プロフィール

ぱすてぃ

Author:ぱすてぃ
百合が好きでポケモンを好む、文章を書く人です。
好みのゲームは任天堂系/テイルズはじめRPG全般/デモンズ・ダークソウルなど。
百合は小説漫画といろいろ。百合文も書きたいです。

【ドラクエ10】
ぱすてぃ [MY795-653]

最新記事

リンク

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログコミュニティ

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

ポケットパスタ・ゲーム記
ゲームのプレイ日記を書きたい分だけ書くブログです。3DS「RPGツクールフェス」で『かけらのメガルエ』を第1回コンテストに投稿中。
ドラゴンクエスト10 第295回プレイ日記!
dq295-2.jpg

 こんばんは!
 昨日ご紹介した新ドレアですが、エルフだとこんな感じです!
 こういう薄い色合いとの相性は、さすがエルフって感じですね。よく合います。

dq295-1.jpg

 ちょこんとしたフォルムがまた人間と違うので、両方の見た目を楽しめますね!
 おもさの関係上今は人間でしか使えませんが、オシリスの合成とか進んでこっちも出せるようになれればいいなと思います。ちょっとセトアンよりもオシアンを優先で作っていこうかな!


 さてさて、それはともかくとして!
 本日11/5(木)にメンテナンスが実装され、いくつかの要素に手が入りました。
 レグナードと戦う「竜燐のまゆ」に入る際、混雑状況によってPTが解散されるという問題が解消され、この症状を顕著に食らいまくっていた私としては非常に嬉しい修正だったりもしたのですが……。

 それとは別件で、3.1前期までの段階で捨てていた石版分の石版ポイントが加算されましたね!
 私は、41pの石版ポイントを受け取ることができました! 今までは石版の形にはあまりこだわらずに、入れたい宝珠を5つ(光闇は8つ)入れることだけを目指していたので、こんなところかなと思います。3穴分以上になって、思ったよりも多く感じたくらい!

 というわけで、石版の改造も進めることに!

写真 2015-11-05 13 49 03

 とりあえず、炎の石版をこんな風にしました!
 左上の形がよくなかったんですが、石版交換で運良く左上用のが来てくれたため、一気に綺麗な形になりました。
 今までの5個の宝珠に加えて、6個目を! レグナードの対策になる「鉄壁の雷耐性」を仕込むことができ、実用にも準じたものにできたと思います。
 水の石版がだいぶ配置めちゃくちゃなので、近いうちになんとかしたいですね! 光と闇も「とりあえず2玉が入る」というだけの状態になっているので、もうちょっとなんとかしたいかなとか。まだまだメダルはたくさん要りそうです!

 さっそくその石版改造をさらに進めてもよかったのですが……。

 しかし今日は、またあの方との相対に時間を使ってきました!

dq295-4.jpg
 
 そう、常闇の竜レグナードさん! ほんとすいませんね画像!

 日替わりで強さが変わるレグナードですが、本日はなんと、最強状態である「レグナードⅣ」の登場です!
 レグナードⅣのみ、倒したときに称号が手に入るようになっています。レグナード戦に慣れた証として、取れるものならぜひ取っておきたいところ! 今日は少し正念を入れて、ストームタルト★3なんかも買って気合い十分に挑んできました。

 レグナードⅣの最大の脅威は、なんといってもその圧倒的な耐久力にありますね!
 時間切れの可能性が結構出てくるレグナードⅢのHPが124000ほど、全属性耐性が0.8倍らしいのですが。
 今回の相手である最強状態のレグナードは、HPが150000ほど、全属性耐性が0.75倍になっています。
 属性耐性をかけて耐久力を求めてみると、Ⅲを155000としたらⅣは200000にもなるようですね! ちなみにⅠはこれだと80000! 
 Ⅲと比べても1.3倍ほども耐久力が高く、とにかくバトルは20分間という制限時間との戦いになりますね!

