プロフィール

ぱすてぃ

Author:ぱすてぃ
百合が好きでポケモンを好む、文章を書く人です。
好みのゲームは任天堂系/テイルズはじめRPG全般/デモンズ・ダークソウルなど。
百合は小説漫画といろいろ。百合文も書きたいです。

【ドラクエ10】
ぱすてぃ [MY795-653]

最新記事

リンク

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログコミュニティ

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

ポケットパスタ・ゲーム記
ゲームのプレイ日記を書きたい分だけ書くブログです。3DS「RPGツクールフェス」で『かけらのメガルエ』を第1回コンテストに投稿中。
ドラゴンクエスト10 第168回プレイ日記!
dq169-14.jpg

 新天地、ドラクロン山地!
 バージョン2.3、何はともあれシナリオを進めました! 今回はシナリオ編の記事にします。
 思いっきりネタバレしまくるので、追記にたたみます。
 2.3シナリオラストまでのお話を含むので、くれぐれもご注意の上でご覧ください!
 特に今回の話はデカいネタバレのネタもあるので、出来る限りシナリオクリア後にどうぞ!








=====

 さてさて、今回のシナリオもやっぱりサポ3で攻略をしていきます。
 構成は安定の自分僧侶にバト2賢1! 賢者の洗礼が結構活躍機会あったりしますね。
 
 でもって、真ロヴォス高地の奥地にあるドラクロン山地に向かうところから早速始まります。
 モンハン4の天空山を思い出させるような断崖の異境ですね。絶景が多くて歩きがいがありました。

 最上部でボス戦! …………これ写真撮ったんですけどエラーだったみたいで保存されてないですね!
 「飛竜たち」は、赤青黄色の三体の飛竜で構成されるボス。ドラゴンガイアに羽生えたみたいでかっこいいです。
 青と黄色は最初ステージの奥に待機していて、結構な長時間動き出さずに待機しているので、その間に赤を倒してしまうのがセオリーです。
 ……が! うちのバトサポさん2人、何を思ったのか目の前の赤をスルーして青に突撃! 攻撃されるとさすがに青も行動をはじめて、2体同時バトルを強いられました。
 赤はしゃくねつ(威力が高く、300程度?)、青ははげしいおたけび(リザードファッツと同じ高速型、威力300↑)を使ってきて、行動速度もそこそこ。賢者と二人で必死に回復しまくりますが、上記の写真撮影に手こずったりしていたらあえなく敗北してしまいました。このはげおたは危険ですね……。

 敗因は分かりきっているのでそのまま再戦! 開幕、自分で赤飛竜をスティックでペチります。これでバトのタゲが向くので、後は1体ずつ処理ですね。単体のHPはさほど高くないので、青のはげおたや黄色のいかずち(450以上のダメージ)に注意していれば勝利は難しくありません。

 それにしても飛竜さんの音楽の価値観が人間には難しいですね……。なんでこんなん吹けるのってくらいいい音なのに!
 で、結構あっさりと篭絡力を認めてもらい、大飛竜さんからの授けものをゲット! それを割とテキトーに大事に大事にあたため……

dq169-13.jpg

 ばあーん! 飛竜ちゃん、孵化! そして1分後にもう背中乗って飛べた! ポケモン並!
 この時点でもうレンダーシア上空マップに移動し、飛竜を自由に操作できるようになりますね。
 基本的にオートラン状態のように自動で前進し、方向転換や上下移動は自由。止まることも可能ですね。でもって、地表にカーソルが出ているときに着陸が可能です。着陸するとほとんど上空での見た目どおりの場所に降り立つことができて、一部例外はあるし、真下に着く感じではないのでやや扱いは難しいものの思った以上にアナログな飛行乗り物って感じですね。真ピラミッドとか魔女の森とか、その手のルーラポイントから遠い場所は勇者姫の石→飛竜で目指すのとかもいいと思います。
 飛竜に乗るときはだいじなものから「竜笛」を使用! 町の中なんかでも使えるのでストレスなくていいですね。ダーマ神殿の中庭でもいけました。

