FC2ブログ
プロフィール

ぱすてぃ

Author:ぱすてぃ
百合が好きでポケモンを好む、文章を書く人です。
好みのゲームは任天堂系/テイルズはじめRPG全般/デモンズ・ダークソウルなど。
百合は小説漫画といろいろ。百合文も書きたいです。

【ドラクエ10】
ぱすてぃ [MY795-653]

最新記事

リンク

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

FC2カウンター

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログコミュニティ

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

ポケットパスタ・ゲーム記
ゲームのプレイ日記を書きたい分だけ書くブログです。3DS「RPGツクールフェス」で『かけらのメガルエ』を第1回コンテストに投稿中。
ドラゴンクエスト10 【454】 万魔の塔に初挑戦しました!

新たな週課、万魔の塔!


dq454-7.jpg

 11/11(月)より、新コンテンツ『万魔の塔』が公開されました!
 大量の敵を倒してスコアアタックを行い、スコアに応じて新部位アクセ『紋章』が手に入る週課コンテンツということで、ピラミッドの後継のような位置付けですね。
 さっそく……でもないですが、ざっくり乗り込んできたのでプレイ記録を残しておきたいと思います!


天地雷鳴士で参戦


 万魔の塔は現在、『バト・バト・賢者』『旅or道具or天地』あたりの構成が主流となっている印象です。
 その中でひとまず、個人的に好きな天地雷鳴士で参加してみることにしました!


dq454-10.jpg

 災壇によって若干装備は変えますが、おおむねこんな感じで。
 呪文耐性が重要ということで、ブルバックラーの呪耐23(大成功2)とカテドラル上の呪耐21を買いました!
 ブルバックラーは高かったですが、当面は愛用できるかなと思います。
 
 耐性は『1:即死』『2:マヒ封印』『3:眠り』を抑えておけばよさげですかね!
 頭で耐性をまかない、下に魔力錬金を付けられればベストだと思いますが、ひとまずは頭と下を合わせて用意できれば十分かなという感じもします。


dq454-6.jpg

 ちょうど先日こんな天地ベルトを拾ったので、さっそく大きな出番が!
 邪神は相変わらず手軽かつ報酬が良いステキなコンテンツとして遊べますね。新ボスも思ったより周回しやすい!


一の災壇に挑戦


 ということで、天地で野良PTに参加して万魔の塔へ挑戦してきました!

dq454-5.jpg

 一の災壇は敵がまだあまり強くないので、きびきび動いて範囲攻撃をしっかり当てていけばPTを選ばずとも完全制覇(すべての敵の撃破)を達成しやすい印象です。

 天地としてはカカロンを召喚し、マジックバリア・ピオリムを切らさずにしつつ攻撃というのが基本。
 5フェーズごとに出るボスに幻惑が入りやすいので、登場時に百花繚乱を入れられるといい感じですね。

 一度やって難なく完全制覇はできた……のですが、『恵みのはぐれ者』(はぐメタ型の逃げる敵。倒すと1体につきスコア+10%)を一体も倒せていなかったようで108000点程度で止まることに。

 再度の挑戦で無事にはぐれも倒し、127312Pのハイスコアを出すことができました。


二の災壇に挑戦


 二の災壇はある程度敵が強くなり、しっかりと火力を出していかないとボスまで削り切るのがやや難しい印象でした。

dq454-4.jpg

 1の時に天地の攻撃技のタゲ指定がすごくやりづらかったので、少し話題に上がっていた『いなずま』を試してみることに!
 今までは非常に存在感の薄い技でしたが、非タゲ指定の自分中心技なのでランドインパクトのように使うことができます。
 範囲はそこそこ広めですし、威力の低さもテンション下ではある程度カバー可能です。
 
dq454-1.jpg

 わたしも今日気づいたんですが、実は手持ちのめいどうふうまベルトに扇雷13もついていたという神引きをしていました!
 いなずまだけでは威力不足や遠距離の相手への対処に手こずる場面があるので、めいどうふうまと合わせて使っていきたいというところもあり、非常にありがたいベルトになってくれました。これで炎が両手じゃなくて扇だったら!


dq454-2.jpg

 いなずまでぶいぶい言わせていたのは良かった……のですが、ボスの『カラミティスコルプ』に苦戦!
 全体ダウン+移動速度ダウンのカラミティウェーブに苦戦し、倒しきることができませんでした。ウェーブ→ジバルンバサンバえぐい!

 後にこのカラミティウェーブ、ジャンプで避けられるということを知り真っ青になります。なんか1人当たってない人いるなとは思ってたんですよ!!
 その後の再挑戦はしていないので、完全制覇はならず!
 
