プロフィール

ぱすてぃ

Author:ぱすてぃ
百合を愛してポケモンを好む、文章を書く人です。
好みのゲームは任天堂系/テイルズはじめRPG全般/デモンズソウル/CoD/新パルテナ等。
百合は小説漫画といろいろ。百合文も書きたいです。

【3DS】
3480-2491-3382

【ドラクエ10】
ぱすてぃ [MY795-653]
僧侶メインの方向性です。

最新記事

リンク

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

FC2カウンター

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログコミュニティ

最新コメント

読書メーター

ぱすてぃさんの読書メーター ぱすてぃさんの読書メーター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

ポケットパスタ・ゲーム記
ポケモン文書きによるゲーム+雑話ブログです。  オリトレ系読みきり短編・掌編小説掲載の本サイト『ポケットパスタ』(http://www.geocities.jp/pastapasty/index.html)もよろしくどうぞ。左のリンクバナーからも。
DQM2 イルとルカの不思議なふしぎな鍵 第5回プレイ日記!

 いろいろ要素も追加され、育成は楽になったにしろやることは増したといえる本作。
 ずいぶん掛かりましたが、どうにかこうにか作れました!

 そう、ずばり対戦用PTです! コレを1PTくらいは作らなければ終われません!

 メンツ選びは色々迷いましたが、やっぱり人気どころを選ぶことにしました。
 はい、こいつら!




ir5-7.jpeg 

 ほら人気どころ! メタキンギュメイキラマおにこんはざまんしんりゅうおうとか出せってひどいこと言いますね! めっちゃ人気あるでしょうこいつら! テレレーとか知りませんよなんですかそれ!

 というわけで、別世界で大変ありがたられてきたメンバーで組んでみました!
 本当はバザックスやタコメットを入れたかったんですがいませんからね……。次回作ではぜひ追加お願いします!

 さてさてメンバー紹介。

ir5-1.jpg

○ダブルイーター 新生配合:タメトラ攻撃→こうどうはやい

 経験値的な意味でアストルティアでも唯一現役を張っているイーターさん。テリワンのときは見向きもしていませんでしたが、今回は真っ先にマークです。

 素でAI2回行動を持ち、非常にわかりやすい物理アタッカー型のステータスなので、そのままにステルスアタックをメイン攻撃とするキャラにしました。素の特性でメタルキラー、武器鍛冶でギガキラーとスタンダードキラーを付与して幅広く火力増し。第3スキルは迷ったんですが、対3枠などを意識してじこぎせいを入れてみました。
 とにかく全体攻撃+高い火力のステルスアタックで一気に相手を持って行きます。まだごく低段位しか遊んでいないので、この一撃で吹き飛ばせるモンスターも多いですね。対2、3、4枠で受け身側になっても、たまーに発動するカウンターで1000以上のダメージを持っていけるのも魅力的です。

 新生配合はこうどうはやい。とにかく早く動いてなんぼですからね! ……と思っていたんですが…………。他のモンスとの絡みのある話なのでこれはまた後述。


ir5-2.jpg

○ピンクモーモン 新生配合:光のはどう→AI2~3回行動

 お次は初期アストルティアのエース、ピンモーちゃん。今も自宅で活躍中!
 
 スモールボディでもともと能力が低かったので、使うならサポート型と決めました。
 そんなわけでスキルはサポート特性をてんこもり。とくにジャミングブレイクを活かしたギガ・マホトラやマジックハック、能力にあまり関係なく味方をサポートできるバイキルトやリザオラルで活躍します。
 そのサポート力を最大限に発揮するため、新生配合で2~3回行動を付与。なにげに特性が「みかわしアップ、ラブリー、ジャミングブレイク、ラッキー、光のはどう」とかなり優秀なので捨てる特性をちょっぴり迷ったり。
 その新生配合でさらに能力がダウンし、なんじゃあこりゃってレベルまで落ちていますが、スモールボディで「状況を問わずに(ここ重要、詳しくは後述!)」最初に動けるため、ほぼ確実に相手に対して先手を打って妨害を行ったり、イーターにバイキルトを掛けられるPTいちの安定感を持った働き者。
 低い能力はチェンジで相手の主力と入れ替えるぜ! でも存在忘れてたからさっきまでの対戦じゃ1回も使ってないぜ! かしこさ低すぎるせいかイーター以外にもバイキかけたりするけど気にしないぜ!


ir5-4.jpg

○フレイム 新生配合:炎ブレスブレイク→AI2回行動

 私はがっつり狩ったことないですが、そのヒャドでの狩りやすさからDQ10における属性累積耐性の実装のきっかけを作ったともされる、魔法使いにとっての往年のアイドル。イルルカ版を観てからDQ10に戻るとあまりにカッコよくて涙出てくることでも有名ですね!

