プロフィール

ぱすてぃ

Author:ぱすてぃ
百合が好きでポケモンを好む、文章を書く人です。
好みのゲームは任天堂系/テイルズはじめRPG全般/デモンズ・ダークソウルなど。
百合は小説漫画といろいろ。百合文も書きたいです。

【ドラクエ10】
ぱすてぃ [MY795-653]

最新記事

リンク

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログコミュニティ

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

ポケットパスタ・ゲーム記
ゲームのプレイ日記を書きたい分だけ書くブログです。3DS「RPGツクールフェス」で『かけらのメガルエ』を第1回コンテストに投稿中。
ドラゴンクエスト10 第288回プレイ日記!

 大変ご無沙汰しておりました、こんばんは!

dq288-5.jpg

 DQ10の記事を書くのは、相当ひさびさな気がしますね!
 ちょっと気になる作品が重なってこちらは控えめのプレイだったんですが、しかし今日からスタートしたコレについてはお話ししておかなくてはなりません!


写真 2015-09-24 5 01 48

 そう! 新登場のコインボス、「ドン・モグーラ」の登場ですね!
 あの大地の竜玉の伝承合成先である、「大地の大竜玉」という大本命のアクセが討伐報酬になっているということで、実装前からじわじわと話題にされていましたね。あっという間かようやくか、ともあれ満を持しての実装となりました!

 今回は、1400枚ちょっとのふくびき券を用意!
 前回の四諸侯のときには及びませんが、なんとかある程度まとまった数を確保できました。もうこれで倉庫はパンパンでしたが!

 朝5時に起きて、さっそくふくびき!

 ……結果、どうにかこうにか1等のドン・モグーラコインを1枚当てることができました! やったー!
 2等になった四諸侯、3等のマジンガはある程度まとまった数が出たりも。四諸侯は少なからず値段が落ちると思うので、連戦が気にならないくらいの価格になってきたらいずれ理論値を目指したいですね!


 ともあれ。
 1枚当てることができましたので、さっそく持ち寄りで挑戦してきました!

dq288-4.jpg

 ばん! まずはチームのみなさんと!
 構成は戦戦旅僧で、私は僧侶で参戦しました。耐性は前衛は混乱幻惑転び、僧侶も混乱転びをそれぞれ用意!
 光大弱点というメジャーな属性での突破が可能なので、アポロン大活躍のバトルですね!
 ……初ということで厳しい展開にもなりましたが、どうにか4戦とも勝利できました! 現物はなし!
 
 ちょろっと動画を見てから行ったんですが、実際やってみないと分からないクセの強さがあるボスでしたね!
 1つには、「大地揺らし」の厄介さ! ネクロゴンドの波動のようなジャンプで回避できるタイプの範囲攻撃なんですが、ジャンプのタイミングがややこしく、発動直後に飛んでしまうとタイミングが合わずにダメージを食らってしまいます。それでいて範囲が非常に広く後衛も避ける必要があるので、PT全体が警戒しておかないといけないのが厄介ですね!
 後半になると使ってくる「真・大地揺らし」は現状の土耐性ではまず防ぎきれないほどの強力な即死級ダメージを与えてくるので、これで一気にPTが崩れてしまうこともありました。
 ふきだしが出てからモグーラが手を4回振ったあたりでジャンプすると避けられるようで、これさえ知っておけば他のジャンプ攻撃と変わらないような安定感で避けられると思います。それでも範囲の広さがえげつないので、見えたら必ずジャンプしたいところですね!

 2つめとしては、モードチェンジと仲間呼びの特徴ですね!

dq288-3.jpg

 ドン・モグーラはHPの残量が一定(?)になると、セリフを表示させながら頭にアフロを生やしてモードチェンジを行うという特徴があります。
 最初は緑のアフロで、この際は物理攻撃に対する永続のテンションバーンがかかり、仲間呼びで「もぐらの子分」を召喚。
 もう少し削ると黄色のアフロになり、呪文に対するテンションバーンをかけて「もぐらのエリート」を呼ぶように。
 さらに削ると最後は赤アフロになり、全攻撃へのテンションバーンに加えて「バンドなかま」を召喚してきます。

 このうち、赤になった時のバンドなかまの召喚がかなり強力で、これを呼ばれてからの戦いで危ない目に遭うことが多かったですね!
 グラコス・サンダーシャウト・プークプック型のモンスターが出現して計4体が出現している状態になり、それぞれ海魔神の怒りやジゴスパーク、能力アップといった技を使う上にモグーラとのテンションリンクもあるため、一気に混戦状態になります。さらにモグーラの真・大地揺らしとグレイブホールで瓦解する要素もあるので、大地の避け方も分かっていない初見でさばくのは非常にきつかったです!

