FC2ブログ
プロフィール

ぱすてぃ

Author:ぱすてぃ
百合が好きでポケモンを好む、文章を書く人です。
好みのゲームは任天堂系/テイルズはじめRPG全般/デモンズ・ダークソウルなど。
百合は小説漫画といろいろ。百合文も書きたいです。

【ドラクエ10】
ぱすてぃ [MY795-653]

最新記事

リンク

カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

FC2カウンター

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログコミュニティ

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

ポケットパスタ・ゲーム記
ゲームのプレイ日記を書きたい分だけ書くブログです。3DS「RPGツクールフェス」で『かけらのメガルエ』を第1回コンテストに投稿中。
The Last of Us 名作サバイバルアクションのリマスター版を遊びました!
lu1-3.jpg

 今回は、PS4で『The Last of Us』(ラストオブアス)をプレイしました!
 初出はPS3で2013年というタイトルで、そのPS4リマスター版のさらに廉価版です。新品だけど2000円くらい!
 実は、よくお世話になっていた近くのゲーム屋さんが閉店することになり、その系列店でしか使えないプリペイドポイントを使い切らないといけなくなり……そこで店頭でふいに目に留まって購入に至ったという経緯です。珍しい買い方しました!

 ということで、全然どんなゲームか知らないままプレイを始めたんですが……。
 無事にクリアまで遊ぶことができましたので、ざっと感想いきたいと思います!


中年男性と少女の、サバイバルを描いたゲーム


lu1-2.jpg

 ラストオブアスは、謎のウィルスによって人間社会が崩壊しつつある世界が舞台のゲームですね。
 メインとなるキャラは中年の男性、ジョエル……と、14才の女の子、エリー
 仲間と共に運び屋としてエリーの護衛を引き受けることになったジョエルが、ウィルスに冒された感染者や敵対勢力の人間との苦難に満ちた戦いに身を投じていきます。
 でも、最初はジョエルがメインになってエリーを守りながら目的地へと進んでいくゲームですが、しだいにエリーも存在感を増していき、もう一人の主人公と言っていいポジションになっていったり!


lu1-1.jpg

 ゲーム内容は基本的に、チャプターごとに分かれた面クリア型のTPS(というか3人称アクション)になります。
 廃墟となった各地の建物などを、敵(ウイルスに感染した人間や、敵対勢力)がいるかどうか分からないような状態で進んでいく緊張感のある探索がメインになっていて、弾薬やアイテムなども限られているのでかなりドキドキしながらのプレイになりました。


映画を体験するようなストーリー


lu1-5.jpg

 ラストオブアスの最大の魅力は、なんといってもストーリーだと思います!
 最初はしぶしぶエリーの護衛を引き受けたジョエルですが、度重なる苦難の中でエリーと少しずつ信頼を深めていき、やがて絶望的な状況の中でジョエルとエリーが互いに支え合って懸命に生き抜こうとする……という流れが、とても丁寧に描写されています。
 ストーリーのボリュームはそれほど多くないんですが、その限られた尺の中でみっちり二人に感情移入できる作りになっていて、そこがすごかったですね! 
 説明セリフや感情をそのまま口にするようなセリフがあまりなく、それぞれの人物像から自然と出てくるような言葉でシナリオが構築されていて、感情の揺れ動きの描き方が非常に丁寧かつリアリティのあるものになっていると思います。


lu1-6.jpg

 そして重要なのは、ちゃんとそのストーリーを『体験』できるゲーム内容になっていることです。
 基本的に目的地に向けて一本道のマップをカットシーンを挟みながら進んでいく、ともすればムービーゲーとも言われそうなシンプルな進行システムなんですが、それなのにちゃんとプレイヤー主導で物語を進めている感覚がありました。
 
