プロフィール

ぱすてぃ

Author:ぱすてぃ
百合が好きでポケモンを好む、文章を書く人です。
好みのゲームは任天堂系/テイルズはじめRPG全般/デモンズ・ダークソウルなど。
百合は小説漫画といろいろ。百合文も書きたいです。

【ドラクエ10】
ぱすてぃ [MY795-653]

最新記事

リンク

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログコミュニティ

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

ポケットパスタ・ゲーム記
ゲームのプレイ日記を書きたい分だけ書くブログです。3DS「RPGツクールフェス」で『かけらのメガルエ』を第1回コンテストに投稿中。
ARMS 第3回プレイ日記!

 どうもです!
 ランクマッチ、なんとかランク8までは来ました。そろそろ厳しそうですが!
 でもやっぱり、こういうタイマン格闘ゲーでははじめてかってくらいちゃんと考えながら戦うことができて、わたしみたいに高度な格ゲーができない人からするとそこがとても魅力的です。このキャラでこのアームってことはこっちはこのアーム付けてどの距離で戦えばいい……みたいなのがうまくハマると、すごく楽しいですね。

 さて、今回は軽めですが!

バイト&バークのアーム集めが……。


 前回ご紹介した、半放置のダブルスバレーを流しまくり!

写真 2017-06-21 23 26 12

 なんと、バイト&バークさんのアーム、すべて+も含めてコンプリートすることができました! うひょー!
 最後のほうになるまで一番左上のトースターが1つめすら出ないという謎引きがありましたけど、ともあれ+まで出ればそれ以上のダブリは発生しないので、後半になるほど気が楽になっていきますね。

写真 2017-06-21 23 26 20

 メインにしているキャラが1キャラなど少数の場合、アームゲッターは30コインのショートが断然オススメ!
 アームゲッターは参加キャラのアームが出やすいということにはなっているんですが、200コインで15~個くらい取っても、参加キャラのアームは3個程度ということが多かったです。
 対して30コインでも必ず最初の1つは参加キャラのアームが出現するので、単純計算で210コイン使えば7個取ることができます。
 全アームの+までの収集が57個なので、最大でも57回ショートを回せば、(失敗しなければ)1キャラのアームが全部集まります。実際には2つ入手できることもちらほらあるので、とにかくキャラを絞っている場合はショート1択かなって感じです!
 ショートは的あての難易度も高くならず、失敗しても精神的ダメージが小さいのも魅力かもしれませんね。まあほんとに大失敗すると0個もありえますが!

アームを揃えていろいろ使用!


 これでアームの選択肢も自由になったので、とりあえず適当にいろいろ使ってみました!
 最近はバーチカル・ギャラクシーの2つは固定で入れて、残り1つを色々試すという感じでやっています。

写真 2017-06-21 23 26 29
 
 個人的に特に気に入ったのは、「トリプルボム」!
 横3連射・爆発属性のアームですね。
 爆発は着弾後わずかに間を置いて追加の50ダメージ判定が発生するというもので、この爆発がところどころで相手に引っかかってくれやすいのが魅力です。トリプルボムは3発出るので、単体のパンチとかちあったときなどに爆発含めて攻撃に巻き込みやすいという良さがありますね。
 バーチカルと合わせて縦横の3連射という組み合わせで持っていくのもいいですし、ギャラクシーと合わせて先にトリプルボムを撃つ→横回避した相手にギャラクシーを狙うという合わせ方も使いやすいですね。

 3連射系では、「リボルバー」もなかなか! 追尾+雷のアームですね。
 散らばらないのでやや面の制圧が弱いですが、雷を対処できない相手に対しては非常に有効にはたらきます。

 「トースター」や「スパーキー」など、属性グローブ系も。
 ギャラクシーと比べると曲げやすいぶん、弾速が(たぶん)やや遅く、少しテクニカルに使う必要がありますね。
 ただ、グローブ系は中量クラスの重さがあるので、パラソルに強いのは評価できる点だと思います。ギャラクシーとバーチカルだとパラソルに無力で、両パラソルのコブラさんが来たときにめっちゃ苦戦しました!

 「ヘビィハンマー」はうまく使うとかなり強そうな気はするんですが、バイトさんの機動力だとコブラみたいな撃ち落としたい相手に対して接近を許しやすくて扱いが難しいかな? って印象もあります。わたしがまだ大型アームに慣れていないというのは大きいと思うんですが、わりとバイトは軽いアームのほうが相性いい気も!

 「チャクラム」「ホットリング」などのチャクラム系、それに「サラマンダー」や「オロチ」などの曲がる系も、個人的には少し扱うのが苦手です。あの手のアームは、リボン・ニンジャラ・ミェンミェン・コブラあたりの本体が機動力あるキャラが扱うのが向いているような気がしますね。でもバイトを盾にして正面の弱点をカバーしながら振っていくという面では悪くないのかも!
 使われる側として、チャクラム系は大体ガードでどうにかなるんですけど、ムチ系はガードしてもすぐ腕が戻っちゃってチャンス作りづらくて、なかなか対処しづらいなって印象があります。ムチ連打コブラさんがきつい!
 
 慣れることで面白く使えるアームもいろいろあると思いますし、パーティマッチもやって色々試せるといいかなって感じですね!
 でもやっぱギャラクシーすきです! チャージがばすって当たるのもノンチャージがさくさく刺さるのも気持ちがいい!

軽くまとめ


 最初の週の売り上げ、10万本行ったみたいですね! すごい! そんな行かないと思ってました!
 ただ、買ってきたけど触ったら難しくてすぐ離れてしまったという人も結構見かけたので、2週目からはマリカなどのようには行かないと思います。アプデなんかでも、初心者……っていうか、あんまりがっつりゲームに挑戦するタイプじゃない人でも自然とハマっていける導線が補強されるといいんじゃないかなって思います。

 アプデはスプラみたいに計画的に企画されていると思いますが、いつから動き出すかは見ものですね! スプラ2に話題が大きく移る前に、ガンガン動きがあることに期待です。
 まずはやっぱり、あの会長が使用可能になるんでしょうか。楽しみです!

