プロフィール

ぱすてぃ

Author:ぱすてぃ
百合が好きでポケモンを好む、文章を書く人です。
好みのゲームは任天堂系/テイルズはじめRPG全般/デモンズ・ダークソウルなど。
百合は小説漫画といろいろ。百合文も書きたいです。

【ドラクエ10】
ぱすてぃ [MY795-653]

最新記事

リンク

カレンダー

11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログコミュニティ

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

ポケットパスタ・ゲーム記
ゲームのプレイ日記を書きたい分だけ書くブログです。3DS「RPGツクールフェス」で『かけらのメガルエ』を第1回コンテストに投稿中。
ドラゴンクエスト10 第40回プレイ日記!

 VU後の強ボスは色々な仕様変更の影響を受け、従来の盗魔魔僧の構成が鉄板ではなくなりました。
 でもって現在、前衛枠としてパラディンの名前がよく上がるので、1.1序盤でパラ入りの天魔などを回していた私もそれで参加してみることに致しました。



dq40-3.jpg


 どうも! パラディンです!

 う、ウソ言ってないですからね!


 てなわけで、遊ぶにあたってドレスアップも施してみました。やっぱりこれ高いよ!
 プラチナ上を麻の服に、プラチナ下を定番のはやてのキュロットに、そしてドラゴンシールドを皮の盾に。
 皮の盾、地味に好きなんですよね。素朴さとまんまる感が。麻の服にはよく合ってると思います。

 実際の装備はこんな感じですね。

 dq40-4.jpeg

 武具は1.1のときに適当に揃えたものです。上下はツボ錬金で作れたものを保存しておいたブツで、それを除いた他部位は全部で10万行くかどうかレベルのもの。安上がりっていいですよね!
 一応他に、縛りガード120%の盾を用意しています。

 
 パラディンが今回活躍できる最大の要因は、重さチェンジによる相撲の強さですね。
 強ボスが全体的に軽くなり、ヘビィチャージ+ウエイトブレイクでどのボスも押すことができるようになりました。

dq40-1.jpg

 暴君さんもこの通り。ハリボテ感すら漂います。
 ただしウエイトブレイク自体の成功率はかなり落ちたような気もします。15連続くらい入らないこともあって、10%くらいが関の山な気も。
 しかし重さシステムの変更の影響で、ヘビィチャージをかけただけでもほぼ拮抗、または微妙に押される/押し返せるかもな状態になりました。
 これら重さの特性を活かし、相手を押しやって行動を制限して他職が円滑に動けるようにするのがパラディンの役目になりますね。


 ボスによって行ったPTも色々なんですが、それらを総合した各ボスごと(イッド以外)の所感でも書いてみようと思います。
 ちなみに私の強ボス遍歴は、1.1初期に蜘蛛中心でそれぞれを軽く触れ、パラ構成が流行っていたころの天魔を回し、どのボスも盗魔魔僧がだいたい定着して以降はほぼ蜘蛛しか行っていませんでした。他ボスの1.1後半については、ほぼ知識皆無という感じです。ではさっそく。


○呪術師マリーン強+妖魔ジュリアンテ強

・パラがマリーンを押し、先に妹を片付ける戦法で。
・ヘビチャだけでもかなり阻害できるので、初手ではまずヘビチャ使ってます。その後会心G→ウエイト。
・マリーンの打撃で200↑持って行かれるので、パラの自己回復は無理です。幸い妹はショボいので、僧侶さんに回復をお願いしておくのが吉。
・ちょっと後衛の事情が分からないですが、妹が動いても後衛はあまりパラの後ろで軸をずらさないほうが戦いやすいと思います。バラバラに動かれるとすっぽ抜けることもありますね。天魔と同じような感じです。
・妹がわりと早く倒れ、1体になると痛恨とごくまれなダブルアタックにさえ気をつけておけばいいので、慣れれば割と楽だと思います。
・周知だと思いますが縛りガード盾でいただきボールの対策は忘れずに。特に壁のパラは超必須ですね。
・上手く行くと6分代で撃破できました。


○怪蟲アラグネ強

・最初にからくりを処理、後は蜘蛛が一度も呼ばなかったという流れで1回だけ戦闘。
・とりあえずヘビチャ→ウエイトで押しに入ります。VU前の重さ1200はどこへやら、ヘビチャだけでも拮抗クラスに抑えることができます。
・ウエイトまで入り、からくりも消えるともはやサンドバッグ。棒立ちでも問題なく止めることができます。
・その状態で注意すべきはパラへのダブルアタックくらいでしょうか。幸い私のときは盾ガードが仕事してくれました。
・呪縛糸をモロに食らうので、もちろん縛りガードは必須。
・前衛職ということで応援対策のロスアタ担当になるので、タイミングは習得したいですね。ロスアタ自体は攻撃212で全く問題なく通ります。
・一度しかやりませんでしたが3分代で撃破できました。


