プロフィール

ぱすてぃ

Author:ぱすてぃ
百合が好きでポケモンを好む、文章を書く人です。
好みのゲームは任天堂系/テイルズはじめRPG全般/デモンズ・ダークソウルなど。
百合は小説漫画といろいろ。百合文も書きたいです。

【ドラクエ10】
ぱすてぃ [MY795-653]

最新記事

リンク

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログコミュニティ

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

ポケットパスタ・ゲーム記
ゲームのプレイ日記を書きたい分だけ書くブログです。3DS「RPGツクールフェス」で『かけらのメガルエ』を第1回コンテストに投稿中。
マリオカート8デラックス プレイ感想!

マリオカート8、ふたたび


写真 2017-04-30 0 59 07

 ニンテンドースイッチ、ゼルダとスニッパーズに続いて、3本目のソフトを買いました!
 そう、「マリオカート8デラックス」! 4/28発売のタイトルですね!

 本作は、WiiUの「マリオカート8」の完全版的な位置づけの作品ですね。
 無印のレースコースがDLC分を含めて48コース収録され、バトルモードが完全リニューアルされています。

 わたしはマリカはほぼ毎回買っていて、主にオンライン対戦で遊んでいます。
 あんまりタイムアタックとかはやらないので、テクニックなんかは洗練されておらず、基本適当にやる感じですね!
 家族と2人でオンラインに行けるWiiが好きで、8も同じように2人でのオンに期待して買ってのんびり遊ぼうと思っていました。
 が、ちょっと8の無印はそれまでと比べてバランスが難しかったんですよね! 一度下位に落ちたらなかなか復帰が難しく、連続攻撃で一気に下位に落ちてしまうこともあって、ちょっと2人でライトに遊ぶにはヘビーなゲームでした。のちにテクニカルな操作が発見され、より敷居が高くなってしまったようで!
 そんなわけで8はあんまりハマれず、一人用のグランプリもあんま制覇しないまま遊ばなくなってしまいました。
 
 なので今回も、直前まで買うつもりはなかったんですが!
 スイッチ全体がかなり盛り上がっていることと、なによりDQ10関係のフレの方々と一緒に遊べそうだったので、一転して買ってみることに!

 色々遊んでみましたが、いや、良い感じです!
 せっかく買ったスイッチを存分に使って遊ぶことができる、大安定のソフトですね!

スイッチで遊ぶ、デラックスなマリカ8


 WiiUからスイッチに変わって、本体の性能もアップ!
 ということで、絵がちょっと綺麗になっていますね!
 もうマリカ8無印の記憶はうろ覚えレベルながら、触ったときの実感として綺麗になった感覚はしっかりとありました。

写真 2017-04-30 0 59 13

 特に、色の鮮やかさがぐっと増したように思えます!
 キノコカップの「プクプクビーチ」を走ったとき、明らかに海の色が綺麗になってる! っていう印象を抱きました。海の透明感と底の青の深さの表現が美しくて、びっくりしてしまいました。

 なにより、スイッチ本体の魅力がありますね!
 TV、携帯、テーブルの3つのモード、もちろん自在に切り替えられます。
 本体画面に映したときの綺麗さは、ある意味ではゼルダ以上に衝撃的でした! こんな綺麗なのを外にまで持ち歩けていいの!? ってくらい!
 今日は用事があったのでちょっと外で遊んでみたんですが、まあもうびっくり!
 WiiUのゲームパッドプレイでも家の中なら同じことはできましたし、わたしは結構それで遊んだりもしたんですけど、画面のきれいさは次元が違いますね!

写真 2017-04-30 0 59 39

 2人プレイも、本体のジョイコンを分け合う「おすそわけプレイ」で完結!
 さすがにフルの操作性パフォーマンスとは行きませんけど、ジョイコンストラップをつけた状態ならオンに遊びに行くにも十分な操作性が確保できます。
 テーブルモード+おすそわけプレイで2人でオンラインに参戦、なんてことも全然行けました! 気軽に楽しむレベルなら、まったく問題なく遊べますね。

ハンドルアシスト機能!


写真 2017-04-30 0 59 36
 
 画像はただわたしの好きな風景撮っただけなんであんま関係ないんですけど!