 さて、もともとはEランのモンスターですが、その実メラコツ・メラブレイク・スタンダードキラー・いきなりインテを持つメラのエキスパート。適当に選んだわりにいい感じに頑張れそうな感じで!
 新生配合でブレスを消して完全にメラ特化にして、スキルはメラガイアー・メドローア・自動MP回復・てんしのきまぐれを持つ闘神レオソード先生を選択。これ以上の特技は必要なさそうだったので、あとは火力と耐久力をアップさせました。
 使ってみると、メラガイアーとメドローアの火力がとにかくスゴイ! いきなりインテの後押しによってかなり多くのモンスターに999ダメージを叩き出してくれます。これを2回行動で連続して放ってくれるので、最大HP低めの大型モンスターに対して先行できた場合、それでもうノックアウトできたりも。
 ピンモーのマジックハック後ならメタルも焼き払えますし、地味に攻撃力も死んではいないので、ちょっとオツムがアレなピンモーのバイキ+相手が撒いていた青天の霧の状態でおもむろにゾーマに聖魔斬かまして1300ダメ出したりと、適当に作ったわりにはえらく優等生やってくれてます。これでルックスも10版だったら完璧だったのにね!

 
 スモールボディでサッと補助を行うピンモー、そこからこうどうはやいステルスアタックをかますイーター、早くはないけど安定感のあるフレイムと、ここまではなかなかのメンバーですね! だったんですけどね!


ir5-3.jpg

○トンブレロ 

 豚ちゃん! 10ではピンモーに次ぐ初期のソロ狩りに非常に適したモンスターで、ルックスと合わせて人気の出たニューフェイス。10モンスターの例に漏れず、本作でもいい感じのグラフィックで登場します。

 今回はまずモンスターを決めて、そこから能力を見て役割を決めていきました。他のメンバーはわかりやすい特徴があったものの、トンブレロはいまひとつ尖ったものがありません。
 特性も「ジバリアコツ・いきなりシャッフル・ときどきシャッフル・根に持つタイプ」というなんともなんともな感じ。
 シャッフルとはリバースと同じような天候系行動順制御技で、名前のとおり全員の行動順がランダムになるというものです。このままではこうどうはやいのイーターを殺してしまうので、もちろんここは「いきなりシャッフル」を新生で入れ替えることに。そして通常状態のスモールボディとこうどうはやいは優先度が同じなため、より確実にイーターにバイキを入れるために、

新生配合:いきなりシャッフル→超こうどうはやい

 にするべく育成を進行することに。3枠化させてアギロゴスのスキル持たせたギュメイを用意して、いよいよそれを準備の済んだトンブレロに食べさせようと思ったその瞬間!


・ヘロヘロ

 
 ……あかんやつやーー!!?

 各新生配合でデメリットスキルがつかないか事前にチェックしていたはずだったんですが、準備が大変なこいつだけはうっかり(うっかりすぎる!)チェックを逃していたみたいでしてね!
 何をどうやったって結果は変わらず。ジバリアコツと入れ替えることは可能でしたけど、いきなりシャッフルが残っている限りただ状態異常耐性を下げるだけのアホ特性になってしまうので、さすがにこれは断念。ギガギュメイはそのまま何かに使えるはずなので、また新しくアギロゴスのスキル持ちを育てました。

 で、結果的にこういう感じに!

新生配合:ジバリア系のコツ→こうどうおそい

 シャッフルで行動順をめちゃめちゃにするなら、こうどうおそいそれ自体のデメリットを大きく減らした上で状態異常耐性アップの副次効果を得られます。これによってマインドを無効まで持っていくことが可能に!
 後は素の耐久性の高さとまあまあのかしこさを活かして回復役に据えました。もくろみは大体うまく当たって、よく耐えてある程度回復してくれるそこそこの働き者になってくれました。