 ただボス抜き制覇の状態で114759Pまで取れていたので、ひとまずこれで保留することにしました。


三の災壇に挑戦


 そして、三の災壇!
 ここはまだ完全制覇の達成報告が(たぶん)無く、できるだけ倒しつつ制限時間まで生き残っての制覇でハイスコアを狙うのが主流となっています。

dq454-9.jpg

 ここでは参加職を賢者に変更し、緑玉で誘ってもらって『バト・バト・賢者・道具』の構成で挑戦させてもらいました!
 天地の装備がほぼ賢者でも流用できるので、この2職はセットで出せるようにしやすいですね。

 最初から出現している『カラミティサン』には攻撃せず、ステージ中央付近にどうぐ使いの陣を置いた所で固まり、敵の迎撃を中心に戦うという戦法になりました。

 鬼門はキラーパンサーの大軍! 痛恨持ちなので盾がないバトがやられてしまう可能性が高く、一度崩れると一気にピンチになりがちです。これは結構痛恨運ゲーっぽい部分もあるかも!
 他にもディバインスペルで呪文耐性を下げてくるみならいあくまなども出るので、1、2よりも耐久面に気を配る必要性が高いと感じました。
 賢者は扇をメインで持ち、雨の維持とベホマラーを基本としつつテンションを乗せた攻撃呪文を挟む形で使ってみましたが、忙しいですね! 回復だけやっとくなら楽なんですけどスコア考えるといかに攻撃を挟めるかも大事な気がします。

 終盤、赤まで行った敵を倒し損ねた状態で時間切れになってしまう惜しい終わり方になりました。
 ただそれでも、64501Pは確保! 野良では6万を狙うPTが主流で、そこまでは行けた感じです。


報酬の紋章は!


dq454-8.jpg

 3つの災壇合わせて毎週30万Pで最後の報酬まで取り切ることができ、どうにか306572Pまで到達!
 1、2合わせて24万Pくらいを取っておき、3で6万前後を狙うというのがひとまず初期のセオリーになるのかなと思います。

 そして報酬の新アクセ、『紋章』!
 破片は10個ではなく30個で復元、万魔の箱からも紋章確定ではなく破片が出ることもあるという中々厳しい運任せになるのですが……。


dq454-3.jpg

 初週、アモンの紋章が+2になりました!   実は上の画像でバレてましたけど!
 箱からアモンが2個出て、ラッキー合成が1回出るという中々いい結果になりました。
 レグ5にパラでの参加を考えていてこれから装備を揃えるところだったので、これはかなり嬉しいですね!

 紋章は初期値こそ低いものの、合成で主要能力+サブ能力が最大5ずつ上がるという合成に重きを置いたアクセになっています。
 特に攻撃のハルファスの紋章の理論値は攻撃+20にもなるので、これはしばらく一喜一憂の日々が続きそうです!
 ブローチに対するアンクのような上位アクセも実装できるでしょうし、まさに新たなピラミッドとして毎週お参りすることになりそうです。

 先ほど公式Twitterで、万魔の箱の報酬を見直して紋章が確定で出現するように修正されるとのアナウンスがありました。
 破片5とか1とかは流石に少しきついなと思っていたので、ありがたい修正にはなりますね。

 万魔の塔の初期の反応は、やや賛否両論ぎみなのかなとは思います。
 慣れてくれば毎週30万点を取るのは野良でも1時間以内で達成できそうですし、竜のうろこの実装でけっこう楽になりそうだったりと、難易度に関してはさほど問題はないんじゃないかなというのが個人的な印象ではあります。
 紋章の合成が大変なのは別に気にならないというのが率直な感想ですね! 初買いとかの差がつく要素がなく、むしろそのあたりには好感も持っています。

 ただ、基本的にバト2賢者をベースにしてひたすら範囲攻撃で敵を倒しまくるゲームなので、ピラミッド各霊廟の初期環境のようにウェーブごとに少し対処を変えるような要素がやや薄いのは気になりました。
 3層とも呪文耐性が重要だったりと敵の戦術も似通っているので、もうちょっと使ってくる技や出現数にメリハリを付けてくれても楽しいのかな、とは思います。4層以降が追加された時にでもそのへん工夫してくれると嬉しいですね。

 ともあれ、今後長い付き合いになりそうな万魔の塔、初週なんとか30万ポイントまで行きました!
 来週はぜひハルファス2個ほしいですね! からの攻撃5! ラッキー! 攻撃5! ラッキー! 攻撃5! こんなこと言ってるとグレモリーきそう!

