プロフィール

ぱすてぃ

Author:ぱすてぃ
百合が好きでポケモンを好む、文章を書く人です。
好みのゲームは任天堂系/テイルズはじめRPG全般/デモンズ・ダークソウルなど。
百合は小説漫画といろいろ。百合文も書きたいです。

【ドラクエ10】
ぱすてぃ [MY795-653]

最新記事

リンク

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログコミュニティ

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

ポケットパスタ・ゲーム記
ゲームのプレイ日記を書きたい分だけ書くブログです。3DS「RPGツクールフェス」で『かけらのメガルエ』を第1回コンテストに投稿中。
ARMS オンライン体験会 のびーるウデだめし 感想!
armsd1.jpg

 こんにちはどうも!
 5/27、ついにARMSの先行体験会、「のびーるウデだめし」の初日になりました!
 朝9時からの初回開催に参加できたので、さっそくプレイ! いろいろ感想、行きたいと思います!

操作はなかなかの歯ごたえ!


写真 2017-05-27 10 26 44

 ARMSは、スイッチのほぼすべての操作モードで遊ぶことができます。
 今回は、本作の基本形である「いいね持ち」のみでとりあえず遊んできました!
 ジョイコンを左右分離、縦向きに持って、LRに指を添えた状態で操作するという直感的なスタイルですね。

 チュートリアルもそこそこにオンライン対戦がスタートするんですが、これ、操作は結構敷居が高いですね!
 ジョイコンを振ってパンチ! は分かりやすいんですが、ジョイコンを傾けて移動! が難しい!
 移動の速度が対戦アクションというよりかはがっつり格闘ゲームらしい遅めの調整になっているので、そこで想像とのギャップがありましたし、移動しながらパンチを使おうと思うとどうしても思ったように動きながら攻撃できないことが多かったです。
 ジョイコン振り操作はさらにガード(八の字に構える)と投げ(両手を同時に振る)も兼ねているので、初回プレイではどうしてもこれらを正確に使い分けるのは難しかったです!

 基本移動が遅いので、ダッシュ・ジャンプが非常に重要になってきますね!
 ジョイコン振り操作で手いっぱいのうちにさらにLRでダッシュとジャンプを絡めるので、より難しい操作を要求されます。
 
 ですが、パンチを放って当てるという一番根本的なアクションの操作は、かなりいい感触があると思います!
 命中したときの振動とかの気持ちいい感覚が、なんともクセになりますね。
 パンチを上手く当てるための各種操作にどれだけ慣れることができるかが、まずは最初のハードルかなと感じました。

パーティマッチを体験!


写真 2017-05-27 10 26 40

 体験会では、いわゆるおきらくなマッチングモードの「パーティマッチ」を遊ぶことができます。
 ロビーに集まった人が、いくつかの対戦形式にランダムで振り分けられるという形式ですね!

 大きく評価できるのは、パーティマッチのロビー内の全体的なサクサク感!
 大体すぐにマッチングが振り分けられ、振り分けが決まるとすぐに対戦が始まります。終わったあとのインターバルも、たまに他の人の準備待ち? などで少しかかることはありますが、概して短めですね。各種ロード時間もほぼ感じさせない作り!

写真 2017-05-27 10 26 47

 ロビーではキャラ変更もいつでも可能、軽い練習ができる「プチプチ組手」にもほぼシームレスで移ることができます。
 ロビーに入るとめくるめく対戦を続けられるこのサクサク感は、ひとつ大きな魅力だと感じました。
 形式が違うとはいえ、マリオカート・スプラトゥーンあたりよりもプレイの回転は良いですね! 体験会だけの仕様かどうかは不明ですが、パーティマッチの試合はすべて1本先取で終わるので、1試合もかなり短めです。

 パーティマッチでのバトルは、参加すると少しずつお金がたまっていきます。
 試合結果によって入手量が左右されるようですが、負けても入ることもありますね。連戦ボーナスなども!

タイマンが面白い!


写真 2017-05-27 10 26 44

 いくらかの対戦形式をランダムで遊ぶことができますが、わたしは基本のタイマンのバトルが一番面白く感じました!
 操作に慣れていないから、ということもあると思いますが、タイマンでならどうにか自分の行動の意味を把握しながら戦うことができて、しっかり思惑通りの行動ができたりした時の気持ちよさが強かったです。
 相手のことをまともに把握する余地も、現段階だとタイマンでしかなかなか生まれなかったですね!
 とはいえタイマンでも、まだほとんどの操作は体に馴染みませんでした。相手の攻撃を意識的に避けられたことがあんまりなかったですし、各キャラの特性とか全然活かせないまま!