○ここで総括
 ……んですが、とにかくいきなりシャッフルの存在が色々な意味で大きすぎますねこれ!
 低段位だとかなりの確率でシャッフル状態でスタートするので、基本的に行動順めちゃくちゃの運ゲーに。
 それ自体は別に敵のこうどうはやいへの対策になったりもするので構わないんですが、イーターちゃん! こうどうはやいのイーターちゃんがただ異常耐性弱いだけのかわいそうな子に! 育成順が逆だったらこんな悲劇は……。
 少し対戦してみて実感しましたが、この4体を先発させた場合は相手のいあつでイーターが確定機能停止してしまうので、このメンバーで使うのであればイーターの育成しなおしは必須と感じました。それこそこうどうおそいにしてマインド耐性完璧に取っちゃうのもいいかなと思うくらい。
 一方、ピンクモーモンさんのスモールボディはシャッフル下だろうと最高の優先度で動けるので、ほとんどの試合でまずはピンモーの行動からスタートしていました。これはシャッフルとの大きなシナジーになるし、思っていたよりかなりしっかり仕事してくれて満足しています。

 で、ある程度色々なPTと戦ってみて弱点だと思った点。ガチパ気味なのとはほとんど戦ってませんが!

・4枠。運悪く先に動かれるとその瞬間PT壊滅。本来はピンモーとイーターで先手を取ってなんとかするはずだったけれど、シャッフルがハッスルすると……。ただ逆にそのお陰ではざまんを倒せたりすることも。
・高い火力の全体技。4枠に弱い点とも重なる。相手のステアタをどう対策するか? 白い霧を出せるメンバーがいない。
・上にも挙げたけれどマインド(特にいあつ)。イーターだけでなくフレイムもだいぶ持ってかれる。
・光のはどう(能動スキル)がないので、状態異常からの復帰がきつい。
・リバパには当たらなかったけれどたぶん無理。

 他にもあった気はします! 一方でみがメタに対してはステアタ、いてつくはどう(ピンモーの十八番)、ギガマホ、ハック呪文など対策がたくさんあるのでプレッシャーはほとんどありません。メタキン多いのでこれは利点かなと思います。

・イーターのこうどうはやい、じこぎせい由来の特技
・トンブレロのアギロゴス(バイキルト)、最強VS斬撃の特技

 このへんが不要ぽかったので、いじるとすればこの2匹ですかね。どうやってもシャッフルがある以上運ゲーになる気がしますが!


 と長々書いてきましたが、実はというかもちろんというか、裏PTも作ってます!
 3枠+1枠のコンビで、これも紹介してみましょう。

ir5-5.jpg

○怪蟲アラグネ 新生配合:どくブレイク→強ガードブレイク

 くも。くもです。さほど違和感のない3枠で、グラフィックの出来もとてもいいので戦わせてると楽しいくもです。

 各種異常ブレイクを活かした物理攻撃メインの弱体型を目指してスキルを組みました。半減と若干弱いマインド耐性はカンダタワイフのスキルで、他にハックガードやじごくの踊り、いてつくはどうといった便利特技を覚えつつ補うことが可能。他の大型モンスターにもオススメできそうです。
 新生は強ガブレイクでめっちゃ異常特化に。消費MP2倍に関しては、異常攻撃技は消費が少なく、ある程度使ってもギガマホトラで補えるのであまり気になりません。細かいことは次を紹介してからで!


ir5-6.jpg

○たけやりへい 新生配合:ツッコミ→AI2回行動

 からくりしょうぐんです(迫真)
 非常に無理があるんですけど、実際の戦闘シーンだと蜘蛛の前にちょいんと出ていい感じに馴染んでます。
 もちろんモンスターを先に決めました。いきなりスカラで固くなり、おうえんやかばうで補助を行うという特性の配置ですね。とりあえず支援型にするしかないかなという感じで行動回数を増やしてみました。
 このPTでキモになるのは蜘蛛の物理攻撃なんですが、実際に使っている限りだと蜘蛛に対しての先制が安定しないので、バイキルトを入れてあげるのが安定しないのが結構厳しいところかなーと感じました。


○ここで総括
 短めにして2体まとめて語ってみます。
 とにかくそんな感じで、現構成だとたけやりのバイキ→蜘蛛の攻撃というパターンが安定しない印象が強かったです。
 また、

・アタックカンタ、堅いメタルの突破が難しい
・じごくの踊りで強引に突破できるけれど、MP回復手段が消えるのでその後が続かない
・たけやりが使うリザオラルにあまり意味がない(最後のあがきは低威力だし、生き返っても動く前にまた倒れる)

 このへんが気になりましたね。とにかく突破力に欠けてぐだぐだになってしまうという感じかな?
 いまふと思いつきましたが、いっそたけやりにメタルボディか何かつけてみがわり要員にしちゃうとかどうかな?
 いきなりスカラとは相性よさそうです。その分蜘蛛は守備SPを排除して、自分でバイキを掛けてから殴る手段を確保したりMP回復手段を確保したり。初見ではまずからくりのみがわりは分からない……はず! たけやりが無理無理属性攻撃こわいって言ってる気がしますけど気にしない!

