プロフィール

ぱすてぃ

Author:ぱすてぃ
百合が好きでポケモンを好む、文章を書く人です。
好みのゲームは任天堂系/テイルズはじめRPG全般/デモンズ・ダークソウルなど。
百合は小説漫画といろいろ。百合文も書きたいです。

【ドラクエ10】
ぱすてぃ [MY795-653]

最新記事

リンク

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログコミュニティ

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

ポケットパスタ・ゲーム記
ゲームのプレイ日記を書きたい分だけ書くブログです。3DS「RPGツクールフェス」で『かけらのメガルエ』を第1回コンテストに投稿中。
テイルズオブベルセリア 第4回プレイ日記!

 ご無沙汰しておりました!
 ブログ自体の更新が10日以上空いてしまいましたが、実はその間ほとんどベルセリアのプレイにいそしんでおりました。
 そして今日、ご報告をさせていただくのは!


tob8.jpg
【すいません以降画像クリックしてもらえると少しマシなサイズのが出ます! 少し!】

 テイルズオブベルセリア、先ほどプラチナトロフィー「ベルセリアマスター」を獲得してまいりました!!
 つまるところ、トロフィーのコンプリートですね!

 いやあ! いや、がっつりやりましたね!
 前回記事からのあらましだと、クリア後にサブイベと隠しダンジョン「天への階梯」を終わらせて、2周目に向けてもろもろ準備とトロフィー関連でやれることをあらかた済ませておき……グレードも全て引き継げる13000まで溜めてから2周目をスタートさせました。

 2周目は一部の見たいイベント以外はごりごりとすっ飛ばしながらスピード進行! 
 今回、ムービータイプのイベントでも1挙動ごとに○ボタンで飛ばせたり、スキットも同様に○ボタンで細かく飛ばせるのがすごくいいですね。ロードの快適さもあって、いくらかの名シーンは楽しみつつもかなりサクサク進みました。
 敵味方全員の秘奥義を見るトロフィー「ミスティーミスティック」も注意してゲット! どうやら1周目でオスカーの秘奥義だけ見損ねていたようです。
 
 1週目はクリアまで78時間かかりましたが、2周目クリアは15時間前後! はやい! 常時難易度カオスだったんですがそれでザコ戦を省略してもバトルはだいぶ楽でしたね。経験値6倍は強い……。

 そして、2周目をクリアしたデータでトロフィーの大詰め!

tob4.jpg

 難易度をノーマルにして天への階梯のデンジャラスエンカウントを重ねまくり、がっぽり経験値を稼ぎまくり……レベル200に到達!
 レベル200がカンストで、PTのうち1人がここまで来れば「レベルを終わらせた者達」のトロフィーが手に入ります。
 必要経験値が急に跳ね上がるみたいなことがないので、だいぶ戦闘は重ねたもののそれほど途方もない感はなかったですね!
 後半はマギルゥ操作で六の間にいるモンスター相手に「霊揺」とスペルアブソーバーで遊びまくってたらいつの間にか200まで行ってた感じです。なっがれぼしー♪ の性能ハンパないですね!


tob3.jpg

 テイルズコイン20万枚を稼ぐともらえる「テイルズコイン大盛り」のトロフィーは、まずは初回プレイ報酬なんかで11万枚くらいまでは手に入れ、あとは攻略としてオススメされていたアイゼンでのスラッシュビート周回で稼ぎました。やる前は与えるダメージを全て同じにするということに懐疑的でしたけど、なるほどやれば納得ですね!
 20万枚とかあり得ないと思ってましたけど、やれば意外とあっさりなんとかなった部類ではあります。

 
tob6.jpg

 アイテム種類数や宝箱数は1周目で済ませていて、2周目に持ち込んだのは「ガルドも積もれば山となる」のトロフィー。
 手に入れた累計ガルドが2000万ガルドを越えるともらえるという、これまた途方もない数字!
 ただこれはレベル200まで上げる過程で手に入るガルドと装備品の売却、あとは異界探索を欠かさず出していれば問題なくクリアできる内容で、実はついでで取れるトロフィーだったりしますね。ショップランク15もありますし、ガルドはじゃんじゃん稼いで使いました。


 と、このへんまではまあ普通に遊んでいけばどうにかなる範囲だと思いました!
 そしてこれらを済ませることで、プラチナ以外に残ったトロフィーはあとたった1つに!

 が! 最後に残ったそのトロフィー……「Bの勲章」、これはちょっとばかり大変でしたね……!

tob7.jpg

 条件としては、「6人のPTメンバー全員のすべての称号がランク2になる」というもの。
 各称号には「特技の使用回数」や「敵をスタンさせた数」などの取得条件があり、その取得条件を越えてさらに回数を重ねていくことで称号のランクがアップし、称号に付与されている特殊効果が増えるシステムになっています。

 ランク2というと、称号を取得した直後の特殊効果1つの状態がランク1で、その次の特殊効果2つの状態のことを差す……と思いがちですが……。
 実際には特殊効果1つの称号とれたての状態はランク0の扱いで、そこから2段階進めて「特殊効果が3つ発動した状態がランク2」になっています。称号がパワーアップするときの星の数がそのままランクの数ですね。

