FC2ブログ
プロフィール

ぱすてぃ

Author:ぱすてぃ
百合が好きでポケモンを好む、文章を書く人です。
好みのゲームは任天堂系/テイルズはじめRPG全般/デモンズ・ダークソウルなど。
百合は小説漫画といろいろ。百合文も書きたいです。

【ドラクエ10】
ぱすてぃ [MY795-653]

最新記事

リンク

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログコミュニティ

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

ポケットパスタ・ゲーム記
ゲームのプレイ日記を書きたい分だけ書くブログです。3DS「RPGツクールフェス」で『かけらのメガルエ』を第1回コンテストに投稿中。
Division2 【3】 ギアスコア500帯でビルドを作りました!

ダークゾーンでトレハンの日々!


dv3-1.jpg

 Division2、4月5日にギアスコア最大値が500になるアップデートが配信されてから1週間近くになります。
 侵略ミッションの高難度版やクラシファイド(セット装備)集めといった新要素もありますが、わたしはといえば、ひたすらダークゾーンで装備品集めをしていました!

 ダークゾーン、マッチメイクを使用して野良PTを組んで遊ぶようにしています。
 ネットの契約を新しくした+有線にした関係か、ほぼ100%パーティリーダーに選ばれるのでちょっと先導に疲れはするんですが、PTでサクサクランドマークを攻略できると装備の集まり方が非常にいいですね!
 
 ただ、なかなか目当ての特性やタレントがついた装備は手に入らず……。
 数日がっつりDZに入り浸って、大量の装備を集めては処分し……を繰り返しました。

 その甲斐あって、ついにギアスコア500帯で自分なりに考えて組んだビルドを1つ作ることができました!
 ということで今回は、その出来たてほやほやのビルドを紹介させていただきます!


クリティカル0、LMG/ARのバランス型ビルド!


dv3-3.jpg

 今回使う武器種は、「ライトマシンガン(LMG)/アサルトライフル(AR)」の2つ!
 でもって、クリティカル率を一切上げずに赤特性の数を3に抑えて、『コンペンセーテッド』(赤3以下:クリティカル率20%以下で武器ダメージ+15%)を発動させることを軸に据えました。
 一方で青は7まで上げて『アンストッパブル』(敵を倒すと10秒間アーマー10000ごとに+2%の武器ダメージ)、さらに生存力を上げる『セーフガード』と『ペイシェンス』を確保。火力と耐久の両面を得ることを目指しています。
 それと忘れてはならないのが『フィルアップ』(残弾0でリロードすると、持っているすべての武器の弾数が最大まで補充)! 100発のLMGを撃ち尽くしたらリロード速度を重視したARのほうでリロードして、LMGの弱点であるリロードをカバーしています。

 現在、「赤3 青7 黄7」というビルドが少し流行っているようですが(よく調べてないですが!)、わたしは黄色の数は少なくしてかわりにタレントの『ハードヒット』(エリートダメージ+15%)を2つ盛っています。

 
dv3-4.jpg

 マスクがエリートダメージ+42%なので、合計エリートダメージは72%に。
 あとは武器ダメージやHSダメージも各1部位くらいですが入れていて、火力を底上げしています。

 一方で黄色枠はクールタイムを重視して、クールタイム54%くらいを盛れていたり!
 スキルは回復ケミランチャーと火タレットで、特に火タレットの取り回しが大きく改善されて使いやすくなりました。


dv3-2.jpg

 基本どの装備もスコア500付近なんですが、ホルスターだけはこのCT+フィルアップ装備を越えるものが出なくて450帯のものをそのまま使っています。これで無調整という!

 あとは武器タレントですが、主力のLMGは今のところ『オプティミスト』(残弾数少ないほど武器ダメージ+)と『オプティマイズド』(ハンドリング+15%)で安定運用型にしています。本当は『アンヒンジド』(武器ダメージ+25%、ハンドリング-35%)で多少のばらつきを覚悟して超火力! をやりたかったんですけど全然出なくて!


新ビルドの雑感


 ともあれおおむねそんな感じでビルドを組み、さっそく少しだけ運用してみました。
 今まではタレントを整い切れていないバサークのAR/SMGビルドを使っていたんですが……いや、これはかなり強くなった感があります!