 今作では、はじめて「ハンドルアシスト」という機能が登場!
 オンにしておくと、コースアウトしそうな時などに自動でカートの動きが制御されて、ふつうの道を走らせてくれるというもの。
 補正はかなり強力で、基本的に自分で穴に落ちたりオフロードに突っ込むことはほぼなくなるようですね!
 
 これのスゴい所は、ちゃんと自分で操作している感覚を得られる上で自然に補正をかけてくれること!
 デフォルトではオンになっていますが、システムの存在を知らなければ「なんか自分が上手く操作できている」感覚で、助けられているという違和感がなく遊べる……のだとうちの家族が言ってました。一度試しにオフにしてみたらえらいことになったとのこと!
 それを聞いてわたしも試しにオンにしてみましたが、本当にすごいですね。アシスト機能が働いている時はマシンの後ろが黄色く光るんですが、かなりの頻度でそれが光っていて、そんなに危険じゃない時でも常にそれとなく補正をかけてくれています。
 また、一部のステージギミックなども回避してくれる模様! なんとキノピオハイウェイの車に当たらなくなるみたいです!
 さらに、ショートカットルートもキノコで突っ込んだときだけ通れるようになるみたいです。しかもショートカットを綺麗なラインでこなしてくれる補正つき! ショートカットが終わるとちゃんとまたコースアウトしないように補正! すごい!

 このハンドルアシストのおかげで、わたしの家族のように全然がっつりプレイしない人間でも、ちゃんとレースに真っ当に参加できるようになっていて、置いてけぼりにならない感があって非常に嬉しいです。8は家族がちゃんと走れなくて2人で遊びづらかったという面も強かったので、それが改善されることの大きさといったら!

 オンにすると「ウルトラミニターボ」が使えないというデメリットはありますが、ライトに遊ぶならほとんど気にならないものですね。
 ずっとオフにした状態で遊んでいてオンにすると色々な場面でひっぱられて違和感があるので、いい意味で慣れた人には不要になってくる作りですし、上級者に利用されてしまうということもまずないと思います。
 もともと敷居が低いゲームではありますが、この機能のおかげでさらに幅広い人が気軽に遊べるようになっていると思います。おすそわけプレイなどで多人数で遊びやすいスイッチだからこそ、より活きてくる機能でもありますね!

 
 また、Aボタンを押さなくても常にアクセルがかかる「オートアクセル」機能も新たに登場!
 これ、出先でストラップがない状態でおすそわけプレイする時に使ってみたらいい感じでした! さすがにストラップなしジョイコンだとSRSLがだいぶ押しづらいので、Aボタンも押しながらだと操作が大変! アクセル操作を省けるだけで、だいぶ操作しやすくなりました。
 とっさにAボタンを離して減速するクセがついているので基本はオフにしてますけど、これは慣れた人でも活用の機会があるかもですね。

ばっちりなスプラトゥーン要素!


写真 2017-04-30 0 59 10

 DXの追加要素として、「スプラトゥーン」の要素の登場も大きいですね!
 キャラとしてガールとボーイが追加! すごく出来のいいグラフィックで、アクションも盛りだくさん。
 スプラトゥーンのカートも登場! なんと、加速時などにインクを噴射するという仕掛けが演出されていて、魅力的な見た目の乗り物になっています。

写真 2017-04-30 0 59 16

 そして、バトルの専用コースとしてあの「デカライン高架下」が登場!
 遊んでみると、思った以上にちゃんとデカラインしてます! 幅の広さや細かい構造はもちろん違いながら、基本的な構成はほぼほぼあのデカラインを再現。横の直線で敵と遭遇するときの緊張感は本家さながら!
 残り1分からのBGMがちゃんとあの曲になっていたり、コインが「おカネ」だったり、アイテム抽選の音がダウニーガチャ(この言葉普通に予測変換に出るんですね……)だったりと、これでもかというほど固有の仕様が盛り込まれていて、バトルコースの中ではとりわけ力が入ったものになっています。

 スプラトゥーン好きの人からすれば、これだけで欲しくなっちゃってもおかしくないくらいに充実してますね。
 冒頭の画像なんかでもめっちゃメイン張ってますし、今回の推し要素として正しく力が入っています。オンでもガールとボーイとデカライン人気ですね!