 それでは、今日はこのへんで。ファラザードで案内人がいる場所から万魔見た時にたまに海から出てくるクジラめっちゃすき!


スポンサーサイト



web拍手 by FC2
ドラゴンクエスト10 【453】 ダークキング5を撃破しました!

 ええとあの……。
 始まってますよね、バージョン5……。
 色々と経過をお話とかしていきたかったんですけども……。


dq453-4.jpg

 すべて! こいつに!
 時間を吸われていました!

 そう、5.0で追加された常闇の聖戦の『つよさ5』!
 そのうちの1体である、ダークキング5!
 5.0の最低限を終わらせてから、ずーっとこいつに挑み続けていました!

dq453-3.jpg

 『バト・バト・僧侶・デスマスター』の構成に可能性を見出して、自分がデスマスターでひたすら挑戦し続けていたんですが、まあとにかく負けまくり!
 HP白のまま1飯が過ぎるPTもざらにあったりして、大苦戦の日々を過ごしていました。


 が!

 そう!

 タイトルの通り!


dq453-2.jpg

 たお…………


dq453-8.jpg

 ……しました!!!
 昨日になりますが、ダークキング5、撃破して参りました!! うひょー!!!!!!!!
 

勝てた戦いの振り返り


 ダークキング5を撃破できたのは、フレさん僧侶1人+野良の方バト2人とのPTでした。
 特筆すべきは、なんと僧侶さんとバトさんの1人がダクキン5にPTで行くのがだったということ! その2戦目で勝ってしまいました! こちとら20飯はやったんですよ!!

 ただ経験うんぬんより、勝つことができたのは大きく何点かのポイントを抑えられていたからだと感じました。
 勝因となったポイントをいくつか、ピックアップしてみたいと思います。

◎壁更新、引っ張りがある程度しっかりできていた
 ……ダークキング5において最も重要なのが、「(特に後衛タゲのときは)エンドまで壁を引っ張り、エンドの行動を最小限の人数で受ける」ことだと思っています。
 バトの壁更新の角度を深めに取った上で、僧侶とデスが足を止めずにエンドまで逃げることが結構できていたと感じています。
 特にダクキンがクリスタルの中に陣取ったり、PTに戦闘不能が出たときにも慌てずに壁を作れていたケースが多く、総崩れの展開に持っていかれにくかったのは大きかったです。
 エンドの1人受けまでは徹底できていませんでしたが、それでも立ち回りがしやすいPTでした。


◎召喚への対処が適切だった
 ……召喚の後、バトが少し下がって安全地帯に行き、そこで壁を再度作るという動きが上手くできていて、召喚後に立ち位置が崩れることが少なかったと思います。
 そのおかげか、バトを含めてレーザーの被弾が少なめになっていたと思います。
 今回のバトはひたすら天下無双を撃ち込みまくることがおススメされていますが、召喚とレーザーへの対処がはっきりしているほうがより火力は出るのかなという印象です。


◎僧侶さんの属性耐性がすごかった
 ……僧侶さんがなんと風100+闇19で、テンペスト無効+紫雲のたつまき耐えを両立しているという神の領域に達していました。
 5のシビアなテンペスト周りに初見で対応できたのはまさにこの属性耐性の力が非常に大きかったと思います。テンペ→紫雲で僧侶が死なないっていう安心感はすさまじい!
 ちなみにわたしのデスはその安心感にかまけてテンペ何回も当たりました! ひどかった!


◎序盤の召喚が少なかった
 ……黄色になるまで召喚が少なく、かなり引っ張りがしやすい時間が続きました。
 ただ黄色になったのは12分台だったので特段早いわけではなく、黄色以降も相応に立ち回りやすかったから行けたという感じかもしれませんね。


 ダークキングはどうしてもタゲ・召喚・レーザー・ダークシャウトの行動運に左右される面が強いので、今回もいい展開を引けたがゆえの勝利だったと思います。
 ただ運をモノにするための基本として壁を中心とした立ち回りは大事になってくるので、20飯くらいやってどうにかそこが抑えられるようになったのかなという感じですね! まあテンペめっちゃ当たったんですけど!



dq453-6.jpg

 ちなみに討伐タイムは19分56秒58
 数秒の猶予はあれ、右上の時間では残り1秒、ほぼラストチャンスの天下無双で倒せたという奇跡の勝利です。ダクキンは4の時も19分59秒とかだった気がするんですよね……。
 個人的には、無双の直前にラストチャンスとして一発だけ放った魂狩り(鎌版のまじん斬り)が当たったのが超ハイライト! これでもテンペ分返せてない気がしますけど勝ったからいいんですよ勝ったからすいません練習します!


