FC2ブログ
プロフィール

ぱすてぃ

Author:ぱすてぃ
百合が好きでポケモンを好む、文章を書く人です。
好みのゲームは任天堂系/テイルズはじめRPG全般/デモンズ・ダークソウルなど。
百合は小説漫画といろいろ。百合文も書きたいです。

【ドラクエ10】
ぱすてぃ [MY795-653]

最新記事

リンク

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

FC2カウンター

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログコミュニティ

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

ポケットパスタ・ゲーム記
ゲームのプレイ日記を書きたい分だけ書くブログです。3DS「RPGツクールフェス」で『かけらのメガルエ』を第1回コンテストに投稿中。
返校 -Detention- 珍しくホラーゲームに挑戦しました!
de1-9.jpg

 今回は、Switchで『返校 -Detention-』を遊んでみました! 台湾の会社が作ったタイトルです。
 定価1296円のDLソフトですが、以前セールで777円になっていたので、そのときに購入していました。


de1-3.jpg

 『返校』のジャンルは……2D探索型の、ホラーゲーム!
 ストーリーを追いながら、様々な恐怖が待ち受けるマップを探索していきます。
 わたしはホラーゲームの経験はあんまりなくて、得意なジャンルというわけでもありません。こわいのこわい!
 ただSwitchのDLタイトルとして名前を聞くことがいくらかあったので、おそるおそるながら手を出してみました!


寒気立つ恐怖! 2D探索ホラー


de1-8.jpg

 返校は、とある学校を舞台としたストーリー。
 ある日の学校で、男子生徒のウェイ・チョンティンが目を覚ますと、周囲には人気がなく普段とは様子が違っており、ウェイはひとり静まり返った学校を探索することになります。


de1-7.jpg

 その後、操作キャラクターが女子生徒のファン・レイシンに交代し、ここからストーリーの本番に入っていきます。
 冒頭から既に不穏な空気が漂い、そこからさらにずぶずぶと恐ろしい世界に足を踏み入れることに……。
 

de1-4.jpg

 きゃーーーーーーーー!!
 思っていた以上に、がっつりホラーな内容でした!
 恐ろしい姿の人物の絵がフラッシュバックのように素早く挿入されたり、大きな物音と共にモノが動いたり、ぞわわわっと背筋が逆立って腕に鳥肌が立つような演出にいっぱい遭遇します。め、免疫がないからどれもこわい……!
 
 ただ、急にいきなり驚かせる、いわゆるビックリ系の恐怖要素は控えめになっています。
 たとえば校舎の廊下を歩いていたらなんの前触れもなく窓ガラスが割れてゾンビが! みたいなことはないので、そういったとにかく驚かせることを重視したタイプのホラーではないと思います。
 わたしはビックリ系ホラーは特に苦手なので、ここはありがたかったです。
 どちらかといえば、じわじわと迫りくるような恐怖という感じです……。安心できる瞬間というものは少なく、常に雰囲気に呑まれてしまいそうなじんわりとした恐怖感に包まれながらのプレイになりました。


de1-5.jpg

 そしてプレイヤーキャラに直接干渉してくる、悪霊も登場!
 こちらから攻撃して倒すことなどはできず、相手から一方的に攻撃される立場関係です。
 ZRボタンで息を止めるアクションがあり、息を止めた状態で悪霊の捕捉から逃れるなどしてやり過ごすというのが基本的な対処になってきます。
 息を止めて悪霊とすれ違うことになり、初めてそうしたときの緊張感たるや……。
 
 とはいえ、アクション的に難しいことを要求されるわけではありません。
 一度やり過ごした悪霊はもう一度来た時には居なくなっていたりもするので、アクションが苦手な方でも大丈夫だと思います。ただこわいです。


de1-6.jpg

 探索要素は、2Dマップの調査可能ポイントを調べつつ、仕掛けを解く手がかりやアイテムを入手していくというもの。
 特定の場所で特定のアイテムを使用することで仕掛けが動いてゲームが進行するというのが基本で、アイテムを見つけて使う場所を考えることが大事になってきます。
 正解の場合以外でアイテムが消費されるようなことはないので、総当たり気味にやっても大丈夫。
 謎解きに関しても、攻略情報などは見ずに抜けられる難易度だと思います。

 この手の探索にありがちなちょっとした見落としで詰まり気味になる……というのはちょっとあるかなと思いました!
 わたしも一部詰まってしまったところがあって、その時はマップを何周もすることになったりしました。
 調べられるところはちゃんとすべて調べる、というプレイを心がければこの点は大丈夫だと思います。
 ただ、やっぱりこわい! アイテムを使うことに成功した直後の演出で………………きゃーーーー!!!


