プロフィール

ぱすてぃ

Author:ぱすてぃ
百合が好きでポケモンを好む、文章を書く人です。
好みのゲームは任天堂系/テイルズはじめRPG全般/デモンズ・ダークソウルなど。
百合は小説漫画といろいろ。百合文も書きたいです。

【ドラクエ10】
ぱすてぃ [MY795-653]

最新記事

リンク

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログコミュニティ

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

ポケットパスタ・ゲーム記
ゲームのプレイ日記を書きたい分だけ書くブログです。3DS「RPGツクールフェス」で『かけらのメガルエ』を第1回コンテストに投稿中。
ドラゴンクエスト10 第296回プレイ日記!

 こんにちは!
 今日も今日とて、まずは常闇の竜レグナードさんのお話です!

 いままで、基本的にはパラディンで参加していたのですが。
 一方で僧侶もちょっとだけやっていて、こちらにも結構興味が。フレやチームの方とのPTだと職の融通が効いたほうがいいということもあり、ちょいっと僧侶の装備を整えてみました!

 それが、こちら!


dq296-1.jpg

 べぇーん!

 そう、バージョン1時代に長期政権を築いていた、あのまほうのよろいですね!
 話題のまほよろ僧侶、試してみることにしました!

 レグナード戦でまほよろが選択肢として浮かび上がった理由は、その「おもさ」ですね!
 精霊王のクローク上がおもさ8、精霊王のクローク下がおもさ4なのに対して……、
 まほうのよろい上がおもさ25、まほうのよろい下もおもさ14もあり、僧侶が装備できる防具としてはずば抜けて重量があります。

 このおもさを活かして目指すのが、おもさ283というラインですね!
 僧侶や魔法使いがレグナード戦で壁をするときの重さとして、おもさ171がひとつのラインになっています。
 パラの重さをヘビチャ728の「拮抗」ぴったりとした場合、171あるとパラと一緒に相撲をしたときに「押し勝ち」状態になり、レグナードを後方へ押すことができるようになります。
 そしておもさ283以上でパラと一緒に相撲をすると、一段階上の「完封」状態に持っていくことができるように!

 完封状態というのは、押せば押すだけこちらが一方的に相手を押しやることができる状態のことですね。押し勝ち状態ではわずかにこちらに抵抗がかかることがありますが、それが無くなるので、非常にスイスイと……同じ時間でも、より多く相手を押すことができるようになります。最新装備で身を固めてガイアを押したりすると、図らずもこの完封状態になっていたりしますね。
 おもさ171の状態でも僧侶が自分にズッシードをかけることで完封状態に持っていくことができるため、まほよろの利点は自分へのズッシードを必要とせずに完封できる、というのが具体的なものになってくると思います。


写真 2015-11-07 13 33 00

 装備はこんな感じですね!
 上の画像からも分かりますとおり、足はまほよろではなく精霊王の脚帯にしています!
 精霊王も少し僧侶装備を買ってしまったのと、魔法使いの精霊王でも役立つかなと思って、そちらでも使えるようにしてみました。精霊王とまほグリではすばやさの値がだいぶ違うので、影響がどの程度かは分かりませんがそこも利点になっていますね!
 
 精霊王の脚帯がおもさ47、オシリスのアンクが1111、ハイドラベルトがおもさ444、不思議のカードがおもさ4、これでちょうど283になりました。
 精霊王足との両立を実現するために、胸がアヌビスではなくオシリスになっています。HPが大きくダウンするため迷ったのですが、どうせ裁きの雷槌にしか関わってこないので、これを耐えられればいいかなと!
 装備の組み合わせ方はいくらかのパターンがあると思いますが、可能な限りアクセルギアぎんのロザリオあたりは装備できるようにしたいところですね!

 まほよろ他部位は、まほよろ上がブレス36(ルフと合わせて80)、まほよろ下がマヒ100封印20、まほよろ腕が速度18%という感じですね。
 相場が原価よりやや高かったので自作を試してみたところ、ランプのぶきのみせさんが下と腕を1発成功、ツボのつぼツボさんが2個目でブレス38を作ってくれて、その売り上げを差し引いてかなり少ない出費で手に入れることができました。精霊王足が高くついたので助かりましたね!


 さて……というわけで、

dq296-2.jpg

 さっそく実戦です! あっ新画像とってきましたよ! やっぱイケメンですわレグナードさん!