 どっちにしても、実はこれたけやりの特性がかなり先発向けなんですよね。実はあまりちゃんと入れ替えやいきなり特性の性質を理解していなかったんですが、上の1枠PTを後発にして、こちらを先発にした上で上記の弱点を改善してみたら多少ましになるかもしれないですね。その場合、1枠PT側はいきなりシャッフルが発動しなくなり、いあつに晒されなくなるというのも大きな特徴。あとはフレイムがいきなりインテを失うのでそこの火力は若干気になるかもです。


 そんなこんなで、もう完全に趣味につっぱしって作ってみたPTでした!
 テリワンではモンスの種類にはほとんどこだわらないパーティを作っていたので、いかに10の影響がでかいかという。
 しかしこれ、実際イーターやピンモー達で(低段位なんですけど)メタキンやギュメイや4枠をぶっ飛ばしたりできたときの楽しさがハンパじゃないですね! 大体もうこのメンツが通信対戦の場で並んでるってだけで笑えてきます。
 前作も結局1PT作ってすぐ終わっちゃいましたし10の2.1も近いので、今後もPT作るかは分からないですが、何かしら作るなら多分またこの手のお気に入りメンバーを入れていくと思います。天魔はなんとか使ってみたいですね……。

・ステアタ、みがわりメタル、アタックカンタ、リバースあたりへの対策
・先発PTか後発PTかを意識して特性などを構成

 これらを意識するだけでも多少変わるかな? ともかく色々とやってみないことには分からないものですね。
 武器の強化なんかも耐性面は放置しているのでなんとかしたいところです。10のバザーで買って送ってあげられればどんなにいいことか!

 それでは、今日はこのへんで。なんか個体値と通称されている性格変化的な要素があるみたいですが超スルーしてます。ポケモンじゃあるまいし大雑把でおっけーかな的な!


スポンサーサイト

テーマ:ドラゴンクエストモンスターズ2 イルとルカの不思議なふしぎな鍵 - ジャンル:ゲーム

web拍手 by FC2
DQM2 イルとルカの不思議なふしぎな鍵 第4回プレイ日記!


うひゃー!! ぬはー! ぷるっぷっぷー!!

いよっしゃこんにちは! 天魔さんもこんにちは!
そんなわけで、ついに天魔クァバルナを配合できました!

マリーン、オーレン、ウルベア、イッドの4体配合。
うちマリーンの配合ルートが止まっていましたが、



おそらく今日からカメハがすれちがいでプスゴンを連れてきてくれるように。
勝てば獲得で、プスゴンとマアモンでマリーンが完成。まさかジュリアンテ関係ないとは!

さて、天魔のライブラリはこちら。



3枠! そしてちょっと「んん?」ってなる感じの能力な気がする!
すばやさ志向かつ物理とかしこさの両方が高いですね。防御面がやや弱めの二刀流という感じ? ポケモンで言うとルカリオとかゴウカザル的な。



スキルはこれ。
感動するくらいにほぼ完璧な再現っぷりですね! 自動回復で翼からのパサーの再現とか、細かさが光ります。
…た、ただ、完璧に再現しすぎているおかげで最上位呪文がないので実用面は…。強ボスのときに謎火力のメラゾーマを放って凄味を出していたのがこんなところで仇になるとは!
ばくれつもあまり高い性能じゃなかった気がしますし超ロマンスキルですね。というかほぼネタスキルな気が! 言っちゃった!

羽根ありと羽根なしの両方の特徴を詰め込んで、さらに外見から? スピード型の特徴を持たされた結果としてわりと中途半端感が出ちゃってる気もします。
でもあまり強すぎて人気が出るよりは少し癖のある性能のほうが愛着出ていいかなって気もしますね! 見る人が見れば普通に強かったりしたら天魔さんごめんね!