 それでは、今日はこのへんで。ダブルスバレー、試合後のもういちどもLRで決定できることが分かったので、ジョイコンをスイッチのロゴみたいに並べて置いて片手でマウスみたいに手を置くだけっていう解にたどりつきました。楽!


スポンサーサイト
web拍手 by FC2
ARMS 第2回プレイ日記!

 さてどうも!
 ランクマッチ少しずつやってますけど、強い人多いですね! 5割も勝てないままやっとランク6になりました。
 レート制バトルは苦手なんですけど、ランク6の段階だと敗北時のレートダウンが微量ですし、周りが上手い人ばっかりだって思っとくとそこまで辛さもないかなって感じがします。

バイト&バークがお気に入りに!


写真 2017-06-19 23 30 35

 さて、使用キャラですけど、バイト&バークが気に入りました!
 発売前から気になってたんですけど、やっぱりしっくりくる感じがします。
 本体のバイトさんが実質無特性なぶん、操作自体はやりやすいというところがとっつきやすいですね。込み入ってくると相方のバークくんの動きを制御する立ち回りとかも必要になってくるんだと思いますが、とりあえずはあんまり気にせず使っています。

 バークくんに乗るとショックウェーブを出してチャージしながら大きくジャンプできるんですが、戦いの最中に上手く乗るのがなかなか難しいうえ、ジャンプは隙が大きいのであんまりうまく活用できてないですね。うまく使えたらかなり面白そうなんですが!
 バイト自身のジャンプ性能は多分普通くらいなので、結果として全体的にほぼ地上で動くようにしています。上手く行く試合だとバークくんの後ろに隠れた状態でガシガシ相手を狩れるんですが、その戦い方が通用しない相手がきついかなって感じですね。


バイト&バーク×各アーム


 持っているアームの中で、使っているものをいくつかご紹介!

写真 2017-06-19 23 30 42

 まずは「バーチカル」! 縦に3連射する、多段型の炎アームですね。
 縦に長いので、リボンガールをはじめとしてジャンプを多用する相手に有効。
 ただそれを抜きにしても、同一横軸に3連射するためアーム同士の相殺に強く、戻りも早め? である程度左右にも曲げられ、必殺ラッシュの威力もかなり高い……と、わかりやすい強みも多く、わたしも含めて操作に少し慣れてきたくらいの段階の人たちから高い人気を誇るアームになっています。
 最初からバーチカルを持っているキッドコブラは、ランクマッチでの使用率が高い印象がありますね。コブラわりと分かりやすい特性だし見た目もカッコいいからキャラ自体の人気もあると思いますが!

 バイトが使っても普通に扱いやすいアームだと思います。ただ、キッドコブラでよくあるジャンプ絡めて接近しながらガンガン撃ちまくる戦法を取るにはちょっとバイトの機動力が足りないので、迎撃メインで扱う感じです。バーチカルで相手を避けさせたところに他のアームを使うのもいいですね。

写真 2017-06-19 23 31 40
 
 こちらは「ギャラクシー」! いわゆるクラッカー系アームの炎バージョンですね。
 クラッカー系はたぶん、攻撃範囲がやや広いこと・弾速が速いことが利点。曲げやすさも素直で、総じて扱いやすい印象です。
 ギャラクシーはチャージの炎で素早く相手に直撃させられるダウン攻撃が撃てるので、対戦のペースを握りやすい感じがします。威力も130と十分!
 バークを利用して相手のアームを消費させたところにすばやく差していけるのが良い感じで、バーチカルなどと組み合わせてチャージを当てていくのもいいですし、速いアーム2つ、場合によってはギャラクシー×2でノーチャージを連打するときにも扱いやすいです。これのワンツーはすごく気持ちよく相手に届きますね。
 他のいろんなアームと組み合わせやすく、手に入れてからはずっと使っています。さっき+を取れたのがうれしい!

写真 2017-06-19 23 30 51

 さっき手に入れたものとしては、「レイドラ」なども!
 バークの存在でうまくこちらに接近しづらいところを狙えないかなと思って選んでみたら、なかなか面白かったです!
 レイドラ×2で、こちらに近づきたいキッドコブラをひたすら下がりながら片方で浮かし→もう片方で着地取り、を繰り返して勝てたりしました。強みを押し付けられる戦いができるかどうか、ってアームな印象です。両方レイドラだと必殺ラッシュが当てづらいのが難点!

 他に、「パラソル」はバーチカルなどの軽量アーム対策に活躍しますね。軌道が思ったより素直で、しっかり相手を狙う技量が求められる印象でした。慣れたらかなり便利そう!
 「チャクラム」はニンジャラの人がかなりうまく使っていたんですが、いまひとつ使い方が……。ノーチャージ主体でばんばん投げるといい感じでしたけど、それをするにはバイトの機動力だとちょっとキツいのかな?
 「メガボルト」「ビッグパンチ」「ビッグハンマー」などの大型アームは、相手が接近ゴリ押し型だったときにスキが大きくて、そういうタイプが多い現状はちょっと使いづらい感じがしました。迎撃で輝くと思うので、バイトと相性はよさそうな気はするんですが!
 バイトのメインアームでもある「バルーナ―」はチャージで大きくなるオーソドックスなグローブ型で、これは本当に素直な使い心地。ラッシュも含めて火力がもう少し欲しいところですけど、ノーチャージでの運用もからめて使うといい感じですね。地味にデザインが好き!


