FC2ブログ
プロフィール

ぱすてぃ

Author:ぱすてぃ
百合が好きでポケモンを好む、文章を書く人です。
好みのゲームは任天堂系/テイルズはじめRPG全般/デモンズ・ダークソウルなど。
百合は小説漫画といろいろ。百合文も書きたいです。

【ドラクエ10】
ぱすてぃ [MY795-653]

最新記事

リンク

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

FC2カウンター

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログコミュニティ

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

ポケットパスタ・ゲーム記
ゲームのプレイ日記を書きたい分だけ書くブログです。3DS「RPGツクールフェス」で『かけらのメガルエ』を第1回コンテストに投稿中。
ゲームの近況報告! 2020.09.02
 ご無沙汰していました!
 普通にいくらかゲーム遊んでいたんですが、感想書こうと思っているうちに次のゲームに行ってしまう……ということが続いてなかなかここに書けていませんでした。
 
 ので、今回はここ最近で遊んでいたゲームのお話を各タイトルごとにまとめてしていきたいと思います!


Ghost of Thushima


m92-2.jpg

 今回遊んだ中で最大の大作が『Ghost of Thushima』(ゴーストオブツシマ)!
 発売までノーマークだったんですが、あまりの評判の良さに手を出してみたらすっごく面白かったです!

 私が今までプレイしたゲームの中でもトップクラスのグラフィックと、非常によく作りこまれたストーリーやキャラクターがとにかく魅力的でした。
 武士のから外れたクナイとか爆弾みたいな武器や闇討術がどんどん解禁されていって、強いからついつい使っちゃいつつもこんな忍者みたいな戦い方する武士いるかな……? と思ってたら、そこがまさにストーリーのメインテーマに繋がっていた……というゲームシステムとシナリオのシンクロが見事ですね。

 アクションもシンプル操作ながら多彩で楽しめました。難易度難しい→中盤以降万死で遊んだら歯ごたえも十分!
 
 そしてなにより、オープンワールドゲームとしての遊びやすさを追求しているところが素晴らしかったですね!
 グラフィックのレベルからすると想像も付かないような爆速ロードがとにかくいい意味でヤバくて、一般的なオープンワールドだと億劫に感じてしまう寄り道もどんどん遊んでしまいました。
 装備強化に必要な素材が溜まったらお知らせしてくれたりとかの便利機能も充実していて、大ボリュームの世界を余すことなく味わうことに躊躇いを感じさせない作りになっています。

 中盤以降のメインストーリーの引き込み方が特にすごくて、要素を埋めつつも駆け抜けるようにプレイした作品でした。
 買おうと思った時どこも売り切れだったので珍しくこの手のゲームでDL版を買ったんですが、売れなくても全然後悔しないくらいに良いゲームでしたね!

 と思ってたら、まさかの今後協力マルチプレイモードの追加予定ということでめちゃくちゃ嬉しい!
 個人的な予想としてはそこまでやりこむタイプのモードではないんじゃないかなと思っていますが、ツシマのシステムでまた別の遊びができるというだけで嬉しいです。


仁王2 牛若戦記


m92-4.jpg

 ツシマのすぐ後くらいに始めたのが、仁王2のDLC第1弾『牛若戦記』!
 仁王2は2周目クリア後しばらく遊んだくらいまでプレイしていたので、そこからの再プレイという感じです。

 牛若=源義経と共に戦う追加シナリオ自体は、ボリュームがめちゃくちゃ少なくてもう終わり!? って感じでした。

 が、DLC導入で遊べるようになる3周目『修羅の夢路』が歯ごたえのある調整になっていて、もう倒す敵が居なかった2周目終了時からまたキャラクターや装備を強化しつつ遊ぶことが出来て、そっちで結構長い時間楽しむことができました!

 新しく追加された『多芸多才』という揃え効果(異なる武技を使うごとに攻撃力アップ)が強力かつ面白くて、いろんな武技を使いながら戦う楽しさがプラスされたのは大きかったんじゃないかなと思います。
 わたしはDLC前は斧の上段強攻撃しか使ってなかったので、これをきっかけに槍とか新武器の仕込棍を使ってみたらすごく新鮮に楽しむことができました。色んな武器使ってなんぼのゲームかもしれませんね。

 まあ結局行きついたのが恵比寿と戦国一の出世頭と漆黒のドロップ率ガン盛り斧上段強ビルドだったんですが! 楽さからは逃れられない!

 気軽にマルチプレイが楽しめる絵巻ミッションの追加などもあって中々いいDLCでしたが、相変わらず鍛冶屋機能や魑魅の小物再抽選などが充実しすぎていて、武具に関してはドロップ品を狙う旨味が少ないのが個人的には残念ですね!
 これだけシステムやアクションがよく作られているハクスラゲーも数少ないと思うので、トレハンの魅力をスポイルする方向に調整されているのがどうしても惜しく感じてしまいます。

 とはいえ、まだ2回のDLCを残しているので今後の発展にも期待しています!


Fall Guys


m92-3.jpg

 いま大人気のアクションバトルロイヤル、『Fall Guys』も遊んでみました!
 いやこれは楽しい! 3Dマリオみたいなアクションをみんなで一斉にやるゲームがあったらおもしろそうだなって思ったことはあったんですが、まさにそんな感じで!
 初見では絵面にとにかく笑い転げて、慣れてくるとアクションを突き詰めて上位を目指したくなる、間口が広く深みにはまりやすいゲームだと感じました。

 配信当日にプレイした時はそこまでだったんですが、後にまさかの『エンターザガンジョン』とのコラボスキンが実装されて火が点いて、そこから結構がっつり遊んでしまいました。まあガンジョンのコス取れなかったんですが!