 赤のときのバンドなかまは1回しか呼びませんが、緑と黄色のときのもぐらは何回も呼ぶなど、呼び方にも違いがありますね。分かってしまえばそこまで複雑な特徴ではないですが、最初のてんやわんやの状態では結構恐ろしかったです。


 ドン・モグーラとの戦いでカギになるのは、上記した赤いアフロでのバンドなかまたちの召喚をどう対処するか、という内容におおむね集約されるみたいですね! 
 赤アフロになるまでは仲間を呼ばれてもそこまで苛烈な状況にはならないですし、本体は「芸術スペシャル」を防ぐ耐性をつけて大地揺らしのジャンプを処理できればテンションの乗った通常攻撃くらいしか怖い攻撃がないので、比較的のんびりした状態でバトルを進めていくことができたりします。

 そのバンドよびの対処にも、色々なパターンが!
 けっこう色々なパーティ構成が候補に挙がり、それぞれの構成によって対処の仕方も変わってくるようです。
 今回はちょっと何回か持ち寄りに行って、いくつかの構成を試してきました!


○戦戦旅僧
……最初にチームで行った構成を野良でももう一度!
  モグーラを2枚の真やいばで抑制して、黄色までのもぐらは真・オノむそうを絡めるとわりと簡単に倒せるので、赤までの安定感が強い構成ですね。旅が支援に回ってくれると僧侶が補助をかける余裕もでてきます。
 赤のバンドよびは、チャージタックル2枚で高い確率で2回まではストップできます。ただ大火力の構成ではないので、2回止めてもまだモグーラを倒しきれずに3回目の呼びが来る可能性が高いですね!
 よって、バンドなかまたちが呼ばれることをある程度前提として戦う構成だと思います。呼ばれてしまっても戦士2人で火力を集中させて各個撃破に回り、旅が支援をしてくれると高い安定感で突破できました。
 バンドなかまを呼ばれれば5分、運良く呼ばれなければ3分30秒ちょいくらいで撃破というペース。スピードは劣る可能性が高いですが、初日は安定重視で全く問題ないと思うので、個人的には今日遊ぶぶんにはこれがもっとも好ましい構成だと感じた次第です!
 

○戦魔戦道僧

dq288-2.jpg

 ……どうぐ使いが話題になっていたので、こんな構成で行ってきました!
 装備とスキルを揃えて、どうぐ使いぱすてぃさんで参戦。今になってヴァイパーの出番が!
 どうぐ使い最大の特徴は、モグーラが使う「グレイブホール」をトラップジャマーで奪うことができるという点ですね。奪ったグレイブホールに相手がひっかかると、モグーラも取り巻きも穴に吸い込まれて姿が消えた状態になり、その間はスタン状態のような扱いで一方的に攻撃することができます。20秒程度の長時間止めておけるので非常においしいですね!
 そして、ヤリを持って攻撃ができるという点も今回は大きいです。本命として使うのはけもの突きで、宝珠Lv5+ライトフォースの光ベルトで攻撃すれば、バイキありで870前後の大ダメージを叩き出すことができました。魔戦のFBとの相性もよく、蒼天魔斬と比べて発動が早いので、回転率からいえば斧戦士に負けないくらいの火力が出ているかも!

 肝心なのは、この高い攻撃力を最大限に活かすことだと感じました!
 早い話が、この構成のどうぐ使いは今までのような補助役ではなく、がちがちのアタッカーとして動かなくてはいけないということですね!
 最初は開幕やもぐらが赤になるタイミングでブーメランのデュアルブレイカーを使っていたんですが、これを使うために武器を持ち替えたりすることで火力が落ちてしまい、バンドなかまはおろか、エリートもぐらの殲滅にも苦戦してしまうという展開に。それが災いして、一度全滅の憂き目を見てしまいました。ほんとに申し訳なかったです!
 色々アドバイスを受けて、結果的にほとんどヤリで攻撃してバンドよびの時だけハンマーでスタンをするくらいの感じがいいということを知り、これを実践した回はバンドを呼ばれずに2分50秒程度で撃破できました! 意識して火力を出すということがとにかく大事になってきますね。宝珠はけもの突きが必須・狼牙突きが推奨・あればさみだれ突きやジゴスパークも欲しいところだと思いました。

