレイ感覚としては個人的にはそこまで好感触ではないかなーとは思います。一番楽しかったのはやっぱフレガノスなんですけど、ただあれは耐久が不要すぎたのでそこは難しいところですね!


写真 2018-12-05 8 42 40 (1)

 また、今回はEXレイドバトルの出現率がかなり低下しています!
 サブナックの硬さも含めて、イベントをこなすための所要時間がかなり掛かるようになっている感じがあります。
 これからやりたいゲームが目白押しなこともあり、今回はちょっと銅銀を1000で金は2000まででもいいかなと思っています!
 星空の煌きを1つ逃すことになりますが、現状いくつかストックがある上に特にガチプレイをしていないので、それほど支障はないように感じています。後で泣くことになったら泣きます!


軽くまとめ


写真 2018-12-05 8 42 42 (2)

 ということで、水属性のキューピッド……でもないじゃないですかリヴァイアサンならまだしも!  を手に入れた光レイドイベントでした。
 期間はまだしばらくあるので、各環境を見つつ目標ラインを定めたいと思います。

 イベントが次々に開催されて常に新キャラクターや新ボスが登場するのは、やっぱり嬉しいですね!
 ただイベントの方式がレイドと施設の2種で基本的に同じなので、その単調さは少し気になるところではあります。各方式をベースにしつつ、それぞれのイベントごとにもうちょい特色や固有システムがあったりすると嬉しいんですが、このペースでイベント配信していくにはちょっとそこまではキツいのかな!

 あとドラガリへの個人的な要望をあげると、シナリオやキャラクター周りはもうちょっとキャッチーなものになってもいいのかなと思います!
 基本的にすごく真面目な話・キャラの作り方で、この真面目さが気に入っているところもあるんですけど、メインストーリーだけでなく各イベントのストーリーもめちゃくちゃ真面目一直線なので、いくつもプレイしているうちにちょっと味を感じにくくなってきたかなという感じはあります。
 キャラクターも「このキャラクターの見た目、性格がすごく魅力あるから欲しい!」と思うようなものがそれほど無いので、ありていに言ってしまえばもうちょっとあざといくらいのキャラも混じってくれたほうが楽しめるかなとは感じますね! リリィちゃんとかは十分そんな感じはあると思いますけど! あとクールな強ライバルキャラ的なイケメンほしい! レーヴェとかシンみたいな!

 今日から今回のイベントのルクレツィアの曲が配信されましたけど、こういうのはすごく良いですね!
 DAOKOの曲も結構気に入っていてドラガリに使われている曲を普段から聴いていたりするんですけど、アーティスト1人の曲だけだとBGMの幅にすぐ限界が来ちゃうんじゃないかなと不安だったので、別の人の歌なども作ってゲーム内外で展開していく形が見えたのは安心できました。でもルクレツィアさんエリアスとピアチェにお手本見せる時急にバンド召喚して別の曲歌い出すのはやめてくれませんか!!

 それでは、今日はこのへんで。今のままだとゼシアいつ帰ってくるんでしょうこれ! ドラクエ10のアンルシアさんの2年半は超えないで!


web拍手 by FC2
Red Dead Online 【1】 RDR2、オンラインモードがスタートしました!
rdo1-4.jpg

 レッド・デッド・リデ…………オンライン!!

 先日ストーリーをクリアした、レッド・デッド・リデンプション2
 ストーリーモードは完全なオフラインのゲームなのですが、同ソフト内で『レッド・デッド・オンライン』というオンラインモードも発売後に遊べるようになるという予定がありました。

 そしてそのレッド・デッド・オンラインが、ついにサービス開始されたんです!
 まずはベータ版ということなのですが、さっそく遊んできました!
 RDR2のソフトがあれば、あとはPS+に加入していればプレイすることができます。


オンラインは、キャラメイク式!


rdo1-2.jpg

 RDR2のオフライン本編では、アーサー・モーガンという固定のキャラクターが主人公になっていました。
 一方でオンラインモードでは、最初に自分のキャラをキャラメイクすることができます!