軽くまとめ


dq453-7.jpg

 というわけで、他のプレイ日記も書かずにひたすら苦戦し続けたダークキング5ですが。
 どうにかこうにか、勝利をもぎとることができました!
 討伐PT以外にもとにかくたくさんPT組ませていただきまして、組んでくださった方々本当にありがとうございました!

 これでダクキンは突破できました……が、常闇5はまだレグとメイヴが残っています!
 レグは火力のハードルがとても高く、メイヴはDQ10史上でも類を見ないほどの本当の強敵のようで、ダクキンに1週間くらい吸われたわたしが敵う相手ではないかもしれませんが……少しずつ足がかりをつけていければと思います。 

 いやでも常闇5の調整いいと思います! 基本的に4までを踏襲した上で現状のキャラでのガチ難易度にして、3体の中でも難易度に差を付けたことによって長期的・段階的な目標とできるようになっているので、DQ10の弱点であるキャラを鍛えるモチベーションに大きく寄与しているんじゃないかなと感じました。
 万魔の塔・ドラゴンのアクセによって環境がどう変わるかも注目ですし、そのへんも見据えながらマイペースで楽しみたいですね!

 一度倒した常闇も全然再挑戦いきたいので、頭数足りないときなどはぜひお気軽にお誘いください!

 それでは、今日はこのへんで。実は勝利PT組む直前までダクキン用パラ装備を準備していました。紋章あれば金ロザとかつけられそうなので万魔解禁後あたりにでもちょっと行ってみたいかも!



web拍手 by FC2
ドラゴンクエスト10 【452】 4.5後期をちょっと遊んでみました!

バージョン4大詰め、4.5後期!


dq452-2.jpg

6/26(水)、いよいよバージョン4最後の大型アップデートである4.5後期が配信されました!

今回はすぐさま別のゲームを始める予定があるので、やりたいとこだけざざっと触った感想、行きたいと思います!


後日談いろいろ、サブクエスト


dq452-5.jpg

4.5後期のひとつのメインとなるのが、バージョン4のメインシナリオ周りの後日談を描くサブクエスト群です。
色々と着地点が見たい部分が多かっただけに、今回のクエストは割と楽しみにしていました。
ということで、各開放後はまずこのサブクエストに手を出しました!

サブクエの数が結構多かったので、中でもメインどころになる話だけとりあえずやろうかなと思っていました。
が、メインクエストの「未来へ歩みだすために」を受注するためには他のサブクエの大半をクリアする必要があり、結局あらかたのクエストをプレイしてきました。

クエストの数が割と多く、意外にも(?)ベルマに関する掘り下げがあったりとか、そのあたりは悪くなかったですね!


ただ、全体的に期待していたよりもあっさりした内容で、ちょっとストーリーに入り込んで楽しむことは出来なかったかなーとは思います!

dq452-6.jpg

マローネとの再会の瞬間なんかはぐっとくるものがありましたけど、その後はサクッとイベントが終わってしまったりと、余韻を味わえるような雰囲気が感じられなかったですね。
特に、メレアーデを中心にして集大成の後日談になるのではと期待していた「未来へ歩みだすために」は後期まで引っ張っといてやることそれだけかい! みたいなあっさり感が強くて、もやっとした感覚が残りました。
せめてメレアーデが国民の前でクオードの死と新しい決意を告げるシーンはちゃんとしたカットシーンでやってほしかった! テグラムさんですらなんかあったでしょう! さんですらとか言っちゃったけど!

これは4.5前期のシナリオにも言えることなんですけど、とにかく「話を着地させる」ことで精一杯で、そこからプラスして話を面白くしよう、盛り上げようという熱量というかエネルギーというか、そういったものが足りなかったかなと感じます。


dq452-1.jpg

同じような感覚をもっと強く感じたのが、今回同時に配信されたパクレ警部のクエスト「パクレ警部の現実」ですね。これもやってきました!

パクレ警部のキャラファイル、話題になっただいぶ後にプレイしたんですが、たしかに色々と言われるのも無理のない内容だったと感じています。
(設定の荒唐無稽さより、単純に「話が意味わからないし面白くもない」のが最大の問題点だと感じました!)