 昨日のレグナードは、なんとまたも最強状態のレグナードⅣ! よく荒ぶりますね!
 Ⅳに関しては、とりあえず一度倒せたということもあり、自分でPT募集して行くほどでもないかなーとか思っています。
 ただ誘われればぜんぜん1日何度でも行きますので、ぜひお気軽に、と宣伝!

 昨日はそれで何度かお誘いを頂きまして、このまほよろ僧侶で参戦させていただきました。
 何戦か、経験の浅さが露になる形でうまく貢献できず、あえなく敗北……!


dq296-3.jpg

 ただ、夜中にお誘いいただいたPTで、なんと僧侶でのレグナードⅣ、初討伐を達成することができましたー!!
 討伐タイム、なんと19分47秒! 最後にホーリーライト撃とうとしたらメラゾーマが直撃して「相手が いなくなった」が!


 ざっくりとした感想なんですが…………あれですね、僧侶はキラポンを撒くことがめちゃめちゃ大事かも!
 レグナード戦で崩れる最大の要因が、やはり裁きの雷槌になってくると思います。Ⅳのもたらす感電状態のダメージは非常に大きく、魔法使いがせかいじゅのしずくで回復のサポートをして、なんとかぎりぎり持ちこたえられるというレベルの大ダメージを受けてしまうので、ちょっとでも状況が崩れているときに感電を含めた直撃を後衛がもらってしまうともう終わりみたいな感じになってしまいますね!

 ということで、この感電をキラポンで防ぐということがとにかく重要だと感じます。
 勝てた今回の戦闘では、まさにこのキラポンで後衛直撃の雷をしのげたシーンも! ウォークライが乗っていたとしても、精霊王やビーナス、タルト(だったかな? にくまんの可能性も!)で雷耐性を固めた魔法使いなら雷槌そのもののダメージは耐えることができます。まほよろの私(ビーナス29+タルト19+宝珠5)も無事……だったはず!

 他にも咆哮のあとのダークネスブレスが後衛に当たってしまった場合でも、聖女+キラポンがあればHPが1になるだけで呪いを免れることができたりと、キラポンのおかげで切り抜けられた場面が結構ありました。
 パラや僧侶だけでなく、魔法使いにもキラポンを行き渡らせることで、崩れたときの壊滅の危機が大きく減る印象はありましたね!

 
 ただ、後半戦で全員にキラポンを行き渡らせるのは正直ターンがカツカツというか、若干オーバー気味!
 キラポンにターンを割くことで、聖女の守りがあまり張れなくなることもありました。パラの相撲補助をしつつ、フバーハや場合によってはパラへのズッシード、HP回復や祈り、まもりのたての更新なんかもあるので、全部を完璧にするのは非常に難しいですね……!
 
 今回のバトルでは、ちょっと聖女の守りの優先順位を下げ、キラポンをより重視することにしました!
 聖女が必要になるのは、主にテールスイングのヒットで死ぬのを避けるため。今回の魔法さんはしっかり回避をしてくれる方だったので、避けてもらうことを信じて聖女よりも先にキラポンを行き渡らせるようにしました。
 ただそうはいっても、魔法使いもターンを目いっぱい使って火力を出すために、聖女という保険があることは大きな要素になってくると思います。咆哮ダークネスブレスなどもあるので、聖女がいらない、ということでは絶対にないですね!

 あとは、自分への聖女の守りを後回しにしたりも! それこそもう避けりゃいいんですよ!
 その上で、相撲補助をしている時にパラや自分の女神、キラポン、聖女、フバーハといった前でできる行動をするようにして、ぎりぎりでターンを確保できていたようないなかったような、という感じですね。

 これはパラとしての視点の話でもあるんですけど、やはりパラも自分である程度の補助などは行うべきですね!
 僧侶にズッシードフバーハの両方を完全に任せてしまうと、僧侶のターンが非常にきつくなると思います。フバーハが全体に行き渡ること、ブレス80なら一段階でも無効化できることを考えると、へヴィチャージはできる時はある程度自分で行っていくのがベターではないかなと感じました。果てなきヘヴィチャージはズッシードだと適用外なので、それもひとつの理由となるかもです。

 今回の戦闘でも、ヘビチャをパラさんが結構やってくれたので他の補助ができた感じがしますね! もちろん僧侶もいけるときはパラにズッシードをかけてあげたいところですが、パラも使えるターンは使うべきだと感じました。ムダな行動を省くことによるラインの維持というのもかなり大事な要素ではある(私はあまりこれができていない!)ので、難しいところではあるんですけどね!