 この耐久力による時間制限があるため、単純にパラや僧侶がPTの壊滅を防ぎ続ければ勝てる、というバトルではなくなっています。
 パラや僧侶がちゃんと動いてしっかりと安定体制を作り出した上で、ダメージを与える魔法使い2人の能力や動き方もとても大事になってきますね。テールやダイブの回避ができないと僧侶のターンが割かれることになって補助回しやパラのライン維持が厳しくなってしまうだけでなく、魔法使い自身の覚醒や早詠みのかけなおし時間が大きなタイムロスになってしまいます。

 魔法使い(パラや僧侶もですが)はMPを一気に回復させるためにエルフの飲み薬が推奨されていて、このエルフの値段が今日は急上昇! なんと、1つ6~7万Gで取り引きされていたようです。消費アイテムの値段とは思えない……!
 トルネコかエルトナふくびきでしか入手できないため、需要が高くなると高騰がすさまじいですね!
 これを1戦ごとに、場合によっては複数個使う可能性も出てくるとなると、ちょっと出費もひどいことになってきます。今回ばかりは、あまり気軽に戦える相手というわけでもなくなっていたかもしれませんね!

 そんな事情があるため、能力の高そうな魔法使いさんは、今日は緑玉では超大人気!
 瞬時に魔法使いの募集が埋まるコインボスとは真逆で、優秀そうな魔の方が緑玉で瞬時に誘われてしまう状況ができていました。パラや僧侶のほうが、よほどたくさん人が残っていましたね!

 なんとか野良で人を集めて挑戦しますが……あえなく敗北!
 野良PTの緑玉では中の人の動きまでは分からないので、やってみなければ分からないどきどき感がありますね。
 ただ、見えるステータスの部分として、僧侶の方で重さが171(パラのレグナード拮抗ラインである728と合わせて、押し勝ちラインの899にする)に達していない方を誘ってしまっていたんですが、やはり相撲にとても苦労されていました。というか、171未満だと相撲補助に加わってもらってもパラ一人のときと同じ拮抗状態のままなので、意味がないといえば意味がないんですよね! 
 ズッシがなければ前に来る意味もなくなってしまうので、これは注意しないとなと思いました。だからこそ、やはり魔法使いで重さ足を用意して171以上を目指す意味も出てくるのかなと!


 全員を緑玉で探して、ばっちりのメンバーで行くのはかなり大変……だったのですが、チームの魔の方ひとりと一緒にPTを組ませていただきました! 信頼できる魔法さんが一人確実にいてくれるというのは、今日は大きかったですね!

 残り二人をまた緑玉から探して挑戦……ですが、敗北! もいっちょ敗北!
 それでも、なんとかしてこのレグナードⅣ、倒したいものです!
 外出を挟んでから帰宅して、もっかい同じ方と組んでから緑玉誘いを! それまで以上に慎重に慎重にメンバーを選ばせてもらって、僧侶さんはなんとすでに撃破称号をお持ちの方と組めることに!
 さらに魔法さんも、能力ばっちりな方が! ……ただほんっとに誘い競争がすごくて、誘いを出してもに他のPTに入るなどで取り消されてしまうのが10人くらい続いた後でようやく入っていただけました。いい魔の方とか緑玉出したとき速攻で数PTからチリン来るんですかね! ちょっと体感してみたい光景です!


 いざ、リベンジ!
 僧侶さんも魔法さんも、今までないくらいに素晴らしい動きでサポートしてくれるメンバーでした!
 チャンスとくぎも結構発動し、「災禍の陣」をタゲを見ながらそれぞれ使ってくれたため、ダメージもいい感じに稼いでもらいました。
 パラとしては……安心感とともに、緊張感に包まれます。ベタな失敗はできません!
 
 パラがなんとかできる部分で注意しなくちゃいけないのは、自分にタゲが向いているときの対処ですね!
 レグナードⅣの攻撃力だと、通常攻撃の1ヒット目はパラのHP満タンから一撃でやられてしまうほどのダメージを受けてしまうので、非怒り時に飛んでくることがある自分への通常攻撃は必ず防がなくてはいけません。ターンエンド行動などの後にレグナードがピクッと動いて立ち止まっている時は、即座に大ぼうぎょを選択ですね! 大ぼうぎょさえしていれば、素で受けても100ダメージそこらで抑えることができます。