 レベル32くらいまで遊び、優勝回数は……………………2回!  はい!
 ちなみに優勝できたのは止まるなキケンとロイヤルファンブルです。止まるなめっちゃ面白いですよね! 毎回結局2~3段くらい一気落ちして死ぬんですけど!

 次のシーズンは10月予定だったり、PS4のフリープレイから外れたりと今後の熱量が維持できるかどうかが気になるところですが、これからの運営が楽しみなタイトルです。


ドラゴンクエスト10


m92-1.jpg

 おなじみドラクエ10は、メインストーリーはいつもすぐに終わらせて、あとは週討伐、万魔、邪神更新をこなすくらいの状態で遊んでいます。
 
 昨日5.3の情報が公開されましたね!
 ストーリーやレベル上げといったいつもの要素以外では、心層の迷宮のベルト集めが主な新しい遊びになりそうです。
 極箱のベルトの最大値は気になりますね! 種族10%/属性14%とかでほんのわずかに戦神を越えるくらいはあってもいいのかなと思いますが……?

 破界篇もボイス付きでのあのキャラたちの登場は魅力ありましたし、続きが楽しみです。5.0以降のボイス個人的にはすごく好き!

 最近はゲームの隙間ができたときにちょっと遊びにいくような感じのプレイになっていますが、たまに戻ると何かしらやりたいことが出来ていたりするので、こういうゲームが一つあるのは結構いいなと思ってたりします。


ドラガリアロスト


写真 2020-09-02 12 41 01

 ドラガリは先日、フェスドラゴンのトールが出るドラフェスが登場!
 超強力なフェスドラゴンは絶対逃せないと思い、死ぬ気で引きに行きました。
 
 結果、100連ほど掛かりましたが無事にトールをゲット!
 更に同時ピックアップのネヴィンとピノン、さらには未所持だったフェスエルフィリス、そして死ぬほど欲しかったベリーナが出てくれるという大勝利に終わりました。とか言ってるとこれ唯一PUで出なかったラミエルが後で必須になるパターン!


 ともあれ、そのトールが早速活躍できるアギト第5弾『タルタロス』も登場!

 キャラはサンゾウを用意して、ようやくアギト武器1本分素材が集まったところですね。そのままロッド作りました!
 タルタロスはアクションの要求自体は難しくなく、ギミックや竜化タイミングの知識を問われるタイプのボスかなという印象です。
 毒耐性を2人、呪い耐性を最低1人入れてさえおけば割といろんなキャラで勝てるのは結構いい調整なんじゃないかなと感じました。

 一方、スペックが異常に高い闇属性キャラで光よりも早く周回できてしまっているという事態も!
 なぜか光属性と関係のない毒がタルタロスに有効だったりすることからわざとやっているようにも見えてしまうんですが、属性間バランスに関しては運営側にも認識があるようで、2周年の折に大規模なバランス調整を実施するという予定があるみたいですね。

 それ以外にも色々追加を予定しているみたいですし、最近も型落ちのガチャドラゴンを比較的手軽に凸できる竜玉という新要素が出たりとか、機能改善に関しては常にすごく頑張ってくれている感じがあります。

 一方でどうしてもユーザーの拡大やユーザー間の盛り上がりは喚起できていないという状態が続いていて、せっかくの新キャラやストーリーもほとんど話題にならずに終わってしまうのがなんとも勿体ないなと思ってしまいますね。今回のピノンとかまじかわいいんですが!

 個人的にはもうここまで来たらどこまでも付き合うつもりですが、何かのきっかけで本作に注目が向くことがあったら嬉しいなとは思ってしまいますね。初期の日付更新されるだけで大盛り上がりだったころがほんと懐かしい!


テイルズ オブ クレストリア


写真 2020-09-02 12 23 44

 そして今回最後にお話しするのが『テイルズ オブ クレストリア』! 通称テイクレ!
 7月にサービスが始まったスマホゲームで、テイルズオブシリーズのキャラが出てくるRPGです。
 新しく始まるスマホゲーに手を出してみてもいいかなと思ってたらちょうどコレがサービス開始直前で、テイルズ好きなのでこれはいいかもと思って手を出してみました。

 内容は多分オーソドックスなスマホのRPGって感じで、本編とは違ってコマンド制のバトルになっています。
 技の効果とかも現状シンプルなので工夫してプレイするような感じではあまりないんですが、テイルズのキャラを使ってバトルしてちまちま育てていくというだけで個人的には魅力がありました。グラフィックが中々いいです!

 ガチャ周りはかなりの課金有利仕様になっていて、同キャラを重ねる覚醒の恩恵が非常にデカいなど、上を見るとキツいかなという感じです。ただ育成のためにはたくさん周回しなくちゃいけないので、お金を払うだけでは強くなれない感じですね。
 現状無課金かつ結構石を残してありますが、大抵のコンテンツにはまあまあの水準で行けていると思います。

 主人公のカナタ、ヒロインのミゼラをはじめとした本作オリジナルのキャラクター、ややダークなストーリー周りは魅力的で、テイルズ本編のような感覚で物語を楽しめるのは大きな点だと思います。ミゼラほんとやべーやつ!