バトルモードの大幅パワーアップ


写真 2017-04-30 0 59 22

 8DX最大の追加要素と言ってもいいのが、バトルモード! 64で言うところのいわゆる風船割るやつ!
 8無印では、「ふうせんバトル」1種類しかルールがありませんでした。
 そして、なんとバトル専用のステージというのは存在せず、(確か)キノピオハーバーなどの普通のレースコースをそのままバトルステージとして流用して、そこで戦うというものでした!
 バトル用に作られたステージと比較して明らかに広くて、相手と会いづらくてうまく戦いづらく、わたしはちょっとだけ触っただけでほぼ遊んでなかったように記憶しています。

 デラックスでは、まずゲームモードが1つ→5つに増加!
 「ふうせんバトル」のほかに、「パックンVSスパイ」「あつめてコイン」「ドッカン! ボムへい」「いただきシャイン」が追加されました。
 そしてバトルにもついに専用コースが8個登場! デカライン高架下はその1つですね。

 このバトルが、個人的にはかなり気に入りました! 全体的に面白い!

写真 2017-04-30 0 59 18

 「パックンvsスパイ」は、攻撃側と逃げる側に分かれてのケイドロ的な遊び。逃げる側になったときに、捕まった仲間を助けるために牢屋のスイッチを押せたときの快感がステキ!

写真 2017-04-30 0 59 31

 「ドッカン! ボムへい」は、ボムへいオンリーで戦うふうせんバトル。ボムへいの挙動が通常と変わって、溜めて投げることで飛距離を調整できたりとテクニカルにボムへいを扱う奥深さが魅力です。

 「あつめてコイン」は、コース上のコインを拾った枚数で勝負! 集めるほど攻撃を受けたときに落とす枚数も増えてどきどき。バトルルールの中ではやや地味ながら、丁寧に操作してコインを着実に集めることに慣れるとぐっと面白くなりますね。

写真 2017-04-30 0 59 33

 そして「いただきシャイン」はわたしの一押し!
 バトル場に1つだけ出現するシャインに触れると所持することができ、所持状態で減っていくカウントを0にした人が勝ち、つまりシャインを奪って逃げきった人が勝ちという争奪バトルですね。
 制限時間がなく、誰かが勝つまで続くので、いわゆるノックアウト的な勝利の爽快感が魅力です。大人数で戦う中でひとりの勝者になる難易度は高いですが、そのぶん逃げ切ったときの快感は全バトル中でも髄一!
 チーム戦でも戦うことができ、そのときはシャインを持った味方を守るといった連携プレーも楽しむことができます。


 最大の魅力は、これらのバトルをオンラインで野良対戦することができるところ!
 毎試合5つのルールのうちのどれかがランダムで選ばれるので、1つの部屋で5つすべてのルールをまんべんなく遊ぶことができます。ルールがランダムなぶん、お気に入りのルールとステージの組み合わせで戦える機会はなかなか無いんですが、そのぶん好きなものが来たときは嬉しい!
 ランダム要素が好きなわたしにはよく合っている環境で、つい入り浸ってしまいます。

 一応、8無印はDLCまで購入していました。DLCコースでのオンラインはほとんど遊んでいないんですが、それでも走ったことのあるコースばかりなので、レースのほうは遊びやすさこそ感じつつ、新鮮味というものはそんなになく!
 一方でバトルは全く触れていなかった部分なので、やっぱりより楽しく感じますね。バトルの野良部屋だけでも本作を買った価値はあったかもしれません! CPUとは全然遊びごたえが違って、勝っても負けてもそれぞれに感情を動かすことができる魅力がありますね。

レースの変化は?


写真 2017-04-30 0 59 28

 お気に入りコースのツルツルツイスター! 好きなのは曲なんですけど!

 バトルが楽しい一方で、レースもばっちりオンで楽しんでいます。
 アイテムを2つ持てるようになったという要素はやっぱり大きくて、強力なアイテムが2重に出たりすると、無印では難しかったような瞬時の巻き返しが決まることもありますね! パックンやブメ、キラーなどを使いつつさらにアイテム持てたりするのも嬉しい!

