FC2ブログ
プロフィール

ぱすてぃ

Author:ぱすてぃ
百合が好きでポケモンを好む、文章を書く人です。
好みのゲームは任天堂系/テイルズはじめRPG全般/デモンズ・ダークソウルなど。
百合は小説漫画といろいろ。百合文も書きたいです。

【ドラクエ10】
ぱすてぃ [MY795-653]

最新記事

リンク

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

FC2カウンター

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログコミュニティ

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

ポケットパスタ・ゲーム記
ゲームのプレイ日記を書きたい分だけ書くブログです。3DS「RPGツクールフェス」で『かけらのメガルエ』を第1回コンテストに投稿中。
Cuphead 超アニメーションの骨太アクションシューティングを遊びました!
ch1-1.jpg

 今回は、Switchで『Cuphead』(カップヘッド)を遊んでみました!
 Switch版は4/18から1980円で販売されているDLタイトルで、現在ランキング2位になっているソフトですね! 遊戯王が来る前は1位に君臨していました。
 
 本作のSwitch版(同時に初の日本語対応)が発表されたとき大きな話題を呼んでいたんですが、わたしは本作をまったく知りませんでした。
 一体なにがそんなにすごいゲームなんだろうと気になるところだったんですが……いや、納得いたしました!


超クオリティの手書きアニメーション!




 さっそくですが、カップヘッド、こんなゲームです!
 ジャンプやダッシュを駆使しながら射撃で攻撃する2Dアクションで…………そう!

 とにかく、絵がめっちゃすごいんです! 
 動画のシーンもイベントなどではなく普通のゲームプレイで、全編に渡って完全にアニメそのものなグラフィックでゲームが展開されます。
 1930年代のアニメーションを意識して手書きで作られたというグラフィックは美麗さ、動きともにハイクオリティ。
 さらにそれぞれのボス敵がバリエーション豊かに形態変化を繰り返し、凄まじいまでのデザイン力を見せつけてくれます。
 その出来はもはや脅威といっていいレベルで、プレイする前も実際にプレイしてみても繰り返し度肝を抜かれました。
 音楽もアニメーションに合ったバンド演奏のお洒落かつ軽快な曲で、雰囲気をいっそう高めてくれます。
 

歯ごたえ抜群! 高難易度のアクション


ch1-2.jpg

 でもカップヘッド、ただ絵が綺麗なだけのゲームではありません。
 見た目や世界観の雰囲気とは裏腹に……かなりの高難易度なアクションゲームでもあるんです!
 先ほどご紹介した動画は序盤のボスで、あの時点ですでに何度かやられていました。

 全体的に敵の攻撃が強い上、こちらのHPが3(3回当たるとゲームオーバー)しかなく、基本的に戦闘中にHPを回復する手段はありません。
 選択式のアクセサリでHPを最大5まで増やすことはできるんですが、代償として攻撃力がダウンしたり……と、プレイヤーの耐久面が非常にシビアになっています。

 そのため、全体的にボス戦は2ケタ死亡当たり前!
 しかも全ステージの7割以上? がボス戦のみのステージで構成されているため、ほぼ全編にわたって強力なボスに何度も死にながら繰り返し挑むという歯ごたえたっぷりなプレイを展開していくことになります。


ch1-6.jpg

 ただ、ここをぜひハッキリさせておきたいのですが。
 カップヘッドの高難度設定は、決して「理不尽ではない」んです!

 ボスの攻撃にはちゃんと避け方がありますし、ジャンプやダッシュでちょうどいい具合に回避ができるようになっています。
 当たり判定や攻撃のタイミングといったものがちゃんとよく練られているので、少しプレイするとしっかりした考えに基づいて作られたアクションであるということが肌で感じられると思います。


ch1-3.jpg

 何度もやられることを見越してか、敗北時にはボスの全体ライフのどこまで進めたかという表示が出たりも。
 初見では絵柄と攻撃に圧倒されながらなすすべなく敗北する……ことになりつつも、繰り返し挑むうちに少しずつ対処が分かるようになっていって、だんだんとこのメーターの右に進めるようになっていき……そしてボス撃破時の「A KNOCKOUT!」の表示にたどり着いたときには、大きな達成感が待っています。

 この歯ごたえとそれを乗り越えたときの達成感は、最近遊んだゲームでいえば『隻狼』のそれに近いですし、同じインディー+2Dアクションでいえば『ホロウナイト』の強敵ボスにも似ていると思いました。

 本作が高難易度だという話は購入前から聞いていて、最初は「グラフィックはすごいけど、アクションはあまり力を入れなかった結果理不尽な高難易度になっちゃったゲーム」なのかなと思ってしまったのですが。
 プレイしてみて、実際には「グラフィックがすごいけど、それに恥じないくらいに力を入れてよく練られた上で高難度に仕上がったゲーム」だとわたしは感じました!
 確かに絵作りがすごいゲームであることは間違いないと思うんですが、それだけでは現在の評価は無かったと思います。


ch1-7.jpg

 キャラ性能をカスタマイズする要素が、いくらか存在しています。
 わたしは射撃は『ブーメラン』(射撃が途中で反転)と『チェイサー』(自動追尾)にして、相手を狙わなくても攻撃がしやすい生存重視の組み合わせにすることが多かったですね! 『オトシダマ』(高威力、重い弾)も好き!
 スキルは『ニンジャダッシュ』(ダッシュ行動に無敵が付与)のほぼ一択で、位置だけでは回避が困難な攻撃を強引にダッシュで対処していました。ハート増やすよりこっちのほうが打開しやすい感がありました!


軽くまとめ


ch1-4.jpg

 というわけでカップヘッド、数日間にわたる戦いの末……。
 先ほど、どうにかラスボスを倒してゲームクリアすることができました!
 ほぼボス戦オンリーということもあって総ボリュームは決して多くはないと思いますが、恐ろしいまでのこだわりをもって作られたアニメーションとやり応え抜群のアクションで、十分に充実感のある内容だと感じています。

 クリア後はボスの攻撃がパワーアップする『エキスパート』難易度の解禁や、バトルを高評価でクリアするのがメインになる実績うめがやりこみ要素として残る感じですね。
 評価系のプレイは得意ではないので、やるならエキスパートを気が向いた時に、という感じになるかなと思います。ここからが本当のカップヘッド……なのかもしれませんね!

 いずれにしても、話題を呼び人気を博すワケが大いに納得できたタイトルでした!
 質は保証しますので、ジャンルや難易度、グラフィックにピンとくるものがあればぜひ!

 それでは、今日はこのへんで。言い忘れていましたが今回用意された日本語訳のクオリティも抜群です。でもフランスのブランコでカップがパリーンはどうなんすか!

スポンサーサイト



web拍手 by FC2