 飛竜を手に入れたことをルシェンダさまに報告すると、ペガサスを手に入れるためにエテーネに赴くように言われます。……アンさん一緒に来てくれないのがちょっとさみしいですね!
 しかし、ついにあのエテーネの地に向かえる日が来るとは……。少しどきどきしつつ、早速飛竜でレンダーシアの中心部に向かいます。

dq169-12.jpg

 色を変えてみたり!
 エテーネ島は特殊な着陸形式になっていて、特定のポイントを選択して決まった場所に降りるという感じ。
 いきなりエテーネに乗り込むのもちょっとと思って、まずは一つ下の選択肢を選んでみました。

dq169-11.jpg

 それがそう、ナルビアの町。
 オフラインモードきょうだい編の拠点ですね。ここも、ついにという感じ。
 町を回ってみると、オフラインに登場したサポキャラとおぼしき人が年取って住んでいたりする嬉しい演出が。プクの姉妹の家、もしかして……と思ったらミミナとモモナが話に出てきて感動しました。
 イッショウやリリオルの姿はなく、イッショウの錬金ハウスはふつうの人が住んでいる民家になっていたりと、すぐさまこの二人には出会えませんでした。探索はそこそこで打ち切って、いざ飛び立ちます。そして降り立ったのが……


dq169-10.jpg

 真のエテーネの村。正真正銘、本作の最初の最初のスタート地点。オフラインモードをやっていたりするとなんか混乱しちゃいますけど、プレイヤーが最初にいた場所と同じ場所で、時間も地続きのところですね。ついに帰ってきました……。
 が、やはりと言うべきか、中はぼろぼろに破壊されていてもぬけの殻。かわりに村の祭壇に地下の空間ができていて、そこに入っていった先でイベントがあります。

 ……カメさま! そしてクロウズが登場し、気づいていたとはいえびっくりの事実を聞かされます。
 カメさまを覚醒させるため、これも懐かしい、テンスの花を探しに行くことに!
 
 ここでメインストーリークエの案内が出るので、それに従って行動していきます。
 
dq169-9.jpg

 向かったのがスレア海岸。ナルビアの町から繋がっていますね。海見るとイルカが泳いでたり!
 ここでプレイヤーを待っているのは、なんとあのイッショウさんご本人! 老けはやや感じさせるものの、オフラインの時と顔つきなんかは全く変わっていません。
 シーザーレインボーを狩ってくるおつかいクエを終わらせると、オフラインのきょうだいの身内と認めてくれていろいろ語ってくれます。なんときょうだいはイッショウさんからナルビアの家を譲り受けていて、少し後にその家を売っぱらった上でリリオルとどこかへ姿を消してしまったという驚きの事実が明らかに。そして、それがもう60年前のこと!

 …………この人何歳なんですかーーーー!!?!
 オフラインの時にどう若く見ても30後半だったとして、それから60年(上記の一件までもうしばらく期間あったとしたりすると更に!)。まだまだ全然元気そうですしかなり謎です。ひいばーさん的な何かを錬金術で得たりしたんでしょうか!

 ともあれ、話をしてくれたイッショウから、今度はリリオルを探して欲しいと頼まれます。ずーっと会ってないとのことで……。
 飛竜で向かう先は、同じレンダーシア内海にある「マデ島」。そこにある修道院へ赴きます。

dq169-8.jpg

 シスター・リオーネさん。でも面影が! ばっちり面影が!
 ナルビアを離れた一件の真相が語られます。きょうだいが女の子だとすごくゆりゆりしい展開ですね!
 この前の段階から出てきている怪しい「サングラスの男」の話も気になってくる段階です。
 それにしても、オフライン過去まわりのキャラの境遇はなかなか切ないものがありますね。エテーネ島とマデ島、飛竜の上空マップだと本当に数秒くらいの距離なんですけど、実際はもっと離れていたりとか、情報も手段もなくて会えなかったのかなあとか。ゲーム上での距離感だと少し違和感もあったりしますけど、レンダーシアの外側にいたりするよりかえって切ない関係だなーと感じます。これから再会できるシーンとかあるかな……?
 あそうそう、この写真のぱすてぃさんの背中あたりにある本棚は必読です! ええ! そうですとも!

