プロフィール

ぱすてぃ

Author:ぱすてぃ
百合が好きでポケモンを好む、文章を書く人です。
好みのゲームは任天堂系/テイルズはじめRPG全般/デモンズ・ダークソウルなど。
百合は小説漫画といろいろ。百合文も書きたいです。

【ドラクエ10】
ぱすてぃ [MY795-653]

最新記事

リンク

カレンダー

07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログコミュニティ

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

ポケットパスタ・ゲーム記
ゲームのプレイ日記を書きたい分だけ書くブログです。3DS「RPGツクールフェス」で『かけらのメガルエ』を第1回コンテストに投稿中。
スプラトゥーン 第24回プレイ日記!

 こんばんは!
 8/6の大型アップデートから、はや3週間! その間の沈黙をやぶり、本日8/29(土)に久々に新たな新ブキが追加されました!

写真 2015-08-29 13 47 24

 まずはこれ、「L3リールガンD」ですね!
 L3リールガンのバージョン違いで、サブがクイックボム、スペシャルがダイオウイカになっています。
 無印がポイズンボールとメガホンレーザーというややクセのある構成だったのに対し、こちらは素直に使いやすい攻撃的な構成になっていて、かなり手に取りやすいブキになっているという印象ですね。
 
 ちょっと使ってみましたが、思ったとおりにリールガンとクイックボムの相性は素晴らしいですね!
 クイックの爆風+リールガン2発で相手を倒せるので、リールガンの弱点だった「3発中2発が当たった後の追い討ちの弱さ」が大きく改善されています。クイックを投げて足場を奪ってからリールガンで倒すか、リールガンで仕掛けて追撃にクイックを放ってあげるか、どちらもできるようになるといいですね。

 ダイオウイカは言わずもがな強力! どんな状況でも腐らないので、全体的な立ち回りやすさがより向上しています。
 リールガンは細かい部分の塗りはあまり得意ではないものの、実は塗りポイント自体は結構稼ぎやすいほうなので、それなりに発動も期待できますね。

 試したギアは、リールガンと相性がいいヒト移動速度に、メインとサブの双方と相性がいい攻撃アップ、それからクイックに最適の飛距離アップ。でもって、足は安全シューズ+インク系にしてみました。
 安全シューズ+ヒト速度3の足も試してみたんですが、あまり早くなりすぎるとリールガンの照準を合わせられなくなってくるのと、クイックボムの連発によってインクが足りなくなる場面が多くなってしまうので、多少インク系も入れてもいいかなって感じです。

 実際これで使ってみても、ややインクの消費は気になる感じでした。今までリールガンはサブが非攻撃型のポイズンだったせいか、どうしてもリールガンだけで敵を倒そうと立ち回ってしまったり、そこでいきなりクイックを意識してやみくもに投げた結果あっさりインクが空になってしまう、みたいな事態に陥ってしまうことも。もう少しリールガンとクイックボムを頭の中で近づけて、両方を同時に運用できるようになればもっと強みを出していけそうかなというところですね。バケットスロッシャーみたいな意識だといいのかな?

 苦手なリールガンではありますが、しかし一方ですごく好きだったりするので、また頑張ってみようと思います!


 と、このリールガンDのほうは、実はまだあまりたくさん触れていなかったりします。
 というのも、追加されたもうひとつのブキのほうが、なんとも興味を惹く一品でして……!


写真 2015-08-29 20 20 24

 それがこちら、「14式竹筒銃・甲」ですね!  きてしまった! とんでもないのが来てしまった!