 で、このランク2にするための一部称号の条件が、普通に遊んでいる限りだとかなり厳しい数字でして!
 長い間ベルベットを操作していたので、ベルベットの称号は取り掛かった時点ですでに全てランク2以上だったんですが、その分他のキャラにしわ寄せが来てしまいました。

 それぞれのキャラごとの「操作回数150回」「秘奥義250回」「撃破数2500体」あたりは、特に厳しい数字! 秘奥義なんか2周目シナリオクリア時で多くのキャラがまだ2ケタの状態でした。撃破数も1000行ってないキャラも! 地味にフィーのAIが奥義を全く使ってなかったんで奥義2500回というのもエグかったです。
 ただ、ミニゲームの「シャンバルーン2」と「スラッシュビート」が救済措置になっていて、バルーンはステージ5を遊べば大量に撃破数を稼げますし、スラッシュビートも手軽に操作回数と秘奥義を稼ぐことができます。
 ということでこれらを利用して稼いだんですが、しかしベルベット以外の5人分の厳しい条件を達成するまでひたすら風船とカカシをたたき続ける作業は途方もなく、ちょっと業魔化しかけたりそうでもなかったり! DQ10で耐性ついてなかったらきっと諦めていた気がします!
 
 テイルズコインがなんだかんだ26万枚まで増えているのはそういう理由で、とにかくこれでもかと各キャラを使い倒しました。
 なんだかんだでどのキャラも、最後は秘奥義の250回使用が残りましたね。スラッシュビートでも基本1戦1発しか出せないので、キャラ操作150回が終わってもなお大量に残るキャラが大半でした。
 後半になってから、秘奥義の回数はビートで開始即出す→秘奥義終わったら「最初からやり直す」ですばやく稼げることに気がつき、最後はなんとかそれで乗り切りました。天への階梯で遊びながらのんびり稼ぐこととかも考えたんですが、いつまで掛かるか分からないような大変さがあったのですぐに切り上げてまたカカシに戻ったり!

 最後はフィー(AI操作でよく出してくれるんですが、強敵相手だと意外と使わない?)の秘奥義を出しまくっていたところで、おもむろにピローンと「Bの勲章」の獲得の合図が!
 そして直後にまたピローンと、「ベルセリアマスター」!  取れた瞬間はカカシを前にして「最初からやり直す」の流れをまた繰り返そうとするちょっとかなしいタイミング!

 「Bの勲章」、これでシルバートロフィーっていうのが……ベルセリアのトロフィーは全体的に色がしぶい!
 説明文の「そろそろキャラの特性が理解できて来たのではないか」とか見てるとこれ実はランク1のつもりで設定しようと思ってたんじゃないかって気もするんですけど、2000万ガルドとかがブロンズトロフィーですしトロフィーの名前も格が高そうですし……いずれにしても、この称号に関してはちょっとばかり気合いを入れて回数を重ねる必要がありましたね!


 しかしそんなわけで、これでついにプラチナトロフィーを獲得!!
 今回はとにかく、このプラチナをゲットすることを目的にして、そこまで遊ぶことに決めていました。
 ただ最後がカカシというのはどうにもしまりが悪いということもあり、その後少し天への階梯へ!


tob1.jpg

 手に入れていなかった「無銘の衣服」も取りつつ、ベルベットだけですが全身を無銘シリーズに!
 武器に関しては最大強化もしてみました。これ、全身ガチで厳選しようと思ったらランダムスキルが相当大変そうですね……強化素材やガルドの量も信じられないほどのものを求められますし、さすがにそこまでは踏み込めませんでした!

 ともあれそして、〆のラーメンじゃなくて……


tob2.jpg

 〆の天元神依アルトリウス!!  さん!
 隠しダンジョンの天への階梯をクリアすることでパワーアップするラスボスの強化版で、これを最高難易度のカオスで挑戦するのを本作のプレイのラストに持ってくることにしました! 今回は隠しダンジョンのボスなんかもそこまで強力ではないので、おそらくこの天元アルトリウスがもっとも強力なボスだと思います。

 少し遊んでいた全員のビジュアルをすべてデフォルトに戻して、ラスダンへ!
 何度目かになる最終決戦のイベントをノーカットで見て、第一形態はあっさり突破してからいざ決戦です!

 結構しんどい戦いになって正直勝機は薄いんじゃないか……とか予想していたんですが、戦ってみると意外にもそこまでの絶望感はなく、ちょうどいいといえばちょうどいいくらいの歯ごたえの戦いになりました! 1周目のラストに挑んだときはハードでも惜しいところで負けてしまったんですが、さすがに強くなりましたね!
 操作はやはりベルベットで、ひたすら喰魔状態を維持して殴りまくりという、ベルベット、ひいてはベルセリアの基本的なバトルの進め方をそのままごくシンプルに叩き込んでいきました。相手の火力が非常に高いのは間違いないので、こうでもしないと私はキツかったです! AIは防御回避うまいですよね!