 イッショウの元へ戻り、結構なレベルでないがしろにされていたきょうだいからの手紙を探してもらう間、メインクエの案内が出たのでエテーネに向かいます。

dq169-7.jpg

 出た! ごきげんマークのブタちゃん! 「ハナ」という名前のこのブタちゃんと出会い、イッショウの元へ戻って風の宝珠を受け取ってくると、今度はラゼアの風穴へ向かうことに! ハナの「おねーちゃん!」にすごくぐっと来ます。
 ラゼアの風穴は入り組んだ構造になっていますが、イベントを進めるだけなら中心部の研究所へ向かえばオッケー。これこそがオフラインの後に奮闘していたきょうだいが遺した場所!

 そこに、件のサングラスの男が登場! これはギャグ的な要素無しにフツーにヤバそうな出で立ちですね……。
 して、その正体というのが!

dq169-6.jpg

 オフライン入門編のボスであるベドラー、それに蒼天のソウラに登場したベズールと同じ魔導鬼一族のベゼブー!
 魔物とわかれば怖いものはありません。正面から叩き斬りに行きます!
 
 ……が! 姿で判断して油断していたら、これはなかなかの強敵でした!
 闇属性ブレスの闇の炎、自分中心攻撃のフラタイフーンのどちらも450程度のダメージで、HPの低めなバトマスは即死してしまうレベルの範囲攻撃を使ってきます。今回のシナリオはHP450だと少し不安な攻撃が結構ありますね。
 サポはフラタイフーンをちゃんと避けてくれないので、ベホマラーや聖女を使いまくってなんとか凌ぎました。賢者がしんぴ1しか入れてくれないこともあり、回復役としてやや不安が残るのが難しいところです。バフは無かったかな? それなら僧2もいいですね。

dq169-5.jpg

 きょうだいの遺してくれた「輝くテンスの花」を手に入れ、添えられた手紙が開封されます。
 ……ううっ! ちょっと語られているだけの話とはいえ、数十年の重みには胸打たれるものがあります。プレイヤーにはとても分からないような専門書が置かれていたりする演出がいいですね……。
 リオーネのもとに後でまた向かったら、きょうだいは時渡りの研究をしていて、もしかしたらどこかの時代に時渡りしているかも、なんて話を聞けたので、今後の展開にまた期待してます。時渡りの副作用というのも気になりますが……。

 さて、輝くテンスの花を手に入れたことで、ついにカメさまを真の姿に戻せる時が来ました!
 蘇る天馬、ファルシオン。そして……!

 ……いやびっくりしたー!! なんですって! どういうことですって!?
 今回の真エテーネに到着したときとか、ちょっとアレ? という言動はありましたけど、とても発想が及びませんでした。中身が彼だとなると今までの言動も色々振り返ってみたいですね……。

 ともかく、これでついに2.2シナリオの文字通りの壁となっていた、ねじれたる異形の大地の結界を突破できるようになりました! ついにアンルシアも参戦し、いざ突撃! PVのシーンを赤ドレス版で展開してもらって、ついにパリーン!
 