 大昔のナワバリバトルで使われていたブキを再現したとされる品で、種別はチャージャー
 しかしスプラチャージャーやリッターのような一般的なチャージャーとは大きく特徴が異なっていて、なんとフルチャージしても80.0ダメージ止まりで相手を一撃で倒せないという性質を持っています! これは攻撃力アップを積んでも変わらず、最大99.9でカンストです。
 そのかわりに、チャージ速度は超高速! あのスクイックリンすら上回る速度で、ほとんど一瞬でチャージゲージの円が一周します。
 射程はスクイックリン以上スプラチャージャー以下で、デュアル96プライムよりほんのわずかに長いようですが、塗りのラインは細く、フルチャージでもちょっと途中で節目のような隙間ができることがあったりと、塗りに関してはなかなか信頼がおけません。

 以上のように、「とても軽いけど、一撃で倒せないチャージャー」というのがこのブキの特徴!
 今までにないタイプなのでなんとか使ってみたいと、今日はずっとこのブキを使って遊んでいました。

 「軽いチャージャー」というところから浮かんだのは、いまや私の愛用ブキのひとつとなったスクイックリンと似ているんじゃないかなということ!
 というわけで、とりあえずヒト移動速度を多めに盛って使ってみたところ、思った通りに相性がよかったです。立ち回りの向上に加えて、チャージしながら歩くことで実質的な射程を伸ばすことにも役立つというやつですね。
 その上でスクイックリンよりも射程が長いので、スクイックリン使いの私としてはかなり射程が遠くまで伸びるイメージがありました。もちろんスプラチャージャーやリッターのようには使えませんが、意外に遠くまで撃つことができますね。
 ヒト移動速度を上げて、とにかく相手に捉えられないように細かく動きつつ射撃! これが基本ですね。一度安全シューズを外してみたんですが、足元を塗るのが苦手ということもあり、めちゃくちゃ戦いづらかったです。よほど他に入れたいギアパワーがなければ安全シューズはおすすめですね!
 
 フルチャージ射撃を当てても倒せなかったとき、味方の攻撃がそこに重なるといい感じにキルを取ってくれますね! 逆に味方が交戦した相手を撃てば、なかなかの確率でキルが取れます。
 相手を1撃で倒せない場合があるという性質上、そういった味方との連携が大事になってくるブキかなとは少し感じました。味方が自分ひとりで攻撃を完結させるチャージャーやローラーだったときよりも、細かいダメージをばらまくシューターやブラスター等だったときのほうが、立ち回りがしやすい印象はありましたね。

 でも、自分でも追い討ち攻撃ができないわけではなかったりします!
 これは他のチャージャーにはない特徴なのですが、この竹筒銃はいっさいチャージをしなくてもフルチャージ時と同じ射程までインクを飛ばす射撃をすることができます。なので、遠距離の相手にフルチャージを当てた後にぱすぱすっと未チャージ射撃を当てて倒す、ということができるようになっていますね! バケットスロッシャーのメイン+クイックみたいに、チャージと非チャージをすかさず連携して当てられるようになると、ぐっとキル力がパワーアップしそうですね。実際はぱすぱす射撃がなかなか当たらなくて苦労しますが!

 またメインの攻撃に関しては、攻撃力アップでダメージを高めることができます。
 画像の状態、メイン1サブ3まで盛ると、80ダメージのフルチャージが92.5ダメージくらいまで上昇します。
 この程度の盛り方でも、実戦では相手を1発で倒せることが結構ありました! ほんの少しでもインクを踏んでいると、不足分の8ダメージくらいは結構簡単に受けてしまうのかもですね。
 あまりインク効率がよくないので、インク系を盛った構成を試してみたんですが、その状態ではなかなか1発キルが取れなかったのでやはり攻撃盛りはオススメかなと感じます! 非チャージ射撃での3発撃破も狙いやすくなりますね。

 この性質を活かして、相手にこちらのインクを踏ませやすくする戦い方も面白いかなと感じました。高速チャージからの射撃で素早く相手の進路をふさぎ、動きが鈍ったところをぱすっと! そこまで綺麗に行かなくても、なんとなく相手のいる場所を撃ってから狙撃に入るとだいぶ戦いやすさが違ったので、こうしたインクダメージを積極的に重ねていくのは結構面白いと思います。

 サブのシールドもうまく使いたいですね! 自分の前に出すのが基本ですが、シールドの向こう側はやや見づらくて狙いづらいのが難点だったり。それでもシールドを張りつつ長射程で高威力の攻撃が撃てるのは魅力があります。シールドの横を抜けてくる相手を迎えうつのもいいですね!