 ただ、8で大きな特徴だった部分!
 「一度攻撃を食らってしまうと、連続で攻撃をもらいやすくなって、下位に落ちやすい」
 「下位に落ちてしまうと、お互いに強力な攻撃でつぶし合いになりやすく、上位に上がりにくい」

 という2つの要素は、根本では変わっていないのかなと感じるところでもありますね!
 二重アイテムになったぶん攻撃アイテムが飛び交う量も増えて、一回丸腰の状態で攻撃を受けたりすると、多くのプレイヤーから格好の的になってしまいます。サンダー→トゲゾー→赤甲羅→赤甲羅→パックンで気が付いたら1位からほぼ最下位なんてこともちらほら!
 中位あたりで攻撃食らったときの追撃率も、相当なものがありますね。這い上がろうにも、みんな攻撃アイテムで武装するのは同じですし、そのへん無視して突っ切れるキラーとかスターの性能はそこまで強力じゃないので、どうしても突破口は開きにくい印象です。

 やっぱり、連続攻撃を受けやすいという面が厳しいのかなと思うんですけどね!
 攻撃くらっときの無敵時間、もうちょっと長くしてもいいんじゃないかなとか思います。転んだときに体勢を立て直して走り出す前に普通に攻撃受け付けちゃうのはちょっと辛いんじゃないかなと!
 わたしは本当に腕前は全くないですし、細かいバランスとかは分かってないですが、さっと遊んだ感触としては「8無印とまったく別物」と言うのはちょっと難しいのかなと思いました。
 もちろんこの連続攻撃のおかげで流れに乗って1位をかすめ取れることも多いので、対人戦である以上、強力な攻撃をお互いに利用し合う状況になるのは当たり前のことなんですが!

改善希望、フレンドとの合流機能!


写真 2017-04-30 0 59 42

 ただ、レース部分も8無印よりはぜったいいい感じだと思いますし、なによりフレのみなさんと遊べばそんな面も割とどうでもよかったりします!

 が!
 そのフレンドの方々と一緒に遊ぶために、野良部屋で合流しようとすると、上記のように人数制限に引っかかったエラー表示が非常に出やすいんですよね!
 スプラトゥーンの合流みたいに、観戦で次の試合から参加……というようなことが出来ないため、たまたま空いているとき(分からない)に合流する以外に参加する方法がありません。

 これはちょっと、早い段階でなんとかしてほしいですね!
 聞くところによれば、8無印では普通に観戦で待つこともできたりしたらしいので、基本的にそういう仕様で作ってるシステムなんじゃないかなと思うんですが!
 フレの方と遊ぶために買った面もあるので、わたしにとってはもっとも大事な箇所の問題点とも言えます。ツイッターとか見ても合流がつらいという声は結構出てるので、なにかしらの動きに期待したいところです!

まとめ


写真 2017-04-30 0 59 10

 ともあれ!
 気になる点はあるにしろ、オン野良バトルモードの充実とアシスト系の機能だけでも、買う価値はありました!
 なにより、スイッチとの相性のよさをこれでもかというほど味わえるソフトになっているので、もともとはWiiUのソフトでありながら、スイッチで改めて遊ぶことでマリオカート8自体の魅力も大きく膨れ上がって、また再発見することができました。
 マリカ8をWiiUで遊んでいなかった方にはすごくオススメできますし、既プレイの方もスイッチをお持ちなら再チャレンジしてみる価値はあるんじゃないかと思います! 

 スプラトゥーン2などまで、ちょっと対戦系ゲームの隙間ができたな……という方には、うってつけの一本ですね!
 久しぶりのマリカという方も、ここからまた参入できると思います。一人用モードでしばらく遊んで慣れちゃえば、オンラインでも十分遊べるようになるはずです!

むらびとちゃん!


 今回、どのキャラを使おうかなと迷っていたんですが!

写真 2017-04-30 0 59 25

 気が付いたら、むらびと(女)しか使わなくなっていました! むらびとちゃん!
 理由はかわいいから! 以上です! ジャンプアクションのかわいさ!
 声が一切なくて、全部ぶつ森の効果音で表現されるのも独特ですね。慣れるまではちょっと寂しかったですがもう違和感なくなりました。
 中量級の中でも軽量寄りのキャラらしいので、マシンはスピードとおもさ重視にしています。バトルのときは加速と曲がりやすさ重視ですね!
 8無印のDLCで追加されたキャラですけど、結局そのときはあんま遊ばなかったので、改めて使ってみたいと思います!

 それでは、今日はこのへんで。リンクの英傑の服バージョン出ませんかね! ブレスオブザワイルドとスプラトゥーンのレースコース追加DLCとか飛ぶように売れると思いますよ! 次回作にとっとくかもしれませんが!


スポンサーサイト
web拍手 by FC2