その批判を受けての「アンサークエスト」とのことで、ある程度練りこんで今までの話を利用しつつ面白いかつ納得のいく内容を出してくれるんじゃないかと思ってたんですが、いやちょっと期待したようなものではなかったですね!
後出しで特殊なアイテムを登場させて「こういう風にこじつけました」という説明をした以上のものは何もなく、キャラファイルの話の見方を変えて面白く見れるようにしようとかそういう発展的な取り組みが感じられなかったので、あまりいい印象を抱くことはできませんでした。あのバナナは「滑った」ってことなのかな!


限られた期間内でシナリオを作るって間違いなく大変なことで、それをもう7年も続けているこのゲームはそれだけですごいことをやっているのは間違いないと思います。
ただちょっと現状、ストーリーづくりに対する熱量に疑問を持ってしまうような内容が多いなと感じてしまうのも確かです。
別にただ面白い話を見たいだけなら、それこそゲームだけでもいくらでも他に良いものがあるんですけど、DQ10のストーリーはDQ10の中でしか味わえないもので、やっぱりわたしはそこに一定の愛着や価値を見出しているところはあるので、本当に頑張ってほしいなと思いますね!


天獄? 天国! 邪神ベルトまつり!


さて、ストーリー系のクエストを終えたあとは、どうしても昨日の内に味わっておきたかった場所に行ってきました!

dq452-4.jpg

そう! みんなだいすき、邪神の宮殿です!

今回のアップデートで、ついについに周回時の「赤箱」の中身が改善
戦神のベルトが出やすくなるという、待望も待望の調整が入りました。

そして特に話題になっているのが、「天獄」の周回!
天獄の赤箱は1〜4獄とは違う内容で調整され、戦神のベルトは+3のみがドロップするようになりました。赤箱からの+3自体が初になりますね!

そして驚くべきは、そのベルトのドロップ率!

dq452-3.jpg

50%!

ガチでこう言っても過言ではないくらい、めっちゃ出ます! 連続なんてザラ、ベルトが出ないほうが珍しいと感じるレベル!
今回の天獄は少し戦いやすい相手で、経験値も1戦あたり5万ほどもらえるということで、ちょっともう革命的においしい場所になっています。手をつけられたのが夜遅くからだったんですけど寝る時間少し削ってしまいました!

・自分の好きな職で潜れて、装備やスキルの性能を試せる
・8人ptで気楽に戦える
・ほどよい強さの敵で戦いがいがある
・レベル上げにも利用可能
・(条件達成のためなどで)意外な職にも活躍の場がある
・初回報酬だけでなく周回報酬も魅力的
・ここでしか手に入らない、キャラの強さに関わるトレハン性の高い報酬がある


……などなどの条件が揃って、今の邪神の宮殿の天獄、高い総合力がある良コンテンツに化けた感じがします!
毎回天獄が来たときは賑わいそうですし、1獄周回も+3ベルト含めてベルト率が大きく上がっているようなので、遊び場に困ったときはとりあえず邪神に行っちゃえばいいくらいの感じがありますね!
わたしも「扇炎+扇土」など、まだまだほしいベルトはたくさんあるので、ちょっと邪神に遊びに行く時間も作りたいなと思ってしまいました。マリオメーカー出るってときになってこんな!

ベルト+3が灰5個に変換できることもあり、今まであまり戦神のベルトを揃えられていなかった人も一気に追いつく大チャンスだと思います。
もろもろひと段落したら、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか! 天獄は開催時間が一度に72時間なので、ご注意ください!


軽くまとめ



ということで、4.5後期の主にサブクエストと邪神の宮殿を遊んできました!
いちおう200スキルも取りました。全体的に追加効果なさすぎるのがかなり違和感強いですが、まだまだ使えてないので感想はまた後日にでも!

シナリオ周りは、現在のDQ10が抱える大きな課題のひとつかなと思いますね!
力量のあるシナリオライターを迎えるのも色々と難しいのかなと想像するので、なんとか頑張ってほしいと思います。

一方でコンテンツ面は邪神の宮殿が覚醒して、プレイヤーのモチベーションも大きく掻き立てるものになっていると思います!
そもそも覚醒前もDQ10の中では参加形式や報酬のバランスがまともな数少ないコンテンツだったので、なんかもう次のバトルコンテンツは邪神の装備部位がカードになった版でも大体そのまま出しちゃえばいいんじゃないかとか思ってしまいます。結局長く遊んでもらうには気軽にいくらでも通えてランダム効果装備掘らせるのが一番なのでは!

バージョン5がどのような方向性を目指してコンテンツを用意していく期間になるのかはまだ分かりませんが、今回の4.5後期含めて、さまざまなフィードバックを活かした内容になっていくことに期待したいですね。
とりあえず邪神はこのままでおねがいします! そしたら扇炎13土13攻魔24会心2出るまで掘りますから! うそつきました!

