プロフィール

ぱすてぃ

Author:ぱすてぃ
百合が好きでポケモンを好む、文章を書く人です。
好みのゲームは任天堂系/テイルズはじめRPG全般/デモンズ・ダークソウルなど。
百合は小説漫画といろいろ。百合文も書きたいです。

【ドラクエ10】
ぱすてぃ [MY795-653]

最新記事

リンク

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログコミュニティ

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

ポケットパスタ・ゲーム記
ゲームのプレイ日記を書きたい分だけ書くブログです。3DS「RPGツクールフェス」で『かけらのメガルエ』を第1回コンテストに投稿中。
モンスターハンター4G 第10回プレイ日記!

 どうもどうも! 意外にMH4G熱が根強くて、ここ数日は結構がっつりめに遊んでいます。
 ひたすら頑張ってG級の特別許可クエを進めているんですが、その一方で村クエの最終にあたる「師匠からの試練」を出して、これの攻略に乗り出しました。初回攻略はもう結構前のことになるかな?

 師匠からの試練は、セルレギオス+ディアブロス→イビルジョーの3頭討伐クエで、いずれも極限状態になるという恐ろしいクエスト! 最初この数なんでフツーの狂竜化しかしないやつもいるのかなとか適当に思っていったらヒドい目を見ました。
 セルレギ・ディアに通る氷片手剣のミストラル=ダオラをまず担いだんですが、イビルジョーに倒されてしまい。
 そこで、村クエ+3頭クエということで相手の体力の低さを見越し、また全体的に通りがいいものとして爆破のテオ=エンブレムを使ってみることに。

 セルレギオスは極限状態の良心といえるような感じで、柔らかい足元に攻撃が通るので、これを片手剣でちまちま狙えばらくちんですね。
 ディアブロスも同じく足に攻撃が通りますが、こちらは大弱点というわけでもなく、また判定が小さくて連撃が弾かれ部位の体や頭に当たってしまうことがあり、ここからの突進への繋ぎが怖い相手という感じです。乗りダウンを奪ったときなどに尻尾を積極的に攻めて断てば、ダメージ的にも尻尾攻撃の脅威軽減的にもいいですね。
 で、イビルジョー! 前座の片方がマップから消滅した時点で沸くので怖い相手です。極限状態は怒り食らうイビルジョー風の行動になり、ブレスの範囲も劇的に増大しますが、やはり足に攻撃が通るので片手剣で戦いやすいですね。
 比較的乗りやすいので、極限解除のときなども含めて2~3回乗ってガンガン攻められました。 

 ある程度回数を重ねてこれらの特徴を見出して、どうにか35分針くらいかかって突破できました!
 報酬で極竜玉シリーズが合計3個手に入るので、ソロプレイヤー的には他の極限クエよりも入手効率がよく、その後何回もプレイしています。テオ=エンブレムでは25分針くらいかかっていたのですが、つい昨日作ったティガ希少種片手の「絶衝剣【虎王】」の装備で20分針を出すことができるようになっていい感じです。これ、匠も業物もなく運用できるってのはすごく面白いですね!


 古文書も解読を進め、その中でついにあのダラ・アマデュラ亜種とも戦ってきました!
 攻撃極限強化したアーティラートの新装備を作って、「居合術力・抜刀会心・集中・匠・暑さ無効」で挑戦。暑さ無効は推奨されていたので用意してみたんですが、灼熱のフィールドが展開されることが多いのでかなり役立ちますね!

 とそうそう、この装備を作るにあたって、ついに闘技場に手を出しました!
 闘技場は討伐時間が報酬に響くという仕様がキツかったので、ここで初のオンラインを解禁!
 頑張って回して、無事にメイドXスカートとメイドXソックスを作成できました! メイドXソックス超便利!
 仲間の心強さが身に染みつつ、再びソロプレイに帰りました。アマデュラ亜種さんに話戻します!

 アマデュラ亜種は基本的には原種の色違いで、ステージのギミックも同じ……なんですが、大きな特徴として肉質変化がありますね。炎が通って赤くなっている部位は柔らかく、冷えて固まった部分は硬いです。硬い部位にしか攻撃できないということは無かったので、爪なり腹なりその時柔らかくなっているところを攻めればダメージは通していけました。
 ただ、サブタゲ対象になっている背中がずーっと硬かったので、これは破壊できませんでした。巻き付いているときは常に硬かったんですが、何か条件とかあるのかな?