 一番大きいのは、やはり火力ですね!
 特にエリートに対するダメージが非常に優秀で、アンストッパブル中にエリートにヘッドショットを入れるとLMGの一発で10万ダメージを越えることも。今までよりも明らかに敵が溶けやすく、しかもフィルアップでリロードも便利になっているのでより火力を出しやすく戦いやすい印象です。

 そこに来てクールタイム盛りのおかげで火タレットも使いやすいですし、生存系タレントもちゃんと入れられました。
 またあまり発動条件がややこしいタレントなどもないので、わたしが狙っていた「深く考えなくても使いやすい」ビルドのイメージに近いものができてくれたかなという感じがします!
 
 アンヒンジドやオンザロープといった、使いこなすことで火力を大幅アップできるタレントを入れていないのでまだまだ火力を上げる余地はあると思いますが、ひとまずこのビルドを使って色々なところに行ってみたいと思います!


軽くまとめ


 ということで、LMGをメインにしたギアスコア500帯でのビルドご紹介の回でした!
 今回の装備組みでようやくタレントや特性まわりのシステムも理解できてきたので、より楽しみが深まってきましたね!

 一方で、遊び続けていると少し惜しいと感じる部分も出てきています。
 大きいのは、装備整理関連ですかね! 所持枠が少ないのとひとつの装備の効果が1画面内に表示されないUIなのが重なって整頓が難しく、そこに時間を取られてしまったりよく使う装備を把握するのがちょっと厳しい印象です。
 装備管理はこのゲームのキモだと思うので、改善されることがあるといいなと!
 あとはスキルも現状ちょっと使いづらい感もあるので、バランス調整にも期待しています。

 今後としては、4/25に8人レイドが登場するらしいのでそれが大きな追加コンテンツになりますね。
 どのくらい遊びこめるコンテンツなのかは分かりませんが、楽しみにしておきたいと思います。
 次回はいつになるかは分かりませんが、またネタにできるような内容ができたらご報告させていただきます!

 それでは、今日はこのへんで。アウトキャストの服が揃ったのでセットで着ています。なかなか気に入ってるけどあの黄色い頭巾が欲しかったりします! 無いのかな!


スポンサーサイト



web拍手 by FC2
Division2 【2】 ギアスコアが450に到達しました!
dv2-3.jpg

 オンラインハクスラTPSRPG、Division2(ディビジョン2)
 3/15の発売日からプレイし、3/22からの隻狼で一度離れていたのですが、ふたたびプレイを再開しました。
 隻狼が出る前はレベル30、ストーリーの最後のミッションを残した状態だったので、まずはストーリーをクリア。
 
 そしてそこからプレイを進めていき、本日「ギアスコア」(レベルキャップ到達後の装備のランク)が450に到達しました!
 ギアスコア450が現在の最大値なので、実質的にはここからようやく装備品のタレント等のランダム効果に注目しながら装備を集めていく段階に入っていける感じです。ここからが本番、ともいえるかもしれませんね!

 がしかし、実は……。


来たる4/5、ギアスコア500の世界!


dv2-5.jpg

 4月5日(日本では6日とも言われています)に予定されているアップデートで、『タイダルベイスン』という拠点の攻略が解放。
 そのタイダルベイスンをクリアすることで、ワールドクラス(クリア後の敵や装備の強さの基準)が現在の最大値である4→5へと引き上げられ……。

 それに伴い、ギアスコアの上限も450→500に解放されるとのこと!
 つまり、数日後には今トレハンできる装備の完全な上位互換の装備が手に入るようになってしまう、ということでして!
 ギアスコアが上限になったことはなったんですが、あと数日は装備集めに力を入れるのはちょっと憚られる状態だったりします。

 ただ、そのアップデートまでにやっておけることが他にあるので、ギアスコア450帯の中である程度整えられる程度に装備を集めつつ、大きく分けて2つの要素に力を入れてプレイしておくことにしました!