 スタミナ消化にかなりの時間がかかるという欠点はありますが、戦闘はオート操作でもOKなので、好みが合えば結構面白いゲームだと思います。


 ……が!

 このテイクレ、とにかく運営があまりにもヤバすぎまして!

 サービス開始当初から多数のバグが発生していて、中には一部キャラの与ダメージが本来の数倍に跳ね上がっていたりマルチプレイに長時間参加できなくなるなどの深刻なものもあるんですが、ほとんどの不具合がサービス開始から1ヵ月以上経過した今になっても解消されていません。
 今まで何度かメンテナンスはあったんですが、毎回のようにメンテ延長、明けても不具合はほぼ修正されておらず、それどころか逆に新しい不具合が増えていることもある始末。
 不具合の影響で延期になっているコンテンツやキャンペーンも複数存在し、一方でガチャだけはハイペースで更新される(新登場のキャラもダメージ周りのバグを持ったまま実装)など、とにかくもう劣悪としか言いようがない運営状況になってしまっています。

 本来なら即日修正されて当然な不具合がここまで長期間野放しになっているというのは、なにかスタッフが不足しているなどの運営体制の大きな不備がありそうで、たぶん現場は相当大変なことになっているんじゃないかと思うんですが……不具合に対する説明も不足しているので、現状では運営を信頼することは難しい状態です。

 一応近日中にある程度の不具合を修正したバージョンがリリースされるそうですが、これでスッキリ不具合が直るとはとても思えません。内容は好きなのでしばらくは付き合うつもりですが、今の運営体制のひどさが改善される兆しがなければプレイは止めたほうがいいかなと考えています。
 
 いやほんともったいなさすぎる! 画とか育成は良いのに! 今しっかり対応したほうが絶対お金も儲かると思うんですけど!



軽くまとめ


 というわけで、一気に最近やってたゲームのお話をさせてもらいました!
 ドラガリといいテイクレといいわたしスマホゲーを見る目に関してはヤバい気がしますね! いや自分がやる分には結構面白いんですけど! 余計ヤバいか!

 今後買いたいゲームですが、直近だとちょっと予定がなかったりします。
 しばらくは既に持ってるタイトルのアプデでそれぞれ楽しめそうですかね! DQ105.3→ミラボレアス→FallGuysシーズン2→ツシママルチ→仁王2DLC2とか出来たら!

 ただ大きいところとして、年末のPS5がとても気になっています!
 今までPSハードをローンチで買ったことがないんですけど、今回はPS4タイトルがいいパフォーマンスで遊べるとかだったらそれだけで買ってもいいかなって思っています。
 なにより、デモンズソウルが出るタイミングでは確実に買うので、変に待って入手困難とかなったら死んじゃうからもう最初から買っちゃえばいいかなあとか。デモンズがローンチだったら血眼で予約します!

 9月といえばTGS(今回はオンライン上ですが)をはじめとしてゲーム情報の季節って感じもするので、各方面の情報を楽しみにしたいですね! 任天堂からもそろそろ何か来ないかな!


 それでは、今日はこのへんで。月末だったかに原神っていうの始まりますよね! わたしがあんま食指伸びない……ってことはかなり盛り上がると思います!

スポンサーサイト



web拍手 by FC2
ゼノブレイドDE  【1】 クリアまでプレイ! 最高のRPGでした!

xde1-4.jpg

 今回は『ゼノブレイド ディフィニティブ・エディション』をプレイしました!
 Wiiで2010年に発売されたゼノブレイドが、Switchでリマスター+αされたタイトルです。

 わたしはゼノブレイドはWii版発売当初は全く存在を知りませんでした。
 シュルクのスマブラforへの出演をきっかけに同時期、2015年に発売されたNew3DS版で初プレイしたんですが、これがまあすっごく面白くて……。
 最序盤をどっかのフードコートでプレイしていたんですが、コロニー9襲撃の一連のイベントを終えてぱたんって3DS閉じて「これちゃんとやらなきゃあかんやつや……」ってなったのを今でも覚えています。
 その後も最後まで素晴らしくて、それまでにプレイしていなかったことを後悔するくらい好きになった作品でした。
 
 そんなタイトルの決定版リマスターということで、もともとかなり楽しみにはしていたのですが……。
 その期待感をもはるかに越えてくる、めっちゃくちゃ素晴らしい出来でした! もうほんとやばい!!

 ようやく本編をクリアすることができたので、感想行きたいと思います!
 ※ゼノブレイドDE本編のネタバレを含みます!


劇的進化のグラフィック


xde1-5.jpg

 ゼノブレイドDEの最大の売りはなんといっても、グラフィック!
 原作ではお世辞にも良いとは言えなかったグラフィック面が大幅に改善されています。
 わたしはNew3DS版しか遊んでいないので、もっとも大幅にその変化を体感できたかもしれません。


xde1-7.jpg

 元々魅力的なデザインやロケーションが豊富だったフィールドは、さらにその魅力が増していますね!
 単なる高画質化じゃなくてテクスチャがきれいになったりしていますし、遠くの巨神や機神がすごく精細に見えるようになっていて、より世界観を体感できるようになっています。両方が見られる落ちた腕が本当に壮観!