天魔×暴君でラズバーンができるらしいので、それはすぐに完成しそうです。
そこからのフジゲルにも期待がかかりますね。


そういえば、稼ぎ用のモンスターを新たに用意しました。
ウワサのハートナイト部隊です! 各種獲得ボーナス特性とAI2回行動が光りますね。
新生配合でこうどうはやい(高レベル鍵のにじくじゃくなどがおすすめかな?)を選んで、スキルは攻撃SP、ステルスアタックを覚えるスキル、あとは誰か1体にチェインを覚えさせて他は適当に。
チェインを習得させると、初手に防御×3+チェイン、2手目で通常攻撃連携いう流れで敵を殲滅することで獲得経験値とゴールドに2倍のボーナスがつくので、これがこのPTの最大の長所とも言えます。



光あふれる地でのボーナス込み経験値は圧巻! こうどうはやい+武器に先制アップをつければ絶対に逃げられることもないので狩りやすさも抜群です。

狩りといえば、さいごの鍵のエスタークを11ラウンド以上掛けることでのしんせいの宝珠狩りも少し試しました。
確かに楽でいいですが、私の4枠モントナーだと魔神斬りが痛くて結構博打じみたバトルになってしまうので、エスタークさん絶対殺すマン的な4枠を別に用意してもいいかなと思いました。属性耐性面で優秀なモンスといえば何になるかな?

そんなこんなで、少しずつ対戦PTも作りはじめていますが完成いつになるかな…という感じです。2.1までに1PTくらいは!

それでは、今日はこのへんで。そういえば武器集めもありましたね。それにマインド耐性つけるにはパープルオーブが必要だからその鍵も… ひょー大変すぎ!

web拍手 by FC2
DQM2 イルとルカの不思議なふしぎな鍵 第3回プレイ日記!

ir3-6.jpg

 お、おおっ! わかりましたがんばりますよお父さん!
 じゃあヒントプリーズっ!

ir3-7.jpg

 ヒントっちゅーか答えを頂いてしまいました。

 というわけでこんばんは! 天魔も確定でホントにナイスなイルルカ、第3回行ってみましょう。

 早速この天魔! 頑張って作れればいいなと、ちまちま外堀固めて作成進めています!

ir3-3.jpg

 とりあえずイッドさん作成!

 ○魔軍師イッド:悪魔ザイガス×魔導鬼ベドラー
     ・悪魔ザイガス:バルザック×グラコス ・魔導鬼ベドラー:ルバンカ×マスタースライム

 ですね。バルザックは前作の配合から変わって、勝ち抜き50勝のバルザックビースト素材なのが注意。
 ただ鍵ダンジョンに野生で出てきたりしたのでそれでもいいかもしれませんね。

 イッドさんはやっぱり呪文型で、マホトラ攻撃にメライオブレイクあたりはニヤっとできますね。
 AI2~3回行動は優秀ですね! その分低めの守備を他でどう補うかでしょうか。
 耐性はざっと見た感じマインド無効なのがありがたいところ。

ir3-4.jpg

 固有スキルはこれ。なんともニヤリとできるラインナップ。
 相手の耐性を下げるハック系の呪文は、ディバインスペルの再現というところだと思います。
 ジャミングブレイクと合わせて、ハックからの呪文攻撃でメタルもぶっとばす……やってみたいところです。


 でもって、オーレンはスカルスパイダーと死神の騎士で作成。もともとハーゴンに必要だったものが今回蜘蛛とオーレンにも使われるようになってスカルスパイダーさんの需要がマッハですね。
 死神の騎士はすっかり10のロイヤル落とすアレのイメージが定着していたらその数倍はゴツそうな装備をした2枠で驚きました。あっちはあくまでしにがみのきし、ってことですかね……。ちなみに引継ぎピサロナイト×2から。
 オーレンは1枠の2回行動から亡者の執念や会心でやすい、アンチみかわし、いてつくはどうなど特性が優秀なので、うまく使えば強そうな気もします。

 ウルベアちゃんは勝ち抜き100連勝の景品ですね!
 勝ち抜きのルールは回復なしの無制限連戦で、負けたらその試合数の10の位の最初から(68戦で負けたら61戦から)という感じ。比較的良心的ですが、ある程度快適に進めようと思うとそれなりの範囲攻撃や連戦に耐えうる回復手段が必要になってきます。

 そんなわけで、前回使っていた4枠モントナーに手を加えることに!
 前回は攻撃SP/3、戦士、闘神レオソード、モリーセレクション、HP回復というスキル構成でしたが……。

ir3-5.jpg

 使えそうなスキルをあらかた適当に入れてみました!
 バイキスカラにかぶとわり、ハッスルダンスにめいそう、ギガ・マホトラ、ハートブレイクやマヒ攻撃、メドローアにかがやく息、光のはどうにリザオラルなどとにかく特技てんこもり。どっからでもかかってこい的な!
 ギガマホのおかげで連戦で減ったMPを一瞬で回復できるのはさすがに優秀ですね。攻撃面も文句ないんですが、100戦目レベルの相手だとちょーと守備力が足りないのがいたいところ。どれか削って(それぞれバイキやハッスルギガマホなどを担当しているので難しいんですが)守備SPを入れるともう少し安定なのかなと思います。