 攻撃を防いだあとはまた相撲をするために大ぼうぎょを解除……なのですが、もちろんパラに2連続でタゲが来ることも! そしてブレスなどを使用せず、2連続で通常攻撃をしてくることも可能性としてあります!
 大ぼうぎょを即座に解除してしまうと連続タゲの攻撃に再度の大ぼうぎょが間に合わないことがあり、ここでまた通常攻撃が来ると死んでしまう恐れも! 大ぼうぎょは2ターン分くらいまでは持続してくれるので、レグナードが後衛にタゲを定めて歩き出すことが確定するまでは大ぼうぎょを続けておくのがベターかなと思います。3連続タゲの通常攻撃とか来た場合は知りません!

 自分タゲ攻撃に関しては、地形系のブレスも気をつけたいですね!
 もちろんダメージはブレス耐性で無効化しますが、そのあと足元に広がる炎と氷のフィールドの上に立つわけにはいきません。ベターな対処としては、範囲外まで後に下がってその場で大ぼうぎょを行い、レグナードが次に自分をタゲにしてきた時に備えるのがいいと思います。レグナードからは一旦距離が離れてしまうためちょっと怖いですが、後衛が後にいてくれれば相撲が崩れることはない! はず! たまにL字抜けみたいなのしてきますけど知りません!


 非怒り時をそんな風にうまく乗り越えつつ、バトルを進めていきます。
 序盤はパラがかけておく補助の種類が少ない(まもりのたてを使わなくていい)ので、ウイングダイブの間などにMP回復を挟めますね! ちょっとエルフの飲み薬が高額すぎたので、可能な範囲でけんじゃのせいすいでの回復にしてしまいました。
 魔だけでなく、実はパラのMP消費もかなりのものですね。大ぼうぎょの消費MPが8もあるので、連発しているとごっそりMPが減ってしまいます。耐性がきついⅢやⅣでは会心錬金の意味はほとんどないので、消費錬金のほうがいいかもしれません。

 後半戦、黄色以降は、やはり竜の咆哮に気を付けながらのバトルですね!
 この竜の咆哮の後の行動なんですが、基本的にまず後衛のところまで移動してダークネスブレスを撃つ……のだと思っていたのですが。なんか、パラをタゲにしてその場でパラにブレスを撃ってくるパターンにも遭遇しました!
 このバトルの前にいくらか戦ったときの話なんですが、パラが事前に押しておくことで咆哮ショックを食らいながらレグナードとの相撲を続ける「咆哮押し」をした時、上のようなパラタゲでのブレスが来てしまうと、ブレス行動中にもパラの相撲が継続されてしまうので、その直後に相撲反撃が成立してテールなどの攻撃が来てしまいました。

 竜の咆哮のあとのタゲ決定は、べつに必ず後衛に決定されるというわけでもない、ということでしょうか。仕組み的に考えれば確かにそれはそうですね! ちなみに、怒り時の咆哮であればかならず怒った人にブレスを撃ちにいくはずなので、こういったパラタゲブレスはないと思います。後衛へのブレスが来ると分かっているときは、におうだちで肩代わり無効化するのが有効なので、ぎりぎり動けたときは狙ってみるといいですね!
 ただまあ、これの完全な対処というのがなさそうな気がするんですよね……非怒り時の咆哮で、4人のうちパラにタゲがこなかった場合のみ咆哮押しセーフ……そんなんでしかないような気がします!


 がしかし、今回のバトルに話を戻すと!
 このパラタゲブレスが、なんとちょうど咆哮押しができない状態でショックしてしまった時に選択されて、むしろ後衛にブレスが行かずにセーフのまま立ち上がって相撲に戻れるというラッキーパターンをもらってしまいました!
 さらに他の咆哮時もまもりのたての効果でショックを逃れられることがかなり多く、危険な咆哮押しに頼らずに咆哮ターンをやりすごすことができたのが非常に大きかったですね。

 咆哮後のレグナードⅣのターンエンド通常攻撃はさらに凶悪になり、2ヒット目でもパラを一撃死させるほどの火力を持っていたりします。そのため、聖騎士の堅陣を使っていてもターンエンド時に大ぼうぎょが欲しくなったり。ただ、それを毎回しているとターンが足りなかったので、はげおたやテール、ダイブが来ることを祈った決め打ち行動のばくちに出ることも少しだけありました。運良く後半のターンエンド攻撃で倒されることはなく、これもラッキーだったといえると思います。