 赤のバンドよび対策は、基本的には呼ばせない方向になると思います。赤になる前に魔戦のフォースブレイク入れを試みて、バンドよびをスタンかチャージで止め、その間に一気にモグーラのHPを削って怒り状態(仲間呼びを使わなくなる)まで持っていき、怒りを放置しながら倒せればいい感じですね。どうぐのガジェットも有効そうです。逆に呼ばれるときつくなるので、どうぐ使いはここで慌てずにしっかり数を減らすのに協力しつつグレイブホールを奪うことを意識していく必要があると思います。
  スキルポイントなどの敷居が高く、必要な立ち回りも今までに無いので難易度が高く感じましたが、どうぐ使いで高火力を出して最新のコインボスに勝てるというのは非常に面白かったです! モグーラならではの戦いがしたい方はぜひ一度。慣れている人で安定すればタイムは早いほうだと思います。


○バトバトバト僧


dq288-1.jpg

 ……バト3構成ですね! これはまたチームの方と一緒で、私はバトで行ってきました。
 最新ボスにバト3って聞くとちょっと怖かったですが、もぐら本体の攻撃があまり強力ではないので、大地揺らしの回避が安定していれば本体との戦いは十分に回復が回ると思います。
 大きな特徴は、仲間を呼ばれても対処が楽だという点ですね! ランドインパクトとプレートインパクトをうまく分担して使うことで、比較的容易にもぐらを倒すことができます。
 バンドなかまの対処は、バト3人によるスタンショット回し! あらかじめ順番決めとくといいですね!

 私が先鋒を願い出て、いざ止めに!  あっ間に合ってない!

 ……赤アフロになって「テンションバーンの効果がかかった!」という表示が出ている時くらいに撃っておかないとバンドよびに間に合わないっぽいと教えてもらいました。スタンはチャージタックルよりもやや発動時間が長いので、注意したいですね!
 ただ、もしバンドなかまを呼ばれてもプレート+ランドで比較的あっさり倒してしまえました! 回復と防御が薄いので危険な状況ではありますが、3体中2体までくらいならあっさりと処理できるので、止められない=終わりということは決してないのはひとつの利点ですね。
 タイムは中程度ですが、バト3僧侶構成らしい「タゲ下がり」「単体に天下・複数にハンマー技」「スタン回し」といったシンプルな立ち回りでそれなりの安定感をもって戦える、これはこれで悪くない構成だと思いました。ただし、大地揺らしの回避タイミング把握は必須ですね! 腕振り4回目!


○バトバト道僧
 ……上記のバト3のあと、どうぐ使いに興味を持ってもらえたのでこんな構成で1戦だけ!
 フォースなし状態でのバイキけもの突きのダメージは680ちょいという感じでした。パワーダウンは否めないですが、種族特攻ベルトなんかも使うといいかもですね。
 この構成ならどうぐ使いはアタッカー兼支援枠くらいのポジションなので、ピオリムやスクルトもかけつつ攻撃。やはりもぐらが呼ばれたときは撃破重視ですね! 
 スタンが3枚あるので、これもスタン回しでバンドを止められます。上に引き続き私が先鋒で行ったんですけど、どうぐ使いはモードチェンジのときに強化ガジェットを重ねたりすることがあってタイミングが厳しくなりかねないので、最初はバトの方がスタン担当のほうがいいかもです!

 ガジェットが発動したりもして早く済んだバトルもありましたが、そこまで特筆するほどの良さがあるわけでもないかなと感じました。ただ、呼ばれてしまったときに一度綺麗にグレイブホール返しを決めることができたのでこれは気持ちよかったですね!
 どうぐも一応バイシ職なので戦士2と組む構成もよさげかなと感じます。ただ立ち上がりや復帰のバイキが非常に時間かかってしまうと思うので、そこが難しそうですね。


 と、そんな感じでした! 私がどヘタくそだった学習前の道具構成以外はどれもきっちり勝てた感じです!
 さらにこれは結構メジャーらしい戦士2魔戦僧侶、拮抗パラ(769!)がいると楽らしいので将来性に期待できるパラ魔構成などなど、他にも実践されている構成は色々あるみたいですね。
 これだけ多くの構成が通用すると自分の通うPTを決めるのが大変ですけど、現在の職性能やモグーラの性能がけっこういいバランスだということなのかもしれませんね!


 さて、バトルについてたくさんお話ししたあとは……
 そう、報酬「大地の大竜玉」がどんなもんよという!

 性能が明らかになりまして、基礎HP30、しゅび+8という内容でした!
 HPが竜玉から5、しゅびは3増えていますね。合成と伝承を含めると、ここにHP5×4を足して、大竜玉のHP理論値は竜玉から+10の50ということになります。とても予想の範囲内という感じですが、それでも忠誠のチョーカーと同等以上には伝承の魅力がある数字になっていますね!