 ところで、一度新生配合したモンスターでも、再配合の際は特性が初期のものに戻ってしまうんですね。
 改造前の4枠モントナーにくっつけるキンリザを用意していざ配合、ってところで気づいてびっくりしました。慌ててリバイアさまをとっ捕まえて再度配合という……。極めようと思うと新生配合関係は結構大変そうです。


 ともあれ、途中で撃沈したりしながらなんとかウルベアもゲットしました。
 強ボスのイメージが染み付いているせいで意外に思えてしまいますが、3枠での参戦です。
 ロケットスタートの特性が機能停止っぽくてにやりという感じかな? ヒートアップ、暴走機関、一発逆転とテンションの鬼みたいなことになっているのが面白そうですね。


 そんなわけで呪術師さん以外はひととおり集め終わりました。
 が、肝心のマリーンの作り方がいまだ不明なんですよね! ここまで多くのプレイヤーが遊んでいて見つからないというのもすごい話。見つかればすぐ天魔作れるので、発見に期待してます。やっぱり4体配合なのかな?

 一方、その4体配合が昨日だったかについに判明したこいつ!

ir3-1.jpg

 暴君! 暴君です! 犬とか呼ばれてた時期もあるというか今でもそう呼ぶ人いる気もする暴君!
 
 ○暴君バサグランデ:妖魔ジュリアンテ×怪蟲アラグネ×キャット・リベリオ×水竜ギルギッシュ

 でしたね。リベリオ以外の連中が結構謎な無節操4体配合。見つけた人すごい……。
 固有スキルは以下。

ir3-2.jpg

 おたけびいなずまのニヤリ感。まあいなずまとか弱そうですけど!
 ギラグレイドがあるのは、ギラが閃光呪文と呼ばれているところからの魔獣の閃光再現ですねたぶん!
 新生配合で特性に格闘王(相手の体技耐性1段階ダウン)がつくので、体技で攻めるモンスターっぽいですね。存分に活かそうと思ったら獣王げきれつしょうあたりを他のスキルで付与する感じかな?


 ところで、リベリオは入手がいまのところ鍵の報酬限定? っぽく、少なくとも通常の配合などでは入手できないのでなんとかしてリベリオ報酬鍵を手に入れる必要があります。すれちがいで手に入ればラッキーですが、中々出会えなければレッツ自作ですね。
 
 ここで注意! リベリオは「???系」です! 魔獣系じゃありません! ないんですって! びっくりですよね! ええ魔獣系鍵10個くらい作ってリセマラしてましたよ!
 リベリオは確かテリワンの時の隠しモンスターだったので、そのときの特別な扱いを引き継いでいる感じですかね。固有スキルもなんか3色霧+ミナダンテとか誰これ状態ですし。

 そんなわけで、私は「はなたれし神官」のカギでリベリオ報酬を引き当てました。はなたれしは???系20%の称号。神官は普通にあるかな? これつけると報酬がSランクモンスになるってやつですね。


 ベドラー、若葉の精霊、マアモン、オーレン、ギルギッシュ、リベリオ、ウルベア、ザイガス、ジュリアンテ、イッド、蜘蛛、暴君。
 こんな具合で、現段階の情報で作れる10のボスモンスターはコンプリートできたと思います。あとはプスゴンやマリーンの配合が見つかるのを願うばかり。配信ではないと信じてます。
 ここからは予想ですが、天魔×ラズバーンでネルゲルなのかなあって感じはしますね。ラズバーンはプスゴン、ザイガス、イッド、暴君の4体配合……というのが妥当かな? ゴリゲルはゲーム内で存在が確定してますが、ネルゲルからこっちにするのもまた大変かもですね。
 
 本筋の配合ルートっぽい4枠魔王から出来上がるうなぎ彼も実は完成したので、この先のうなぎ強アレにたどり着くためにも、10関係の配合の開拓に期待です。
 それにしてもいつもこのシリーズ、配合するので結構精一杯だったりします。今回もまたほとんど対戦用PT作らずに終わってしまうかもしれない……。それでも十分楽しいことは楽しいんですけどね!