明日からはマリオメーカー2が出るので、しばらくはそちらにかかりきりになると思いますが!
上にも書いたように、来たいときに来て邪神回しはちょっとやりたいですね。そう思えるくらい今回のベルト率アップは魅力的です!

それでは、今日はこのへんで。ところで顔アイコンの表情設定たのしいですね! えがおのえがおじゃない感!

web拍手 by FC2
ドラゴンクエスト10 【451】 翠将鬼ジェルザーク3を撃破しました!
dq451-11.jpg

 ふ、ふ、ふ、ふ、ふおおおおおおおおおおおお!!

 やりました! やれました!
 4/22、2回目の日で!
 翠将鬼ジェルザーク3、撃破することができましたー!! うひょー!

 緑玉を出して野良PTに拾ってもらって、2PT目の1飯で勝つことができました!
 後から詳しく書きますが、非常にうまい指揮をしてもらったので、そのおかげです!


邪紋と雷竜は買いましたか! では弓を持ってください!


dq451-5.jpg

 構成は『魔戦(自分)・魔法・魔法・僧侶』。昨日2で練習した魔戦で参戦しました!
 壁をしつつぶきみを入れFBを使う……という魔法戦士の立ち回りはやはり共通で、壁役として立つためにブレス雷竜の大盾やFBを入れるための攻撃錬金の邪紋のつるぎを買った……のですが。

 結局、弓で勝ちました!  はい結晶化! 邪紋とか特に結晶化ーーー!!!

 マジックアローを使うことで壁をしながら離れたジェルソルジャーに呪文耐性ダウンを入れることができ、さらに一度に2段階下げられるので、維持やとっさのフォローが非常に楽になりました。
 耐久面、特にブレス耐性は下がってしまうんですが、それよりもマジックアローを使える恩恵のほうが大きいと思います。地味に弓聖の守り星もいいですね!

 弓はすでに持っていた防衛軍産のイルミンズールの弓で、今回の戦闘に役立つ錬金はいっさい付いていませんでした。
 FBラインの攻撃550も片手剣より確保しやすいと思いますし、ほぼなんでも大丈夫だと思います! 買うなら攻撃錬金で剛勇などをHP合成にするとかですかね!


全体的な戦法など


dq451-2.jpg

 討伐できたPTでは、全体的な戦い方を共有できたのが大きかったと思います。

・後衛タゲのときは、基本的にエンド前に当たりに来て押し反撃を誘発。当たる人はチャットを出す
『リミットマグマ』は基本的に阻止。間に合わないときはなるべく外側にマグマを誘導する
・基本的に魔戦は壁維持優先で、多少の被弾は僧侶がフォロー。蘇生もなるべく魔戦以外が行う
超暴走魔法陣は魔法使い2人が交互に使うようにして、なるべく維持していく

 このあたりをチャットで話し合っておくだけで、かなり違いました!
 わたしはつい葉っぱをすぐ使いに行ってしまっていたんですが、魔戦がイレギュラーな行動を取る=PTが崩れるみたいなところがあるので、緊急時以外はまず壁を優先するというのはとても大事だと実感しました。
 超暴走魔法陣なんかも使いかた次第で乗っていられる時間・タイミングがまるで変わってくるっぽいので、魔法使い同士も連携が大事になりそうですね。わたしの苦手なやつ!


攻略のカギ、大号令飛ばし!


dq451-1.jpg

 そして、もっとも大きな共有事項がコレ、通称『大号令飛ばし』!
 そう、先日発見された、『徴兵の大号令』をスキップさせるちょっと裏技的な戦法です!

 徴兵の大号令はなぜかタゲ指定技になっていて、ジェルザークが対象の近距離に行かないと発動しません。
 そこで、ソルジャーが2体とも消えて大号令が来るタイミングでタゲになった人(一番近い人)が下がり、他の人が壁に入ってターンエンドまで引っ張ることによって、大号令の発動を無しにできるというものですね!
 これが成功すると次に号令が来るまでしばらくジェルザーク1体になるので、その恩恵は絶大!