 で、攻撃面はかなり火力高め! 特に大口を開けて突撃するタイプの攻撃は、食らったらアウトだと思っておいたほうがいいですね。ブレスは4のときの原種と変わらない? っぽかったので、初見でも避けられました。
 なんとか頑張って攻撃を続けて、時間も気になりながらステージの半分が崩壊してモードも変わり。いける! と思っていたら、まあなんですかあのメテオに次ぐメテオ! 体力が少なくなるともう流星群のごとく振りまくりですね!
 ろくに溜め攻撃もできなくなってきて、それでも避けきれずに強引に回復しながら攻めまくり、限界も近い中……

写真 2014-12-01 0 34 51

 いっよーし! よーしっ!
 42分くらいかかりましたが、どうにか突破できました! 2乙だったので後半のメテオラッシュの緊張感がスゴかったです……。


 さてさて、さらに解読を進め。
 今度は、ずっと前から話に聞いていた臨界ブラキディオスに挑戦です!
 装備はなんとなく防御極限強化にしてみた正統十字ペリスケリスに、「回避性能+2・細菌研究家・匠・耳栓・業物」で挑戦。防御力はなんと792! こんだけあればへっちゃらですね! さあかかってきなさいよ!

 臨界ブラキディオスは、あの溶岩島での戦いになります。フィールドに恥じないデカさ!
 とりあえず、見た目は普通のブラキディオスがちょっとデカくて粘菌黄色くなった感じ。曲も私が大好きないつものアレです。
 というわけで遠慮なく攻めます! ざくざく斬っていると、なんか腕の粘菌が赤っぽい色に。? と思いつつ叩くと、なんと腕に爆発の兆候が! あら、と思いつつ食らっ

 ぎゃあーーーーーー!!?

 なんなんですかあの威力は! 防御力800くらいあるのに7割くらい持っていかれましたよ!
 この赤い粘菌、そこへの攻撃に反応しての爆発! これが臨界ブラキディオス最大の特徴であり、脅威ですね! 片手剣の場合は攻撃してすぐに回避すれば爆発前に逃れることも可能ですが確実ではありませんし、意図していないタイミングで爆発させてしまうと恐ろしいほど危険です。これPTプレイ怖そうですねえ!
 動きこそティガ希少種みたいに通常のブラキより遅めですが、それでも時折ブラキらしい高瞬発の攻撃を仕掛けてきますし、なにより爆発系のワザの威力がハンパではなくてかなり怖かったです。
 さらに、タフネスもかなりのもの! 頭に攻撃に行けなかったのが痛かったんだと思いますが、斬っても斬ってもなかなか死なない! 逆にこちらが2回死にまして!
 後がなくなってしまい、サブタゲクリアも視野に入れながら必死の攻撃。果たしてどうなる……


写真 2014-12-05 16 23 52

 こうなるっ!
 アマデュラ亜種よりさらに危ないタイムで、どうにかこうにか突破!
 そして報酬ハンパなく少ない! 固有素材っぽいの頭のやつしか取れなかったような!
 ブラキはわりと大剣のほうが戦うの得意だったりするので、今度はアーティで行ってみてもいいかなと思っています。45分は大変ですよこれ……。


 そんな中、続々出現してきた極限状態モンスターのクエストも頑張って攻略してみることに。
 極竜玉は師匠クエで集めるので、とにかく各1回攻略できればいいやという感じですね。
 既にセルレギオスは突破しているので、他に挑んでみました。
 
 まずは、以前も挑んでこてんぱんにやられた相手、ジンオウガ! そう、「高難度;鳴神狂潤」です!
 前回どうにもならなかった原因の最たるものとして、「抗竜石・心撃を使用して後足を切りまくっていた」という点がありました。心撃使用時もはじかれ部位へのダメージは極小のままなので、本来柔らかい後足への攻撃もほぼ無意味で、それゆえにいくら斬っても倒せなかったわけですね。
 今回は心撃を抜いて、前脚をしっかり狙っていくスタイルで挑戦! 武器はミストラル=ダオラです。