 残りのメンバーは基本、フィー・マギルゥ・アイゼンの術師勢で。アイゼンは作戦で間接攻撃にしておくと変に攻撃もらいづらくなるので良い感じですね。基本的にベルベットが死なない状態をうまく利用してアルトリウスを止める感じ!

 秘奥義をくらうと20000くらい受けて即死ですし、他の攻撃もうっかり当たると非常にまずいので緊張感はありましたが、そこはひたすらベルベットで押しまくり!
 終盤、秘奥義で削れるかなと思って絶破滅焼撃を出したんですが、そのときにあることを思い出しまして!
 操作もおぼつかないまま方向キーと秘奥義のボタンを押しっぱにしていくと……。
 
 そう、ベルベットの絶破滅焼撃から連続で、光翼天翔くんケイオス・ブルームドラグーン・ハウリンググングニル・ツイスターと続き、最後はロクロウの嵐月流・白鷺でトドメ!
 情報だけ知ってて一度もやったことがなかった「連携秘奥義」がここで成功! 全員「戦闘不能時にBGが減らない」の称号つけてたのがラッキーでした! 
 それにしても連携かっこいい……ロクロウのBGが足りて絶刑が出せてれば完璧だったんですが!

 というわけで、最後にカオスの天元アルトリウスを撃破できました!
 そして都合4、5回目くらいになるエンディングをこれまたノーカットで。ここだけでも名シーン多すぎてほんと! 個人的には戦訓その零からくやしい……なぁ……までが特に好きです!
 
 
 ……という感じで、トロコンしてからもう一度エンディングまで行って、たっぷり遊びきってきました!

tob5.jpg

 累計プレイ時間は134時間27分! なんだかんだD2やSなんかは多分これ以上遊んでいるんですけど、テイルズとしては相当久しぶりにこれだけ遊びましたね。いつもコンプリートのプレイはしないので、トロコンするくらいまでしっかり要素を埋めたのは今回が初かもしれません。

 とにかく今回はストーリーとキャラクターの良さが非常に強くあって、その充実感をよりはっきりした満足感の形にしたくてトロフィーをコンプリートしにいったような感じですね。進行システム周りが快適というのも大きいですけど、全体を引っ張ってるのはやっぱりシナリオです。何度でも言いますけど本当に今回の話は良かった! 最後にOPムービー見てキャラへの愛着を再確認しました。
 バトルシステムや装備のシステムなんかはまだまだもっといいものが過去作を見ても出ていると思うので、今後はぜひさらにシナリオとシステムの両輪を揃えつつの良作に期待したいですね!

 名残惜しさはつきないですが、今作はここでぱさりとプレイを終わろうと思います!
 久しく買ってなかったですけど、小説版とか出たらそういうの読みたいですね。外伝小説とかすごく欲しい!
 なんだったかの特典小説にあるらしいですが人間時代のロクロウとシグレの話も気になりますし、メルキオルの弟子時代だったマギルゥとかアイフリードとアイゼンの前日譚とかも出てくれたら嬉しいですね……。それこそアルトリウスとメルキオルとクローディンとノルミンさんたちの旅とかも!

 発売から少し遅れてからのスタートにはなりましたが、まだまだ熱いうちに遊びきれてよかったです。
 PS4の大作RPGといえば、まさにペルソナ5が先日出ましたね! (ネタバレも怖いので)あんまり情報見てないんですが評判よさげですし、これもいずれは遊びたいところ! 今はちょっとベルセリアの余韻が強いのと万が一DQ10の次のアップデートにかぶったらよろしくないので、機会は見たいですね。 
 なんにしても、良作のRPGがあれこれ出るっていうのはうれしいところです!

 それでは、今日はこのへんで。オープニングのアニメ、後から見直すとまた感じ方が違いますね。個人的にはシグレとかアイフリードとかエレノアとのバトルの場所がちゃんとゲーム本編と同じなのがポイント高い! あとバインド・オーダーのシーンのフィーの横顔がやたらりりしく見える!


スポンサーサイト
web拍手 by FC2
テイルズオブベルセリア 第3回プレイ日記!
 
 どうもです!
 ベルセリア、前回からしばらく空いてしまいましたが、その間がっつり進めまくり!
 そして、ついに本編をクリアいたしました!
 ちょっとそのままネタバレ含む要素も色々書くと思うのでご注意だけ!
 とりあえず最初に言っておきますが、めちゃくちゃ面白かったです! こんな良作テイルズを遊べる日がまた来るとは!


写真 2016-09-07 10 32 52

 クリア時のデータはこんな感じ。サブイベントを多分ほぼこなしていたりしたので、レベルは標準より少し高いかもですね。難易度ハードで進めていましたが、一部の戦い以外はそこまで厳しくもないかなという感じで進みました。

 驚くべきはプレイ時間!  なんと77時間38分……!
 3~4時間くらいは放置している時間があると思うんですが、他のRPGでもそういう時間が多少なりとも生まれているであろうことを考えると、相当な長さだと思います。今までテイルズで一番長かったのはヴェスペリアで58時間くらいだったかな?