 カットシーンにいわゆるQTEが多用されているのもその一要因ではあると思うんですが、なにより少し難易度高めのゲームバランスがそのプレイ感をうまく作り上げていると感じます。
 重度感染者の『クリッカー』には触れられると即死ですし、複数の敵に囲まれると対処がかなり困難に。
 だからプレイヤーは自然と敵との遭遇を恐れて探索をし、敵を見つけるとステルス気味な立ち回りになり、少しでも安全に状況を切り抜ける方法を模索してプレイをするように誘導されます。
 そしてそれが、作中のジョエルとエリーの行動方針と見事に噛み合うんですよね。
 敵が弱いゲームにありがちな、プレイヤーがただ単にキャラをストーリーが進むポイントまで送り届ける一歩引いた立場になってしまうことを防ぎ、プレイヤーとキャラが一体になって目的地を目指すという関係性がうまく成立して、それがストーリーを『体験』できている感覚を味わわせてくれていたんじゃないかなと感じました。


lu1-4.jpg

 それゆえに、ストーリーに用意されている緩急もダイレクトにプレイヤーに伝わってくるんだと思います。
 このシーンはほんと心が洗われるような気持ちになりました! わたしもキリンさんさわりたい!


 エンディングの描き方は、まさかの! って感じでした! そう終わるのかって!
 でもこれも、エリーがジョエルと共に生きていくことを静かに決意したことが伝わってくる描写になっていて、最初はあっけに取られましたがスタッフロールが流れていくうちにしみじみと染み渡ってくるものがありました。
 本当にその、描き方っていう面がすごいゲームですね! よほどの自身がないとこの語り口はできないと思いますし、見事に成立していると思います。


DLCシナリオはまさかの収穫!


lu1-7.jpg

 本編クリア後、同時収録されているDLC『Left Behind』もプレイしました!
 エリーを主役にして本編中の幕間と前日譚を同時進行で描く内容で、短いプレイ時間ながら濃いDLCだと思います。

 で! これ!
 まさかの! まさかのあれじゃないですか!
 エリーとライリーのショッピングモール探検が雰囲気めっちゃ良くて、ああこれ思わぬところでソフトな百合っぽい関係性見れたなあとか思ってたらもうソフトでもっぽいでもなんでもなくて衝撃走りながらL1ダッシュで走って感染者から逃げましたよ!

 女の子同士の終末ものとして見るだけでも非常に良かったですし、それだけではなく前日譚で得た「諦めずに戦う」という気持ちが幕間でのエリーの原動力となっていて、「あの絶望的な状況をどうやってエリーだけで切り抜けたんだろう」という疑問が氷解する構成になっているあたりは見事だと思いました! 


軽くまとめ


lu1-8.jpg

 ということで、ラストオブアスをふいにプレイして1周ひととおり遊んできました!
 いやほんと、色々な意味で思わぬ収穫でしたね! ちょっと今までよく知らなかったのが恥ずかしい! これDLCは百合好きとしては抑えといて損ないやつ! 
 もちろんジョエルとエリーの関係性も非常に良かったですし、ゲームを通して人間を描き出す作品としてすごくレベルが高いタイトルだと思いました。話せてなかったですがモーションが結構やばいレベルの高さな気がしてこれもキャラ描写に一役買ってるかも!

 でもって、どうやら今年? に、続編『The Last of Us PartⅡ』が出るみたいですね! いいタイミング!
 エリーが主役で5年後を描くストーリーになるということで、これは自分の中で一気に要注目になりました。
 1がまだまだ語れるところを残しつつも良質かつきれいに終わっているのでここからの続編は非常にハードルが高くなると思いますし、現時点で明かされているエリーのダークヒーローっぽい姿から波乱含みの展開が予想されますが、是非とも1から繋がるにふさわしい内容に仕上がっていることを期待したいですね。

 短期間ながら、充実した時間を過ごせたゲームでした! 今回遊べてよかったです!

 それでは、今日はこのへんで。エリーさんのナイフの頑丈さにびびります。むしろジョエルさんが乱暴に扱いすぎてる説!

スポンサーサイト
web拍手 by FC2