xde1-3.jpg

 個人的に特に魅力的に進化したと思ったのが、青空! すごく鮮やかで晴れやかな空が広がるようになりました。

 ゼノブレイドの世界って巨大な巨神と機神の躰だけで構成されていて、その外側には果てなく何もない(であろう)海と空が広がっているんですよね。
 あくまでわたしの感覚なんですが、そこにふと……なんというか上手い言葉が見つかりませんが、一抹の寂しさ、一種の空虚感のようなものが感じられるところがありまして。
 
 ただ、その周りを果てなく何もないものに囲まれている巨大な舞台の寂しさ、的なものは個人的に非常に魅力的な要素として捉えていて、その魅力的な寂しさの感覚を今回の青空はすごく呼び起こしてくれるところがありました。うまく言葉にはできないですが、とにかく景色だけでもすごく良くなっていると思います。


xde1-1.jpg

 そして最大の改善点は、モデリングし直されたキャラクターの顔グラフィック!
 原作ののっぺり顔……もあれはあれで味はあったんですが、とにかくそこからは想像も付かない非常に出来のいいモデリングになっていて、多くのキャラがもはや別人レベルに変わっています。
 スマブラだったりゼノブレイド2だったりともまた違う、ゼノブレイド1の本来こうあって欲しかったっていうイメージがそのまま形になったような方向性になっていて、少なくともわたしは現実的な範囲でこれ以上があるのかってくらい良い出来だと感じました。


xde1-6.jpg

 とにかくこのヒロイン2人の顔がいい意味で変わりすぎて!
 フィオルンとか、正直3DS版でやってた時はシナリオでシュルクのフィオルンに対する想いが伝わってくるからどうにかその存在を取り戻すことに感情移入してたところがあった気がするんですが、今回はもう絵面だけでも十分に説得力が出てしまっています。
 メリアも比較画像とか見ると思わず笑っちゃうほどの別人っぷりになっていて、ちょっと感動ものです。


xde1-9.jpg

 そしてキャラグラフィックが良くなることで、イベントシーンの魅力も激増!
 元から非常にクオリティが高いことで有名なゼノブレイドのカットシーンの数々がさらに大幅パワーアップし、もはや心が騒ぐしかない状態でした!
 モデリング改善によって瞳や口の動きなど表情面も強化されていますね。原作の表情の付け方も魅力的なシーンはあったと思いますが、総合的にはやはりとても見やすくなっていると思います。
 
 個性的な装備たち(や裸)が見た目反映されることによってアレなことになりがちだった問題も、新機能のファッション装備で解決! ダンバンさんまともに服着てた記憶無いんですよね!
 

xde1-8.jpg

 そんな風に劇的パワーアップされたグラフィックがもたらすストーリーの魅力は本当に素晴らしく、なんか多分3DS版で初回プレイした時の4倍くらい泣いた気がします。
 コロニー9とか地下採掘場とか監獄島とかヴァラク雪山とか落ちた腕とか機神界中枢とかその他多数の特に熱いシーンはもちろんのこと、ちょっとしたシーンでもぶわわって来ちゃうところがあって全編で涙腺がヤバかったです。
 
 個人的に今回一番ぶわわわわわわって来たのは、たぶん最終戦前の使徒ディクソン戦のピンチ→反撃シーン!
 実はロウラン戦~ザンザ前あたりの記憶がすっぽり抜けていてプレイ前は覚えていなかったシーンなんですが、これまでの旅で結ばれたキズナ盛り盛りのやりとりにこらえきれないほどの心の騒ぎ方をしてしまいました。ダンバンさんの演技がやっぱ反則すぎる!


 個人的にゼノブレイドのシナリオやキャラクターのシリアスと暖かさが共存する雰囲気がすごく好みに合っていて、一度プレイしているからこそ、その雰囲気への安心感があったから再プレイでも感動できる、というところはあると思います。
 ただ再プレイでここまで感情をかき立てられるとは思っていなくて、やはりこのグラフィックの劇的進化がもたらすものは大きかったんじゃないかなと感じるところです。


実は劇的改善のシステム周り


 いわゆるリマスター版としつつ、システム面にも手が入っている今作。
 発売前はメニュー画面が見やすくなったりレベル調整が可能な『上級者設定』が可能なことが情報として出ていたんですが、実はそれ以上にすごく快適に遊べるようになっています!

xde1-2.jpg

 もっとも嬉しかった改善点がこれ、クエストなどのナビ機能!
 クエストの対象モンスター、収集アイテムが赤い!マークで分かるようになり、アクティブ設定したクエストはさらに青い!マークで強調+ナビルートが表示されるようになりました。
 
 そんなに物珍しいものではないかもしれませんが、ゼノブレイド1としてはこれは革命的な進化!
 原作はこういうのが無かったので、対象モンスターの名前を把握しといていちいちチェックしたりクエストを進めるためのキャラクターを延々探し回ったりと、かなりクエストを進めるのが大変だったんですよね。

 ゼノブレイドはとんでもない数のクエストが存在するゲームで、とにかくクエストに手間を割かれるゲームでした。
 もちろんやらないという選択肢はあるんですけど、クエスト達成によって町の住人の関係性が変化したり話が派生していったりする要素が面白く、やらないのは勿体ない……けどやってるとメインストーリー忘れかけるくらい手間かかる……というジレンマロックが3DS版をやった時のわたしには発生していました。ロックいらないですね。

 そこが今回ナビ機能のおかげで、クエスト進行のテンポがめちゃくちゃ改善!
 クエストの発生条件は攻略情報に頼ったほうがいいものがあるものの、受注したクエストの攻略はゲーム内でサクサク完結させられるようになり、ものすごく遊びやすくなっています。
 個人的に、再プレイとなる今回はサブクエストはそこまで力入れて遊ばなくていいかな……って思ってたんですが、もしかしたら初回プレイ時以上に多くのクエストを攻略してクリアしたかもしれません。

 ナビ機能はメインストーリーの進行にも使えるので、ストーリー進行で道に迷うことが無くなったのも非常に親切です。
 ちょっと親切すぎるという意見が出るかもしれないレベルですが、この快適性のおかげでゼノブレイドは現代のゲームとしても通用する要素を持てるようになったんじゃないかと個人的には思うところですね!