 少し慣れてきましたが、いや、ほんと面白いです! やっぱり今までにないタイプのブキなのでプレイ感が新鮮ですね!
 フルチャージ射撃の当たり判定は意外としっかりしている印象で、すばやく動きながら撃ってもそこそこ当てやすいので、とにかく積極的に自分に有利な位置を目指しつつ飛び回りながら撃つのがいいかなと感じました。ジャンプ射撃でちょろっと射線を変えたりするのもやりやすいですね!
 塗りは基本的にはあまり得意ではありませんが、未チャージ射撃でも遠くまでインクが飛ぶので、高台から連射することで敵陣に細い線のような小さいインクを置くこともできたりします。あとは平行移動しながらの高速チャージ→射撃というスクイックリンみたいな塗り方も少し有効で、これらをヒラメが丘団地の中央から積極的に使っていったら、勝利ポイント抜きで1000ptに到達することもあったりしました。うまく使ってあげたいですね!


 ステージやブキの相性ですが、どちらかといえば開けたステージのほうが戦いやすい印象ですね。ネギトロの高低差、ヒラメが丘の細かい凹凸などは、射線が通りづらくて非常に狙いが難しかったです。ヒラメは四方八方から相手が来るので警戒が難しいのも向かい風ですし、壁を塗っても非常に細くて短い線しか作れないので道を作りづらいのも難点ですね!
 一方、ハコフグシオノメBバスといったシンプルなステージでは、射程の長さを活かしやすくて気持ちよく戦えました。このあたり、スクイックリンと似ているかなと思いますね! 竹筒が難しいという方は、ぜひ一度ヒト移動速度を積んだスクイックリンさんを使ってみることをオススメします。

 ただ、スクイックリンは短いチャージ時間でいきなり1確の攻撃を放つことができるので、懐に飛び込めば相手のチャージャーを狩ることができる性質があるんですが、基本2確の竹筒はそれが難しいのがちょっと違うところですね! チャージャーが敵インクの上にいることはまず無いのでどうしても1発じゃ倒せないですし、1撃目を当てた瞬間に後退してしまうのでトドメが非常に刺し辛いです。射程が長いので、追い払うだけならそこそこやりやすいですが、それだけでは与える負担が少ないのでちょっと厳しいところですね!
 あとは、やはりこれも1発撃破がしづらいということに起因すると思いますが、接近戦を仕掛けてくる相手がちょっとしんどいです! よく動くローラーや筆系は、思った以上に早めに距離を取って余裕のある位置から攻撃しないといけないなと感じました。チャージャー、ローラーあたりはちょっと苦手ですね! このへんは大体1確の攻撃を持っているというのも大きいかもです。

 一方、高威力長射程攻撃をシールドを張りながら撃てるという点で、シューターに対しては相性がけっこういいとも思いました!
 シューターがこちらを倒す場合、大体はこちらに接近する必要があるので、先手を仕掛けることでいくらか猶予ができて戦いやすいですね。インクを踏んでくれることも結構あるので、思っている以上に1発撃破も入ります。同じくらいの射程に高威力がある96ガロンやプライムあたりは要注意ですが、他は距離さえ気をつければ独特の強みで圧倒できる要素があると思います。距離を取った状態からスタートできるシオノメ北の防衛なんかは、かなりやりやすい印象ですね。

 そんなわけで、とても使い甲斐があるブキとして仕上がっていると思います。クセがあるぶん、うまく戦えていい成績が出たときの嬉しさもひとしおなので、新鮮な戦い方がしたい人はぜひお試しあれです! あとスクイックリン好きの方!


 それでは、今日はこのへんで。タッグマッチ中の回線落ちによってじわじわっとウデマエが……! あと10回ちょい落ちちゃったらまずいんですが回復させに野良行って負けるのも怖いですし!


スポンサーサイト
web拍手 by FC2