○暴君バサグランデ強
・1体なので、がっつりヘビチャ→ウエイトで押しに行きます。
・ヘビチャだけだと、わずかに押し合いで押されました。新版強ボスの中では一番重いのかも。
・打撃の威力がかなり上がっています。防御387でも260↑を持って行かれたり。そのため、壁になるには僧侶の祈りベホイミによる回復支援がほぼ必須になってきます。回復してもらえる量が少なかった場合は、その旨を僧侶さんに伝えたほうが安全なはず。
:ちなみに魔法さんが受けると大体即死、僧侶さんも297くらい当てられて即死したケースを見たので、少なくとも僧侶はHP300はあるといいかもしれません。
・また防御がそこそこ高く、ちからペンダントを外した攻撃207ではロスアタとウエイトが微妙に通らないケースがありました。
・VU前知識がほぼなかったもので、最初いわゆる「いなずま避け」ができなくて大苦戦しました。しかしその後、いなずまが来そうなタイミングで「!」を出してくれる神僧侶さんのおかげで、ある程度自分でもタイミングが分かるように。
:基本的に足を止めるといなずま・魔獣の閃光・はげしいおたけび・いてつく・ひかりのいずれかを使う感じですね。足を止めたらパラでも少し離れておき、行動に対して動けばおkです。あとは怒り時に必ずいなずまor閃光が来るのが……なかなか難しいですね。
:僧侶さんは閃光やおたけびを食らってマホ衣MP回復をするといいんですね。僧侶で行くことがあればマネしたいものです。
・VU前は飛びぬけてぶきみが入りづらかったですが、ぶきみ弱体の今回、相対的に入りやすい気がします。なので隙あらば積極的に。ただしいなずまに注意。
・慣れれば6分30秒くらいで撃破できた回も。


○天魔クァバルナ強
・羽なしを押し、さらにその羽なしから先に倒す戦法で。
・ヘビチャだけでも特技やアイテムを使っていない場合は僅かに押すことができました。あまりにウエイトが入らない場合は、意固地にならずにその場の保持を目指すのもアリかもしれません。
・やはり攻撃力が上がっており、1.1で有効だったパラの自己回復は難しくなっています。
・ウエイトが入れば棒立ちでもいいので、パラの行動には余裕ができます。先に羽無しを落とすことから、ウエイトの支障にならない程度にぶきみを入れると有効かもしれません。
・羽衣や異常系ガード装備が揃っているメンバーなら、以前よりも楽に行けるかなと思いました。ウエイトの機嫌が若干怖いですが、上記のようなウエイトなしの立ち回りも考慮が進めば、安定感も増すかも。
:なぜか天魔だけはマホトラが有効なようです。その意味でも相対的に楽になった感じはしますね。


 ついでに、僧僧魔魔構成のイッドの話も。おおむね僧侶視点の話になります。

○魔軍師イッド強+魔兵ヒプノス強+魔兵タナト強

・VU前をあまり知らないんですが、今回は重さシステムによってがりがり押されながら戦うことになります。
・僧侶のうち、最低1人にはズッシードをかけて、軽く壁になるのがよさげです。
・僧侶は初手聖なる祈り→2手目に1人はベホマラー、もう一人がマホトラの衣がスタンダードですかね。アドリブ性がとても高いので、うまく息を合わせていきたいものです。
・僧侶2人で、最低ザオラル役は決めておくといいかもしれません。ザオラルの発動直後にベホマラーをうまく詠唱できれば、綺麗に立て直せます。メイン壁にならない方の僧侶が担当するといいかも。
・ほとんどその場から動かない戦法なんてのもあるみたいですね。イオグランデとか怖そうですが、上手くやれば全員巻き添えにできるので早そうな気はします。
・イッド1人になったら、僧侶2人でズッシをかければ押し返せます。と考えると、仮にパラならヘビチャだけでイッドは封じることができそうですね。その分攻撃は分散するので微妙な気もしますが。


 という感じです。姉妹・蜘蛛・暴君はメンバーが大体コツを掴んでいればかなり楽に倒せる印象です。今日とかそうだったんですが、この3つは一気に回ってもよさそうですね。天魔は耐性装備や羽衣が欲しいので、別PT募集が安定かなーと。イッドは私は僧2構成でいきます。まあ、いざとなればちゃんとした装備と戦術のメンバーで、イッドは自分も僧に転職することで1PTフルマラソンも十分可能そうですね。

 気になったのは、ヘビィチャージだけを使用した場合の押し合い具合。
 相手にもよりますが、拮抗~わずかに押すことができたりするんですよね。現在重さ233なんですが、仮にこれが250になったとしたら変化が出たりするのかがとても興味あります。今回ウエイトブレイクがかなーり成功率を下げられた印象があるので、余計にですね。
 ハンマーと足を変えれば達成できるんですが、それにもお金がかかるので、とりあえずは情報待ちたいところですね。


 ともあれ、適当に揃えた装備でも基本的には十分活躍できてなによりでした。
 パラディンは攻撃能力が低いので、もっと攻撃的な構成での立ち回りもしばらくしたら構築される気がしますが、とりあえずはこれで毎日回ってみたいですね。

dq40-2.jpg

 このところ、VU前の買占め分が消えてきた(あるいは、さらなる高騰を見越して一旦出品を止めている)のか、オーブの出品数が減り価格もやや上がってきました。正直なところ、盗賊金策とどちらがいいのかは微妙なところもあるんですが、バトルを楽しみながらある程度収入を得るという面では問題ないコンテンツになっている印象です。とにかく1度出ればいいというのが気楽でいいですね。


 さて、今日は大晦日。DQ10内でもアイテムが配られ、簡単なニューイヤーイベントっぽいものができそうですね。バカ素直にいつもの周期で年越しの瞬間が昼間というアレな状況ではありますが、できれば顔を出してみたい気もします。
 
 それでは、このへんで。おそらくはこの記事が今年最後のものになると思います。みなさま、今年はありがとうございました。来年もぜひよろしくお願いいたします。


スポンサーサイト

テーマ:ドラゴンクエストⅩ - ジャンル:ゲーム

web拍手 by FC2