 今Wii版などの動画を見返すと想像以上にUI周りはヤバいですし、なんかメニュー画面とか装備画面開くたびにロード時間発生していてヤバいですし、システム面は何気ないように思えてものすごくパワーアップしていると思います。


xde1-13.jpg

 そして上級者設定システムもすばらしい!
 ゼノブレイドはクエストで経験値が入り、大量のクエストをこなしているとメインストーリーのボスが弱くなりすぎるという問題があったんですが、上級者設定をオンにしておくと戦闘以外で入手する経験値をストックして任意でレベルアップができるようになります。
 レベルダウンまで可能という至れり尽くせりっぷり!

 今回は最序盤から上級者設定オンにして進めてみましたが、メインストーリーの多くの場面で強敵が格上レベルになり、初回プレイよりも臨場感のあるバトルができたと思います。
 終盤はちょっと敵が格上になりすぎて攻撃がほぼ当たらなくなってしまったので、ストックしていた経験値でレベルを少し上げたりもしました。どう使うかはプレイヤー次第ですね。
 バランス調整をプレイヤーに委ねてしまうというのはちょっとぶん投げではあるんですが、元のバランスを弄らないまま提供する本作が取る手段としてはかなり正解に近かったんじゃないかなと思います。どこでも使える快適さも嬉しい!
 

 ぱっと見た目で分かるグラフィックの進化が目立つところではありますが、実はシステム面も同じくらいの度合いと言っても過言ではないくらい進化したのがゼノブレDEだと思います。逆にDEが初プレイだった人に原作やってもらいたい! たぶんしぬ!


惜しかった点


 全体的には非常にクオリティが高いと思いますが、ひとつ惜しかった点も挙げておきます!

 それは、解像度の低さ!
 リマスターといいつつ単純に高画質化したわけではないせいか、場面によって解像度が落ちる場面が散見されます。
 フィールドでの景色はぼやけて見えることも多く、敵が多い場所などでは一瞬がっつりぼやぼやになることもあったりしますね。
 イメージ的にはゼノブレイド2の解像度の落ち方と似ている……ような覚えがあります。

 救いとしては、イベントシーンは比較的綺麗に見られるところ!
 特にキャラのアップはほとんどぼやけることがないので、カッコいいシーンの見栄えは心配しなくても大丈夫だと思います。
 

約60時間でクリア


xde1-11.jpg

 そんなこんなで無事エンディングまで到達。レベル77、プレイ時間は59:47でした!
 今3DS版のプレイ日記を見直してみたところ、当時はレベル80、82:16でのクリアだったようです。
 クエスト自体は今回もかなりこなしたと思うので、慣れとDEの快適性が大きく影響した形だと思います。

 3DS版ではよくメリアを使い、リキをほぼ使わなかった記憶があったので、今回は逆にリキを結構がっつり使いました!
 デバフとか使いづらいと思っていたんですが、実はかなり使いやすくて万能寄りの良いキャラですね。まあゼノブレ全員良い性能してるんですが!
 フィオルンも前はあんまり使ってなかったんですが今回かわいすぎたので結構使いました。あれは脳筋!

 エンディング、やっぱり素晴らしいですね。
 初回プレイの時以上にもうぼろっぼろに泣いてスタッフロール中までほぼ動けなかった気がします。


軽くまとめ


xde1-10.jpg

 ということでゼノブレイドDE、クリアまで遊びました!

 一言で言えば、最高でした!
 
 もともと評価が高く、個人的にも好きな要素が詰まっていたけれど、グラフィックやシステム面で短所も散見される印象だったゼノブレイド。
 その短所が逆に長所になるくらいまで劇的に改善を遂げたことで、全体的に非常にクオリティの高いRPGとして仕上がっています。

 とにかく全編に渡って面白かったんですが、ゲーム内容自体は原作と変わらないんですよね。
 それでも幾度となく心揺さぶられ、新鮮な気持ちで楽しむことができたのは、これはなによりゼノブレイドというタイトルが持っているすさまじいポテンシャルの高さに他ならないと思います。
 DEのグラフィック・システム改善は、そのポテンシャルを引き出すための要素という感じで、やはり根底にあるのはゼノブレイド自体の面白さそのものなんだと思っています。

 ただ、こういう改善がなされたゼノブレイドDEが現実として出てきてくれたこと自体が、凄く幸せなことだなと!
 ゼノブレイドの「こうだったら良かったのに」をいっぱい実現してくれたということの価値は計り知れないものだと思います。

 熱量とシリアスと温かさが共存するストーリーも、魅力あふれるキャラクターも、入魂のイベントシーンも、熱さも儚さもてんこ盛りの音楽も、スケール感抜群のマップも、戦略を楽しめるバトルも、寄り道したくなりまくるクエストや探索要素も、その他もろもろあらゆる要素がわたしの好みにぴったりで、それらを憂いなく存分に楽しませてくれた、最高の決定版だと思います。

