FC2ブログ
プロフィール

ぱすてぃ

Author:ぱすてぃ
百合が好きでポケモンを好む、文章を書く人です。
好みのゲームは任天堂系/テイルズはじめRPG全般/デモンズ・ダークソウルなど。
百合は小説漫画といろいろ。百合文も書きたいです。

【ドラクエ10】
ぱすてぃ [MY795-653]

最新記事

リンク

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログコミュニティ

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

ポケットパスタ・ゲーム記
ゲームのプレイ日記を書きたい分だけ書くブログです。3DS「RPGツクールフェス」で『かけらのメガルエ』を第1回コンテストに投稿中。
MAFIA3 100円で遊べたアメリカン・ギャングゲーム!
mf1-6.jpg

 今回は、PS4で『MAFIA3(マフィア3)』を遊んでみました!


mf1-3.jpg

 1960年代のアメリカ、ニューボルドーという架空の都市が舞台の作品です。
 裏社会の一員となって暴力や犯罪にまみれながら街を手中に収めていくといった感じの、海外のフォトリアルなオープンワールド系のゲームで、あんまりこの手のゲームは馴染みがなかったんですが……。

 なんと、PS+のセールで100円で買うことができたので!
 ちょっと買って、いっちょ遊んでみました!


キャラクターの魅力あふれるストーリー!


mf1-1.jpg

 マフィア3、一通り遊んでみましたが……。
 なにはともあれ、最大の魅力はストーリーだと思います!

 ベトナム戦争帰りの主人公、リンカーン・クレイは、とある事件をきっかけにニューボルドーの街のドン、サル・マルカーノとの抗争に身を投じていきます。
 マルカーノの息の根を止めるという目的のため、手段を選ばずに街を奪っていくリンカーン。彼やその周囲の人々の人間模様が、メインストーリーで描かれていきます。
 洋画のようなウィットに富んだ掛け合いが飛び交う会話劇は濃厚かつ痛快で、1960年代のアメリカの社会問題を色濃く反映した物語は深く考えさせられるような場面も多くあり、ストーリーを見ることが本作を進める大きなモチベーションになってくれました。


 クールかつ熱く戦うリンカーンはもちろん、主人公以外のキャラもみんな魅力的でした!

mf1-12.jpg

 なんといってもカッコいいのが、相棒に近いポジションのキャラ、ドノヴァン!
 軽はずみな調子でありながら強い信念を持って事に当たる超有能なキャラで、まさにできる男って感じのイケメン!
 本作は随所で後々の時間軸から本編中のことを回想するシーンが挿入されるんですが、そこでの受け答えも最高でした。


mf1-5.jpg

 大ボスのサル・マルカーノもわたしの想像とはだいぶ違って、人間味にあふれたキャラでした。
 老人だからこその苦悩が描かれ、単なる悪役というだけではない一面も多く垣間見ることができます。


mf1-8.jpg

 個人的に印象に残ったのは、敵キャラのトニー・グラツィオ!
 ボスキャラの中では下位~中位くらいの存在なんですが、いかにもインテリマフィア! って感じの風貌と言動がたまりません。こいつが出てくる高層ホテルとかのビジネスにぴったりすぎて!
 戦う時の開幕にぶちかましてくる強烈な一発も含めて、記憶に残っています。顔見せから退場までが早いのが残念すぎる!

 味方陣営のキャラなんかもリンカーンを信用しきっていなかったり互いにいがみ合っていたりなど、一筋縄では行きません。
 けれどそのへんのクセの強さも、ちゃんと人間として作りこまれたキャラクターゆえに魅力的に映るところがあり、そんな中でたまに見せてくれるデレる部分が一際際立ったりすると思いました。

 こうした魅力あるキャラたちの織りなすストーリーに引き込まれ、一気にゲームを遊びたくなりました!
 ボリュームもこの手の作品の水準こそ分からないものの、十分な量があるように感じました。


システム面はシンプル! 便利な面も


mf1-4.jpg

 ゲームのジャンル的には、3人称視点のシューター、TPSになります。
 操作感は対戦特化のシューターには劣りますが、たぶん一人用シューターだとこんなものかなという感じ。
 敵を透過して赤く表示する機能があったりなど、こちらが大きく有利になるシステムが用意されています。
 良かったのは、操作していて変なクセがないこと! 長時間遊んでいても疲れたり酔ったりすることなくプレイし続けられました。

