プロフィール

ぱすてぃ

Author:ぱすてぃ
百合が好きでポケモンを好む、文章を書く人です。
好みのゲームは任天堂系/テイルズはじめRPG全般/デモンズ・ダークソウルなど。
百合は小説漫画といろいろ。百合文も書きたいです。

【ドラクエ10】
ぱすてぃ [MY795-653]

最新記事

リンク

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログコミュニティ

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

ポケットパスタ・ゲーム記
ゲームのプレイ日記を書きたい分だけ書くブログです。3DS「RPGツクールフェス」で『かけらのメガルエ』を第1回コンテストに投稿中。
ポケモン超不思議のダンジョン 第1回プレイ日記!
pd1-1.jpg

 こんにちは!
 ひっそりとこちら、3DSの新作「ポケモン超不思議のダンジョン」を買ってしまいました!
 もともとは特に買う予定がなかったんですが、わりと評判がよさげだったので発売日から1日あとの金曜日にスタートさせました。

 ポケダンシリーズは初代の青の救助隊・2作目の時の探検隊を遊んだきりで、空の探検隊やマグナゲートといった最近の作品は遊んでいないのでだいぶ久々になりますね。……時の発売2007年らしいので8年ぶりですか……!


写真 2015-09-20 13 28 56

 現在、ここまで進みました! そろそろストーリーの6割ちょいくらいは来ているんじゃないかなという感触ですがどんなものでしょう。

 
 さっそくゲーム内容のほうの感想ですけど、なかなかいい感じですね!

 まず、全体的なバランスが結構まともになっている印象です。
 ポケダンの特にストーリー部分の攻略って、昔のシリーズはかなり難易度が低めの調整だった記憶がありまして。主人公やパートナーのポケモンの能力が高く、通常攻撃でもある程度敵を倒すことができ、ワザを使えば道中の敵は瞬殺できるくらいの感覚だった気がしています。
 が、今回は主人公たちの能力がかなり抑えられていて、しかも通常攻撃は最大で5ダメージしか与えられない? という仕様になっているらしいので、ザコ敵を倒すのにも複数回のワザを使う必要があったりします。必然的にPPの消費が激しくなるので、ピーピーエイダーの重要性が高くなっていますね! もしピーピーエイド系のアイテムが底を尽きてしまった場合、ほとんど逃げるしかなくなってしまいます。

 敵の攻撃力も全体的に高く、ザコの攻撃でもこちらのHPの3~5割くらいを持っていかれることも珍しくなかったり。「みだれひっかき」などの連続技の強さも相変わらずで、不意にこれを食らったりするとHP満タンからの即死もありますね!
 ただし、ひんしになった時に自動復活できるふっかつのタネの簡易版、「プチふっかつのタネ」が大量に手に入るようになっているので、これをある程度常備しておけば多少のイレギュラーには十分対応できるようになっています。プチふっかつはPPやおなかこそ回復しないものの、HPは0から満タンまで完全復活できるので、使い勝手は全く問題なしですね。

 また敵が強いぶん、特殊な効果を発揮する「たま」系のアイテムも有効に使えるようになっています。私は過去作ではほとんどたまは使っていなかったんですが、今作は部屋全体の敵をしばり状態にする「しばりのたま」とかにお世話になりますね。
 さらに、同じ種類をスタックしておける「えだ」というアイテムも登場していて、これの使い勝手が非常にいいですね! 遠距離の相手をしばったり混乱させたりワープさせたりできるので、緊急時やボス戦ではガンガン使っていくといい感じです。いずれ遊ぶことになる持込不可ダンジョンでは、こういったアイテムの温存や取捨選択も生死を分けることになりそうですね。

 個人的には、タイプ相性の影響がそこそこ強くなっているっぽいところも好きですね。
 以前の作品では「こうかが ないみたいだ……」の相性の攻撃でも5割くらいのダメージが通っていたんですが、今回は完全に無効化されるようになっているので本編と比べて違和感がないように感じます。それによって攻略が辛くなるところもありますがやっぱりメリハリが効いているほうが面白いですね!


 難易度が理不尽に高いかというとそういうわけでもなく、サブクエスト的な調査団のしごとなどをしっかりとこなしていけば、ボス戦などでもそこまで苦戦はしない印象です。戦力の充実していない序盤のほうがちょっと厳しめに感じて、今はそこまで大変ではないかなという感じ! ただ油断はできないので、やっぱり従来作とはぜんぜん歯ごたえが違いますね。


 要素の充実という点でもうひとつ、 「リングル」と「ラピス」という新要素もなかなか楽しいですね!