 で、そのパラのラインの維持……もっと行って、ラインの押し上げのために、相撲補助を行いますね!
 おもさ283のまほよろ僧侶、この相撲補助のやりやすさ、さすがのものでした! 
 ズッシード不要で、一緒に押し始めるとあらスイスイと。抵抗なくレグナードを押したぶんだけ押していくことができ、特に序盤なんかは壁際まで押した状態を維持することも全く難しくありません。
 ズッシードは効果時間が短めの補助なので、それを頻繁にかけなおす必要がないというのはターンへの貢献度が大きいですね! 後半戦で咆哮を避けるために後ろのスペースを確保することも、だいぶやりやすいと思いました。

 ただし、これは完封状態に限った話ではないと思いますが、パラとちょっとずれた横の位置で相撲に入ってしまうと、レグナードが僧侶の側に引っ張られてパラとの相撲がうまく行かなくなることがあるので、これは注意ですね! ヘタをするとここから抜けられてしまいます。
 対策としては、完全にパラと同じ位置から押すことですね! パラの背中からぴったりと相撲に入って重なるようにすれば、このズレが起こることはほぼなくなります。軸を変えたときなんかは、一度落ち着いてパラと位置を合わせるようにしたいですね。


 あとはタゲさえ見られれば、相撲補助に積極的に入ることもぜんぜん難しくはありません…………のですけど!
 なんか、「魔法使いに怒っている状態で相撲補助に入ったのに、ターンエンドでもないのに攻撃されて死んじゃう」ということがあるんですよね! こちらへの攻撃後に魔法への怒りも解除されず、ふつうのシステム上ではありえない流れです。

 これに関しては仕組みが少し解明されているようで、どうやらレグナードの残りHPが関係しているみたいですね!
 ダークドレアムのHPが一定まで減ると一瞬行動が止まって次から行動が増えたりしますが、あれと同じものがレグナードにも用意されています。
 残りHPが75%以下(裁きの雷槌を使い始める)、50%以下(竜の咆哮を使い始める)、25%以下(? 赤くなる!)になったときにこうした行動変化のタイミングがあり、特に非怒り状態なんかだとこの瞬間急に立ち止まったりすることがよくあると思います。

 で、この行動変化のタイミングが魔法使いへの怒り状態時に発生したときに!
 なんか、表面上は魔法使いへの怒りが表示されたまま、別の行動を取ることがあるみたいなんですよね!
 もしこのとき選ばれた行動が「僧侶への通常攻撃」だった場合、魔法使い怒りだと安心して押しにきた僧侶を不意討ちで殴る……という現象が起こってしまう……のかな? とりあえず、そんな感じで認識しています(間違っているかも!)。

 レグナードの残りHPが見えるわけでもないですし、行動変化の一瞬立ち止まるのが分からなかったりもするので、僧侶からすると非常に分かり辛くて怖い現象ですね! 私は何回もこれで殴られてますし(僧侶の初戦でこれ2回されてトラウマになりかけ!)、立ち回りがすごい上手い方でも不意に食らっちゃうところを何度も目にしました。

 どうやらこのときレグナードは変化したタゲのほうをしっかり見る……僧侶にタゲが移っていれば僧侶のほうを見てくるらしいので、行動変化に近いと思われる状況のときは、慎重にタゲの把握をしたほうがいいのかもしれません。
 なんか怒り状態から行動変化後に怒りをしずめることなくいきなり別の対象に怒ることもあるので、行動変化が起きたと思われるターンを1回乗り越えても油断は禁物な気がします。じっさい、今回のバトルでは残りHP25%を切った赤から少し後のタイミングでこの不意討ち殴りを食らってしまったりしたので、よーく気をつけていきたいですね! 
 ただまあ正直これ不具合みたいなもんだと思いますし、見分けつけるのほんと厳しいので、もうってことにしてもいいんじゃないかなと感じます。パラや魔をやるときも、この不意討ちでやられちゃうのは僧侶のせいじゃなくてもうレグナードのせいって思ったほうがいいかなと! なんか明確な対処が見つかればいいですね!