 ベルセリアがスゴいのは、この長大なプレイ時間が決してむやみな引き伸ばしや薄め要素によるものではないということ。
 多分ストーリーの本筋的には他のシリーズと比べてもそこまで長くなっているわけではないと思うんですが、最初から最後まで密度のあるプレイが続いた印象です。

 長くなる要因として大きいのは、ボイス量の多さですね!
 街のモブとの一部会話は「!」マークがついていて、これがスキットのような長い尺でボイスつき。モブのセリフだけでも相当な量だと思います。やたら熱い人とか変な人とかいたりして、モブのいきいき感がやたらすごい!
 スキットも数は普通だと思いますが一つ一つが非常に長いですし、とにかくサブも含めたほとんどのイベントにボイスがついているのには驚かされました。エクシリアまでしかテイルズ遊んでいなかったのでそのあとの2作がどうなのかは知らないんですが、とにかく「ここにもボイスつくの!?」と思うことが多くてびっくりしましたね。
 私は面倒になったらボイスパートも少し飛ばしてしまうことがあるんですが、今作はほとんどそういうことがありませんでした。
 ひとつにはオートメッセージ送りのテンポが最適だというのもあると思いますし、もうひとつはやっぱり全体的なキャラの魅力に引き込まれるところがあったからかなと思います。

 
 ほんとにもう、シナリオやキャラに関しては良すぎてびっくり!
 ストーリーの大筋自体は「喰魔集め」とか「カノヌシの人間沈静化」みたいな基本に沿ったものなんですけど、それぞれのシーンでのキャラの掘り下げや設定の濃さを肌で感じられる充実ぶりがあったと思います。
 なんていうか、いつものテイルズに比べてシナリオライターの人の力がだいぶ高いように感じましたね! ちょっとしたスキットとか街の食べ物の話ひとつとってもよくできています。

 色々ありすぎて本当になにを話すかって感じなんですけど、とりあえず一番良かったシーンは地脈でカノヌシと対峙するあの場面ですかね! 涙ぶわーですよもう!
 アバル→エンドガンドのテレサとオスカー→監獄塔襲撃とベルベットがどんどん追い詰められてからの衝撃のカノヌシ登場。ここでベルベットの精神が砕けて、そっから長い地脈のダンジョンを進んでいくという流れで、カノヌシ出てからの展開だけでも都合1時間以上ひたすらぐっちゃぐちゃに暗い状況が続いて、そこからのあのフィーの魂の叫び! 本心を吐き出すベルベットの慟哭も演技が凄まじくてとにかく熱かったですね! 
 この後に戦うのがメルキオルっていうのもいいですね、思う存分ぶん殴れる感じが! シンフォニアの仲間全員はぐれる→合流してからのプロ……なんでしたっけさん戦に近いものがあります。この後心機一転でコスチューム色々変えたら直後のザコ戦でちょうど第3戦闘曲が流れ始めたのもテンション上がりました!

 フィーのほうのライフィセットがあそこまで熱いキャラになるというのは意外でしたね! パーティメンバーとはいえ幼いキャラなので、ずっと守られる対象として進んでいくのかなとか思っていました。
 普通に考えたら男らしく成長したほうがカッコいいのが当たり前なんですけど、それをやってくれないRPGって本当に多いので、あんまりそういう期待のある想像はできず……すさまじくいい意味で裏切られた次第です。
 成長する過程も丁寧にできていて、特にロクロウとアイゼンに色々教えてもらうシーンはスキットなどでもかなり充実していて印象深いですね。さっきのシーンでもアイゼンが術で自分を固定しながらフィーの腕を掴むとか、ちゃんと他のメンバーの支えがあって成長できた感があるのが良かった思います。

 ベルベットも含めて、もちろん他のキャラも素晴らしい完成度。ほとんど情報を仕入れてなかったので、買う前までは「なんかイロモノ多そう今回……」とか思っていたんですが、終わってみれば歴代でも相当好きになりました。パーティメンバー全員の良さという意味ではトップかもっていうくらい!

 なんというか、過度にキャラクターの核心部分を曝け出さないところがよかったですね。ベルベットはその限りじゃないんですけど、ロクロウ・アイゼン・マギルゥあたりはそれぞれ抱えた事情を持ちつつもいい意味でパーティに持ち込みすぎない、というか。
 たとえばマギルゥの設定とか、壊れた心がどうにかこうにかなってちょっと本来の自分を取り戻して感情をあらわにする展開とかありそうなものですけど、そういうところを見せずにおいたまましっかり魅力を出しているところがなんか気に入りました。アウトローなキャラが集まる本作ならではというところもあるかもしれませんね。

 エレノアもすごくいい! 仲間になってからのスキットやサブイベでのはしゃぎっぷりも良いんですけど、本筋を見ても生真面目さがいい方向に貫かれていて、芯の部分では他のキャラに負けないブレなさがあると思います。
 あとやっぱあれですよね、エレノアとベルベットによるフィーの取り合いのやりとりは最高ですかねあれ! 終盤はフィーが男らしくなった上にベルベットとエレノアもお互いの立ち位置をはっきりさせるのであんまり見られなくなりますけど、中盤のいくつかのシーンはニヤニヤが止まりませんでした。とんでもない姉ゲー! 目覚めそうになるからやめて!

