プロフィール

ぱすてぃ

Author:ぱすてぃ
百合が好きでポケモンを好む、文章を書く人です。
好みのゲームは任天堂系/テイルズはじめRPG全般/デモンズ・ダークソウルなど。
百合は小説漫画といろいろ。百合文も書きたいです。

【ドラクエ10】
ぱすてぃ [MY795-653]

最新記事

リンク

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

FC2カウンター

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログコミュニティ

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

ポケットパスタ・ゲーム記
ゲームのプレイ日記を書きたい分だけ書くブログです。3DS「RPGツクールフェス」で『かけらのメガルエ』を第1回コンテストに投稿中。
Enter The Gungeon 第5回プレイ日記!
eg5-11.jpg

 第5回目! こんなに回数行くとは!
 どうやらこのゲーム、結構前から大型アップデートの予定が発表されているみたいですね!
 ただ、2017年中にという話があったままあまり続報が出ていないっぽいので、まだしばらくはかかるのかもしれません。
 スイッチ版やってるとBGMが鳴らなくなってからエラーで落ちるなんてこともあるので、そのへんの対応も並行しているのかも?
 どちらかというと少しライトな難易度を設けるのがメイン内容になるっぽいですが、少し追加要素とかもあると嬉しいです!

 しかしそれより、まずは!


祓え! リベンジ! ゾンビキング!


eg5-1.jpg

 前回ついにたどり着き、そして辛酸をなめさせられた、隠しステージの第6チェンバーがボス、「ゾンビキング」!
 あれからまた繰り返し挑戦して、撃破を目指してきました!
 ブレットがやっぱり非常に優秀だと気づいたので、全部ブレットで! 剣はもちろん接触無効も強い!

 87デス目での挑戦で、いい感じに道中を抜けて少し余裕をもってゾンビキングのところまで来ることができました。
 ここで、武器は「イーブルアイ」をメインに使用してゾンビキングを攻撃!
 早い連射の光線と、ザコ敵のイーブルアイを召喚して攻撃させる能力を持った銃です。無難な性能な気はするんですけど、これがなかなかボスに対する火力が高い印象でした。

 第3形態まで来てもまだハートはそれなりに残し、引き続きイーブルアイで攻めまくり!
 無敵になれる「アイアンポーション」も回して、やられる前にガンガンダメージを重ねていきます!

 第3形態は、第2形態までと比べてもそこまで耐久力が高くないという印象もあり!
 ハートが間に合ううちに、体力ゲージがどんどん削れ……。
 そして、ついに!


 eg5-3.jpg

 ぐっばーーーーーい!!!!
 ゾンビキング、撃破ー!  できました!! ひゃっはー!

 全体的に、素直に能力を底上げしてくれるパッシブに恵まれた印象です。弾パッシブも速度威力強化の「ロケットパワー弾」とたまに2発出る「シャドウ弾」と非常にいいやつ! さらにアクティブは前述、無敵の「アイアンポーション」!
 
 そして、道中は「イケテルガン」が大活躍してくれました! マジヤバい感じでイイ感じ!
 タイミングよくリロードをする「アクティブリロード」が成功するたび、威力が上昇する銃です。
 4回くらい強化した状態になると、5~6層の敵でも小物は1発、大物も3~4発も撃ち込めば倒せるというとんでもない火力に化けるので、道中を節約しながらわりと安全にびしびし進めていけます。
 強化するごとにリロードタイミングが難しくなるので、ボス戦や混戦だときつくなることもありますけど、これ一挺あると道中の難易度が大幅に楽になるので、今回も非常に助けられました。

 そこまで強力な武器を使って、ようやくどうにかこうにか、って感じです!
 ただ、良い引きをした状態で楽しめる受け皿的な歯ごたえがあるというのは、このゲームの隠しステージとしては結構良いバランスなんじゃないかなと感じました。
 ともかく道のりは険しかったですが、喜びはひとしお! ブレットちゃんありがとう!


最強? 禁断! ブラックホールガン!


eg5-8.jpg

 だいぶ後のほうでアンロックできた、「ブラックホールガン」という銃をはじめて引くことができました。
 これが、かなりヤバい!

 チャージ専用で、小さなブラックホールの弾を撃ち出すというもの。
 ブラックホールは周りにいる敵を吸い寄せて、巻き込んだ敵にダメージを与えます。
 
 しかし、それだけではなく!
 なんと、敵(と自分)の弾まですべて吸い込んでしまうという性能を持っています!
 しかも、敵の弾は吸い込みが始まった瞬間から判定がなくなるので、ブラックホールが出ている間はほぼ一方的に攻撃できるというとんでもないことに。
 ザコなら大物でも大体倒せる火力で、ボスを削るには向かないものの、発動中に別の武器に切り替えることでボス対策も可能。
 単独では最強とは言えないかもしれませんが、サブにそこそこの武器を持っていれば、弾幕を気にせずに攻撃ができる禁断の武器といえるかもしれません。さすがブラックホール!

eg5-9.jpg

 実は、ブレットの後にソルジャーで6層を目指していたときに拾いました。
 ゾンビキングの弾幕もまるごと吸い込み、その隙に「エイリアンエンジン」で攻撃!
 エイリアンエンジンはとっても射程が短い上に反動でガンガン後ろに飛ぶというとんでもなく扱いにくい銃ですが、ものすごい火力でボスに対してはかなり優秀な火力を発揮します。何も考えずに接近してもブラックホール下なら弾に当たらないので、好きなだけこれを押し付けられました!
 チャージ中に当てられて焦ったりして、結構ハートは削られたものの……。

eg5-10.jpg

 ぐっない!!