写真 2017-06-19 23 30 40

 パーティマッチのバトルロイヤルでは、ロックオン系の追尾アームが使いやすい印象!
 アームの操作はオートに任せて、自分は安全な立ち回りに専念するという寸法です。
 とりわけ「チェイサー」は、マヒ発生でもう一人の注意をそちらのキャラに引かせることができるので便利。あんまりやると二人から集中攻撃受けやすくなるという諸刃の剣でもありますが!

 アームを変えると操作感や戦法もいろいろ変わってくるので、同じキャラでも色々試せて楽しいですね!
 自分だけじゃなくて、対戦相手も人によってアームの選択が違うことで同じキャラでもメインの戦法が変わってくるのが面白いところ。
 基本的に攻撃手段はアームのパンチだけなので、アームとキャラの組み合わせによって「この人はこういう立ち回りで戦う」という個性が非常にはっきり分かりやすくて、その分かりやすさは対戦格闘ゲームとしてはARMSならではな感じがします。もちろん、上手い人はひとつの組み合わせの中でも何通りかの立ち回りを持つようになっていきそうですが!

半放置! なバーサスバレーコイン稼ぎ!


 さて、アームを増やそうと思うと、とにかくコインが欲しいわけで!
 このゲームのコイン、なかなか簡単には貯まりません。それがモチベにもなるわけですが、ちょっと便利な稼ぎ方が紹介されているのを見かけたので、それを試してみました!

写真 2017-06-19 23 30 45

 方法は簡単! バーサスのバレーで、ダブルス・CPUのレベルを7に設定します。
 対戦相手をDNAマン・ファランクス×3の二人組にして、自チームの相方は適当に早いアーム持ちのキャラに。わたしはデフォのリボンガールにしています。で、自キャラは関係ないのでなんでもオッケー!

 この状態で、あとは普通に試合開始して、試合中は放置をしておくだけ!

写真 2017-06-19 23 30 47

 実質1vs2になりますが、相手はファランクスでなかなかうまく撃ち返せず、こちらのCPUが一人で無双してくれます。
 もちろんドローや敗北になる試合もありますが、8割方は勝利できますね!
 1回勝利ごとに、3コイン入手できます。基本的には時間切れの60秒で試合が終わる感じですが、1分半弱で3コインは普通にパーティマッチとかやっててもなかなか稼げない金額かも!
 試合中は操作する必要は一切ありません。試合終了後の「もういちど」のAボタンと、直後の試合開始時のアーム選択の両LRボタンだけ押す感じですね。作業などのかたわら、ながらでやるといい感じです。今もブログ書きながらやってます!

 通常プレイでのコイン入手のありがたみが減ってしまうので、そこはご判断の上で!
 こういう放置稼ぎ的なプレイをしたゲームも久々だなって感じします!


軽くまとめ



 毎日そこまでプレイ時間は長くないんですが、とにかく少し触るだけでもがっつり遊んだ満足感が得られるので、密度の高いプレイができますね! ちょうど今ゲーム以外にも時間を使いたい頃合いだったので、相性がとてもいい感じです。
 全体的な快適さが優れているのはやっぱり強みで、ヒマな時には遊びたくなりますし、遊ぶと手触り良いから楽しく過ごせる……と、ある意味で、マリカとか以上に「気軽に遊ぶ」という遊び方がしやすいゲームかもと感じました。

 とりあえずもうちょっとバイト&バーク使ってみたいですね!
 最初に使ってたスプリングマンも、ショックウェーブとか使いこなせるようになってみたいです。

写真 2017-06-19 23 30 49

 あとバイトの色をオレンジに変えるために左入力するとたまにツインテーラに化けるんですよね!
 意外とこのフリーザー×2で結構勝てちゃうのがまた! キャラ色変更の方法ちょっとなんとかなりませんかね!

 それでは、今日はこのへんで。放置バレー中たまに振動するから何かと思ったらリボンガールさんのパンチの軌道上にわたしのキャラがいてめっちゃ背中殴られてました! すいませんジャマして!


web拍手 by FC2
ARMS 第1回プレイ日記!

 バネバネッ!

写真 2017-06-16 23 23 08

 さあどうも、こんばんは!
 ニンテンドースイッチの新作タイトル、のびーるウデの格闘スポーツ、「ARMS」!
 かねてから注目していたこの作品、やっぱり買ってみました!
 製品版をちょっと遊んだ感想、さっそく行ってみたいと思います!

グランプリ・レベル4に挑め!


写真 2017-06-16 23 23 15

 体験会ぶりの操作感を取り戻すため、まずは軽くトレーニング! 意外と難しいお題も!
 操作確認ができたところで、とりあえず最初は、一人用モードの「グランプリ」を遊ぶことにしました! オーソドックスな対CPU連戦で、途中少しだけマトアテやバスケなどの変則ルールも混ざるという感じですね。

 グランプリはレベル1~7の7段階難易度選択ができるのですが、最初にいきなり4から挑戦しました!
 というのも、今作のランクマッチはグランプリレベル4以上を一度クリアすることで解禁されるのです。だったらもう早いところ開けちゃおうかなと!

 キャラはとりあえずオーソドックスに、スプリングマンを選択。
 毎戦前に、コブッシーが口上を述べてくれます。「バネバネ」って感じの意味は持たないしゃべり方なんですが、日本語のあの声が馴染みすぎちゃったので、そっちで聞きたくなっちゃいますね!

写真 2017-06-16 23 23 13

 早速挑戦! ……なんですが、レベル4、なかなかの難易度の高さです!
 少なくとも、体験会のときの多くの人のレベルよりはずっと上って感じですね。
 ちゃんと動かせた上で相手をどう抑えるかポイントを見つけて行かないと、なかなか勝ちづらかったです。

 幸い、いくらコンティニューしてもデメリットはないですし、ランクマッチ解放の権利もなくなりません。なので、ここで操作に慣れるようなつもりで繰り返しぶつかりました!
 このレベルのCPUは、こちらの攻撃に対する対処がメインなので、向こうからの攻撃は少な目なのはありがたいところですね。基本的に安全重視、相手の反応に対処しやすい遠距離主体で立ち回ると体力勝ちしやすく、またタイムアップの体力勝ちを狙って勝てた試合が多くありました。

立ちはだかるラスボス・ヘッドロック!