 ちょっと(いやだいぶ)クセがあるキャラメイクでわたしがどうにかこさえたのが、右から2番目のキャラクターです!
 本編でアーサーを操作してカッコいい男性キャラの活躍は堪能したので、オンでは女性キャラを使うことにしました!
 イケメン作るのムリそうだったし! でもわたしの自キャラの左右2人もキャラメイクで作られた他プレイヤーのキャラなので、ヒゲがある中年男性は意外と良いキャラ作れる気もしますね!


オンライン版のモードについて


rdo1-3.jpg

 レッド・デッド・オンラインでは、各コンテンツがいくつかのモードに分かれて用意されています。
 まず基本となるのが、『放浪モード』!

☆『放浪モード』
:本編と同じオープンワールドのフィールド全域を移動可能で、基本的に自由に行動できる。
:他のプレイヤーと最大32人まで同じマップで遊ぶことができ、互いに攻撃をし合うことも可能。
:装備やアイテムの購入も本編とだいたい同じ仕様で可能。ただし値段はオンラインらしくシビアになっている

 オフラインの時の自由行動パートを、他のプレイヤーが一緒のサーバーにいる環境でプレイする……というのに近いのが放浪モードです。
 で、放浪モードのプレイ中に、それぞれのコンテンツやモードに枝分かれしてアクセスができるようになっています!

【〇:ミッション(クエスト)系のコンテンツ】
〇「ストーリーミッション」
:本編と似た形式の、メインストーリーが付いたミッション。参加者専用のマップで行われる
:2~4人プレイで、オートマッチングが可能

〇「見知らぬ人」
:サブミッション。本編とは違い、あらかじめ発生場所が地図に載っている
:放浪モードのマップのままプレイするコンテンツで、場合によっては他のプレイヤーから妨害・横取りを受ける状態になることも


【▽:PvPモードのコンテンツ】
▽「戦闘シリーズ(通常、大規模)」

:いわゆるPvPモード。専用マップで行われ、さまざまなルールでの対人戦ができる
:大規模モードは参加人数が多い版

▽「レースシリーズ」
:馬でのレースに特化したPvPモード。専用マップで行われる
:多くのレースでは、馬に乗りながら他プレイヤーへの攻撃も可能


 ……主な分かれ方としては、こんな感じです!
 PvPモードはマップの各地に参加場所があるんですが、いつでも開けるメニューから「クイックジョイン」を選択し、自由な場所でマッチングして参加することもできるので、そちらからの参加が主流かなという感じです。


マルチで楽しむ、もうひとつのRDR2! ストーリーミッション!


rdo1-5.jpg

 オンラインでは何の物語もない世界に放り出されるのか……と思いきや、ちゃんとメインストーリーのようなものが用意されています。
 ストーリーミッションでは本編のミッションと似たようなセリフつきの専用の攻略イベントが展開されて、本編とは別のもうひとつのRDR2の物語を遊べているような感覚があります!
 ストーリーミッションはいずれも複数人でプレイする内容になっていて、オートマッチングで気軽に共闘プレイを楽しむことができます。本編と似た形式のミッションにマルチプレイで挑めるというのは、それだけで新鮮で面白かったです!
 ただし、現状まだまだストーリーは途中までのようです。これから長い期間を掛けて追加されていくのかもしれませんね!


これは無法地帯! 放浪モードでの対人要素


rdo1-7.jpg

 上に書いたように、放浪モードでは他のプレイヤーがマップ上で自由に行動していて、お互いに攻撃を仕掛けることも可能です。
 つまり、いわゆるプレイヤーキルも可能! 銃で撃ち合う本作、やろうと思えば他プレイヤーをあっさり殺害できてしまいます。

 街の中などでもほぼ自由に武器が使えるので、基本的に安全地帯は自分のキャンプくらいしかなく、あとはもういつ他のプレイヤーから攻撃されてもおかしくない状態になっています。

 そうなるともちろん、いるわけです! 撃ってくる人!
 馬ですれ違った相手からいきなりヘッドショットを食らったり、街中が銃撃戦の舞台になっていたり、まさに無法地帯と言わんばかりの荒れた状態になることもままあります。