 3DS版を遊んだ時にも、今まで遊んでいなかったことを後悔するようなRPGだったと思ったんですが。
 DE版を遊んで、自分が今までプレイした中でも一番のRPGだとはっきり言えるようになりました。
 これ以上がちょっと本当に見つからない! 今後の10年でそれが出てくる気もしないし、出てきたら嬉しすぎるレベルです。


 3DS版はクリアしたところでプレイを終えてしまっているので、今回はこの先もやりたいなと思っています!
 周回プレイというよりは、1周目をきっちり遊びたいなというところですね。

 ただなにより、まずは追加ストーリー『つながる未来』!
 これをプレイしていきたいと思います! クリアしたら感想書きたいですね! わくわく!

 それでは、今日はこのへんで。ちなみにわたしはフィオルン派です!   ライン派の方ごめんなさい!


web拍手 by FC2
仁王2 【2】 あやかしの夢路のラストをクリアしました!
ni2-2.jpg

 仁王2、2周目にあたる『あやかしの夢路』で、最終ミッション『瞳に映りしもの』をクリアしました!
 とはいえ、あやかしの夢路以降はできるだけ早くトレジャーハント・キャラ強化部分に行きたかったため、サブミッション優先でクリアして残照篇をできるだけ早く出すやり方で駆け足プレイした感じです。

 2周目ラストクリアで揃え効果の必要数-1という強力小物『八尺瓊勾玉』が手に入るので、ここからが本番かなという感じですね!

 そこからちょっと稼ぎプレイに移って、現在こんな感じになりました!

キャラの状態


ni2-4.jpg

 レベル219で、1周目と変わらず剛振りの斧キャラです。ダクソと違って高能力値でもしっかり伸びますね!
 実は1周目では全く使わなかった『烈火』が非常に強力なことを知り、烈火を強化できたりと斧向きの効果が揃う漆黒シリーズで揃えています。

 守護霊は人気の高い『天眼孔雀』を選択! 
 ぱっと見ただけでは強さが分からなかったんですが、『アムリタ吸収で構え別の有利効果』という能力がキモなんですね!
 これの上段構えの攻撃力補正がやけに強力なので、攻撃時アムリタ吸収の『奪霊符』と合わせるとお手軽に高火力を発揮できるということで、試してみたらまー強い! 
 烈火とも重複するしで火力が跳ね上がってしまいました。良さげと思って使ってた猪さんがもう!


ni2-5.jpg

 使用武器は漆黒シリーズの『牛頭天王の斧』で、毒を入れられるようにして小物に毒特効をつけています。武器単体ではあんま毒入らないですが、正直毒無くても十分強い!

 

強くなったけど……


 という感じで、結構パワーアップしました!
 それで、装備やレベルにはまだ強化の余地があるんですが、既に十分強くなっちゃった感があります。

ni2-6.jpg

 最終ミッションの敵もほぼごり押せるようになり、マルチプレイをすると駆け抜けながら敵を瞬殺していく楽々ゲーに。
 最終ミッション=最難というわけでもないとは思うんですが、現状ちょっとこれ以上強くなる必要性があまり感じられなくなってしまいました。
 もうちょっと、装備やレベルをがっちり揃えて工夫して挑む難しさのミッションがあると嬉しかったですね。


ni2-7.jpg

 また、装備のトレジャーハントもちょっと仕様が惜しいなと思います!
 とにかく焼き直しが便利すぎるんですよね! ハクスラでこれだけ自由にランダムオプション効果を付け替えることができてしまうと、わざわざ目当ての組み合わせや数値の装備を現物ドロップさせる必要性がありません。
 継承もオレンジ枠で継承したものを更に焼き直しで変更できたりとやりたい放題。
 ディアブロ3やディビジョン2みたいに1箇所だけ再変更できるとかならアリだと思うんですが、ちょっと自由度が高すぎる気がします。

 どちらかというと、継承や+値強化などで1つの装備を鍛冶屋で強化していく要素がメインなんですよね。
 装備品ドロップの主目的が強化素材集めになってしまっていて、いわゆる一般的なトレハン型のハクスラとはだいぶ違った作りになっていると思います。
 個人的にはドロップした現物の能力を一目見て「すごいの来た!」ってなるトレハンが好きなので、ちょっとやりたかった装備集めとは違うシステムかなーと思ってしまいました。
 
 オプション効果もダメージ・攻撃力系があまり重複して入れられなかったり、全体的に地味目な効果が多かったりして、ちょっと派手さに欠けるというか、強化の方向性の幅が狭い印象でした。

 170装備やオレンジ継承集めで全枠オプション埋めなど、レアドロップによって目指せる領域があるにはあるんですが、目標とするミッションが見当たらないこともあり、そこまではいいかなってなっている状態ですね!


軽くまとめ


ni2-3.jpg

 というわけで仁王2、個人的にある程度満足するところまで遊んでみました!
 アクションの質、全体的なシステムの快適さ、ストーリー周り、1周目の段々強くなっていく感じなどはとても良く出来ていて、かなり熱中できました。
 一方で本来であれば本番となるであろう、2周目以降のハクスラらしいやりこみ部分の楽しさがあまり感じられず、そこを楽しみにしていた自分的にはそこは結構残念だったかなと思います。トヨちゃんが有能すぎる!
 