 ただ、この不意討ちで殴られて死んじゃったときに、まほよろの重さが役立ちましたね!
 ズッシなしで完封押しができるため、天使でよみがえってターンが回ってくるまでの間にもがっつりめの相撲補助ができます。いつでも押せる、という利点がここでも活きてきますね!



 まほよろを実戦投入して、負けが重なった後ではありますがなんとかレグナードⅣを討伐できたということで、若干ながら僧侶に関しても自信を持つことができるようになりました……! もともと補助の維持が苦手なこともあり、まだまだ慣れなくてはいけないことも多いですが、僧侶もがんばりたいですね!

 今回はそんな感じで、ほかの人のパラの動きを見ることも多かったわけですが。
 あれですね、ファランクスを2ターン分もたせるやつ、あれいいですね! ぎりぎりのタイミングでファランクス使って大ぼうぎょ、そのままレグナードがまた相撲入ってくれれば2ターン目の攻撃もファランクス大ぼうぎょで防げるので、CTまわしが大幅に楽になりそうです。やはりターンエンドはげおたで吹っ飛ぶターンが目に見えて少なくなっていたので、ぜひとも習得したいと思いました。

 ふっとび、といえば……。

dq296-5.jpg

 ちょっとヌーデビルを狩って、「鉄壁のふっとびガード」の宝珠をとってきました!
 このターンエンドはげおたをはじめとしたはげおたの吹き飛びを無効化できる可能性があるということで、ちょっとお試しを。

 ……ってやっぱ5%はきついですわ! 5%て! Lv5で5%て!
 結局一度も発動見てません! せめて10%あればなかなかの選択肢になりそうなんですが……!


dq296-6.jpg

 そんなわけで、フェザリアス山のれんごくの番兵から「ズッシードの瞬き」を取ってくることに。
 橋の上に単体沸きでHPも多くて痛恨もあるので厄介ですけど、エモノで香水狩りすればなんとか集められると思います!
 まだこれをセットして僧侶で戦ってないので、どんな変化があるか楽しみですね!


 そうそう、あと、最弱状態だったときにチームの方たちと職を融通しあった結果、ちょっと魔法使いでも行ってきました!
 きようさやマヒ耐性のない完全な付け焼刃だったんですが、それ以上に立ち回りが慣れてなさ過ぎてどうしようもなかったですね! 普段まったく魔をやらないので、そもそも魔法陣をひいてメラゾーマを撃つという行動に違和感が出まくって!
 テールやダイブに当たらないこと自体は全然いけるんですけど、これを警戒しすぎて全然行動ができなかったです。僧侶タゲの時なんかに補助壁に入りにいったりもしたんですけど、そのレグナードにぴったりくっついた状態で何をすればいいかとかも上手くできなかったですし、魔も色々難しいなというか、やっぱ自分は魔は全く向いてないなと実感!
 最弱かⅡのときにほんとに身内で必要だった時、くらいでしかやらないと思います! 宝珠や不思議のカードも僧侶やパラ向けに合わせているので、どうしてもまともな魔法をやるには足らない部分が出てきますしね!

 ただそう、思い出しましたけど、魔法使いも壁に入る意識はやっぱ大事かなーと思いました。
 もちろんできる限り陣から魔法撃つ時間を確保することが重要なんですけど、僧侶タゲの時にラインが下がってきているときなんかはジリ貧を避けるために前に出ることも必要かもしれません! やっぱり、おもさ171は魔法使いにも必要なラインだと思います。
 僧侶怒りがきたときとか、ほんとにライン確保難しいですよね……。いっそパラがロスアタするのもアリなんじゃないかと思うんですが、このへんはどんなもんでしょうね!


 まあそんな感じです! もっともっと上手くなれるよう、精進していきたいですね!

写真 2015-11-07 13 32 34

 そうそう、ダークアイさんは泥沼化の前兆を見せ始めております。
 どっちかといえば魅了がほしいですけど……とりあえずここに攻魔3来るのだけは絶対やめてください! 絶対ですからね!