写真 2017-06-16 23 23 17

 グランプリ最後の相手は、体験会でも登場した「ヘッドロック」!
 直前に戦うARMS協会の会長、「マックスブラス」さんの頭を乗っ取った状態と戦うことになります。

 このヘッドロックが、まあ強い! とにかく苦戦しました!
 ラスボスということで、腕がなんと6本! 大型キャラのスーパーアーマーやスプリングマンのショックウェーブなども持ち合わせて、まさにプレイヤーの上位互換、というキャラ性能の相手と対等な条件で戦うことになります。
 大雑把なように見えて、こちらの甘い動きはきっちりと対処してきますし、回復アイテムなども上手く活用してきます(範囲内での居座り合いになると、手数のぶんこちらがかなり不利!)。
 最初の何回かは一本も取ることができないまま、負け続けてしまいました。

 それでも無限にコンティニューできることをいいことに、負けても負けても連続挑戦!
 相当にやり直しまくりましたが、どうにか勝利を収めることができました!
 ちょっと時間が経ってしまったのでうろ覚えになってしまいましたが、基本的にはいかにチャージパンチを当てていくかだと思います。相手の腕が飛んだ時にうまくチャージパンチを合わせられると、意外といい感じに直撃してくれることがあるので、ひたすらチャンスにしっかり刺していく戦いになりますね。そんなに投げを使ってこないので、ガードも比較的扱いやすかったです。手数に圧倒されるときついですが!
 時間切れもないですし、基本的に相手の攻撃が強力なので、他CPUみたいなちまちまの安全策は危険もあるかなと感じました。カウンターを基本にしつつも積極的に攻めて、ペースを握ることが大事ですね! 必殺ラッシュが避けやすいのは救い!

初挑戦、オンラインのランクマッチ!


写真 2017-06-16 23 23 22

 そんなわけで、無事にグランプリレベル4をクリアし、オンのランクマッチが解放!
 いろんなルールでレートなどなしに気軽に戦うパーティマッチは体験会で遊べましたが、ランクマッチは製品版が初ですね。

 ランクマッチを選択すると、こんな風に対戦相手を募集するモードに切り替えることができます。
 で、このモードに切り替えたら、あとは対戦相手を待つだけ! この間にグランプリやバーサスといったオフラインの対戦モードを、いわゆる乱入待ちみたいな状態で遊んでおくことができるので、ヒマを持て余さなくていいですね。

 が、ぶっちゃけそんな待ってるヒマがないです! 超速でマッチングします! 5秒くらい!
 対戦に入ったら始まるまでの時間も短いので、まさに矢継ぎ早の連戦を楽しむことができます。正直逆にちょっと休憩させてほしいレベル! わたしの体力が! 酸素が!

 なかなかの歯ごたえのあるグランプリレベル4突破が解禁条件になっているだけあって、ランクマッチにいる人は一定以上の実力者ばかり! 負けまくってしまいましたが、とにかく1戦1戦が激しいですね! 勝てたときとかすごく熱いです。
 
 ランクマッチにいる人は、すでに各キャラクターの、最初から使える3種類のメインアーム以外のアームを解放しているケースも多かったです。体験版とは違い、製品版では後から別キャラのメインアームを解禁し、それを付け替えて使うことができます。
 アームの入手は、いろんなモードで遊んだときにもらえるコインを溜めて「アームゲッター」というミニゲームによって行うことができます。

気軽におカネも稼げる、パーティマッチ


 ということで、ちょっとランクマはいったん離れて、気軽なパーティマッチに来てみました!
 対戦スパンが短めで、勝てば3コインもらえて負けても1コインと、のんびり遊んでいるだけでいい感じにコインがもらえますね。

写真 2017-06-16 23 23 20

 パーティマッチの仕様はおおむね体験会と同じでしたが、新たに「連勝チャレンジ」が発生するようになっています!
 連勝している人は、初期体力にマイナス補正が掛かるかわりに、その状態で勝つことで賞金が上乗せされるというシステムですね。これによって強い人が少し倒しやすくなり、強い人側も良い報酬を得るチャンスになります。勝てば勝つほど補正もキツイ模様! 最初は体力75%からスタートです。
 
 体験会やったときはタイマンが楽しかったので、タイマンだけできるランクマッチだけでもいいかなと思ってましたけど、やっぱりパーティマッチみたいに気軽にいろんな遊びができるモードも居心地が良いですね!

収穫祭、アームゲッター!


写真 2017-06-16 23 23 24

 お金もたまったので、いよいよ「アームゲッター」に挑戦します!
 アームゲッターは30、100、200コインの3種類コースから選ぶことができ、多いほど長時間チャレンジが可能。たくさんの方がオトクなのかなと思って、200コインに挑んでみました! ここまで貯めるのは結構大変!

写真 2017-06-16 23 23 27

 アームゲッターは、基本的には「マトアテ」のルールの応用ですね!
 たまにアームの入った箱が運ばれてくるので、それを叩き落すとアームがゲットできます。
 時間延長のタイマーもあり、これは的あての点数によって出現するのかな?(あくまで予想ですが!)

 200コインをかけて手に入れられたアームは、16、7個くらいでした! ネットだともっと取れるっぽい話もありましたが、一応箱の取りこぼしはなかったはず!