 ただ、わたしは1武器種でごり押してかなり駆け足的に遊んでしまったので、色んな武器種を使ってみたりする人にはもっと楽しめる要素は多いと思います。
 
 それと、仁王1はDLCで結構やりがいのある要素が追加されたみたいなので、2も現在予定されているDLC3部作でやりこみが大きく強化される可能性には期待ができそうなんですよね!
 ソフトは手元に置いておいて、ちょっとDLCを待ってみてもいいかなと思っています。ほんと基本的なアクションとかシステム周りはこれぞ和ゲーって感じですごく快適で気に入りました!

 それでは、今日はこのへんで。バック転すきです。お辞儀がちょっとモーション長めでキャンセルできないから挨拶にもついバック転使っちゃいます。


web拍手 by FC2
仁王2 【1】 1周目をクリアしました!
ni1-4.jpg

 今回は『仁王2』をプレイしてみたお話です!
 仁王はダークソウルの影響を受けた作品ということで気にはなっていたんですが、なんだかんだと前作は未プレイでした。
 今回ちょうど何かしっかり遊べる系のゲームがやりたくなったので、出てから日も浅い2から入ってみた次第です。

 で、一気に駆け抜けるようにクリアまで進めてしまいました! 面白い!
 基本的なシステムはめっちゃダークソウルまんまと思わせつつ、装備品ドロップのハクスラゲーらしくアレンジされていて、ダークソウルとはまた違った独自の楽しさがあるタイトルだと感じました。色々と快適なつくりになっているのも好印象です。


武器は斧ひとすじ!


ni1-1.jpg

 1周目クリア時のステータスはこんな感じ!
 剛振りにして、メインでプレイしました。というか近接はほぼ斧オンリー!
 
 とにもかくにも、斧の上段構え強攻撃が優秀でした!
 高威力・強崩し・強追尾な上にスーパーアーマーがつくので、ボス相手でも残心しつつひたすら連打(→自分の気力切れたら妖怪技)しているだけで押し通せる超ごり押しプレイが成立。

 下手に敵の出方を伺うより、とにかく上段強をぶっぱなした方が逆に安全に戦えるレベルでした。
 重装武器のごり押しを強敵戦でも通用させられるというのはちょっと新鮮で、爽快感ありましたね!
 あまり敵の攻撃を把握しきらなくても押し切れる強さのおかげで、中盤以降のボスの大半は2回目くらいで撃破できていました。
 

ni1-3.jpg

 そのうち別の武器も試してみたいですが、もうしばらくは斧に甘えちゃいそうです。
 忍術・陰陽術もほぼ使わないスーパー脳筋だったのでシステムの大半触ってない感! 今後の楽しみとします!
 

今後は2周目を!


ni1-2.jpg

 というわけで仁王2、まずは1周目をクリアしました!

 ストーリーも結構楽しめました! 個人的に記憶深い秀吉が官兵衛の大河ドラマのやつなので藤吉郎良かった!
 終盤は仁王1が結構絡んでくるので、ここは前作やってなかったのがやや勿体なく感じてしまいました。どこかでストーリーだけでも補完したくなりますね!
 プレイ時間的には十分だったんですが、それでも長い期間を描くストーリーとしてどうしても結構飛ばし飛ばしな内容だったので、欲を言えば藤吉郎や無明だけでももっとエピソードが多ければなお良かったなと感じます。

  今後は2周目に相当する『あやかしの夢路』を一通りクリアするのがまずは目標になりそうですね。
 やりこみの終着点というか、エンドコンテンツがどういったものなのかまだ分かっていませんが、ひとまず進めるところまで進めていきたいと思います。

 それでは、今日はこのへんで。2周目入ってすぐ振り直しして手斧使ってみたんですが3分で斧に戻りました。いやスキル取ってからだとは思うんですけど難しすぎる! やっぱ斧ぐるんぐるんさいきょう!!

web拍手 by FC2
ドラゴンクエスト11S 【1】 100時間ほどプレイしました!
 お久しぶりになります!
 近頃はちょっとゲームのプレイに専念していまして……。

dq111-1_20200129090100e3f.jpg

 今回ついに、『ドラゴンクエスト11 過ぎ去りし時を求めてS』をプレイしてきました!
 PS4/3DS版は遊んだことがなく、Sでの初プレイになります!


ストーリーはクリア!


dq111-8.jpg

 ひとまず、メインストーリー部分は最後までクリアしました!
 邪神ニズゼルファ撃破時で94時間ほども遊ぶことができて、大ボリュームぶりに満足です!


dq111-3.jpg

 ストーリーは王道かつ丁寧で、じっくりと楽しむことができました。
 追加要素のボイスが非常に良かったです! メッセージが無いときの動作にも細かく音声が入っていて、元々ボイスが無かったゲームに後から付けたとは思えないくらい自然なつくりになっていたのがいい感じでした。
 バトル時もボイスがあることで仲間同士の連携感があったりとか、ボスの各技や眠り状態時に個別にボイスが用意されていて臨場感があったりして、Sが初プレイのわたしとしてはボイスのないドラクエ11が考えられないくらいによく馴染んでいると感じます。