 そしてベルベットも見事ですね。優しく話すときは本当に優しくなって、最終的にはその優しさが絶妙に混じった喋り方になるのがやっぱりすごい演技だなあと感じました。
 ラストの展開はああいう風になりますけど、想像していたよりもだいぶ晴れやかな終わり方でしたね。スタッフロールのあの冒険の絵がまたすごい泣ける!
 すごく良いと思ったのが、ベルベットがアルトリウスのことをしっかり理解したうえで倒そうとしているというところですね。アルトリウスも結局は感情を捨てきれない部分を残していて、なんだかんだ等身大の人間だったところは魅力になっていると思います。


 終盤は特に、時系列的に直接の未来にあたるらしいゼスティリアへのつながりを意識したシーンがよくありましたね。災禍の顕主・導師なんかもそうですけども。
 といってもゼスティリアほとんど知らないので見落としも多そうなんですが! アイゼン回までアニメ見てたのでとりあえずザビーダとのサブイベはぐっと来ました!
 ゼスティリアについては評判がすこぶるよろしくないことと、一部のキャラ・シナリオと序盤の展開(アニメ)くらいしか知らず、問題となっていることについて直接は触れていなかったので、ベルセリアが他作と繋がるという部分の面白みだけを味わえた気がしていい塩梅だったりします。ていうかすごくゼスティリアやりたくなる話がいくつかありますけどそこはまあアニメ見ますかね! アイゼンまじなんとかして!

 人が生まれながらに穢れを生み出す可能性を秘めていて穢れると業魔化、聖隷が穢れてドラゴンになるともう元には戻れない、このあたりの設定はゼスティリアのときから引き継いだものなのかどうなのかよくは知らないんですけど、このへんの世界観設定はかなり厳しいっていうか理不尽っていうかな面もありますよね。ただそれも、ベルセリアはうまく扱っていると思いました。
 業魔とか喰魔になったサブキャラもいいですよね! ダイルとか最初倒しに行った時はなにこのいかにも序盤っぽいイベントに出てくる端役! とか思ってたのにあんな良キャラだったとは! 最後元に戻る時映しちゃあかん人なんじゃないかと思ったら意外にダンディでしたし!


 テイルズといえばシナリオよりバトル! という私がこれだけ先にシナリオとキャラの話をするくらいには、とにかくストーリー面の魅力が強いテイルズだと思います。
 オスカーとテレサ、シグレとメルキオル、四聖主覚醒あたりはまとめて消化されちゃってる感もありますが、ボリューム的には十分すぎるくらいです。
 プレイ時間が長いのも、シナリオとイベントのボリュームに起因するものですしね。
 それに加えて、システムやバトルも十分遊びやすいレベルになっているので、ストーリーの魅力をジャマされずに遊べますし、ミニゲームなどのオマケ要素がやたらに多くてそこでもキャラのやりとりがあったりするのでキャラの魅力がより深まり、全体的に高いクオリティが出来上がっている……という構成のゲームだと思います。

 バトル面ですが、爽快感重視の最近のテイルズでありつつ手堅い作りになっていますね! バトルスピードが早い+動きがヌルヌルしていることもあり、とても快適に遊べます。
 戦闘自体は、基本的に最後までベルベット操作で相手の弱点に一貫できる技を同じボタンに登録して、喰魔状態を維持しながら連打しまくるだけでほとんど突破できました。
 とにかく喰魔になるときの「コンジュームクロウ」が強いですね! HP回復・無敵切り返し・ガードブレイク・BG溜め・連携延長など必要な効果を全て持った超性能技で、ソウルのある限りこれを要所で出していればほぼ無敵で戦い続けられるというのはすさまじい強さだと思います。
 さっきノルミン島のジュード+ミラ戦で負けちゃったんですけど、味方全員やられたのでやけくそになって一人で喰魔状態維持しながら戦ったら結構長いこともって驚きました。

 ともあれ爽快感のあるバトルではあるんですが、ただやっぱり特にベルベット操作だと連携があまりに自由すぎて、ちょっとガードしてSG回復+ガードブレイク効果を得る以外はほとんど攻撃ごり押しでもどうにかなってしまうのはシンプルすぎるかなという感じもしましたね!
 難易度の影響もあったと思いますが相手の火力が高いので、基本的に上から殴り続けるゲームという印象を受けました。
 他のメンバーが何をしているかが分かりづらいですし、自分の操作キャラの特技の動きもなんというか何を使っても同じような感覚がありました。縛氷幻夢と邪霊雷牙とかぱっと見似すぎ!
 リメDやハーツなんかでも思ったんですけど、あまりに特技の連携制限がなさすぎるとバトルが大味になってしまうように感じますね。ベルセリアは弱点特効の要素を入れて使う技をばらけさせてはいるんですが、もうちょっと攻撃だけでなく相手の攻撃をいなすシーンを多めにしてくれてもいいのになと思います。なんとなくですが、ドラゴンのシルバとの戦いがわかりやすく攻撃対処できて楽しめました。まああれ終盤メテオスウォーム連打ゲーされるんですけど!