 それでは、今日はこのへんで。武器集めもしたいですね。ぎんがの剣、光の杖あたりが有力なのかな? それにしてもいまだに一つも☆3(ヘタしたら☆2も)の武器持ってないです。


テーマ:ドラゴンクエストモンスターズ2 イルとルカの不思議なふしぎな鍵 - ジャンル:ゲーム

web拍手 by FC2
DQM2 イルとルカの不思議なふしぎなカギ 第2回プレイ日記!
もりもり進めております。
DQ10の2.1前にやることなくなるんじゃないのってくらいもりもりと!

進行度!
裏ボス、撃破しました!
メンバーは以下な感じ。






基本的には上の3体がメインストーリーからのメンバーを配合し続けた愛着のあるモンスター達。
前回のキンリザから配合したあの大地の竜バウギアさんが主戦力ですね。なんといっても常にアタックカンタの特性が強い強い。CPU相手だと更に光ります。
これと黒い霧特性は竜眼の再現ですね。今回ガイアは出ないっぽいですが、今後出たらあっちはマホカンにされたりして…。

キラーマシンとユニコーンは新生配合で強化しました。ユニコーンはAI複数行動をつけてあげればよかったかなーと感じます。

ただ、そんなことはごく些細なことにしか感じられないほど、とにかく裏シナリオはボスが強い!
ほとんどが4枠で、HPの半分ほどを削る攻撃の3連発などが平気で飛んでくるので、正攻法では全く歯が立ちませんでした。
さくっとクリアしてしまいたかったので、ここで平行して育てていたメタルキングを投入。前作の通信対戦で使っていたやつを引き継いでそのまま育てました。
もちろん戦法はみがわり! ほとんどの攻撃を無効にできます。その横で回復、あとはバウギアさんが殴るという形ですね。これでほとんどのボスは攻略可能。

ただし最終ボスだけはみなごろし(全体痛恨)があるため、何かしらの対策が必要です。
うっかり画像撮り忘れましたが、私は回復型のモントナーに最強VS斬撃のスキルを入れて、赤い霧を撒いて対策しました。他にも修羅の獄などの斬撃特技があるので、メタル無しでも行けたかもしれないですね。
いややっぱ厳しいかなぁ…。正攻法ならミラクレアさんの言う通りにがっつり修行しないと突破できなさそうです。敵のステ圧倒的すぎ!

ともあれ、ばっちりクリアはできました。
今回はシナリオ部分も結構楽しめましたが、ここからが本番といえば本番ですね!

とりあえず何をするにしても優秀な汎用モンスターを作ろうということに。
前回もお世話になったサージタウスなんかどうかなと思ったりしましたが、結局はモントナーを4枠化することに!



それまで基本ホイミタンクだったモントナーさんがえらい短時間で超スペックになりました。そして超でかい…。
解禁された光あふれる地を単騎駆けできるので経験値効率が跳ね上がりますね!

バイキ、かぶと割り、めいそう、ベホイマ、自動MP回復あたりを意識して有り物を寄せ集めてスキルを組みました。とりあえずレベル100の鍵でも殴りさえ通れば戦えるのはいい感じ!
そして4回行動からのスカウトアタックも非常に便利で、4枠相手でも何もせずに40%を出すことができるので、モンス集めも捗りそうです。とりあえずの1匹にお迷いでしたら4枠モントナーおすすめ!

ここまで用意できたので、あとはいろいろ配合&育成ですね!
少しずつ埋めていきたいと思いますが、特に今回はそう、あれです、プスとかオーレンとか、DQ10モンスター! こいつらは頑張って網羅しなくちゃって感じですね!

そして私が買ってから判明したことですが、まさかの情報も飛び込んできました。
転生モンスのちょうろうじゅとクリア後にもらえるプチぼうでエルフ初期村ボスの若葉の精霊。
その若葉とスカルスパイダー(私は引き継ぎました)の配合で…。



怪蟲アラグネ! 完成!!
いぃやっほおーう!! 城ボスいましたよどうしましょうねこれ!



蜘蛛のライブラリのデータも撮ってきました。3枠!
物理系かつデバフ型って感じですかね。安定した2回行動は使いやすいかな?
スキルも専用の「怪蟲アラグネ」で、内容は「どく攻撃・ボミオス・ルカナン・メダパーニャ・もうどくの息・どくガード+・悪夢のよびごえ・光のはどう・いてつくはどう」という感じ。
毒って戦術に組み込めるのかな? ってちょっと疑問ですけど、今回タナトスハントがあるはずなのでそれと組み合わせれば火力になるのかもしれないですね。

ともあれ城ボスの存在が確認されてもうテンションだだ上がりです。ぜったい天魔作りますよ!
蜘蛛を見る限りだと、グラフィックは10のものを流用調整しているのかかなり精細な作りになっているので、その面でも嬉しかったです。これで通常時も3Dだったら最高なんですけどね!