 幸い、殺害されてしまっても非常に早く近くのマップにリスポーンできるので、そこは安心快適です。
 PKする側も倒したからといってゲーム的に得られるものは少ない、またはほとんどなく、実際にはそこまでPKプレイヤーだらけ、というわけではありません。

 ただ、馬に積んだ動物の素材などは失われてしまうので、PKされるデメリットが皆無というわけではなく!
 わたしも念願の弓を手に入れて初めての狩りで最良の動物を積んで街のお肉屋さんに向かっていたところ、街の入り口前で唐突に撃たれて毛皮をロスト+死骸は肉屋の前に持っていかれて、その死骸をめぐった争奪戦に巻き込まれたりという若干恐ろしい目に遭ったりしました!

 一方でPKをするデメリットは非常に少なく、たとえばNPCの保安官が捕まえにきたり、他のプレイヤーから敵対されやすくなったりする要素も今のところありません。

 そのため、現状の放浪モードでのPKはほとんどいたずら目的にしか利用されず、かつPKされる側が一方的に不便を被るような形になっているように感じました。
 無法者のギャングたちの物語を描いたゲームではあるんですけど、さすがにちょっとこれだと無法すぎるかなって感じはしました! アーサー・モーガンさんなんか馬乗ろうとしただけで法執行官にガチガチ包囲されるまであるのに!
 「見知らぬ人」のミッション進行中に他人の干渉を受けるシステムも、ミッションをこなす側がただ不利になるだけの要素なので、ちょっと遊びづらい印象が強いです。

 個人的には、PKが可能なこと自体は全然ありだと思うんです!
 現状でも、プレイヤーとニアミスする時にちょびっと走る微妙な緊張感のようなものがオンラインならではのリアルさを生み出しているように感じられて、PK不可のサーバーが出来たとしてもそこに篭るのはちょっと勿体ないかなという感覚はあるんです。
 ただ、PKのリスクやリターンが練り込み不足で、現状のシステムとうまく噛み合っていないと思うので、システムの大幅な見直しは必要なんじゃないかなと感じました。面白いものになったらわたしもPKする側もやってみたい!


稼ぎにもなる、PVPモード!


rdo1-10.jpg

 一方、最初からPVP(対人戦)を目的としているのが、「戦闘シリーズ」と「レースシリーズ」!
 一般的な対戦シューターのゲームのように、ランダムでマッチングされて1試合単位での対人戦が行えます。
 

rdo1-6.jpg

 戦闘シリーズはルールが色々あり、ルールによってソロorチーム戦かも変わってきます。
 チーム戦で行う領土奪い合いバトルなんかは、この手の陣取り系ルールの基本を押さえていてなかなか楽しいです!
 
 注目したい点は、エイムのアシストが非常に強いということ!
 本編はオフラインなので適当に構えただけでもピタッと敵に照準が合っていた……んですが、なんとオンラインで他のプレイヤーに対してでも、この強烈なエイムのアシストが掛かるようになっているんです! 
 普通の対戦シューターでこんなんあったら反則レベル! ってくらい強い補正なので、最初は驚きました。
 ただ、その分エイムによる腕前の差が出にくくなっていて、立ち回りを重視して対戦を楽しむことができるという面はあるように感じました!
 もともとエイムは下手ですし、今作はあんまりガッツリ腕を磨いて遊ぼう、という感じではなかったので、この敷居の低さは個人的にはけっこう助かっています。
 そんな中でも上手い人はやっぱり圧倒的に上手かったりしますし、これはこれでアリかなと思います。
 
 ただ、どんな銃でもヘッドショットすると基本1発だったりと、ダメージや武器バランス関係は多分結構テキトーだと思うので、今後それで問題が起こることは予想がつきそうかなという気はします。ヘッドショットほんとつよい!


rdo1-1.jpg

 レースシリーズは馬に乗っての対人レース……なんですが。
 なんとこちらも、他人への攻撃が可能です! 結構がっつり銃で撃てます!
 やられるとすぐ復帰はできるんですが、やはりタイムロスにはなってしまうので、相手を倒す妨害はけっこう強力です。