 今回のジンオウガはスピードとパワーを兼ね備えた難敵で、久々の戦いではやはりペースを掴めず、まずは2回ほどリタイア。どうにか回避タイミングに慣れてきてようやくまともに渡り合えるようになりました。
 極限ジンオウガは本当に恐ろしい攻撃連携の使い手で、素早いタックルや他の行動の後の尻尾攻撃、そこから飛び出す雷弾など、次にどんな攻撃をしてくるか想像しておかないと対処できない怖さがありますね。回避性能の力を借りて、ひたすら斬っては離れを繰り返します。
 極限状態専用の赤い玉はやはり脅威! あれ、たまに信じられないくらいの距離を追尾してくることがあるんですがなんか条件でもあるんでしょうか。いずれにしてもこれを食らうとマヒになってだいたい死ねるので本当に注意ですね。

 極限状態を解除できたとき、一気に畳み掛けるために落とし穴を調合分持って行きました。結構長い間かかってくれるので便利です。それにしても最初はあれだけ苦戦したG級通常ジンオウガが、このクエ中だとなんと楽なことか……。
 あちらがあちらなので、こちらもBC逃げなどを使いまくってねちねち攻め続け。やはり今回は攻撃がちゃんと通っているみたいで、初めて足を引きずる瞬間を目にすることができ、
 

写真 2014-12-06 0 46 16

 さらに追撃して、ついに、ついについに! 極限ジンオウガ、撃破成功しました!
 そうそう、エピソードクエストの第2弾を攻略してイモートさんも仲間に加えました。便利なネコちゃんというのは聞いていたんですが、まさか回復トレンドで合体技大改造+サイン術の突撃隊とかいう完璧構成だったとは……。ありがとうミケちゃん! また会う日まで!
 ただ極限状態って突撃隊を完全無効化してくれますね! まったくもう!

 ともかくこれで調子づいて、他の極限個体も攻略開始!

○ディアブロス
 ……師匠からの試練で攻略済みの相手。ですが、気持ちがはやるとどうしても体に攻撃を当てて弾かれてしまい、ちょっと苦戦しました。変わった攻撃がない分、攻め継続能力が高くて気絶を誘発されたのが怖かったですね。ミストラル=ダオラに「高級耳栓・匠・業物・回避性能+2・見切り+1」という新作成の汎用装備でなんとか突破!

○ティガレックス

 ……頭と胴体、尻尾の先に攻撃が通る、でいいのかな?
 最初は雷片手剣の「金獣棍【禁呪】」で挑みました。そうそう、こんなのも作ったんです。だじゃれか!
 ……が、片手剣の懐に入り込んで戦うスタイルを弾かれで否定されまくって何もできずに撃沈!
 ならばと、ティガ希少種戦などで活躍していたアーティラートで挑みました。頭に通せるので、極限状態でもあまり通常状態と立ち回りが変わらず、ごりごりと攻めて撃破! 今までの極限個体の中では一番まともに戦えました。セルレギオスさんのほうが楽ではありますが、通常個体と全く同じ戦い方でおk、という意味で!
 ただ、私はどうしても大剣だと突進攻撃を避け切れません。回避時の感覚的に回避距離があるとかなりいい感じになる気がするんですが、今度装備作ってみようかな?

○ガララアジャラ亜種
 これも同じく、まずは禁呪で挑戦!
 ……はあ! はあそういう!
 亜種の中で柔らかい尻尾の先に極限状態でも攻撃が通るのはいいんですが、あの巨体なのに身じろぎの非常に多くの部分で攻撃判定を発生させ、重なることで無視できないダメージを蓄積させてきます。水のブレスは被ダメージが低めだったのはまだいいにしろ、やはりあのホーミングは脅威!
 とにかく攻めようとしても後退しながら尾を隠し、いやらしく削ってくるので、片手剣では戦いづらく。またもアーティに変えて挑んでみました。
 アーティならとりあえず尻尾にぶっぱ、がやりやすく、やはり戦い方は楽になりました。しかし各種相手の攻撃の面倒くささは相変わらずで、まあとにかく削られる削られる! どんだけ硬い身体してるんですか!
 中距離にいるときに使うクチバシの突き攻撃も厄介! ですが、2連続で使用したときは後隙が大きいので、これは攻撃を合わせやすかったです。たまに硬い頭で尾先を隠したりしますけどね!
 どうにかこうにか、30分針で撃破に届きましたが…………たぶん今までで唯一、撃破したときもマイナス感情が湧いた相手です。何をどうして欲しくて作ったんですかこれ!

 とまあ苦しめられましたが、今出ている分は攻略…………ああそうだラージャン先輩忘れてました。あれはいいねもう! ね!
 