 TPがなくて料理で毎戦全回復できるとかそういう快適さは良いと思うんですが、バトルはもっと攻撃と防御の楽しさを織り交ぜて敵にも存在感を与えたものだと嬉しいですね!


 システム面は歴代のテイルズと比べてもかなり快適でほとんど言うことないんですが、装備の強化システムだけはちょっと疑問符もありましたね!
 強化の+値を増やしていくことでソウルやBGなどのキャラ性能が底上げされるんですが、装備にマスタースキルがあるので新しく入手した装備をどんどん使いたくなり、でも新しいほうは強化がしづらいので中々+値を増やせないままゲームが進んでしまいました。
 マスタースキル習得の必要がない部位で着るために少し前の段階で手に入る装備を大きく強化しておくのがいいのかもしれませんが、さすがに全キャラ分そんなことをするのも大変なので、強化システムはあまりうまく扱えませんでしたね。
 敵からのドロップが装備品だけっていうあたりは個人的には結構好きです!

 こうして挙げた部分も決してダメダメということはないですし、特にバトルは十分に楽しめたので、全体的なできの良さはやっぱり揺るがないように感じます。あとまあグラフィックは気になりますけど、イベントシーンの演出という重要な部分はしっかりしているので、やっぱり必要なところを外してないと思います。

 評判がなんだかよさげだったのでそこそこ遊べるかなと予想して買ってみたんですが、見事にその予想も越える出来でした!
 テイルズ本編を発売日近くに買ったのはグレイセス以来だったんですが、一気にテイルズ熱が戻ってくるくらいの感覚です。
 私みたいにゼスティリアをほとんど知らなくても問題なく楽しめますし、テイルズあまり遊んだことない人にも単独でおすすめできる作品ですね。難易度も高くないのでシリーズ初でもとっつきやすいはず!
 主人公がダークな立場なのでとっつきづらさがあるかもですが、それを逆手に取るかのようなキャラクターの魅力の充実させかたをしているので、そこは気にせずに触ってみていいかと思います。


 ともあれ、クリア後にもいくつかサブイベが出たので、とりあえずそれをクリアしていこうかなと思います。難易度ハードはせっかくなので一貫させたいですけど、隠しダンジョンとかジュードミラとか行けますかね……。

写真 2016-09-07 10 34 01

 グレードはクリア時で5700ほどあったので、色々やっているうちにもう少し溜まってひととおりの引継ぎができる7000あたりまで行ければ嬉しいですね。足りなければワンダリングを狩ればいいのかな?
 2周目はまだ遊ぶかわかりませんが、今は特にやるゲームもないので時間があればと思います!
 ああでもほんと楽しかったです! 今後のテイルズもこれだけ充実した作品が続いてくれることを祈りたいですね!
 
 それでは、今日はこのへんで。オスカーさん、アニメで超かっこいい戦闘シーンだったんで本編でもさぞ強力なライバルとして立ちはだかると思ってたんですが……どんまい!  しかしロクロウvsシグレとかアイゼンvsザビーダとか他にもあのアニメのレベルで見たい戦いが色々ありますね……!

web拍手 by FC2
テイルズオブベルセリア 第2回プレイ日記!

写真 2016-09-01 0 02 17

 さてさて、進行度はこれからロウライナの塔に向かうってところまで来ました!
 そのためアイゼンが一時的に抜けてますが、PTメンバー6人揃いましたね!
 エレノアは対魔士なのにどういういきさつでメンバー入りするのかと思ったら、まだまだ正式な仲間関係ではないという状態ですね。目的は全部ベルベットに筒抜けなので見ていて安心はできますし、すでに会話はもう仲いい感じですけど!

 今回、ほんとキャラの仲がいいですね! くせもの揃いですが、お互いに濃い掛け合いを気兼ねなくできる関係性ができあがっていて、スキット等が非常に楽しいです。
 みんなライフィセットには無条件で優しいっていうのが軸になっている気がしますね。ベルベットとエレノアの衝突しそうな部分がライフィセットを大事に思う気持ちの同調で中和されたり、マギルゥにも純粋さが通ったりと。
 なによりロクロウとアイゼンの男二人のライフィセットに対する面倒見のよさがすごいにやにや! アイゼンは冷めたキャラかと思っていたんですが、クールなもののだいぶ熱血に寄ってますね。頼れるアニキって感じで気に入ってます。ベルベットとのコンビも良い!

 思慮に長けたキャラが集まっているので、誰かが心乱されることがあっても必ず他の誰かがフォローしたりうまく纏めたりするっていう関係性が常に維持されていて、すごく安定感のあるパーティという印象です。グレイセスなんかもそうですけど、メンバー全員の関係性がいいテイルズっていうのはやっぱり良いものですね!


 ゲーム的な部分の話ですけど、今回はほんと快適に作られているなという印象がありますね。前回遊んだテイルズであるエクシリアの触り心地とはかなり大きな差を感じます。
 グラフィックがよくよく見なくても結構残念なことになっているんですが、だからといってゲーム全体がそれに引っ張られているということはなく、むしろグラフィックは重視せずにちゃんと遊びやすいゲームを作っているんだなという好感を持っています。

 途中まであんまり気づかずに遊んでいたんですけど、なにげにロードが爆速ですよね! D2か! ってくらい!
 バトルの前後だけでなくマップの出入りやイベントシーンなんかも全てほぼロード時間なしで、最近のRPGとしてはかなりサクサク遊べるつくりになっていると思います。テイルズはほんとこれでいいと思うんですよ! まず快適なゲーム性がなくちゃです!