 撃破できた戦いでは、HP白のときにまさにこの大号令飛ばしがきれいに成功!
 序盤戦のうちにダメージを稼ぐことができ、かなりの時間的な余裕を持つことができました。


名采配のもとで、勝利へ!


dq451-4.jpg

 大号令飛ばしの成功も含め、全体的にかなり安定して削ることができ……。
 うろ覚えですが、残り8分台ですでにHP赤にすることができました。

 と、このあたりでPTリーダーをしてくれた魔法の方が、「以降、FBはぜんぶソルジャーに入れましょう」と言ってくれました!
 削りは十分できているので、確実にマグマを止めるほうにFBを使うということですね。

 この作戦が、まさに勝利のキーといっても過言ではなかったと思います。
 いちどほぼ1人でマグマを止めてくれたりと、FBがあったからこそなんとかなった場面がありました!


dq451-6.jpg

 ただそのぶん、赤になってからのジェルザークはすさまじい連続行動(赤以降で確定3回?)も相まって非常にタフで強力に感じられ、わたしはもう緊張やらなんやらで範囲攻撃に当たりまくり、ひどい有様をさらしてしまいます。
 それでもどうにか、全滅だけは免れるように全力で戦って……。


dq451-3.jpg

 ついに、撃破!! となったわけです!


dq451-10.jpg

 討伐タイムは18分18秒95! 赤以降はかなり危なくて時間がかかったので、やはり序盤~黄色で貯金を作れたのが非常に大きかったです。
 
 初日の3との決定的な違いは、やっぱり大号令飛ばしが発見されたことだと思います。
 わたしの場合は1回成功しただけでしたが、それでも相当に時間に余裕ができたので、狙うと狙わないとでは難易度にかなりの差が出ると思います。
 おそらくは想定されていなかった挙動だと思うので、本来はコレ抜きでのバランス調整になっていたんだと思いますが……現状のジェルザーク3を撃破するためにはすごく有用なことは確かですね。それにしてもなんでこの技タゲ指定行動にしたのかふしぎ!


dq451-8.jpg

 とはいえ、各職の動きなどはもちろん大事!
 勝利できたPTのみなさんは僧侶さんも魔法さんも上手くて、死にまくりの魔戦だったわたしをかなりサポートしてもらってしまいました。
 なにより、しっかりとチャットで相談ができたり戦闘中にリーダーの方がFBの使いかたを決めてくれたりして、野良ながら密な連携を取れるPTに入れてもらえたことが非常に運がよかったと思います!
 
 パーティーを組んでくださった方々、本当にありがとうございました!


軽くまとめ


dq451-12.jpg

 ということで、なんと翠将鬼ジェルザーク3を倒すことができました!
 今日以降はしばらく3の日にがっつり時間を取れる日がなさそうだったので、このタイミングで勝てたのは本当にありがたい限りです。
 まだまだ魔戦の動きをマスターしていないので、今後も気が向いた時にまた行きたいなと思います。
 やっぱり壁・範囲避けをメインでやる職は自分の好みに合っていて楽しいです! だからほんとパラの席きてーー!!!!

 なんだかバト構成も出てきているみたいで、やはり初期は色々な構成が出てくる面白さがありますね。
 今後メイン構成が変わるのかどうか、さらなる画期的な戦法が見つかるのかどうか……といったことにも注目したいところです。

 なんにしても、ありがたい! その言葉でしめくくりたくなる初討伐でした!

 それでは、今日はこのへんで。攻撃邪紋パイセンこれ使い道ないですかね! バトの火炎斬りか! 天下なんとかとかいう技は知りません!


web拍手 by FC2
ドラゴンクエスト10 【450】 第8回・お財布の中身チェーック!!

dq447-1.jpg

 こんにちは!
 2019年4月下旬、バージョン4.5前期の後半で翠将鬼ジェルザークが登場して間もない今日このごろですが!
 DQ10記事の450回目を迎えたということで、50回ごとに発表している「お財布の中身チェーック!」のお時間がやって参りました!

この企画(?)も、今回で8回目!

○その1:第100回プレイ日記! 2014/02/07 ……約2350万ゴールド
○その2:第150回プレイ日記! 2014/07/27 ……約5170万ゴールド
○その3:第200回プレイ日記! 2014/12/04 ……約9400万ゴールド
○その4:第250回プレイ日記! 2015/04/06 ……約1億6520万ゴールド
○その5:第300回プレイ日記! 2015/11/17 ……約2億2880万ゴールド
〇その6:第350回プレイ日記! 2016/7/26  ……約3億6030万ゴールド
〇その7:第400回プレイ日記! 2017/9/29  ……約4億5910万ゴールド
▼その8:【450】           2019/4/21  ……  ? ゴールド

 およそ1年半ぶりと、今回が最長の期間みたいですね!
 その間に記事の番号の付け方も変わったりと、いろいろなことがありました。
 ちなみに400回目のすぐ後、2017/10にバージョン4の基本方針が発表されたDQXTVがあったみたいです。
 
 つまり、バージョン4期間をまるまるまたいでのお財布チェックということになります!
 それだけあればさぞお金も稼げたことでしょう!