 メインストーリーはなんといっても、ウルノーガが一度世界を崩壊させてからの第二部が熱かったです!
 第一部で命の大樹にたどり着くまででもそこそこのプレイ時間だったのに、ここからまた敵の将軍とか出てきて本番が始まるのかっていうワクワク感がありましたし、絶望的な世界の中でも強い精神力を持って人々を救いながら魔王討伐を目指すメインメンバーの姿が魅力的でした。
 第二部開始直前に挟まれるSの追加ストーリーも効いていて、特にシルビアのナカマたちはあれがあるのと無いのとでソルティコまでの一連のイベントの魅力が大きく変わるんじゃないかなと思いました。
 

 という感じで、ウルノーガ撃破までしっかりとした本筋が描かれていただけに……。

dq111-2.jpg

 ウルノーガ撃破後、まさかの「自分たちの意志で今までの過程をリセットする」という展開にびっくり!
 個人的には、大きな犠牲を払いつつも勝ち取った魔王討伐というストーリーが十分アリだと思っていたので、ここまで積み重ねた仲間との時間をなかったことにしてまで時間戻らなくてもいいよ! とか思ってしまいました。
 
 時間を戻った後はウルノーガ、さらにニズゼルファも止めることができ、世界崩壊のときに救えなかった人々もあらかた救うことができる……というハッピーエンドを迎えることができます。
 ただ、魔王ウルノーガと戦った時の仲間の記憶が統合されるようなことはなかったり、各地の救済イベントがサブイベント的にサクサクこなせてしまって時間を戻る前のメインストーリーの重みが薄い内容で上書きされてしまったりといったところがあって、個人的にはややわだかまりも残る展開かなと感じました。ベロニカと一緒にいられるのはやっぱ嬉しいですけど!

 とはいえ、全体的にはキャラの魅力もよく描かれていますし、十分に良い内容のストーリーだったと思います。
 ホメロス戦の前にベロニカの幻影が出てきた時にセーニャが一切動じないところとか、ああいう「そのキャラらしくない、無駄な葛藤が少ない」ところとか好きでした。その後のエンディングのスタッフロールでラムダに帰還した時に泣き崩れるのも上のシーン等があってこそなのかなと!
 

すべての敵が強い でプレイ!


dq111-5.jpg

 今回、Switch版で追加された「すべての敵が強い」のしばりプレイを設定して遊んでみました。
 初プレイではあったんですが、11は基本難易度が少し易しめという話を聞いていたのでせっかくなら歯ごたえがある方がいいかなと!

 が! とにかく! すべての敵が強かったです!
 最序盤のデルカダール城に着くまでに何度も倒され、カミュが入って2人になって余裕かと思ったら無限に増え続けるリリパットに狩られ……ザコもボスもがっつり殺しにくる強さで、想像以上に歯ごたえのある難易度でした。後衛がボスの痛恨でHP満タンから即死するのとかえぐい!

 その分、補助技なども活用したバトルを十二分に楽しむことができて、かなりやり応えのあるRPGとして楽しむことができました。
 個人的にRPGは敵の強さとメインストーリーのバランスも重要な要素だと思っていまして、ストーリー上でかなりの強敵とされていたボスが実際の戦闘では弱かったりするとストーリーの盛り上がりもイマイチに感じてしまうところがあったりします。
 それゆえに、ストーリーの臨場感もおそらく通常難易度で遊ぶよりもよく感じられたと思います。

 ウルノーガとかLv55くらいで行きましたけどもうマジでほんとやめてって感じの強さでしたからね! あの天下無双はあかん!


dq111-9.jpg

 過ぎ去りし時を求め始めた直後はどこ行っても敵が強すぎて絶望していましたが、グレイグにはくあいスキルが解放されてから世界が変わりました。属性耐性盛りスカラキラポン他色々におうだち強い! はどうやめて!


残るは隠しボス!


dq111-6.jpg

 クリア後はLv99まで上げ……たんですが、それでもまだ倒せてないボスがいます!
 現状、ヨッチ村を進めた後の追憶の神殿の3層ボスで止まっているところです。2連戦とか!
 これを倒した後? のヨッチ村の大ボスと、あと確かそれを倒した後にSwitch版の追加要素ボスがいるみたいなので、そこまで倒すのが目標……になりそうです。
 まだ装備を詰め切れていないのでそこでなんとかできる余地はあると思うんですが、それでも届かない場合タネ集めをすることになったり……? それは恐ろしい! できるだけやらずに頑張りたい!


軽くまとめ


dq111-4.jpg

 というわけで初プレイのドラクエ11S、プレイ時間が100時間を少し越えるところまで遊んで一気に感想でした!
 Switch版、待ってよかったなと思っています!
 ボイスや高難易度モード、多分気づいていないところで大量の改善要素などがあって、ドラクエ11という大作RPGを高い完成度の状態で初見プレイすることができたのは幸運だったと思います。無印の発売から今までの間に少しだけネタバレ目撃しちゃったりはしていたので発売直後プレイに羨ましさもありますが……!

 このまま隠しボス撃破まで頑張りたい……ところではあるんですが。
 そう、本日1/29は、ドラゴンクエスト10のほうの大型アップデート日だったりします!
 ので、まずはそちらを進めたいなと! 10と11を行き来するドラクエな日々がしばらく続く……かもしれません。
 直近で買う予定のある新作タイトルは特にないので、のんびり遊ぶのもいいかなと思っています!

 それでは、今日はこのへんで。2Dモードとか3DSモードで各地や各イベントがどう描かれているかも気になってしまいます。時間がいくらあっても足りない!


web拍手 by FC2