設計図目当ての険しい戦い! 警戒度3コントロールポイント


dv2-1.jpg

 今やっておきたいこと、ひとつ目は「設計図集め」です!
 コントロールポイントを警戒度3以上でクリアすることで、主に武器のMODの設計図が手に入るというものですね。
 今後も使えるカスタマイズ要素をアンロックできるので、現状でやっておけることとして有力なんですが……。

 む、むずかしい! 警戒度3のコントロールポイント、かなり苦戦しています!
 2までと比べて明らかに黄色や紫の敵が増えて、そうした強敵を倒しきれずに押し切られて一気にやられてしまうことがかなり多いです。黄色の突撃タイプのが特に辛い!
 コントロールポイント攻略はややフラグ管理が怪しくて、自分が死んでリスポーンしている間にNPCの味方が勝手にクリアしたことになって報酬が手に入らなかったり、NPCがやられてしまったり変なところに行ってクリアができなかったりということもあったりします。頑張ったのに設計図がもらえない……という事態が頻発するので、敵の強さと相まってなかなか厳しい戦いを強いられています。

 コントロールポイント自体は比較的短時間でプレイできて報酬もいいので、もうちょっと立ち回りを考えて死なずに戦い抜く術を身につけていきたいですね。
 敵が強いのは装備や立ち回りを強化していくモチベーションになるので、悪いことではないかなと思います。フラグ周りだけしっかり調整してくれるといいなと!


マルチプレイの醍醐味つまった、ダークゾーン!


dv2-6.jpg

 そして今やっておけることのふたつ目として、『ダークゾーン』の「DZレベル」を上げています!
 ギアスコア450付近になってはじめて本格的にダークゾーンに来てみたんですが、これ面白いですね!

 ダークゾーンとは、ゲーム内で唯一「PTを組まなくても、その場で他のプレイヤーと出会える」戦闘マップです。
 マッチング画面など無しに、ダークゾーンに入った段階から他のプレイヤーとシームレスに同じマップで行動できる状態になっていて、敵NPCと戦っている他の人を見つけて一緒に戦ったり、その後すぐにまた別行動を取ったりすることができます。

 一方で、ダークゾーン内ではプレイヤーが『ローグ』という敵役サイドの立場になることもできます。
 PvEと同時にPvPが発生する可能性もあるマルチプレイマップという感じで、興味はありつつもかなり殺伐としたエリアなんじゃないかというイメージがあって二の足を踏んでいたんですが……意外と気軽に、そしてオンラインならではの楽しさを味わって遊べる場所でした!

 まずもって、基本的にほとんどのプレイヤーは友好的な人ばかり!
 NPCとの戦いを協力しあうのがデフォルトという感じで、出会った人はほぼ全員心強い味方になってくれました。
 戦いを繰り広げているメンバーのところに駆けつけて一緒に戦うというシチュエーションはコントロールポイントの市民と少し重なりますが、それが生身のプレイヤーとなると臨場感は段違い! 
 他の人たちと一緒に『ランドマーク』を攻略していくだけでも、気軽かつ新鮮で楽しいマルチプレイを味わうことができました。報酬もおいしい!

 同時に、「エージェントがローグになった」などの表示が出て、ローグの存在がちらつくこともあり……。
 でも、これがまた面白いんです!
 
 ほとんどの人は心強い味方……だけど、どこかには自分を攻撃してくるプレイヤーがいて、ばったり出くわすかもしれないという可能性が、ダークゾーンの探索に緊張感というスパイスを与えてくれます。
 まだPvPの状況になったことは一度もないんですが、ヘリに荷物を回収してもらっている間に近くにローグが来たなんてメッセージが流れて心臓が跳ね上がったりと、そういった気配だけでもドキドキできる要素だなと感じました。
 ローグは敵や他プレイヤーと戦わずに盗み的なプレイをするだけのプレイもできたりするので、余裕が出てきたらそういうのに手を出してみるのも面白そうだなと思いますね! ダークソウルの侵入的な遊びの雰囲気を少し感じます。

 「DZレベル」は比較的気軽に上がるので、気が向いた時はダークゾーンに行ってMAXの50を目指したいなと思います。


軽くまとめ


dv2-2.jpg

 ということで、やりこみプレイ的な段階に入ってきたディビジョン2でした!
 初期段階でもある程度の内容が詰まったタイトルだと思うんですが、今回のタイダルベイスンをはじめとしてアップデートによる拡張も色々行われていくようなので、休止を挟みつつの長いスパンでのプレイも楽しめる可能性がありますね!

 装備のタレントやビルドのシステムが結構複雑なので、まだまだちゃんと自分の目指すスタイルを考えたりそれに合わせて装備集めの目標を決めたりすることはできていないのですが、その複雑さもモノにできれば面白いと思うので、興味が湧いたらそのへんも少し考えながら遊べたらいいなと思います。

 クリア後段階に入って、本編以上の歯ごたえを感じていますが!
 やはりなんとなく、自分好みの手ごたえも感じるところがあるゲームです。
 今後も遊べるタイミングで、のんびり遊んでいきたいところですね!