 さて、もう少しだけ。

写真 2015-11-06 19 20 59

 バトルロードの協力バトルですが、無事にスペシャル最終戦までクリアできました!
 ここのバトルはゲーム内の撮影機能が使えないので、私の環境だとあの個性的な面々の画像をのせられないのが悔やまれますね!
 画像はちょっとキラーマシンを! 呪いや重さダウン効果をつけたボミオスラッシュや真マヒャド斬りで、ストッパー型のアタッカーになれてやはり優秀ですね!
 さらに、ちょっと今回「いやし」のスキルラインを取ってみました。HPを増やしつつザオリクを覚えられるため、スペシャルバトルのアタッカーにはなかなかいいラインですね! デスプリースト金バッジでもザオリクは覚えられますが、ライン変えてそのぶん攻撃バッジつけるほうがいい能力に仕上がると思います。

 ただこのバトルロードの特にスペシャルバトル、いわゆる構成事故みたいなのが起こりやすいですよね!
 アタッカー3ヒーラー1の構成になりやすいので、アタッカーとヒーラーのどちらで行っても構成的にどうしようもないPTになってしまうことが割とありました。即死級の攻撃を連発してくる相手は、ヒーラー1ではとても守りきれませんね。
 そこで、サブヒーラー枠で行くのが結構気に入ってました。具体的にはドラキーに祈りを積んだりとか! セラフィ光とホイミスライム金で祈りベホマラーをすると、500近い回復量になります。早詠みつきなので立派なヒーラーですね!
 これはこれでモーモンとか柱と一緒になって火力不足になったりもしましたけど、ドラキーはなんだかんだでドルモーアでそれなりのアタッカーにもなれるのが強みですね。
 唯一、MP消費が激しいのが難点! マホトラが効かない最終戦では、悩ましいところですがダストン光をつけていったりもしました。

 他の人が使っていて興味を惹かれたモンスターといえば、リザードマンがいますね!
 いろんな剣技を使いこなし、中には2500くらいのダメージを範囲に与える特技とかもあるっぽく、ガチな人が使うと火力がめちゃめちゃ高くなる印象でした。なつき200になっていないのが悔やまれます!
 また、さまようよろいでかなりの火力を出していた人も。ライトニングソード+雷強化装備だったみたいで、はやぶさ斬りで敵を圧倒していました。かっこいい!  一般的にさまよろの攻撃力がちょっと逆方向にとんでもないことになっている人が多かったので、感動でした。

 おめかしグッズの交換は終わったのであとはビクトリーボックスを好きなだけ集める状況になってきましたが、さすがに今後は初の人も減るでしょうし、チップからボックス作るのはすごい大変なので、そこまでガチガチにやることもないかなって感じになってきましたね! 絆のエンブレム改にはあれから早詠みの杖がつきましたし、今後の改善は通常バトルロード分でもいいかなーとかとか。

 ともあれ、ビクトリーチップがかさばることを除けば、全体的に良質なイベントだったと思います!
 レグナードもそうですけど、やっぱりこういうバトルコンテンツで盛り上がるというのが一番楽しいです。やることがある良さというものを久々に感じられる一角となった遊びでした!


dq296-4.jpg

 ただその、レグナードとかバトルロード行き過ぎてたせいで、ちょっと王家の迷宮の輝石がえらいことに……。
 先週末の夜中3時くらいに一応確認に行ったら記憶違いで52/60個になっていてあわてて消化しました!
 王家は封印30終了以降、非常に輝石をためやすくなったので、行こうと思えばかなりたくさん行けますね!
 いずれ封印の上限解放もありそうですが、今はもう結構天箱とかも開けちゃってます。

写真 2015-11-08 12 55 32

 この前出た良ベルトといえば、こんなものが!
 目に見えてダメージが大きく感じる敵なんかもいて、嬉しいところです。
 炎呪文+攻魔orきようさとか、土闇炎特技とか、いろんな属性×種族特攻とか、まだ見ぬ良ベルトを求めてこっちも頑張りたいですね!

 
 そんなこんなの近況でした。
 3.2で新防具が来るだろうというのに、レグナード向けにかなり色々と買ってしまい、お金がまったく増えていきません!
 地道にさいほうして、なんとか大きく減らない程度にしていければいいかなと思っています。
 まあでも、まだまだ2ヶ月くらい先の話ですからね! のんびり行きたいところです!

 それでは、今日はこのへんで。達人クエストの必殺宝珠とオシリスの合成運がとんでもない状態です! もう大竜玉エナジー以外で5つかなくてもいいから少しマシにしてほしい……!

スポンサーサイト

web拍手 by FC2
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://cottonpasty.blog134.fc2.com/tb.php/1233-69acbafa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)