 メインストーリーやサブストーリーは、ミッション形式で進んでいきます。
 敵のマフィアの店を襲撃したりトラックを盗んだり用心棒を始末したり……と形式は様々なんですが、基本的にはどのミッションもやることは「敵を倒しつつ、目的地に到達する」ことに集約されていきます。
 ロケーションも一部の山場のボス以外は標準的な建造物で、その場限りの特殊な武器などを持ち込んで戦うというみたいなこともないので、シチュエーションの幅は大きくないと思います。
 
 そのため、やることは割と単調!
 ファストトラベルもなく車での移動オンリーになるので、あまりに遠い場所の行き来などはちょっと面倒でした(1960年代アメリカを再現したマップの雰囲気や洋楽が流れるラジオがあるので、いくぶんは緩和されますが!)。
 もしこれでストーリー要素があまりなかったり、内容が面白くなかったりしたら、エンディングまでは遊んでいなかったかもしれません。
 ただ上でお話ししたように物語が良かったので、それを進めるためのミッションも自分なりに目的意識やモチベーションを脳内補完しながらサクサクと進めることができました。物語に付随する分には、遊びやすくて悪くないゲーム面だと思います。


mf1-2.jpg

 一方、少しゲームを進めるとショップや銀行などの機能を持った車をどこにでも呼び出せる機能が解放されるので、これは非常に快適で遊びやすかったです!
 自分が乗る車を呼び出すやつなんか全く制限がないので、車をつぶしてしまった時にすぐさま全く同じ車の新品に乗り換えたりすることも……。


ちょっぴりの歯ごたえ! アクション面


mf1-7.jpg

 少し上の内容と重複しますが、アクション・シューティング面のお話を個別に。
 難易度はノーマルで進めたんですが、超簡単! というほどではなかったです! 
 特に序盤は勝手が分からない上に装備も心許なく、何度もやられてしまいました。
 ステルスで不意をついての格闘攻撃がとても強いので、安全に行きたいときはかなりお世話になりました。


mf1-11.jpg

 ゲームが進行して装備が整うことで、だいぶ死にづらくなっていきました!
 わたしの使用武器は、ライフルとハンドガン
 ライフルはバイパーやホークといったスコープのついたスナイパー系のやつで、遠距離から安全に高威力で敵を減らしていけるのが強力!
 ハンドガンも弾多めのやつにしていたら、近接戦はメイン武器としてまったく問題なく使っていくことができました。

 総じて敵に囲まれると厳しいので、いかに相手の射線の方向を絞って数を減らしていくかというゲームだと思います。
 とはいえ物陰に隠れながら戦えるカバーアクションがとても優秀で、時間チャージ式でエイム時に時間の進みを遅くできるシステムもあるので、最低限シューターをやったことがあればノーマルでもクリアできない! ということはないんじゃないかなと思います。


軽くまとめ


mf1-10.jpg

 ということでマフィア3、エンディングまで遊びました!
 エンディングはマルチになっていて、わたしはなんというか、みんな仲良くなルート……にしました。
 他のエンディングも後から動画で見たんですが、自分が選んだやつで納得はできたかなって感じです!

 はっきり言ってしまえば、ゲーム的には特筆すべき点はあまりないかなと思います!
 グラフィック面も1世代前の印象が強く、建物の精細さに驚かされることはありませんでした。

 しかし一方で、1960年代のアメリカを舞台とした雰囲気濃厚なストーリーは、本作に大きな魅力を生み出しています!
 話の先が気になって、リンカーンがどんな風に街を手に入れてマルカーノを追い詰めていくのかを体験したくて、どんどん次へ次へを話を進めてしまいました。
 そのストーリーへのモチベーションを妨げない程度の出来はシステム面やアクション面にもちゃんと確保されているので、「物語を体験するゲーム」としては問題なく成立していると思いますし、わたしのように自分でゲームをプレイしながら味わう物語が好きな人としてはしっかりと楽しむことができた作品でした。

 少なくとも、100円で買ったタイトルとしてはとてもよく楽しませてもらいました!
 ちょうどこうした一人用のタイトルを遊びたいなと思っていたので、ぴったりハマってくれたと思います。

 それでは、今日はこのへんで。PS+のゲーム結構積んでるんですよね! シュタゲゼロは今やってるアニメ終わってからにしたいしアニメが結構よくまとまってるって聞きますし、ディスガイア5とかめっちゃ時間かかりそうですし他にもいろいろ……あっよるのないくにはまだ許してないです!


スポンサーサイト



web拍手 by FC2