多人数戦は課題も!


写真 2017-05-27 10 26 42

 3~4人での多人数戦も、ランダムで組まれます。
 多人数戦、こっちはなかなか慣れなかったですね!

 2vs2のチーム戦は、お互いがゴリ押ししまくりでわちゃわちゃ戦う展開が多かったです。駆け引きがダメだったのか、わたしが一番最初に倒れる確率がやたら高かった!

 1vs1vs1vs1の4人バトルロイヤルは確か1回しかできませんでしたが、これはほどほどの分かりやすさ。
 1人を集中攻撃する展開にはなりにくいので、バトルロイヤルとしてはとっつきやすいかなと感じました。

写真 2017-05-27 10 26 52

 難しいと感じたのは、1vs1vs1の3人バトルロイヤル!
 どうしても開幕から集中攻撃の状況が生まれやすく、悪いほうに回ってしまうと辛い戦いを強いられました。

 問題は、視認性とターゲット変更、移動のとっつきづらさかなと!
 この画像、画面外の右にDNAマンがいるんですけど、画面表示ではそれがほぼ分からないんですよね。基本的にカメラワークはターゲットにした相手に向けられるので、死角に入ってしまったキャラへの対応が非常に難しいです。これは「こっちにいるよ!」的なのを示す矢印とかあってもいい気が!
 ターゲット変更もやや押しづらい十字ボタン↑に割り振られていて、ターゲット変更時の動作もややもっさりしているので、うっかりダメな状況に入ると一気にひどい目に遭ってしまうというケースが多かったです。
 移動速度の遅さ、慣れるまでの移動の難しさも関わってくる問題ですね!

写真 2017-05-27 10 26 49

 3人対戦は、とにかく位置取りを中心とした立ち回りを問われるバトルだと思います。たとえばこの状況ならわたしはかなり有利!
 2人から同時に狙われると非常に厳しいので、いかにそうならないように攻撃相手と立ち位置を決めていくか、に面白味があるモードですね。
 現段階では操作がままならないので、分かっていても思った位置に行ったりすることができず、それが難しさ、もどかしさに繋がったのかなと感じました。

バレーボール!


写真 2017-05-27 10 26 38

 変則ルールのバレーボール対戦も、ランダムで遊ぶことができました。
 爆弾バレーボールを打ち合って相手のコートで爆発させたらポイント、というものですね! 接地してしまっても、爆発しなければセーフです。
 これは比較的想像通りで、パンチ自体は上から叩いたりして細かく方向を調整することはなく、ただ当てれば浮いて、浮いてるボールに当てれば相手の陣地に自動で飛んでいく、という挙動になっていますね。パンチのひねり方向などで、若干向きを変える要素はあるかも!

 やはりここでも、移動の遅さとカメラワークが若干の違和感をもたらす印象はありました。
 最初は慣れなくてまともに当てられないまま爆発させまくってしまいましたが、ただこれは慣れてくると全然行けますね!
 重要なのは、パンチのムダ打ちをしないことだと思います。パンチが外れると戻ってくるまで時間がかかるので、手数が不足しがちになって返すのが難しくなりますね。慌てずしっかり当てていくことができれば、それだけで勝てる試合も多いと思います。
 
 また、画像のようにジャンプが大事! 少し離れたところからジャンプ→パンチで相手の陣地のボールに直接触って叩き落すことができるので、強力なアタックになります。
 投げを当てるとトスみたいにボールを高く放ることができ、その状態で当てると勢いが強くなります。これはタイマンならそこまで活用しなくてもやれる印象はありました。
 あとは、チャージ! ガードでチャージがたまるので、その状態でパンチをすれば勢いの強い攻撃ができます。特に点が入ったあとにふたたびボールが出てくるときは、ガードでチャージを溜めておくのがセオリーっぽいですね!


1時間通しで遊んでみて


 というわけで、初回体験会の1時間、がっつり遊んでみました! 腕と手首がガタガタ!
 まとめの所感としては、「想像とは結構違って操作は難しいけど、色々慣れるときっとこれは面白い!」という感じでしょうか!

 移動の挙動など、思っていたよりもかなり格闘ゲームの色が強くて、想像よりかなり動きとカメラワークに制限のかかったゲームという印象は強かったですね。
 その基本的な作りの上で操作に慣れが必要なので、1時間いきなりオンラインに放り出されて遊んだだけでは、まずもって全体像を把握するのは難しいと感じました。ちょっと込み入ると何やってんのか分からなくなる!