 それでは、今日はこのへんで。このゲームはじめた時にコントローラー新しくしたんですけど、あれ前にも色つきライトが付いてるんですよね! 戦闘中は赤、回復時は緑になったりして結構おもしろい!


web拍手 by FC2
Division2 【1】 オンラインシューターRPG、買ってみました!

dv1-3.jpg

 先日、ベータテストの感想を書いた『Division2』(ディビジョン2)
 そう、今回、その製品版を買ってみました!
 PS4の通常版を発売日の3/15に買っ……たんですけど最初に40GBのアップデートがあって10時間くらい待つことになり、実際には3/16からプレイをはじめています。
 少し遅くなってしまいましたが、初回のプレイ日記、行きたいと思います!


やることたくさん! なTPSのRPG


dv1-6.jpg

 いや、まずなんというかなんですけど!
 ディビジョン2、めっちゃ遊んでしまいます! 時間泥棒っぷりがすごいです!
 基本的にゲーム進行はシンプルで、「マップ上の特定のポイントに行く→ミッションで敵倒す→施設などが解放されて行動範囲が広がる→マップ探索する→ミッションで敵倒す……」の繰り返しなんですが、そのシンプルなサイクルをかなりやり応えのある内容に仕上げていると思います。


dv1-1.jpg

 ディビジョン2は基本はTPSなんですが、同時にレベルやパラメータ付き装備品といったRPGの要素も含まれています。
 敵や宝箱からは装備の現物がドロップし、装備は性能がランダムで変化するという、まさにハック&スラッシュなシステムになっていて、TPSでありながらキャラクターが数値的に強くなっていくディアブロみたいな遊びを楽しめるのが大きな特徴ですね。


 といったように、TPSにハクスラRPGの概念を絡めることによって、単純なサイクルを楽しく遊べるようにしているのがディビジョン2というゲームだと思います。

 でも、ただ単純にTPS×RPGだからおもしろい! というワケではないんです!
 本作の大きな特徴をもうひとつ、次の項目でおはなししたいと思います。


手強く生き生きとした、敵との戦い!


dv1-5.jpg

 ディビジョン2の大きな特徴のひとつ……それは、『敵が手強い』! ことなんです!
 
 ハクスラ風のゲームとなれば、棒立ちでバシバシ攻撃しているだけでザコ敵相手には無双できる……と思ってしまいがちですが!
 もし本作で敵の中心に隠れもせずに立って銃を撃ちまくろうものなら、ものの数秒でこっちがやられてしまいます!
 全体的に敵の攻撃力が高くエイム力も非常に優秀なので、敵の前に身をさらすということ自体が危険な行動になってきます。
 
 なので、こちらは『カバー』……つまり、障害物に隠れるアクションを使って敵の攻撃から身を守りながら戦うのが前提になっています。カバーはほとんどの障害物に対して可能で、×ボタンひとつで簡単に行うことができます。
 カバー中は正面からの攻撃をほぼシャットアウトし、こちらのタイミングで攻撃を仕掛けられるので非常に有利に戦えます。障害物は基本的に壊れたり貫通することがないので、グレネードの爆発をベニヤ板ひとつで防ぎ続けることも!

 なら、カバーさえちゃんと使えば楽勝! かと思いきや、そんなことはないのがディビジョン2!
 そう、こっちがカバーをしていると、敵がそのカバーの裏取りをしてくるんです!
 正面の敵にまごついていると、他の敵がいつの間にか側面や背後に回っていて、障害物に隠れたプレイヤーを背中から攻撃してきたりします。こうなるとかなり不利になり、すぐに背後の敵を倒せないとそのまま一気にやられてしまうことも。
 幸いレーダーが優秀なので認知できない敵にいきなり攻撃をされるということはないんですが、それでもこのカバー対策の裏取りはかなりの脅威になってきます。

 いかにカバーを使って攻撃を防ぎつつ、同時にカバー対策の行動にどう対処していくか……というのが戦闘の基本になっていて、常に少し考えながらバトルを行うことになるところが、本作の大きな特徴だと思います。
 そしてこの特徴は、わたしにとっては大きな魅力でもあると感じられました! ハクスラなのに緊張感あるアクションというのがたまらない!