歴史を下地に感じつつ、かつての台湾


de1-2.jpg

 返校は、フィクションの舞台で描かれるフィクションの物語とされています。
 ただ作品舞台には、1960年代くらいの台湾の時代背景が色濃く反映されています。
 この時代の台湾は中国国民党による統治下にあり、言論弾圧などが盛んに行われていたようです。
 反体制的な行いをした者は投獄され、そうした書物などに触れていないかなどを互いに監視・密告し合う社会だったようです。
 
 この体制からの抑圧、言論の弾圧といったものが本作のストーリーの根幹に深く関わっていて、登場するキャラクターたちの苦悩や葛藤も、こうした当時の時代背景によって醸成されたものとなっています。

 わたしは歴史とかまったく詳しくなくて、上に書いたようなことも今回ゲームを遊ぶ前に本作の感想を扱ったレビューなどではじめて知ったんですが、そうした背景を知った状態で遊ぶと本作の話がだいぶすんなりと入りやすくなると感じました。そういう時代の台湾がベースになっている、ということはプレイ前から抑えておくといいと思います。

 ただここで大事なのが、「そういう時代だった」ってことさえ知っとけば割とオッケー、ということです!
 ベースには台湾の歴史がありますが、ストーリー自体に細かい歴史的な人物や出来事などが登場するわけではなく、基本的に作品内の登場人物だけでストーリーが収まっているので、歴史上の人物や社会情勢に明るくなくても話を理解するのには一切支障がありません。わたしが保証します!


軽くまとめ


de1-9.jpg

 恐怖におびえながらなんとか一通りプレイし、クリアおよびトゥルーエンディングを見ることができました!
 プレイ時間は6~7時間くらい。少しマップ探索に詰まったところもあったので、サクサク進めばもう少し早く行けると思います。

 ホラーゲームも探索メインのゲームも普段ほとんど遊ばないんですが、面白かったです!
 探索はシンプルながら、とにかくじわじわと恐怖に包み込むような演出によって先に進むことへの恐れと好奇心を煽ってきて、のめり込むようにどんどん進めてしまいました。ほどよい難易度の謎解きによって、ちゃんとゲームらしいプレイ感も与えてくれます。
 
 そしてなにより、台湾の時代背景をベースとした作品のストーリーとキャラクターが印象に残りました。
 操作キャラのレイ(ファン・レイシン)の過去や心情が深く深く語られていく部分も、歴史の下地を知った状態で遊ぶことでどんなことがあったのかを自分なりに想像しやすく、感情移入をすることができたと思います。心情を描く言い回しも翻訳を含めて見事。
  
 上に書いたように、大まかな背景さえ知っておけば問題ありません。
 話の理解を持つにあたってはそれで十分ですし、またゲームを遊ぶことによって歴史への興味を掻き立ててくれるので、むしろわたしのように歴史に疎い人こそ遊んで得られるものが多い作品かもしれません。
 ただ歴史を語るのではなく、分かりやすいストーリーと良質なホラーによってまずはゲームを楽しんでもらい、そこから歴史に興味を持ってもらうという作りが、本作をただの独りよがりな作品ではなく、多くの人からの評判を受けるタイトルたらしめる要因だと思います。

 難しくないですしリトライも比較的楽なので、わたしみたいなホラーゲームや探索系のゲームの初心者の方にもとっつきやすい内容なんじゃないかなと思います。ホラーや台湾の歴史下地といった要素にピンと来るものがあれば、きっと楽しめると思います。


 惜しい点も少し!
 1つめは、探索時の移動のテンポ! 基本遅いので、詰まった時に関しては行き来が面倒に感じました。
 ただ雰囲気を出すためには必要なスローさだと思います。
 2つめは、アクション面の必要性! 悪霊の存在が、いささかぞんざいに感じることもありました。
 3つめは、ボリューム。777円として遊ぶ分には6~7時間程度でも全然文句はなかったですが、定価だったら個人的にはちょっとボリューム不足に感じていたかもしれません。
 もっともわたしはこの手の短時間クリアタイトル自体が親しみが薄い部分があるので、短編作品が好みの方なら問題にならないと思います。

 いずれにしても、個人的に疎いジャンルのゲームでしたが楽しかったです! 怖かったです!

 それでは、今日はこのへんで。返校は背景的に男女ものが良いですけどこういう話のガチガチの百合ものとかやってみたいです!


スポンサーサイト
web拍手 by FC2