 ただ、パンチの快感は本物ですし、基本形であるタイマンの対戦は間違いなく面白くて奥深いものになっている感覚はあるので、一通り操作に慣れるとぜんぜん違ったものが見えてくるんじゃないなかと感じます。
 やっぱり、基本操作自体はシンプルっていうのは良いですね! わたしは格闘ゲームのコマンド入力とか絶対無理ですけど、ARMSの基本操作の組み合わせで戦う形式ならやれそうな気がします。
 今は挙動に慣れるために、とにかくもっと触ってみたいですね! ある程度思う通りに動かせるようになってからがスタートだと思いました!

 もちろんそう考えると、マリオカートやスプラトゥーンなどのように、ほとんど操作がわからない状態でも分かりやすい楽しさがあるゲームってやっぱすごいなと思うところはありますね!
 特にスプラトゥーンの初回試射会の操作ままならないけどとにかく超楽しいっていう感覚、あれに匹敵するものってなかなかないと思います。

写真 2017-05-27 10 26 35

 キャラ特性も基本操作をマスターしないと発揮できないものが多いですし、まずはひとつひとつを知るところから、ですね。
 多分ですけど、スプラトゥーンと比べると、この体験会の早い段階でプレイをやめてしまう人も多いと思います。

写真 2017-05-27 10 26 54

 ただわたしは、せっかくなのでもうしばらく付き合ってみようかなと!
 ダッシュとジャンプを絡められるようになってはじめて到達できるであろう本作の面白さ、味わってみたい感覚がふつふつと沸きました。
 ラッシュを決めて勝ったときの爽快感が熱くて、これをもっと味わうために上達したいなと感じますね!
 ちょうど他にやるゲームもないですし、たぶんですが製品版にも手を出したいところです!
 もちろん改善点もいろいろあると思うので、今後どんどん反映していってほしいですね。

 それでは、今日はこのへんで。キャラはリボンガールとミェンミェンが動かしやすかったです! メカニッカもブーストホバーを使いこなせるようになったら楽しそう!


スポンサーサイト
web拍手 by FC2
ARMS Direct 2017.5.18 感想!

発表! ARMSの体験会!


armsd1.jpg

 さてさて!
 本日5/18、ARMSのダイレクトが放送されました!
 おさらいを含めた新要素の紹介がありつつ、最後にオンライン体験会のお知らせが!
 スプラトゥーンの試射会と同じ形式で、各日1時間×3回の時間限定で体験できるようですね。
 開催日が計4日あるので、余裕をもって参加できそうな気はしますね!
 起動用のソフトはすでにダウンロードできるので、忘れずに落としておきたいですね!

お気楽そう! パーティマッチ



armsd2.jpg

 ARMSダイレクトでの発表は色々とありましたが、いちばん嬉しかった要素は「パーティマッチ」です!
 ARMSのオンライン対戦は「パーティマッチ」と「ランクマッチ」に分かれていて、ランクマッチは1vs1のバーサス対戦オンリーで勝敗によってランクが上下する、一般的なガチ向けの対戦形式ですね。

armsd3.jpg

 一方でパーティマッチは、最大20人まで入れるロビーに参加して、そこからランダムでいろんな形式の対戦に振り分けてくれる、というもの! おそらくですが、ランクの増減などの要素はないと思います。
 タイマンの対戦だけでなく、2vs2戦や「バスケットボール」「バレーボール」といった変則的なルールの形式が選ばれることもあり、様々な形でのバトルを気軽に楽しむことができるみたいですね。

 何回か話題に出しているんですが、わたしは対戦ゲームのレートやランクの増減っていう要素がすごく苦手なもので!
 ARMSはゲーム的には面白そうだなと思いつつ、ガチめな対人戦ゲームだとランク制のマッチしかない可能性もあるのかなと思っていて不安だったんですけど、その不安がだいぶ吹き飛んでくれました。多分基本パーティマッチにこもると思います! 

 ちなみにパーティマッチには、一台のスイッチから2人まで参加することも可能とのこと!
 どういう形になるのか気になりますね! 片方はロビーで準備しつつ、もう片方は対戦中なんてこともあり得るんでしょうか。
 出入りや対戦のスタートが流動的っぽいロビーの形式そのものにも興味があります。

新キャラクター!


armsd4.jpg

 今回、新キャラクターも3名発表されましたね! これで10人となり、初期キャラクターが出そろったようです。

armsd5.jpg

 わたしのお気に入りは「バイト&バーク」!
 ロボットの警備員+犬っていう組み合わせのキャラで、犬のほうがひとりでに動いて支援してくれるという独特な特徴があるみたいですね。
 犬の動きをちゃんと制御しなくちゃいけないと操作が難しそうですけど、ある程度ランダム的に動いてくれるタイプなら合ってそうな気がするので、そういうキャラだといいなと!