 また、敵キャラがとても「生き生きしている」のも魅力だと思います!
 カバー対策の裏取りだけでなく、敵キャラ自身も積極的にカバーを活用してくるんですが、それらの動きが全体的にかなり滑らかで、アクション自体に人間らしさを感じるところがあります。

 さらに上の画像に「奴はいるか?」「クソ、回復してる!」とあるように、敵キャラが戦闘中にかなり喋るのも面白い!
 こちらの行動に反応したようなセリフが多く、カバー位置を変えると「回り込んだぞ!」とか、「逃げてもムダだ!」的なことを言われたりと、自分の意図を見透かされたようで思わずドキッとしてしまうこともあります。セリフのパターンがかなり豊富!
 ベータ版は英語音声に字幕だったんですが製品版はしっかり吹き替えになっているので、戦闘中のセリフも臨場感ばっちりで味わえたり、自然と戦闘のヒントとして取り入れられるようになっているので、ベータと製品版ではまた少しプレイ感も変わってくる印象がありました。

 本作は基本的にPvE(CPUの敵と戦う)のゲームなので、核である敵キャラ関連の出来が良いのはゲームのクオリティを大きく上げることに繋がっているように感じました!


ケミランチャーが手放せない! スキルのおはなし


dv1-2.jpg

 プレイヤーは「スキル」という特殊武装を2つまで選んで使用することができまして、そのスキルのお話も少し!
 個人的には、『ケミランチャー』の回復のやつが絶対手放せないです! 
 クールタイム20秒+3発装備ですぐにHPを回復できる超便利スキルで、ほぼこれを前提に戦っているところがあります。

 あとは『シールド』のメイン武器も一緒に使えるやつが結構良かったです! 動きながら前に壁作れるのは強い!
 でも複数の敵に撃たれたり、囲まれて背中から撃たれたりするとすぐにやられてしまうので、使いかたが重要になってくるあたりも面白いですね。


dv1-4.jpg

 そして、今愛用しているのは『タレット』のアサルトのやつ!
 配置した場所から勝手に銃撃をしてくれる砲台なんですが、めっちゃ使い勝手が良くて頼もしいです。もう一人の味方みたい!
 発売当初はバグでタレットがすぐ消えてしまっていたため活躍が難しかったんですが、早くもそのバグは解消されたっぽいので、存分に活用させてもらっています。
 他にも面白そうなスキルは色々あるので、色々試したくなってしまいます。スキルをMODと呼ばれるアタッチメント装備で強化するみたいな要素もあるので、いろいろ鍛えがいがありそうです!


軽くまとめ


dv1-1.jpg

 現在レベル24まで進めて、ストーリーの後半部分くらいまで来たと思います。ここまで25時間くらい!
 しかし本作は、レベル30になってクリアした後が本番のゲーム!
 すでに歯ごたえとハクスラの楽しさは味わっている感があるんですが、実はまだスタートラインにも立っていなかったりします。
 今はまだほぼソロで遊んでいますが、オンライン専用タイトルということでマルチプレイも魅力なので、クリア後は積極的に野良マルチもやっていきたいなと思っています。

 おはなししきれませんでしたが、マップの出来や探索の面白さといった面もこの手のゲームシステム先行タイプの作品としてはなかなか優れていると思います。
 ジャンルが個人的な好みに合う……というだけでなく、全体的なクオリティ・完成度といった面でも推せるゲームです!
 現状で感じる惜しい点は、リスポーン時のロード時間ですかね! ソロだと一部の戦闘では死んだ瞬間に離れた拠点にリスポーンすることになり、かなりリスタートに時間が掛かってしまうので、そこはちょっと辛いです。

 とにかく、めっちゃがっつり遊べそうなゲームを始めてみました!
 これから他に遊ぶタイトルが出るというのに全くやり切れていないので、もう長い目で見てのんびりやっていこうと思います。
 アプデで追加コンテンツもいろいろ計画されているみたいなので、楽しみです!

 それでは、今日はこのへんで。そういえばこれ始めようと思ったらPS4のコントローラーのL3ボタン(左スティック)壊れてて新しいの買い直しました! おもわぬ出費! おもろいからいいけど!


web拍手 by FC2