 レースに関しては、とにかくこの攻撃要素が良くも悪くも注目点だと思います。
 純粋な馬でのテクニック勝負だと、ストイックな面が強すぎて敷居が高くなるかなと思います。
 その点においては、相手を直接攻撃で妨害できるこのルールはアリだとは思うんです。

 ただこれ、やってて実感したんですけど、やっぱ基本的に中位~下位がつぶし合っちゃうんですよね!
 後ろの順位の方が有利になったり、1位の人だけを攻撃するようなシステムがないので、運良く序盤で攻撃を食らわずに抜けた人ほどそのまま逃げ切りが有利になりやすいという面が非常に強いように感じました。
 言うなれば、順位でアイテムが変わらないマリオカートみたいな! つらい!


 見出しにも書いたように、これらのPVPモードではオンラインモード全体で使えるお金や経験値が入手可能です。
 現状、特に大規模戦闘の経験値の効率が割とよくてちゃんと稼ぎ手段として機能しているレベルですし、基本的には自分の手持ち武器で戦うことになるので、このために装備を揃えるモチベーションにもなっています。

 そのように報酬面でも魅力があるコンテンツ……なんですが、これもちょっとまだルールとかバランスの練り込みが不足しているかなと感じました!
 対戦特化のタイトルに及ばないのは当然だからそこまでやれとは言わないんですけど、もう少しこのモード専用のHPの設定とか各ルールの見直しやら、いろいろ必要になってくると思います!


軽くまとめ


rdo1-8.jpg

 そんなわけで、レッド・デッド・オンライン、各コンテンツなどをそれぞれ軽く触ってみました。
 
 率直に言えば、「まだ本当にベータ版、未完成版」なのかなと感じました!
 PKやPVPのルール・バランスがまったく洗練されておらず、質の高いマルチプレイコンテンツにはなっていないと思います。
 また、基本的に今はストーリーミッションを進めるためのレベル上げや、お金稼ぎのために延々PVPをやったり動物を狩ったりするだけで、ストーリーが今ある分まで終わってしまった後に遊び続けたくなる要素があまり見当たらないように感じました。
 今の段階では、完成度の高いオンラインタイトルを期待してこれを遊ぶと、ちょっと肩透かしを食らってしまうかもしれません。


rdo1-9.jpg

 でも、「RDR2の世界に入り込むことができる」という点に関しては、今の段階でも強い魅力を感じました!
 グラフィックやマップ、動物、リアルな挙動などの作りこみが本当にすごい世界なので、オンラインモードで他のプレイヤーとこの世界を共有して、等身大のプレイヤーキャラで少しずつお金を稼いで装備を整えて行く……という遊びが、ともすれば本編以上と言ってもいいかもしれない、世界への強い臨場感を与えてくれました。

 わたしはRDR2の本編でストーリーをがっつり堪能して、それだけで十分満足していました。
 なので、ここからまた全く別のオンラインモードが遊べるというだけでお得感を感じますし、本編では味わい尽くせなかった世界そのものの魅力を感じることができて、楽しめるところはしっかりと楽しむことができたと思います。

 12月に入ってからはやりたいゲームが目白押しなので、現状これを遊ぶのはあと数日くらいになると思います。
 ただこれ、かなり長期間をかけてコンテンツを充実させていく展開を考えているんじゃないかなと思うので、今慌ててたくさんプレイするよりも、しばらくは置いといてまたいつかのタイミングで遊ぶのもいいかなと思っています! とりあえずベータ版明けるの待ちたい!
 今はまだまだここから、という状態だと思いますが、今後の成長ぶり、磨かれぶりが楽しみなゲームができたと感じます! アプデ内容など、見守っていけたらなと思います。

 それでは、今日はこのへんで。なんかわたしのキャラ年齢18にしたはずなのにめっちゃ顔にシワできることあるんですけど! これ! これ最初になんとかしてください!


web拍手 by FC2