写真 2015-09-20 14 51 24

 簡単に言えば、リングルはスロット付きのアクセサリのようなもので、ラピスはスロットにはめる宝珠のようなものです。
 面白いのが、リングルは自分のアイテムとして収集していくことができるんですが、ラピスに関してはダンジョンを出るたびに全て失われるという点ですね! ラピスはダンジョンを攻略しながら現地調達して、そのダンジョン内でのみ効果を発揮してくれるというものになっています。
 ラピスの入手がランダム要素になっているぶん、その効果は強力! 一定確率でワザが2連続発動になる「わざれんぱつ」をはじめとして、追加効果を与えたりダメージが増えたり減ったり回避が上がったりなどなど効果は様々ですが、いずれも発動率や効果量がかなり高めに設定されているので、有力なラピスを揃えることができたダンジョンの終盤などでは戦闘力が段違いになっていることも。いらないラピスはアイテムとして使用することでダンジョン内での能力アップができたりもするので、手に入れば嬉しいアイテムになっています。

 リングルも素で特殊効果(ランダムではありませんが)がついていたりスロット数が多いレア版があったりするので、ある程度収集する要素として楽しむこともできそうですね。あまりキャラクターが身につける装備品のレア要素や収集要素が多くないシリーズだったので、これは嬉しいところです。


写真 2015-09-20 13 27 32

 今度はちょっと見た目などのお話!

 グラフィックなんですが、予想していたのよりも全然よくてびっくりしました! もちろん携帯機らしくそこまで精細ではないですけど、決して汚いということはありません。
 最後に遊んだポケダンが時の探検隊で、このころは全て2Dのドット絵だったんですよね。オリジナルのドットで再現された全ポケモンの絵を見るのがすごく好きだったので、近年のWiiダウンロードやマグナゲートで3Dキャラになってしまったのがかなり残念だったんですが、今回触ってみたらけっこう丁寧な作りのグラフィックでまったく違和感がありませんでした。
 
 加えて、3Dの立体視深度がかなり深めに作られていて、このグラフィックが引き立てられているのがとても大きな評価点ですね! 最近あまり3DSのソフトで遊んでいなかったり、立体視深度が浅い(または無し)のソフトしか触れていなかったので、ひさびさに感動ものの立体視を見れた気がします。ポケモンは本編の立体視がアレなのでまったく期待せずに調べてもいなかったため、完全に予想をいい意味で裏切られました。
 パーツが複雑なポケモンとか、飛んでるポケモンの実物感がすばらしいですね! イベントシーンも非常に立体視を重視したつくりになっていて、オープニングに登場するデオキシスとレックウザのムービーは引き込まれました。
 イベントシーンに関しては、「!」みたいな表情のエフェクトがかなり豊富に用いられていて、多数のポケモンが出てくるシーンでも演出に手を抜いていないところも好印象です。わいわいがやがやしたシーンが多い本作のストーリーにとてもよく合ってますね。

 上の画像のとおり、会話文にポケモンの顔グラフィックの絵がついてくるのも高評価! ここで2D絵が出るとなんか安心感があります。ストーリーに登場する以外のポケモンにも多少の表情違いの絵なども用意されているっぽく、このへんの物量感はかなりすごいなと思わされますね。


 でもって、シリーズを通して評価が高いBGMに関してもいい意味で相変わらず!
 過去作のアレンジも交えつつ、町でもダンジョンでも「おおっ」と唸る曲のオンパレード。序盤のなんでもないダンジョンでもいきなり本気で飛ばしてきます。さきほど攻略した炎の島なんかもう最高でしたね!
 音楽の方向性もいままでどおりで、「いかにもポケダン」という感じの曲で統一されているのも嬉しいところですね。今後の曲にも大変期待が持てます。

 
 また本作は、第6世代までのすべてのポケモン、720種類が登場するというのも大きな特徴!
 DSのシリーズまではその時点での全ポケモンが出ていたんですが、前作のマグナゲートが確か150種類くらいしか登場しないという悲劇が起こっていたらしく、そこからの反省と反動か、ばっちり全種類登場となったようです。

写真 2015-09-20 14 48 17

 主人公以外のポケモンを自分たちの仲間にするためには、過去作のように倒した敵が起き上がるシステムではなく、「つながりオーブ」という新システムを使うことになります。見た目がハンパなくキズナグラムっぽい!
 ここに表示されたポケモンがたまに依頼を出すことがあり、その依頼を達成することで仲間になってくれる、という仕組みですね。このときに助けたポケモンがつながりを広げてくれたり、さらには他のポケモンを紹介してくれて芋づる式に一気に何匹も仲間になったりと、一度の依頼で複数のポケモンが仲間になることもあります。さすがに全ポケモン分の依頼とかどぎついですからね!