 ではさっそく!
 持っている4キャラの所持金、同時に貼ります!
 はい、どん!
 

dq450-2.jpgdq450-4.jpg
dq450-3.jpgdq450-1.jpg

 ケタが! まぎらわしい!
 まとめてみます!

==
4,843,687
15,910,575
17,581,961
468,415,733
===========
506,751,956G

 ……5億675万956ゴールド! となりました!
 初の5億到達! でも前回からめっちゃ期間経っているわりにそれほど増えていないですね!

 金策手段は、前回の時点から既にという感じではありましたが、ほぼランプだけに集約されています。
 回すときはバザー枠の8個を埋めるまで錬金して、あとは適当に補充……という感じですね。
 アップデート前後のプレイをしている時期以外は金策面でも全く何も動いていないので、とにかく非常にゆるーい金策をしていると思います。
 血眼になって退魔のくつとか縫っていたころが懐かしいですね! あれはあれで楽しかったですが!


 今回の期間中でもっとも儲けたランプの商材は、「賢哲のターバン/おびえ混乱」だと思います!
 うろ覚えではありますが、1億ゴールドほど稼げたはず!
 レギルラッゾ&ローガストが登場したバージョン4.1、2018年4月ごろのことですね!

 レギローの必要耐性として頭のおびえ混乱が人気になったのでその需要に乗った形になるんですが、主流だったのはクルーガーで、そちらは競争が激しくて相場が厳しかったんですよね!
 個人的にいつも回転率が悪くても相場がゆるい商材でちまちま稼ぐのが好きなので、この時もクルーガーからは逃げる形でゆるくやれそうな賢哲に流れたんですが、予想以上に回転や大成功品の相場が良くて驚いた覚えがあります。
 今のジェルザークでも相場のゆるそうな装備で錬金ちょっとだけやっているんですが、同じようなことには全くならず……むしろ損しないか心配な状態だったりします。おいしい話はなかなか無いですね!


この期間の振り返り


dq450-5.jpg

 400回→450回の期間は、バージョン3.5後期~バージョン4.5前期と重なります。
 バージョン4は、開幕の4.0で「良質なメインストーリー」「白宝箱・防衛軍といった装備を掘れるコンテンツ」などが登場し、初期はいい感じの熱量を持って遊べていたような記憶があります。武具のドロップは最初ほんと衝撃でしたね!

 ただ、ストーリーはバージョン4.1以降期待していたほどのスケール感が感じられず、世界観に浸りたくなるような魅力はあまりありませんでした。
 装備掘りも、特に防衛軍が固定PTでの討伐周回と野良での防衛でかなり大きな効率の差がつくようになり、気軽に野良のオートマで遊ぶのが好きなわたし個人的には、ちょっと環境についていけなくて勝手に熱量を失ってしまっていたところがあります。
 提供されるコンテンツもその配信期間も決して悪いことはなかったと思うんですが、コンテンツの内容・自分自身のプレイ環境の両面で本作への没入感というものは減ってしまった期間だったかなーと思います! 期間は長いですが、イン日数はいちばん少ないかもしれません。

 ただ、聖守護者の闘戦記に関しては常闇と同等のやり応えのある強敵コンテンツとして、毎回しっかりと楽しませていただきました! 今も真っ最中ですが!
 特にスコルパイドは本当にすばらしい出来のボスで、今でも3を初討伐した頃のひりつくような操作の感覚を思い出すことができます。
 聖守護者の報酬が常闇と同じような固有アクセ+ドレア武器だったら、もっとイン日数も増えていたんじゃないかなと思うくらい、存在感の大きいコンテンツですね。

 おそらく次のお財布チェーックは、バージョン5に入っていくらか経ったころだと思います。
 その頃にまた聖守護者のようなハイエンドコンテンツを遊べつつ、加えて今よりももう少し、ドラクエ10というゲームそのものに浸れるような環境になっていれば、それはひとつ楽しいことかなーと思います。
 新しい金策手段もなんか確保しないと今度こそ貯金切り崩すことになりそうですけども! 裁縫のぬいっこ復活とか! ないか!

 それでは、今回はこのへんで。今回の復帰ではジェルザークのほかに、大幅に改善されたソロでの白箱狩り(主にメカバーン)をながらでプレイしています。今も操作中! きっとそろそろ2個目の埋め盾が出るころですね! ちなみに1つめは闇18のせいどうの盾!


web拍手 by FC2