 裁きの雷槌が後衛に炸裂したこともありましたが、僧侶さんのキラポンで感電する人が少数に抑えられ、さらに精霊王シリーズ+ビーナス+タルトのおかげで本体ダメージが少なかったため即死にはつながらず! 魔さんの惜しみないせかいじゅのしずくも含めた回復で、雷槌によるダウンもほとんど、または全くなかったと思います。これは後衛さんの装備と対処の賜物ですね!

 
 そんな、運のよかった要素と後衛さんの実力ゆえの要素が重なり、バトルはこれまでになく安定モード!
 ……がしかし、それでも時間がどんどん厳しくなっていきます! 赤字を迎えたときの時間制限は心もとなく、その制限とあと少しで削りきれる緊張感のせいか、パラで抑えながら胸がばくばくと鳴っているのを感じました。

 バクバクしつつも失敗だけはしないように堅陣とファランクス、スケープガード大ぼうぎょを毎ターン重ねて、必死に相撲! エルフの飲み薬も投入していきます!
 時間制限前の最後になるであろうと思われる竜の咆哮をまもりのたてで回避して、パラとしての安定はほぼ確実!
 僧侶さんが序盤から常に狙っていたティンクルバトンがここでも発動し、魔法さんも暴走魔法をがんがん撃ち込み、赤くなったのがずいぶん前に思えるレグナードにラストスパートの総攻撃!

 そして!


写真 2015-11-05 23 28 44

 とどめの暴走メラガイアーで……!

dq295-5.jpg

 常闇の竜レグナードⅣ、ついについに初討伐に成功しましたー!! ひゃっほー!!

 討伐時間は、18分19秒! こうしてみると本当のギリギリまではまだ少しだけ時間がありますが、左上の残り時間が1分台に突入してしまったときの緊張感はハンパじゃなかったです。とどめが決まったときは、声が出るよりもまず手をぱんぱんぱんって何度も叩き合わせてしまいました! シンバル鳴らすおもちゃじゃないんですからね!
 全体的な安定感、魔さんの暴走頻度、僧侶さんのティンクルバトンや災禍の陣の出方からして、火力の出し方は相当いい感じだと思っていたんですが、これでもこの時間……ほんとうに恐ろしい相手です。パラとしては、もっと魔さんが超陣にいられるよう、後ろの状況にもさらに気を配れるようになりたいところですね。


dq295-3.jpg

 一緒にPT組んでくれたみなさん、本当にありがとうございました! みなさんのおかげです!
 

写真 2015-11-05 23 15 09

 そして、称号もゲット! うれしい!


写真 2015-11-05 23 29 26

 かたがきに設定できるので、さっそく。後半部分が特にかっこいいですよね!

 若干燃え尽きた感すら感じますが、まだまだレグナードとの戦いははじまったばかり!
 ⅣはきつくてもⅢくらいまではできるだけ毎日倒してレグナライトを集めたり、できそうなら連戦して追加レグナライトや常闇の砂も集めて、少しずつ報酬もゲットしていきたいところです。常闇の砂が赤箱限定かつあんまり出ないっぽくて30個集めるのが相当えげつないヤバさな気がするんですが、その分常闇シリーズのドレアは満足できるものになりそうですね!

 そんなわけで、パラしか慣れてないですが、チームやフレの方、よければいつでもお誘いください! これが気軽に言えるのがレグナードのシステムのいいところですね! でもエルフの飲み薬の値段はなんとかしてください!

 それでは、今日はこのへんで。そういえば今日、日替わり討伐で強リベリオを受注して間違いなく1回撃破したのに、クエの討伐数にカウントされずに2回戦うことになったりしました。1戦目でオーブも取っていたので勘違いということはなさそうですし、不なんとかかもしれませんね! まあささいなことです!
スポンサーサイト

web拍手 by FC2
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://cottonpasty.blog134.fc2.com/tb.php/1232-a4bfd7ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)