 従来作に比べて仲間化は簡略されたという印象で、地道に仲間を収集していく遊びが好きだった方はちょっと残念な要素かも? とも感じますが、私は全種類収集とかできたことがないので、ある程度このくらい簡単なほうがありがたいですね。


 このオーブ、手に入った直後の表示の感覚とかから、「これホントに全種類仲間にできるようになるの?」と疑問に思ったりもしました。720種類登場はするけど、仲間になるのはその中の一部で、あとは敵としてのみとか……なんて気もしてしまい、不安を感じたり……

写真 2015-09-20 13 29 38

 したんですがその邪推は直後のセーブ画面で瞬時に払い除かれました。ほんとすんませんした! その時6/720とかで軽く戦慄を覚えましたよ!

 でそう、主人公とパートナーを最初に選ぶんですが、今回は主人公をフォッコパートナーをポッチャマにしました!

写真 2015-09-20 14 51 46

 加入時55のカイリューが仲間になったり……こういうのはメインシナリオでは使用できない上、一度使うとしばらく起用できません。

 やっぱり6世代まで入った新作なので、第6世代の御三家は使いたいなと。タイプ相性的には草よりも水のほうが使いやすいかなと思ってパートナーは水、中でもお気に入りでみず・はがねに成長するポッチャマ、という感じで選びました。メガシンカがあるらしいので両方メガにならないやつ選んじゃったのはちょっと懸念ではあります!

 主人公のフォッコは、最初から射程2マスのひのこと射程4マスのサイケこうせんを覚えているのが扱いやすいですね。
 ただ、その後に続くワザが現時点ではあまりよくないので、わざマシンで補強してかえんほうしゃとメロメロを持たせています。かえんほうしゃは射程4マス、メロメロは性別の概念がないのでどんな相手にも高確率で決まって行動制限と、結構扱いやすいですね。やや火力不足で起用貧乏な感はありますが、基本的にはこのフォッコを操作して戦っています。

 パートナーのポッチャマは、射程4マスのあわとバブルこうせんを覚えるため、後方からの援護攻撃に適していますね! 本作は有射程の攻撃が(一部を除いて)味方をすり抜けて敵に当たるので、操作しないポケモンに射程の長い攻撃があると大幅に使い勝手が上がります。遠距離攻撃があるとガンガン使ってあっというまにPPが無くなってしまうので、同じ役割のワザを複数持っていてもまったく問題ありません。
 さらにわざマシンを使って、れいとうビームを習得させて遠距離技を3つにしています。水と氷は相性補完も適していて、さらに使い勝手がアップしました。とくこうリングルを持たせて火力を上げて攻撃系のラピスも優先的に回してあげると、フォッコよりも安定的に高い火力を出すアタッカーとして大活躍してくれていますね。主人公これでいいのかって気もしますが!

 余談ですがシナリオでのパートナーのキャラが強烈ですね! 最近はちょっとおとなしいですけど序盤とかまじもんのトラブルメーカー! あそこまで強引なタイプのキャラってなかなか珍しいので新鮮で見てて楽しいです。かわいいし!


 仲間になるその他のポケモンも、ワザをしっかり整えてあげるのが面白いですね。わざ思い出しが無償でできるので、進化系のポケモンが仲間になったときは特に楽しいです。メインシナリオを進めるためには、チーム編成が自由にできるサブ的な調査クエストもある程度こなす必要があるので、こういう時にいろんなポケモンを操作してみるのも一興! 操作するポケモンを下画面タッチなどで瞬時に変えられるのもいいですね。

 ワザに関して言うと、ワザの成長要素もなかなか面白かったり。
 ワザを使っていくと熟練度のようなものが溜まって性能がパワーアップしていくんですが、それはポケモンごとではなくワザごとに記録されていくので、たとえばフォッコでひのこをたくさん使ってひのこのレベルを上げておくと、後でロコンでひのこを使った時にも強化した性能で扱うことができるという仕組みになっています。ワザ好きの私としてはなんとも楽しい仕様! ワザ選びをするときに、そのワザのメジャー性や将来性なんかも考えられる独特の面白みがあります。


 とまあそんな感じで、過去作の充実感を復活させつつ最近の作品の要素も取り入れ(ワザ成長要素などはマグナゲートからあったみたいです)、しっかり集大成となるべく作られたゲームという感じがしますね!
 過去作のポケダンはシナリオを遊ぶことがメインで、あまりエンドコンテンツ的なポケモンコンプや持ち込み不可ダンジョンには力を入れてプレイできていなかったんですが、今回はもろにそういった深いところも目標にしつつ、長期間がっつり遊んでいければなと思っています。そういう意味ではまだスタートラインにも立っていない状態なんですが、今はしっかりシナリオも楽しみたいですね! そしていずれはワタッ……!

 それでは、今日はこのへんで。今作も大きいポケモンは大きいみたいですけど、過去作みたいにサイズによるコスト制限とかあるのでしょうか! 昔それがすごく残念だったので、無かったら超うれしいな!

スポンサーサイト

web拍手 by FC2
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://cottonpasty.blog134.fc2.com/tb.php/1213-7f203ae0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)