 各要素もよく盛り込まれていて、なんとなく昔のテイルズを思い出す感覚もあります。
 個人的に嬉しいのはミニゲーム! 最近はあんまり無かったように記憶しているんですが、今回は作りはシンプルなものばかりにしろ結構ちゃんと用意されていて驚きました。配膳のあのBGMにちょっと感動!
 あとキャラ札のミニゲームは絵面でテンションアゲアゲになれますね……まあよく見ると据え置きテイルズだけでもD2とかRとかLとかいないんですが多すぎてもゲームにならないしそこは!

 海外のゲームとかの超気合いの入った作品の見た目にはかなわないわけで、そっちを見るのをやめてちゃんと中身を作りこんでいるように感じられて、個人的にはとても嬉しいですね!


 バトルですが、難易度ハードでの進行は一貫しています!
 前回の記事からは一度も全滅することもなく、シナリオ部分は問題なく進められている感じですね。甲種もそれほど苦戦せずに突破できることが増えてきました。敵の火力がかなり高いので、相手に攻撃を許すと途端にやばいことになったりしますが!
 いちおう各キャラはそれぞれ少し操作して触っているんですけど、今のところはやっぱりベルベット操作に落ち着いていますね! ブレイクソウルの使い勝手が群を抜いていますし、特技の属性の幅広さゆえにどんな敵相手でも特技つけかえで対応できるのが素晴らしいです。AIに任せられないキャラということもあり!

 戦闘中にキャラを入れ替えるスイッチブラストは、とりあえずは適当に使う程度。操作キャラ変えると混乱するので、AIのキャラを変えさせてますね。
 敵に有利なキャラを持ってくる以外にも、HPやSGがピンチになったキャラを退かせるのにも使うといいんでしょうか。まあ、ちゃんと使うのは必要に迫られてからでもいいかもですね。

 装備のマスタースキルは必要グレードが多いので大変かと思っていたんですが、案外良い感じのペースでマスターできてますね。難易度ハード+デンジャラスエンカウントを積極的にやっているので、グレードが多く集められているかもです。
 実は最初にグレード2倍のDLCを買っちゃおうかとも思ったんですが、マスタースキルに関してゲームとして想定されているバランスでやりたいという気持ちがあって結局買わず。結果的にはよかった感じがします!


 今の目的はまだまだ中盤までの展開のもので、きっとこの後には後半に向けた新しい展開が待っていそうで、まだまだ先を楽しめそうですね。話もバトルも気になるのでどんどん進めて行こうと思います!

 それでは、今日はこのへんで。サレトーマて! 異海探索だけでなく本編にもこんなネタが!
 これ飲んだときといいエレノアの悶絶するときのボイスは中々なまなましくていいですね……。


web拍手 by FC2
テイルズオブベルセリア 第1回プレイ日記!

 ややごぶさたぶりです! 
 さてさて、タイトルのとおりですが……PS4『テイルズオブベルセリア』、今日からスタートしました!
 
 新ゲームやるとき恒例のあらまし話から入りますが、私、けっこうテイルズシリーズは好きなほうでして!
 直撃世代だったのがD2、Sあたりでこの2作は特に好きなんですが(D2は未だにバトル最高傑作と思ってます! Sはコレットがひたすらかわいい!)、P~Xまでの本編タイトルはプレイしていました。外伝作品もそれなりにやってたり。
 ただ、エクシリアを遊んだのが発売後だいぶ経ってからだったこともあり、プレイ感覚としてちょっといまひとつなものがありまして。それから良作とは言われつつもエクシリア2を遊ぶ機会がないまま、あの大変なことになってしまったらしいゼスティリアも遠巻きに見るのみで、だいぶテイルズからも離れていたこのごろでした。

 ベルセリアもちょっと前まではなんか見た目がX以降の微妙なグラフィックですし(ヴェスペリアの路線もどってきて!)、あんまり興味が湧いていなかったんですが……。
 まずは今やってるゼスティリアのアニメ、「テイルズオブゼスティリア クロス」で2話使ってベルセリア冒頭の話をやっていたのを見て興味を惹かれました。このアニメほんと信じられないくらいレベル高いですよね! ゼスティリアのシナリオを変えてくるんじゃないかというところを含めて、毎週かなり楽しみで観てます。 
 それでもし発売後の評価が良さそうだったら買ってもいいかなって思っていたところ、なんともかんとも好感触な感想が多く! 
 ほんとは9/1に出るウィッチャー3の完全版でも買おうかと思っていたんですが、予定変更でこちらを買って来ました。中古品も出てたんですがたった300円くらいしか変わらなかったので新品で! その新品はちょうどラスト1本だったみたいです。


 そんなこんなで、やや遅ればせになりつつ、久々にテイルズ本編をスタートした次第です!