 その回で、ソルジャーでもゾンビキングを撃破!!
 いやこれはちょっと強すぎるくらい強いです! 出会えたときはかなりいいとこ行けちゃうやつ!
 たっくさん銃があってなかなかお目にかかる機会がないからこそ、その存在感が際立ったり、存在が許されるところもあると思います。毎回取れたら絶対マズいやつ!


切り抜けろ、ボスラッシュ!


eg5-4.jpg

 どーん! 
 エレベーター全部開通で行けるようになる「ボスラッシュ」、クリアしてきました!
 エレベーター屋さんの邪気のかけらもない満面の笑みに心が洗われます! きmうそです!
 
 やっぱり、ここもブレットで! どうあっても、剣の弾消し能力はむちゃくちゃ便利です。
 常時ハート満タンでビーム攻撃とは行かないですけど、食らっている状態でも避けにくい攻撃のときは剣に切り替えて弾消しで処理できるのが大きいです。
 「大司祭」がちょっとキツくて、最初はここでやられてしまいました。こいつうまく戦えてるときはかなり被弾少な目で行けることもあるんですけど、なんかこう崩されやすい+一度崩れると一気に足をすくわれる強さがあります!


ワクワクランダム! 銃の祝福モード!


eg5-5.jpg

 エントランスでかけてもらえる、「銃の祝福」

eg5-6.jpg

 この状態でガンジョンに行くと、「銃がランダム」になります!
 少し銃を使うと、いきなり手持ちの銃がコロっと全く別のものに切り替わって、以後また切り替わるまではその銃を使って戦うことになります。銃は1つしか持つことができないので、サブや初期武器を潜ませておくこともできません。
 どんどん勝手に切り替わる銃を使いこなせるかどうかの戦い、それが銃の祝福モードです!

 コロコロといろんな銃を使えるのは、普段とはまた違った楽しみ方ができます。
 これが解禁された当初に試しにやったときは、見たことない銃をいきなりここで引いちゃって少しネタバレ食らったような微妙な気持ちになってしまいました。
 でも、あらかたの銃を触った今の状態でもう一度やってみたら、大体の銃がどんな感じか把握できていて、ネタバレ感もなく説明もあまり見ずテンポもよく遊ぶことができました。弾数が気にならないのもいいところ。
 イロモノが来たりしても結構なんとかなります! ただ「課金ガン」だけはやめて! そんな強くもない感じなのにお金=弾数で使い切るまで切り替わらない? から即ショップ行かないと大変なことになる!

 これもドラガンまでやってみようと思って、パイロットで挑戦しました。
 初期武器が関係なくなるので、アクティブを2つ持てるのがいいかなと!

eg5-7.jpg

 無事、達成できました!
 過去始末しちゃったのでリザルトでアイテム出なくなっちゃったので、別写真でアイテムこんな感じです。

 アクティブ2個持ちがハマり、無敵の「星のはくせい」と弾がそれる「女神の祝福」というナイス組み合わせを取ることができ、後半は道中からこの2つを回してかなり楽に進めることができました。
 素の状態の武器を集めていく部分の出来がいいだけに、銃の祝福モードでそれほど何度も遊びたいとは思わなかったですけど、ルールのバリエーションとしてこれはこれで!


キツキツランダム! チャレンジモード!


eg5-5.jpg

 銃の祝福……じゃなくて、その左にいる赤いやつにご注目!
 このスライムマデュラのできそこないみたいなのは(しつれい)、名をダイスケくんという生き物!
 こちらは、通称「チャレンジモード」というモードに切り替えてくれます。

eg5-13.jpg

 チャレンジモードは、「部屋ごとにランダムで様々な効果が発動」するモード!
 画面右上らへんのアイコンが部屋ごとに切り替わり、それによって敵キャラやマップに様々な変化が発生した状態で敵と戦うことになります。

 これが、かなりの歯ごたえ!
 基本的に、こちらの利益になるような効果はたぶん1つもなく、ほぼすべてがこちらが不利になる効果になっています。
 種類が非常に豊富でなかなか覚えきれないうえ、5層のハンマーが出てきたりなど、かなり厄介な効果も!
 終盤は一度に3つの効果が発動することもあり、敵の強さと相まって非常に厳しいです!
 
 さきほどブレットではじめて5層まで行ったんですけど、あえなく撃沈!
 途中で病院と全回復アイテム1つずつ取ってこれなので、引きがよかった上で死んでます。
 どうやらドラガンはさらに特別な強化を施されるらしく、非常に厳しい戦いになっていそうです……!