 最初の持ち寄り2回では、あえなく現物なし! これはきつい!
 と、このあたりで大竜玉の合成内容も明らかになり、どうやら竜玉と同じ「HP2、3、4、5」のいずれかとのこと。
 つまり、もし大竜玉の合成がHP2×3だったとしても、伝承合成を行うことで竜玉越えのHP41に到達できるということが判明! どんなにヘタれても竜玉を越えられるのなら、ということで、普段は実装直後のコインボスにあまり行かない私も大竜玉の+3は目指してみることに! そんなこんなで上記した色々な構成での試しとなりました。

 その後はなんとか現物も出て、破片も集まってついに合成が可能に!
 アヌビスのアンクを20連続以上アレなことにしてくれた、それでもかつて竜玉やしんぴを完成させてくれた私の32鯖リーネさんにひとつお願いをして、大地の大竜玉、いざ初合成です!




写真 2015-09-24 21 55 57


 ふぉっ



写真 2015-09-24 21 56 39

 ふぃっ

 ふぉわーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!?リアルにこんなんなりました!



 ありえないことに、なぜかなんと初っ端からHP5がついてしまいました……! なんですかこれ!!


写真 2015-09-24 21 59 51

 この時点で竜玉に並んでしまったので、もう伝承合成……なんでしょうこのチャンピオンロードにいる手持ち少ないけどLv高いポケモン持ってるエリートトレーナーみたいな感! ところでいつだったかの世代で登場したエリートカップルとかいうダブルバトル要員の爆発してしまえ感ハンパなかったですよね!  なんの話でしたっけ!


写真 2015-09-24 23 54 20

 その後集めてきた分で、とりあえずの+4はこうなりました! HP45という感じですね!
 もう完全にこれで結構です! しばらくはコインは能動的には買わずにお誘いとか受けたら行くくらいのいつものスタイルに移行です。モグーラコインの現在の市場価格が48万Gくらいで、今までの流れを考えるとここから上がる可能性も……今日がんばった分でたくさんです。
  なんにしても、モグーラさんあるいはリーネさんに感謝です! 今日は枕を高くして寝られそう! あまり高すぎると首いたくなってくるんでほどほどがいいですが!


 そうそう、少し前にこんな武器を買ったりもしたので、それもついでにご紹介しておきます!

dq288-7.jpg

 べべーん! 戦姫のレイピア、ついに買っちゃいました! だいぶ落ちてきていた会心4.2で妥協を!
 すでにカラーリングした後で、確かさんごとパールだったと思います。パールで刀身を染めるとすごくきれい! こうして見ると柄のあたりの部分がみたいになっていて、お姫さん感が出てることがじわっと感じられたり。


dq288-8.jpg

 バトの左手はいままで使っていた天命のつるぎ攻撃で、こちらもやっすいドレア用戦姫のレイピアを重ねてみました。両方のパール代で会心の大成功を1つ増やせた気がしますが全く気にしません! 
 きれいな白にあざやかな赤と蒼で非常にかっこいいんですけど、ひとつ大誤算が。
 なんといってもエルフでいることが多いので、基本的にバトルのときにもあんま片手剣抜かないんですよね! 戦姫はご丁寧に鞘(カラーリング不可)がついているので……左手のほうなんか二刀流通常攻撃でしか見られないとかもうやっぱ大成功1つ増やしたほうが良かったんじゃないですかこれ!

 ところで本当はこれ、限定アイテムのシュパルトエッジにしたかったんですよね! あの系統、白い刀身にラインを好きな色にするとめっちゃくちゃかっこよくて! 
 同じ色の組み合わせの二刀流が最高すぎたんですが、2本はおろか1本も持ってないので諦めざるを得ませんでした。いつかまた入手機会ほしいですね!

 肝心の戦姫の性能ですけど、ドレアム行ってきましたがわりとそんな会心でないですね! あっはっは!
 とはいえ攻撃錬金のときにはほぼ見られなかったはやぶさ斬りの2連会心がちょくちょく見れたりするので、さすがの合計4.8%という感じを受ける機会も! いずれにせよ欲しかった会心片手なので満足です!


dq288-6.jpg

 あと、魔炎のおおづちがハンパなく浮いていたのでハンマーもドレスアップ!
 かねてから非常に魅力を感じていた聖王のハンマー×2に、ついに手を染めてしまいました。ミストグレー+さくら(だったかな?)をそれぞれ反転させています。
 今のドレスアップに合ってて大変よろしいんですけど、これはホントに魔炎さんの大成功を+2くらい増やせた可能性が! いやドレスアップ代は別腹! 別会計! 大散財!


 それでは、今日はこのへんで。10/1、楽しみですね! モグーラカードもそうですが、かつて600万ゴールドほど費やしたあのお札がついに紙ペラになる日が……!

スポンサーサイト

web拍手 by FC2
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://cottonpasty.blog134.fc2.com/tb.php/1216-bc2e6cb7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)