写真 2017-06-16 23 23 29

 解禁されるアームはランダムで、おそらくアームゲッターで操作したキャラのものが多めに手に入りますが、他のキャラのものも解禁されることがあります。
 現時点で各キャラ27種類の解禁アームがあって、それが10キャラなので270種類。
 さらに実は、アームがダブると(確か1回だけ)性能が微増するという要素もあるので、フルコンプには540個のアームゲットが必要……? それだけ取るの、結構ヤバい時間がかかりそうです。
 アプデでキャラやアームが増えるともちろんそのキャラの分も手に入れる余地ができますし、これはなかなかの収集要素ですね!

 ランダム解禁は賛否両論だと思いますが、わたしはこういうの結構好きです。ガチ志向じゃないので、最適解じゃなくても少しずつやれることが増えていくという形のほうがモチベになりやすいですね。
 各キャラの標準アーム以外のアームを装備できるようになると、いよいよ体験会からがらっと変わって、本当のARMSがスタートしたって感じがしてきますね! 発売直後の今だと、アームを変えていること自体がちょっとデキる人、みたいな雰囲気になってるのもならではって感じです。


初回の所感!


写真 2017-06-16 23 23 08

 さっと各モードを遊んでみて、思ったことがひとつあります。
 これ、スプラトゥーンみたいに日本人に広く浸透するタイプのゲームにはならないですね!

 とにかく、ゲーム全体がプレイヤーの「挑戦」を求める作りになっています。
 操作(いいね持ち)自体が、最低2~3時間は触れないと思った通りに動かせない難しさをはらんでいますし、CPUの動きもやみくもに戦っているだけでは倒しづらい反応・対処型。
 オン機能のうちパーティマッチは無条件で遊べますが、ランクマッチの解放にはレベル4グランプリの突破が必要で、操作に慣れていない状態でいきなり解禁するのは、たぶん結構困難な水準です。
 スプラトゥーンとかマリオカートみたいに、ただ塗ってただ走っているだけでも最低限はなんとかなる、というタイプのゲームとは、ちょっと毛色が違っていますね。必要最低限の水準までは自分でなんとか上がっていかないと、面白いと思えるところまで到達しづらいゲームだと思います。

 ですが、その「挑戦」が、わたしにはめっちゃ楽しいです!
 いいね持ちに慣れ、キャラがある程度思うように動かせるようになっていき、グランプリで負けまくりながらも先へ先へと少しずつ進んでいく、自分が慣れることでゲームにどんどん挑んでいけるようになる流れっていうのが、厳しさと共に快感も伴う面白さをしっかりと持っていると感じました。ヘッドロック倒せたときはめっちゃ嬉しかった!
 これはオフラインだけの話ですので、ここからオンラインで人と戦う挑戦も始まっていきます。

 なにより大きいのは、本作は完全新規のタイトルで、みんなが最初の「挑戦」からスタートするということ!
 もちろん個人差はあるにせよ、多くの人がランクマッチの解放条件にすら苦戦して、そこに向かって頑張ったり、いろんな操作を会得していったりするゲームって、最近はもうそんなに多くないと思います。
 キャラやアームのバランスとかも、まず何を基準に考えていけばいいかすらまだわかっていない状態で、みんなが手探り状態。セオリーっていうものがまず存在していないので、普通のゲーム以上に、どんなキャラでどんな戦い方をするのも自由な雰囲気があって、ゲーム自体はガチな作りをしているのに、遊ぶときはなんだか気楽さも感じます。それは今作の、かなり大きな魅力かなと思うところですね!

 格ゲーみたいにコマンドが入れられなくてやりたい攻撃が出せないということもないですし、わたしみたいに対戦格闘ゲームが基本的にダメダメな人間でも、いろいろ考えながら「ちゃんと遊ぶ」ということができています。これは直感操作ならではの良さですね(他コンでもできますが!)。

 ゲームに慣れるまでの敷居は、任天堂の対戦ゲームとしては、決して低くはないと思います。
 基本的に1vs1のタイマンがメインのゲームなので、スプラやマリカのような、みんなの中で遊びたいというタイプの方にも不向きなタイトルになると思います。
 
 ただ、慣れてきたときの熱中度は、素晴らしいものがありますね!
 少なくともランクマッチの解放なら根気があれば誰でもできると思いますし、別に選ばれた人だけが面白いと思える水準まで行ける、ということでは決してありません。
 がっつりした歯ごたえのある新規の対戦ゲームを、慣れていく過程含みで楽しんでみたい! という方には、ぜひオススメできるゲームです! まずは5時間10時間、そのくらいやってなんぼです!
 いいね持ちの操作がとにかく慣れちゃえば没入度高くて、腕の筋肉は使うわ体の酸素は消費するわ、本当にちょっと体を動かしているような感じで遊べるのも魅力です。わたしは連続だと2時間くらいが限界! 今も腕がちょっとだらっとしてます。上手く動かせばごく少ない動きでもちゃんと反応しますけどね!

 みんなが手探りという環境を楽しむためにも、遊ぶなら早いうちに参戦することを強くオススメします。
 どうしても1か月後はスプラトゥーン2の勢いが強くなるので、だんだんと猛者の比率が上がっていくはず。ARMS自体は長期の追加アップデートを行っていくようですが、たぶん一番楽しいのは、7/21までの初期の期間なんじゃないかなと!

 スプラやマリカとはまた違った方向性で、どんな人にも「挑戦」をすることの楽しさを味わわせてくれる新作です。
 繰り返しになりますが、ご興味のある方は、お早いうちに!

 それでは、今日はこのへんで。DNAマンをめっちゃ練習しようかどうか悩みますね……自在に動かせるようになったら死ぬほど楽しそうなんですけどめっちゃむずそう!

web拍手 by FC2
ARMS オンライン体験会 のびーるウデだめし 感想!
armsd1.jpg

 こんにちはどうも!
 5/27、ついにARMSの先行体験会、「のびーるウデだめし」の初日になりました!
 朝9時からの初回開催に参加できたので、さっそくプレイ! いろいろ感想、行きたいと思います!