いい機会なのでグラフィックのお話。
昨日引き継ぎの調整をするためにテリワンを起動してみたんですが、あっさり言うと私は今回のイルルカよりもテリワンの絵作りのほうが遥かに好きかなーと感じます。
イルルカに慣れていると特に遠景のもやがかりを強く感じるのですが、それと引き換えにジャギジャギの目立たないなめらかーなモンスターの絵が実現してるんですよね。
3Dオン時はもちろんのこと、オフでもイルルカよりずっと質感があって綺麗に見えます。イルルカはまたジョーカーシリーズっぽく戻っちゃったかなーという感じ。
進化退化というよりも方向性の違いだと思うので難しいところですけど、私は圧倒的にテリワンの絵のほうが好きですね。

しかしイルルカの良い面ももちろんありまして。
なんといっても4枠モンスター! こいつの存在はでかい!
自分が操作できるフィールドで近づける限り肉薄したときの迫力といったらもう! 逆に遠景なのに凄まじい存在感を放って蠢いてるのもすてきです。
特に夜の海+巨大生物というサイコーの畏怖感を与えてくれるリバイアさまは定期的に見物に行きたくなるレベルです。
今回はマップが作り込まれているので、こうした巨大モンスターが歩く様子もいっそう魅力的に映りますね。まちガエルさんはびっくりした…。
マップ+巨大モンスターはJ2からのシリーズの大きな魅力だと思っているので、ぜひ今後もど迫力のモンスターと間近で触れ合えるシチュエーションをたくさん作ってほしいです。

なんにしても、10モンス中心で頑張って配合やっていきます! 他にはギルギッシュが作れてたり、ジュリアンテさんが作れそうだったりという感じです。

それでは、今日はこのへんで。鍵システムのカオス感いいですね! 原作のGBCならではの異世界感漂う世界探索のほうが好きと言えば好きですけど今回もこれはこれで。しかしまさかワイヤーマンさんがこぞって狙われる日が来るとは!
web拍手 by FC2
DQM2 イルとルカの不思議なふしぎな鍵 第1回プレイ日記!
<それでは、今日はこのへんで。そういえばイルルカ発売しましたね! 結構気になってはいるのですが、サイズ縮小配合ができないこと、あと蜘蛛姉妹イッド暴君天魔がいなさそうなので今回はスルーしそうです。万が一天魔とか居るってことが判明したらその瞬間に買いに行きますけどね!>

やーっちゃった! やーってしまった!
やっぱり面白そうだから買ってしまいましたよ! このブログ本当に書いた内容と逆の展開に流れていきますよ!

ま、まあ、軽めにプレイ記録残して行こうと思います。

進行度はちょうど本編クリアまで。
プレイ時間は18時間強ですね。はざまの鍵が短いので天空クリアからはそれ程かかりませんでした。

ラスボス撃破メンバーはこんな感じ。





戦法はバイシ入れて物理で殴る。以上!
キラマもキンリザも複数行動からバイシ込みの殴りができたり、キラマはマホカンを使えたりしたのである程度余裕を持って行動できました。特にキラマの成長具合がハンパじゃなかったです。
グレンデルは回復役。1回行動ですが、キラマがべホイミを支援してくれたりキンリザがきせきのつるぎでHP自己回復してくれたりだったので、こちらも問題なかったですね。

しかしキンリザかっちょいい…。やっぱり今作から追加された10由来のモンスターはグラフィックの出来が基本いいですね。反面10のグラを見慣れていると違和感がある既存モンスもちらほら。フレイムさんいくらなんでも小さすぎ!

その後テリワンからの引き継ぎが解禁されたので試してみることに。
Aランク以下にまとめるなどの対処はまだ取っていなかったのですが、それでも結構えげつない量のスキル持ちモンスターが残ってました。めぐりあいがスゴかったですものね。

とりあえずメタキンやら少年レオソードやら攻撃SPやらを持ち出してきました。配合が困難なやつなんかをうまくこちらから都合できればいいですね。

今後はED後のシナリオを攻略していきます。結構きついらしいのでみがわりメタキン使いますかねー。
金策や稼ぎの手段も早めに確立しちゃいたいですね!

それでは、今日はこのへんで。武器鍛治まわりが完全にDQ10で草生えます。宝箱からドラクロ星1が出た時は優秀なはずなのに「大赤字…」とか思っちゃったり。

web拍手 by FC2