 すでに発表されたキャラも含めた中だと、メカニッカちゃんが一番好きです!
 見た目とかキャラ性能はそこまでって感じだったんですけど、公式のキャラ紹介がすてきで気に入ってしまいました。
 ARMS能力ないけどARMSファイターにあこがれて自分でロボット作って参戦っていうかわいさ! 好きなもの:ARMSファイター(とくにリボンガール!)っていうかわいさ!

発売後アップデートも!


 最初はキャラ10体、ARM30ほどでスタートするようですが、発売後にも無料でキャラやARMが追加されるアップデートが行われるようですね!
 この部分でもスプラトゥーンの流れをなぞっていて、楽しみです。さすがにスプラ1ほどに拡張しまくるってことはないと思いますが!

 とにかくこのARMS、今回のダイレクトでより購買意欲が高まりました!
 わたしとしてはやっぱり、ランクマッチにこだわらなくても気軽に遊べそうな所が一番刺さりましたね!
 上手くなれなくてもいいから、この新規の対戦ゲームをがっつり楽しめればと思います!
 体験会、楽しみですね! 触った人の評判がおおむねいい感じなのであんまり心配はしてないですが、どういう部分から面白さの感覚を味わえるのかがとても興味あります!
 

おまけ のはずが……?


 今回のARMSダイレクト、事前にスプラトゥーン2の新情報もちょっとだけ公開されることが明らかにされていました。

 最後に流れた2分ほどの映像で、まず今作のヒーローモードの映像が!
 基本的には今回もあくまでゲームの導入がわりという扱いだと思いますが、ホタルがガイド役になって、武器種やギミックも色々増えたりなど、また楽しめそうな感じはすごくありましたね! ツイッターで公開されていたアオリとホタルの小説みたいなやつがちょっとスプラトゥーン的には受け付けないノリだった感あるんですけど、ゲームのほうはさっぱりしたセリフになっていたので安心! ああいう女の子の重さとかゆらぎは百合小説でやるならとてもいいんですけどね!

armsd7.jpg

 そして、スプラトゥーン2の各種商品展開がまとめて発表!
 なんと、同梱版が出ちゃうようです! すません正直同時発売はまず無いと思ってました!
 スプラ2カラーのジョイコンは単独でも販売されるので、それをつければ同梱版と同じ内容の本体になります。
 ステッカーもオンラインのマイニンテンドーストアで単独購入できるようですね。

armsd6.jpg

 さらになんと、同梱版の化粧箱もオンラインで販売! 箱だけ!
 どんだけやねんって感じしますけど、その気になれば本体買っちゃった人でも同梱版と同じものを手に入れられるというのは親切かなと思います。同梱版のプレミアム感は薄れますけど、単純にスプラ2と一緒に本体買うっていう人だけで十分魅力的に買われる商品だと思いますしね!

armsd8.jpg

 プロコンもスプラ2仕様のものが!
 ちょっと高いですけど、カラーリングに加えて黒い部分もスプラ仕様になっていて、色が気に入れば非常に魅力的な一品になっていると思います。
 分離ジョイコンが結構気に入ったのでプロコンはどうしようか迷うところなんですけど、もし買うならこのバージョン欲しいですね!
 
 時間的にはわずかでしたけど、スプラトゥーン2は商品展開の解禁が行われたので、ぶっちゃけARMSそっちのけレベルの勢いでめちゃくちゃ盛り上がったようですね!
 ただARMSも完全に単独でやるよりも多くの人の目に留まったと思うので、今回のセットダイレクトは良かったんじゃないかと思います。ARMSがどうこうってよりもイカの人気が異常!
 スプラ2はもちろん、ARMSも購入がほぼほぼ確定しているので、どっちも今後のさらなる盛り上がりが楽しみです!
 ゼルダやマリカも予想以上に盛り上がった感じがありますけど、新規の対戦ゲームからの大本命という流れが近づいて、いよいよスイッチも本番って感じがしてきますね。きっとどちらも長く深く楽しめるゲームだと思うので、まだスイッチ持ってない方も含めて興味ある方はぜひ!

 それでは、今日はこのへんで。今日、マリカのアプデも来ましたね! レースの無敵時間とフレンド野良合流の修正という素晴らしい内容が含まれていて、これも超嬉しいです! マイクラとどっちやるか忙しい!


web拍手 by FC2