 ……というわけで、結構早くもマデサゴーラの居城、「魔幻宮殿」に突入です!
 マデサゴーラの趣向が色濃く反映されているのか、中は数々の絵画が並ぶ豪奢な宮殿の装い。しかし、「創世番号」と呼ばれている人の形をしたナレーション端末のようなものが置かれていたり、飾られている絵もどことなく不気味な姿を見せたり、何より多くの強力な魔物が徘徊していたりと、とても尋常の空間ではありません。例のBGMもかかって、今回の大ダンジョン枠ですね。
 攻略は大きく言えば、3箇所にある特別な絵画から中ボス戦のある場所へ行き、それをクリアしたら最上部への道が開く、という感じ。
 
 中ボス戦は、不気味な姿をした絵画のような敵と戦います。

dq169-4.jpg

 これが、意外なくせもの! 3種類全ての敵がそれぞれ違う技を使ってきて、それぞれに別の仲間呼びも行います。
 単体に集中すると即死級の連続攻撃とか、440程度のダメージを与えてくる攻撃とか、火力特技もそこそこ厄介な破壊力。
 しかしそれ以上に強烈なのが補助系の特技! 「印象派のヒトミ」で対象と周囲を魅了してくるので、キラポンなしだとあっという間にPTが崩壊してしまいます。
 それでいて、この絵画ボスたちはやけにHPが多く、削りきるのに一苦労しました。魅了対策をした上でじっくり臨みたいところです。
 と、それで済むと思っていたのですが……。

dq169-3.jpg

 確かマップ右側の絵画でのボス、「ダークレアリズム」。
 こいつ、あの強制変身技を使ってきます! 写真のドロヌーバがそれで、ほぼファラオの呪いと同じ効果です。
 ダークレアリズム本体の火力は大したことないですが、高火力のしにがみきぞくを召喚するので、バト2では両方がドロヌーバ化→きぞく倒せずに増えるで抵抗のしようもなくやられてしまいました。いてつくはどうと同じ効果の「ルネッサンスウェーブ」も厄介です。
 敗因からして、さすがにこれをバト2賢サポで通す必要はないと思ったので、魔魔僧サポ(自分僧)の構成に変えました。
 魔なら二人当時にドロヌーバになるのをやや防げるかなというのと、僧侶2いれば片方が機能停止しても大丈夫かなと。
 これがいい感じでした! 魔の範囲攻撃できぞくをさくさく倒せるので、危機的状況になりにくいのも良かったです。結局きぞくKまで呼ばれちゃってたので、ダークネビュラスみたいに最初からLまで呼ばせるつもりできぞく撃破を優先するのもいいかもしれません。

dq169-2.jpg

 苦戦しつつも絵画を撃破し、最上層への道が開かれます。
 とりあえず敵の行動を見てから構成を考えようと、魔魔僧僧のまま突撃しました!
 最上層で待ち受けていたのは、あの魔元帥ゼルドラド! アンさん絵画戦手伝ってくれてもよかったんですよ!

dq169-1.jpg

 ついにゼルドラドとの戦闘! あの姿のまま剣を振ってきます。
 最大の特徴は、「ゼルドラドの剣」を召喚すること! 多数出現するこれをアンルシアが勇者の眼で消しながらの戦いになります。
 が、やっぱりそこはアンさんの勇者特技。必ず使ってくれるわけではなく、ゼルドラドの剣もある程度しっかり相手しないといけない感じでした!
 剣は「爆嵐剣」というビッグバンのような攻撃を使ってきて、これが220程度のダメージ+呪い。2発撃たれると魔法使いに厳しいダメージですし、呪いの追加効果が非常に厄介でした。
 ゼルドラドもジゴデインと、闇属性のギガスラッシュのような大技を使ってきて、こちらが700以上の即死ダメージなので、サポではこれの対処もかなりしんどいですね。1戦目は呪われてぼろぼろになってしまい、あえなく敗退しました。
 今回の敗因もまたわかりやすくて、とりあえず僧侶が呪いで行動不能になったことにありました。キラポンする余裕はなし! 攻撃面は魔でちゃんと通っていたので、構成そのまま僧侶を呪いGありのサポ+呪い盾装備の私にして再度挑戦!
 ……の前に、さらにアンさんを正義闘志振りから正義忍耐振りにしました。守備面が上がってベホマラーなども使えるのでいいかなーと。