操作はなかなかの歯ごたえ!


写真 2017-05-27 10 26 44

 ARMSは、スイッチのほぼすべての操作モードで遊ぶことができます。
 今回は、本作の基本形である「いいね持ち」のみでとりあえず遊んできました!
 ジョイコンを左右分離、縦向きに持って、LRに指を添えた状態で操作するという直感的なスタイルですね。

 チュートリアルもそこそこにオンライン対戦がスタートするんですが、これ、操作は結構敷居が高いですね!
 ジョイコンを振ってパンチ! は分かりやすいんですが、ジョイコンを傾けて移動! が難しい!
 移動の速度が対戦アクションというよりかはがっつり格闘ゲームらしい遅めの調整になっているので、そこで想像とのギャップがありましたし、移動しながらパンチを使おうと思うとどうしても思ったように動きながら攻撃できないことが多かったです。
 ジョイコン振り操作はさらにガード(八の字に構える)と投げ(両手を同時に振る)も兼ねているので、初回プレイではどうしてもこれらを正確に使い分けるのは難しかったです!

 基本移動が遅いので、ダッシュ・ジャンプが非常に重要になってきますね!
 ジョイコン振り操作で手いっぱいのうちにさらにLRでダッシュとジャンプを絡めるので、より難しい操作を要求されます。
 
 ですが、パンチを放って当てるという一番根本的なアクションの操作は、かなりいい感触があると思います!
 命中したときの振動とかの気持ちいい感覚が、なんともクセになりますね。
 パンチを上手く当てるための各種操作にどれだけ慣れることができるかが、まずは最初のハードルかなと感じました。

パーティマッチを体験!


写真 2017-05-27 10 26 40

 体験会では、いわゆるおきらくなマッチングモードの「パーティマッチ」を遊ぶことができます。
 ロビーに集まった人が、いくつかの対戦形式にランダムで振り分けられるという形式ですね!

 大きく評価できるのは、パーティマッチのロビー内の全体的なサクサク感!
 大体すぐにマッチングが振り分けられ、振り分けが決まるとすぐに対戦が始まります。終わったあとのインターバルも、たまに他の人の準備待ち? などで少しかかることはありますが、概して短めですね。各種ロード時間もほぼ感じさせない作り!

写真 2017-05-27 10 26 47

 ロビーではキャラ変更もいつでも可能、軽い練習ができる「プチプチ組手」にもほぼシームレスで移ることができます。
 ロビーに入るとめくるめく対戦を続けられるこのサクサク感は、ひとつ大きな魅力だと感じました。
 形式が違うとはいえ、マリオカート・スプラトゥーンあたりよりもプレイの回転は良いですね! 体験会だけの仕様かどうかは不明ですが、パーティマッチの試合はすべて1本先取で終わるので、1試合もかなり短めです。

 パーティマッチでのバトルは、参加すると少しずつお金がたまっていきます。
 試合結果によって入手量が左右されるようですが、負けても入ることもありますね。連戦ボーナスなども!

タイマンが面白い!


写真 2017-05-27 10 26 44

 いくらかの対戦形式をランダムで遊ぶことができますが、わたしは基本のタイマンのバトルが一番面白く感じました!
 操作に慣れていないから、ということもあると思いますが、タイマンでならどうにか自分の行動の意味を把握しながら戦うことができて、しっかり思惑通りの行動ができたりした時の気持ちよさが強かったです。
 相手のことをまともに把握する余地も、現段階だとタイマンでしかなかなか生まれなかったですね!
 とはいえタイマンでも、まだほとんどの操作は体に馴染みませんでした。相手の攻撃を意識的に避けられたことがあんまりなかったですし、各キャラの特性とか全然活かせないまま!

多人数戦は課題も!


写真 2017-05-27 10 26 42

 3~4人での多人数戦も、ランダムで組まれます。
 多人数戦、こっちはなかなか慣れなかったですね!

 2vs2のチーム戦は、お互いがゴリ押ししまくりでわちゃわちゃ戦う展開が多かったです。駆け引きがダメだったのか、わたしが一番最初に倒れる確率がやたら高かった!

 1vs1vs1vs1の4人バトルロイヤルは確か1回しかできませんでしたが、これはほどほどの分かりやすさ。
 1人を集中攻撃する展開にはなりにくいので、バトルロイヤルとしてはとっつきやすいかなと感じました。

写真 2017-05-27 10 26 52

 難しいと感じたのは、1vs1vs1の3人バトルロイヤル!
 どうしても開幕から集中攻撃の状況が生まれやすく、悪いほうに回ってしまうと辛い戦いを強いられました。

 問題は、視認性とターゲット変更、移動のとっつきづらさかなと!
 この画像、画面外の右にDNAマンがいるんですけど、画面表示ではそれがほぼ分からないんですよね。基本的にカメラワークはターゲットにした相手に向けられるので、死角に入ってしまったキャラへの対応が非常に難しいです。これは「こっちにいるよ!」的なのを示す矢印とかあってもいい気が!
 ターゲット変更もやや押しづらい十字ボタン↑に割り振られていて、ターゲット変更時の動作もややもっさりしているので、うっかりダメな状況に入ると一気にひどい目に遭ってしまうというケースが多かったです。
 移動速度の遅さ、慣れるまでの移動の難しさも関わってくる問題ですね!

写真 2017-05-27 10 26 49

 3人対戦は、とにかく位置取りを中心とした立ち回りを問われるバトルだと思います。たとえばこの状況ならわたしはかなり有利!
 2人から同時に狙われると非常に厳しいので、いかにそうならないように攻撃相手と立ち位置を決めていくか、に面白味があるモードですね。
 現段階では操作がままならないので、分かっていても思った位置に行ったりすることができず、それが難しさ、もどかしさに繋がったのかなと感じました。

バレーボール!