 ……という感じで、かなり大変なモードでした!
 ダメージのない仕掛けとかでも、そっちを気にすることで敵の弾に当たってしまったりして、本来の状態にランダムで何かがプラスされるというイレギュラーな要素が思っている以上に脅威になってくる印象です。
 受けるプレッシャーが非常に強くて、全体的に窮屈なプレイを強いられるので、これはあんまり好きなモードではないなと感じました。一度だけはクリアしたいことはしたいですけど、これは行けるかどうか……!
 できれば、強化ドラガンを拝むだけは拝みたいです! 


軽くまとめ+


eg5-2.jpg

 無事にゾンビキングを倒し、もうひとつのエンディングを達成!
 隠しチェンバーの「デッドキング」(つよい!)も倒し、ボス図鑑は全て埋めることができました!
 おおむね、最低限やっときたいと感じた範囲まではプレイできたかなという感じです。ここまででもすごくよく遊べました!


 今回ほんと思うのは、「はじめてローグライク系で自分の好みに合ったゲームに出会えたかも」ということです。
 ローグライク系のゲーム、繰り返して何度も遊べるという点は魅力的に感じていたんですけど、どうもこう自分で実際に遊んでみてもハマれる手ごたえを感じたことがありませんでした。
 
 といってもプレイしたタイトルはごく限られていて、むかーし「チョコボの不思議なダンジョン」をやったのと、あとは「ポケモン不思議のダンジョン」を数作と、ほんの少し「トルネコの大冒険」を遊んだくらいだと思います。シレンはやったことなかったり!
 
 ポケダンでクリア後にLv1からスタートするダンジョンを魅力的に感じて、毎作その手のダンジョンを遊んでみることはみるんですけど、ものの見事に数回やって飽きてしまうことばかりでした。
 そういうの好きなはずなのに、なんでハマれないんだろう、どういうのなら好きになれるんだろう、とよく疑問に思っていた覚えがあります。

 で、Enter The Gungeonにはハマりました!
 「こういうローグライクなら好きになれるんだ」ということを、ようやく把握させてくれた作品です。
 自分なりに、どの部分が自分と合っていたのかを考えてみたんですけど……。

「持ち込み」要素一切なしで、毎回同じまっさらな状態でスタートする
・積み重ね要素が、ダンジョン内で拾えるアイテムの種類が増えるというアンロック式である
・個性豊かな武器とアイテムがとても豊富に用意されていて、なかなか同じ展開になりにくい
・補助アイテムが使いやすく、いろんな相乗効果を手軽に楽しむことができる

 あたりが、主な要素になってきそうです。
 特に「持ち込みなし」が一番大事! 最初から持ち込みなしのみで作られているからこそ、いいバランスをしているのかなと思います。

 「相乗効果」というのも、結構大事なポイントだと感じています。
 強力だけど単体攻撃しかできない「ヒロイン」に貫通効果のつく「ゴースト弾」が付いた時に無双できるようになったり……など、武器とアイテムの効果を組み合わせたときにすさまじい力を発揮できるようになることがあります。
 パッシブ系の効果は常に発動しているので、相乗効果が生まれる組み合わせになると、そのプレイ中はずっと長い間その相乗効果を楽しむことができて、それがまず楽しい!
 そして、武器とアイテムの種類がとても豊富なので、潜るたびに今まで体験したことのなかった武器とアイテムの相乗効果が発生したりして、それがプレイのバリエーションを非常に豊かに幅広くしているんじゃないかなと感じました。


・RPGではなく、アクション要素の強い弾幕シューティングである

 あと、「弾幕シューティングだった」というのはわたしが今作を楽しめたすごく大事な要素だと思っています。
 極端に言えば、初期武器でライフ1でも当たりさえしなければどんな敵にも勝てるわけで!
 どんな状況でも絶対に言い訳が利かないという大前提が存在するというのは、わたしの場合はいい意味でゲームの方にストレスを感じない仕組みになっていたなと思います。

 ただ、「元から持ち込みなし前提で作られた、RPGのローグライク」は今まで遊んだことがありません。
 なので、RPGだからダメだったとは考えずに、今後またローグライクを注目するときはRPGも含めて幅広くチェックしたいなと思います。
 なんにしても、自分の好みのゲームを新たに開拓できて、好みの要素もある程度抽出できたというのはすごく嬉しいことでした!
 
 評判が良くて自分に合いそうなインディーズゲームのよさに気づいてきたので、今後も特にスイッチで遊べるタイトルは色々見ときたいなと思います。
 今出てる中だと、「スターデューバレー」が一番気になります。ただかなり時間がかかりそうなので、今すぐにやることはないかな? と思います。あれはオンの対応とかも気になるところですね!

 それでは、今日はこのへんで。ホットラインとかいうアイテムが道中最強すぎてびっくり! でも連発できるのスイッチ版特有の不具合ぽいですね! あれはさすがにやりすぎか!


スポンサーサイト
web拍手 by FC2