 第二戦! 要所でアンルシアのさくせんをMPつかわないでにして、勇者の眼を狙ってもらう工夫も絡めて戦いました。大体の攻撃はつかめたので、あとはちゃんと対処できるかどうか。自分はとにかく被害を少なくするように立ち回って、あとはサポにも頑張ってもらう感じで…………なんとか、撃破!
 ゼルドラドの剣の耐久力が低めなので、魔法使いなら勇者の眼以外にダメージで撃破して数を減らせるのがよかったかなと思います。アンさんも呪われてしまったので、呪い盾を渡してあげればより勝率アップかな?

 第二形態あったりするかなとも思いましたが、ゼルドラドさんはこれでフェードアウト。
 ……うーんこの! あれだけ因縁つけてひっぱった相手にしてはえらいあっさり感強い気がしますね! 苦戦はしましたけどバトル時もやや迫力に欠けるきらいはありましたし(ちょっとへっぴり腰ぽくないですか構え方が!)、もっとできる悪の幹部感を出してくれても嬉しかったかなって思います。今回トーマとの絡みがなかったのが残念!

 ついに大魔王との邂逅……と思いきや、全ては敵の策のうち。玉座はもぬけの殻で、マデサゴーラは己の目的を果たすために光の神殿の先に向かっていました。
 その光の神殿へ追いかけていき、いざ決戦! ……と思いきや、これまた結界が! しかもファルシオンさん破れないタイプ!
 
 ……そんなこんなで、これで2.3のシナリオは終了! 2.4で本当の決着となりそうです!


 2.3シナリオ、ボリューム的にはバージョン2の中ではいちばん少ない内容でした。
 飛竜登場・エテーネへの帰還・オフラインときょうだいの話・ゼルドラドとの決着と濃い内容ではありますし、魔幻迷宮という大きなダンジョンもあったのでそこそこ充実感はありますが、2.2と全く同じやりかたで次に伸ばされてしまいましたし、感覚的にもうちょっとシナリオ遊びたいかなーって思ったので、ちょっと消化不良感はありますね! このシナリオこのままで、前半にもうちょっとお使い系でもいいのでクエストあったらよかったかなと思います。今回は3都市の配信クエがあるので、それを含めたら内容もボリュームもばっちりになるとは思うんですけどね。
 まあでもエテーネ島関連は本当にぐっと来ました。これ、オフラインを発売当初にやっておいて記憶を寝かせておけばもう一つよかったなーと思いますね。惜しいことしました!

 今後のシナリオ、結構気になるのはクロウズさんの動向ですね。
 マデサゴーラの討伐の先を見据えた発言をしているので、バージョン3にすら繋がる話なのかもしれません。彼の目的……となると、一体? アバさまの孫であること、今回の未来視? でエテーネの幸せそうな光景を目にしていたことからして、エテーネの復活が目的だったりするのかなーとかは思う(きょうだいとの再会にも繋がりそうだし)んですけど、それじゃそんなに物語になりませんし、もっと別の何かもあるのかもですね。
 生き返しを受けたものである以上、クロウズ? のもともとの体の持ち主の出自とも関わる目的なのかもなとも思ってます。そろそろプレイヤーのもとの体さんの話もあるみたいですし、それと絡めてくる可能性もありますね。
 次の物語の伏線も、今の話の決着も、それぞれ気になりますね! 待つのは数ヶ月、遊ぶのは一日になっちゃってますが、またゆっくり待ちたいと思います。

 それでは、今日はこのへんで。ゼルドラド強とかいつか来るのかな? でも強ボスって追加ペースがかなり後手後手になっていますよね。どうなるんでしょう!
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://cottonpasty.blog134.fc2.com/tb.php/1030-f801d7d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)