写真 2017-05-27 10 26 38

 変則ルールのバレーボール対戦も、ランダムで遊ぶことができました。
 爆弾バレーボールを打ち合って相手のコートで爆発させたらポイント、というものですね! 接地してしまっても、爆発しなければセーフです。
 これは比較的想像通りで、パンチ自体は上から叩いたりして細かく方向を調整することはなく、ただ当てれば浮いて、浮いてるボールに当てれば相手の陣地に自動で飛んでいく、という挙動になっていますね。パンチのひねり方向などで、若干向きを変える要素はあるかも!

 やはりここでも、移動の遅さとカメラワークが若干の違和感をもたらす印象はありました。
 最初は慣れなくてまともに当てられないまま爆発させまくってしまいましたが、ただこれは慣れてくると全然行けますね!
 重要なのは、パンチのムダ打ちをしないことだと思います。パンチが外れると戻ってくるまで時間がかかるので、手数が不足しがちになって返すのが難しくなりますね。慌てずしっかり当てていくことができれば、それだけで勝てる試合も多いと思います。
 
 また、画像のようにジャンプが大事! 少し離れたところからジャンプ→パンチで相手の陣地のボールに直接触って叩き落すことができるので、強力なアタックになります。
 投げを当てるとトスみたいにボールを高く放ることができ、その状態で当てると勢いが強くなります。これはタイマンならそこまで活用しなくてもやれる印象はありました。
 あとは、チャージ! ガードでチャージがたまるので、その状態でパンチをすれば勢いの強い攻撃ができます。特に点が入ったあとにふたたびボールが出てくるときは、ガードでチャージを溜めておくのがセオリーっぽいですね!


1時間通しで遊んでみて


 というわけで、初回体験会の1時間、がっつり遊んでみました! 腕と手首がガタガタ!
 まとめの所感としては、「想像とは結構違って操作は難しいけど、色々慣れるときっとこれは面白い!」という感じでしょうか!

 移動の挙動など、思っていたよりもかなり格闘ゲームの色が強くて、想像よりかなり動きとカメラワークに制限のかかったゲームという印象は強かったですね。
 その基本的な作りの上で操作に慣れが必要なので、1時間いきなりオンラインに放り出されて遊んだだけでは、まずもって全体像を把握するのは難しいと感じました。ちょっと込み入ると何やってんのか分からなくなる!

 ただ、パンチの快感は本物ですし、基本形であるタイマンの対戦は間違いなく面白くて奥深いものになっている感覚はあるので、一通り操作に慣れるとぜんぜん違ったものが見えてくるんじゃないなかと感じます。
 やっぱり、基本操作自体はシンプルっていうのは良いですね! わたしは格闘ゲームのコマンド入力とか絶対無理ですけど、ARMSの基本操作の組み合わせで戦う形式ならやれそうな気がします。
 今は挙動に慣れるために、とにかくもっと触ってみたいですね! ある程度思う通りに動かせるようになってからがスタートだと思いました!

 もちろんそう考えると、マリオカートやスプラトゥーンなどのように、ほとんど操作がわからない状態でも分かりやすい楽しさがあるゲームってやっぱすごいなと思うところはありますね!
 特にスプラトゥーンの初回試射会の操作ままならないけどとにかく超楽しいっていう感覚、あれに匹敵するものってなかなかないと思います。

写真 2017-05-27 10 26 35

 キャラ特性も基本操作をマスターしないと発揮できないものが多いですし、まずはひとつひとつを知るところから、ですね。
 多分ですけど、スプラトゥーンと比べると、この体験会の早い段階でプレイをやめてしまう人も多いと思います。

写真 2017-05-27 10 26 54

 ただわたしは、せっかくなのでもうしばらく付き合ってみようかなと!
 ダッシュとジャンプを絡められるようになってはじめて到達できるであろう本作の面白さ、味わってみたい感覚がふつふつと沸きました。
 ラッシュを決めて勝ったときの爽快感が熱くて、これをもっと味わうために上達したいなと感じますね!
 ちょうど他にやるゲームもないですし、たぶんですが製品版にも手を出したいところです!
 もちろん改善点もいろいろあると思うので、今後どんどん反映していってほしいですね。

 それでは、今日はこのへんで。キャラはリボンガールとミェンミェンが動かしやすかったです! メカニッカもブーストホバーを使いこなせるようになったら楽しそう!


web拍手 by FC2
ARMS Direct 2017.5.18 感想!

発表! ARMSの体験会!


armsd1.jpg

 さてさて!
 本日5/18、ARMSのダイレクトが放送されました!
 おさらいを含めた新要素の紹介がありつつ、最後にオンライン体験会のお知らせが!
 スプラトゥーンの試射会と同じ形式で、各日1時間×3回の時間限定で体験できるようですね。
 開催日が計4日あるので、余裕をもって参加できそうな気はしますね!
 起動用のソフトはすでにダウンロードできるので、忘れずに落としておきたいですね!

お気楽そう! パーティマッチ



armsd2.jpg

 ARMSダイレクトでの発表は色々とありましたが、いちばん嬉しかった要素は「パーティマッチ」です!
 ARMSのオンライン対戦は「パーティマッチ」と「ランクマッチ」に分かれていて、ランクマッチは1vs1のバーサス対戦オンリーで勝敗によってランクが上下する、一般的なガチ向けの対戦形式ですね。

armsd3.jpg

 一方でパーティマッチは、最大20人まで入れるロビーに参加して、そこからランダムでいろんな形式の対戦に振り分けてくれる、というもの! おそらくですが、ランクの増減などの要素はないと思います。
 タイマンの対戦だけでなく、2vs2戦や「バスケットボール」「バレーボール」といった変則的なルールの形式が選ばれることもあり、様々な形でのバトルを気軽に楽しむことができるみたいですね。

 何回か話題に出しているんですが、わたしは対戦ゲームのレートやランクの増減っていう要素がすごく苦手なもので!
 ARMSはゲーム的には面白そうだなと思いつつ、ガチめな対人戦ゲームだとランク制のマッチしかない可能性もあるのかなと思っていて不安だったんですけど、その不安がだいぶ吹き飛んでくれました。多分基本パーティマッチにこもると思います! 