 極限状態や師匠クエを重ねて、古文書の解読も進み。
 つい先ほど、8冊目だったかな? の解読が完了しました!
 登場したのは「白銀の地は崩壊す」ウカムルバスの強化個体クエストですね。常時怒り状態とのことで、このために「高級耳栓・匠・挑戦者+2・業物」の装備を作ってみました。最初は雷属性狙いの禁呪で行くことに。

 …………ううん! うん! あっははは!
 初手ですけど、15秒で乙しました! 振り向きの足に引っ掛かったと思ったらそのまま突進に巻き込まれて、まさかあんな超ダメージを受けるとは思わず……。話に聞いていたより足のダメージ自体はまだまともなレベルではあったんですが、その足への引っ掛かりやすさがえげつないですね。あれは厳しい!
 もちろん突進、潜行攻撃などの威力は一撃で6~7割、それ以上のものもある特大火力。超ホーミングの潜行攻撃は片手剣の場合ガードでいなせますが、なぜか2ヒットして大きく削られることがあるのが怖いですね。
 リトライ。とりあえず尻尾を攻撃し、これは5分針で切断。あとはひたすら後足を斬り続けます。結構ダウンはするんですが、復帰速度が異常なほど早く、頭に回るような攻撃チャンスは皆無ですね。
 
 注意していても死ぬときは死ぬ、ということで、潜行攻撃で雪だるまにされる→本体当たる、とか、ブレスの安全だと思っていた位置へのなぎはらい直撃でHP満タンから即死とかあって、結局3乙! 回復アイテムも消費量がやばくて、時間いっぱい戦いきれてたかどうかも疑問が残りました。
 そこで少し調べていると、テオ=エンブレムで行けたとの書き込みが。ちょうど生命力極限強化をしていたので、これに持ち替えて勝負!
 この生命力極限強化、白銀ウカム戦では非常に役立ちますね! 足削りや潜行ガード1ヒット分など、少ないダメージならラッシュの中で回復できるので、ここで回復薬が不要になったのはかなり良かったです。ただ、焦ると別の部分で追加ダメージを受けてしまい、ここから乙してしまうことがありました。

 そして何より問題なのが、敵の耐久力
 ペースを掴めない時間も多かったですが、45分斬り続けて倒せないまま結局3乙してしまいました。あの攻撃力に加えてここまでのタフネスとは……! これがついさっきのことなので、古文書ウカムに関してはまだ未撃破です。
 爆破攻撃自体はウカムを怯ませたり転ばせたりと便利なんですけど、ダメージ的にはどんなものなんでしょう。時間切れはいやだなあと思って、アーティ主体の新装備を作るとか、ちょっと別の解決策も模索してみるつもりです。数ある難関クエの中でも相当えげつないクエだと思うので、どうにかソロで突破してみたいですね! めげません! 多分!

 4Gのプレイ時間が200時間を越えて、この調子だと4無印を越える時間遊べることになりそうです。やっぱりソロのモンハンはやり応えありますね! まあでももう少しだけ手心加えた内容でもいいかな! 極限状態とG級強化個体は本当にきっついです! がんばろう!

 それでは、今日はこのへんで。アイルーヘアバンドX、欲しいです。今から闘技場またやってこようかな!

※追記

写真 2014-12-07 1 40 04

 うううううぅっひょおおおーー!!
 古文書ウカム、あれから突破できました!
 アーティラートに「居合術力・抜刀会心・匠・集中・不屈」という新装備を用意しました!
 開幕でわざと即死、以降20分針あたりでもう1回乙してそこからは不屈2状態!
 攻撃2050、防御870のパワーで頑張りました。
 ……でも、それでも48分かかりましたよ! 尻尾と後足しか斬らなかったけど頭ムリじゃないですかあれ!
 最後の5分くらいは本当に防御を捨てて特攻を仕掛けました。よく死なずに済んだものです……。
 潜行攻撃は発動後少ししてホーミングが弱化するので、その後に大きく横に走る→接近したら雪玉に気をつけてウカムすれすれをちょっと視点回しながら走り抜ける、で安定して回避できるようになりました。
 避けるときに段差があると引っ掛かったりジャンプしちゃったりで間に合わなくなってしまい、これが乙の原因になりました。回避予定地は必ず平坦な場所を選びたいですね。
 しかしすごい達成感! ちょっと震えきてます。これぞソロの醍醐味ですね! もう二度と行きませんが!
 
スポンサーサイト

web拍手 by FC2
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://cottonpasty.blog134.fc2.com/tb.php/1076-dec5bee5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)