写真 2016-08-29 22 36 27

 どうやらこのソフト、ほぼ全シーンで録画とスクリーンショットが禁止っぽいですね……画像上げるのきびしい!
 ともあれ、今はこんな感じ。アイゼンが加入する洞窟のダンジョンを攻略中です。二号!

 ごく普通のプレイですが、難易度だけは常時ハードで進めています! エクシリアの時これやったらラスボスのミュゼの謎の回復に苦しめられて90分間の死闘を演じたりしましたけど今回はそんなことはない! はず!
 と言いたいところですが、さっそくネームドモンスターのレッドバロンに敗北し、先ほど乱入してきたワンダリングエネミーからも撤退を余儀なくされました。ザコ戦は全然ストレスなくやれてますし、シナリオボスはいい感じの苦戦って感じなので、ちょうどいいかなとは思ってます!


 まだまだ序盤ですけど、いやなかなかいい感じですね! 面白い!

 個人的に一番いいなと思ったのは、ゲームの最序盤が3年前の村のシーンになっているところですね!
 アニメ観てて回想シーンに一瞬出てきたまだ普通だった頃のベルベットが気に入って、ゲームだともう少し回想シーンもあればいいな、とか思ってました。これが1時間くらいのしっかりしたボリュームで、ちゃんと操作もできるチャプターだったので、思っていた以上に前日譚に触れることができたのが嬉しかったですね。
 最初にあのシーンを遊ぶことによって、ベルベットの背景に対するこっちの知識の肉付けがかなり厚くなりますよね。いざ本編の時間軸に戻ってきた後も、変わり果てて人を寄せ付けなくなったベルベットにしっかり感情移入ができるようになっています。個人的にこういうクールなキャラって本来はそんなに好きなタイプではないので、余計にその効果を感じるところですね。
 あの村が崩壊する展開(特に業魔化したニコを殺してしまうシーン)なんかはもっと劇的にやっても良かったのではと思いますが、とにかくあそこで丁寧に平和なベルベットの生活とその崩壊を描くことはとても重要で、それをしっかり入れ込んでいるように感じましたね。

 
 ベルベットを含めてキャラも今のところいい感じ!
 パーティメンバーが今までのテイルズと比べてかなり独特な関係性で、それゆえのドライさがありつつ、思っていたよりも密に会話があるなという印象です。ベルベットもなんだかんだと会話するからいいですね。ロクロウが思っていたよりもだいぶいいヤツ! マギルゥはまだ加入してないですが意外とドライでそれも面白いです。
 ボイスつきの会話シーンが多いのも評価点ですね。イベントやスキットはもちろん、街を歩いているときにシームレスで挿入されたり、街で!マークがついている相手との会話にもボイスがついているのには驚きました。モブがいきいきしてる!
 街は普通の建物の中に入れなかったりと残念な面もあるものの、アイテムや会話が散りばめられていて、モブのセリフ表示もわかりやすいので、つい探索したくなってしまいますね。 
 あとあの敵のテレサさんがすごくいいですね……あれで割と声がかわいいっていうのが! まあボス戦で死にかけましたけど! 今後ブチギレシーンはあるんですかね!


 バトルはまだまだ把握できていない部分もありますが、とりあえずは種族特効を含めた弱点を突くゲームというところでしょうか!
 16種類設定できる特技はまあ適当に! ダンジョンごとにある程度敵の弱点などの傾向があるっぽいので、それに合わせて同じボタンで一貫できる術技の設定をしたりしてます。さっきから飛燕連脚が役立つことが多くて往年のテイルズを思い出す活躍っぷりです。
 SGシステムはCCとSPの複合みたいな感じですかね。うっかりSGないときに攻撃してしまうと思わず「スピリッツが少ない時に攻撃するな! 弾かれるぞ!」がアタマに再生されます。
 ブレイクソウルでキャンセルして連携を繋げられるので、うまく敵を倒しきれる状態から連続でつないでいくといい感じですね。いちおう一通りキャラは触ってみたんですが、ブレイクソウルが素直に使いやすいベルベットがいまのところは操作しやすいです。AIに任せるとブレイクソウル維持しすぎてHPめちゃ減らすのがこわい!
 とりあえず序盤の段階でも、十分に楽しめる戦闘システムだと思います。
 上に書いたようにハードでもザコ戦はサクサクですし、全体的にロードが高速なのでこのあたりはかなり快適ですね。

 マップ上のあれこれなどシステムも親切で、とりあえず遊びやすいテイルズという部分はよく満たされていると思いました。
 バトルの詰まった部分とかシナリオ展開とか、そのへんは今後楽しみですね! 仲間揃ってきてからのチャットとかも期待してます!

 それでは、今日はこのへんで。ベルベットさんの服、ふつーに監獄塔の倉庫でこさえてて驚きました。牢屋の天井にいた変な仮面つけた人にいきなりジューダスって名前つけるのに似た波動!
 あとそういえば、さっきアイゼンが加入する寸前で一度中断してからゼスティリアのアニメ観たんですけど、ちょうどそれがアイゼン回でびっくり! あんなんなっちゃうんすかアイゼンさん! スレイさん助けたって!


web拍手 by FC2