 ちなみにパーティマッチには、一台のスイッチから2人まで参加することも可能とのこと!
 どういう形になるのか気になりますね! 片方はロビーで準備しつつ、もう片方は対戦中なんてこともあり得るんでしょうか。
 出入りや対戦のスタートが流動的っぽいロビーの形式そのものにも興味があります。

新キャラクター!


armsd4.jpg

 今回、新キャラクターも3名発表されましたね! これで10人となり、初期キャラクターが出そろったようです。

armsd5.jpg

 わたしのお気に入りは「バイト&バーク」!
 ロボットの警備員+犬っていう組み合わせのキャラで、犬のほうがひとりでに動いて支援してくれるという独特な特徴があるみたいですね。
 犬の動きをちゃんと制御しなくちゃいけないと操作が難しそうですけど、ある程度ランダム的に動いてくれるタイプなら合ってそうな気がするので、そういうキャラだといいなと!

 すでに発表されたキャラも含めた中だと、メカニッカちゃんが一番好きです!
 見た目とかキャラ性能はそこまでって感じだったんですけど、公式のキャラ紹介がすてきで気に入ってしまいました。
 ARMS能力ないけどARMSファイターにあこがれて自分でロボット作って参戦っていうかわいさ! 好きなもの:ARMSファイター(とくにリボンガール!)っていうかわいさ!

発売後アップデートも!


 最初はキャラ10体、ARM30ほどでスタートするようですが、発売後にも無料でキャラやARMが追加されるアップデートが行われるようですね!
 この部分でもスプラトゥーンの流れをなぞっていて、楽しみです。さすがにスプラ1ほどに拡張しまくるってことはないと思いますが!

 とにかくこのARMS、今回のダイレクトでより購買意欲が高まりました!
 わたしとしてはやっぱり、ランクマッチにこだわらなくても気軽に遊べそうな所が一番刺さりましたね!
 上手くなれなくてもいいから、この新規の対戦ゲームをがっつり楽しめればと思います!
 体験会、楽しみですね! 触った人の評判がおおむねいい感じなのであんまり心配はしてないですが、どういう部分から面白さの感覚を味わえるのかがとても興味あります!
 

おまけ のはずが……?


 今回のARMSダイレクト、事前にスプラトゥーン2の新情報もちょっとだけ公開されることが明らかにされていました。

 最後に流れた2分ほどの映像で、まず今作のヒーローモードの映像が!
 基本的には今回もあくまでゲームの導入がわりという扱いだと思いますが、ホタルがガイド役になって、武器種やギミックも色々増えたりなど、また楽しめそうな感じはすごくありましたね! ツイッターで公開されていたアオリとホタルの小説みたいなやつがちょっとスプラトゥーン的には受け付けないノリだった感あるんですけど、ゲームのほうはさっぱりしたセリフになっていたので安心! ああいう女の子の重さとかゆらぎは百合小説でやるならとてもいいんですけどね!

armsd7.jpg

 そして、スプラトゥーン2の各種商品展開がまとめて発表!
 なんと、同梱版が出ちゃうようです! すません正直同時発売はまず無いと思ってました!
 スプラ2カラーのジョイコンは単独でも販売されるので、それをつければ同梱版と同じ内容の本体になります。
 ステッカーもオンラインのマイニンテンドーストアで単独購入できるようですね。

armsd6.jpg

 さらになんと、同梱版の化粧箱もオンラインで販売! 箱だけ!
 どんだけやねんって感じしますけど、その気になれば本体買っちゃった人でも同梱版と同じものを手に入れられるというのは親切かなと思います。同梱版のプレミアム感は薄れますけど、単純にスプラ2と一緒に本体買うっていう人だけで十分魅力的に買われる商品だと思いますしね!

armsd8.jpg

 プロコンもスプラ2仕様のものが!
 ちょっと高いですけど、カラーリングに加えて黒い部分もスプラ仕様になっていて、色が気に入れば非常に魅力的な一品になっていると思います。
 分離ジョイコンが結構気に入ったのでプロコンはどうしようか迷うところなんですけど、もし買うならこのバージョン欲しいですね!
 
 時間的にはわずかでしたけど、スプラトゥーン2は商品展開の解禁が行われたので、ぶっちゃけARMSそっちのけレベルの勢いでめちゃくちゃ盛り上がったようですね!
 ただARMSも完全に単独でやるよりも多くの人の目に留まったと思うので、今回のセットダイレクトは良かったんじゃないかと思います。ARMSがどうこうってよりもイカの人気が異常!
 スプラ2はもちろん、ARMSも購入がほぼほぼ確定しているので、どっちも今後のさらなる盛り上がりが楽しみです!
 ゼルダやマリカも予想以上に盛り上がった感じがありますけど、新規の対戦ゲームからの大本命という流れが近づいて、いよいよスイッチも本番って感じがしてきますね。きっとどちらも長く深く楽しめるゲームだと思うので、まだスイッチ持ってない方も含めて興味ある方はぜひ!

 それでは、今日はこのへんで。今日、マリカのアプデも来ましたね! レースの無敵時間とフレンド野良合流の修正という素晴らしい内容が含まれていて、これも超嬉しいです! マイクラとどっちやるか忙しい!


web拍手 by FC2