プロフィール

ぱすてぃ

Author:ぱすてぃ
百合が好きでポケモンを好む、文章を書く人です。
好みのゲームは任天堂系/テイルズはじめRPG全般/デモンズ・ダークソウルなど。
百合は小説漫画といろいろ。百合文も書きたいです。

【ドラクエ10】
ぱすてぃ [MY795-653]

最新記事

リンク

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログコミュニティ

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

ポケットパスタ・ゲーム記
ゲームのプレイ日記を書きたい分だけ書くブログです。3DS「RPGツクールフェス」で『かけらのメガルエ』を第1回コンテストに投稿中。
ダークソウル3 第4回プレイ日記!
写真 2016-03-27 22 23 10
【以降画像はクリックすると大きくなります】

 てーい! はじめて飛び道具まともに使ってるかもてーい!

 さて、前回は後半のマップを一気に進めて、いよいよクライマックスというところでした!
 そこから攻略を進めていき…………ご報告しますが、初回のストーリーをクリアいたしました!

 早速ですが、続きのプレイ記録をつらつら追記で行きたいと思います!
 上記しましたように終盤~ラスボス・エンディングまでの流れが出てきますので、ネタバレ超注意です!



===================





以降、ダークソウル3のネタバレを含みます!
(最終ボス・エンディング内容あり)




====================




 では!
 前回は、いよいよ佳境を迎えた雰囲気を大いに醸し出すステージ、「ロスリック城」の攻略途中でした。
 デモンズソウルの城4を思わせる構成になっている城を進めていき、いよいよ感が出ているボスの霧をくぐります!


写真 2016-03-27 22 23 06

 現われたボスは、「竜狩りの鎧」! あの竜狩りオーンスタインを思わせる姿でありながら、彼とは違う大盾と大斧を持った騎士です。見た目からして、これはまだクライマックス前の前座! 
 ですがその強さは決して侮れず、あっさり何回かやられてしまいました。強力なスタミナ削りと、非常に追尾が強い振り下ろしが厄介ですね。いわゆる追い討ち力も高く、一度攻撃を喰らってしまうと回復などの立て直しがやりづらいのが怖いところです。
 「強い魔力の盾」で盾の性能をパワーアップさせて、かつローリングの回避も絡めて少しずつ削っていき、それでなんとか倒せました。中盤になると背景にいるでっかい黒いちょうちょみたいなやつが横槍の攻撃をしてくるので注意ですね!


 前座的なボスを無事に撃破して、いざ奥へ!
 ここまでのステージがラスト感出ていたので、この後はもうシンプルすぐボス戦かと思っていました。

 が! なんとその先には、「大書庫」というさらなるステージが! 記事冒頭で月光撃ってる場所ですね!
 大書庫の名のとおり、本がぎっしり詰まった本棚の間を進んでいくステージです。ダクソ1の書庫のようであり、ブラボのカインハーストのようでもあり、上方向に長い構造はブラボDLCの実験棟も少し思い起こさせます。
 入って正面に「結晶の古老」の色違いの敵がおり、こいつは攻撃するとマップの上のほうに移動。こいつに手を出した場合、その
移動を追う形で攻略を進めていくことになります。射程の長い魔法を使ってくるので遠くにいるときも結構厄介ですね!

 他の敵は主に、頭にロウをまぶした術師と背の低い亡者。術師の攻撃の射程が長く、他の要素と絡み合っていやらしくこちらを攻めてきますね。
 自分も頭にロウをかぶることができる場所があり、この状態だとギミックとして登場するホラーチックな手が発生させる呪い効果を無効化することができます。

 何回か死にながら、結晶の古老を中央足場に追い詰めて撃破!
 と、こいつが「結晶のスクロール」をドロップ! 予想していたとおり、理力キャラには嬉しい魔術書ですね!
 そこを抜けていくと城の外側に出ることになりまして、そこには生身NPCの敵3人組が!
 正面から戦ったらものすごい勢いで瞬殺されたので、侵入で培った逃げときたない攻撃の技術を生かし、先へ進んで建物の上(3人組が最初にいる場所に降りられるところ)をうまく利用して分断したり落としたりして撃破! それぞれ武具をくれますね!

 と、彼らを倒してその先を見ると……。


写真 2016-03-27 22 23 02

 ボオォレターリァー!!

 もうニヤリとするしかない、大階段と木のついたて、亡者と騎士の取り合わせ!
 デモンズソウルの城3マップ、ボス霧前の配置が強く意識されているであろう、そんな場所が待っていました!
 となれば、これはもう正面から正々堂々と!  そう、全部スルーして走り抜けます!
 あら霧の前にまたショートカットあった! これを開けると「竜狩りの鎧」の篝火から安全に霧まで来られますね。
 
 そして、ついにロスリック城の最奥のボス戦へ……!


写真 2016-03-27 22 22 58

 いろいろなところで存在が示唆されていた、「ロスリック王子」がムービーに登場! 体ボロボロやないか!
 同時に登場した「兄王子ローリアン」が、動けない王子にかわって立ちはだかります。
 ローリアンももはや脚が動かないようで、上半身だけを使っての戦闘を展開。となれば動きは遅い……のかと思ったらなんか攻撃ごとにワープするんですけど! 天使感あってかっこいい! でも厄介!
 ワープ攻撃という不意討ちに瞬殺されてしまい、何度目かの挑戦でようやくコツを掴みます。やはり「強い魔力の盾」で盾ガードを大きく強化して、スキをロングソードで少しずつ差して削っていくという基本戦法になりますね!

 ローリアンはさほど耐久力がなく、比較的簡単に倒すことができました。
 が! まあもうどう考えたって、これで終わるわけはなく!
 ムービーを挟んでから、ついにロスリック王子が参戦! すいませんほんとすいません画像撮り忘れました!

 しかし、この第二形態はまた非常に特徴的ですね……!
 倒れたローリアンに動くのもやっとな様子のロスリック王子が寄り添い、囁くような鼓舞で再び起き上がるローリアン。依然として脚は動かないままのローリアンが背中にロスリック王子を背負って、そのままの状態で戦う……という! 
 ムービーの演出やセリフも凝っていて、とても印象に残りました。

 そんな悲壮感も漂う満身創痍の第二形態ですが、しかしボスとしての強さはさすがのもの!
 第一形態のローリアンの剣攻撃に加えて、背中のロスリックが魔法攻撃で援護するようになり、一部の行動がより厄介になります。特にローリアンの溜め振り下ろし波動の後に来るロスリックの魔法の槍には要注意ですね!

 そしてもっとも怖いのは、あくまでロスリック王子を倒さないと終わらないということ!
 ロスリックのHPが残っている状態でローリアンを倒すと、ややあってからロスリックがローリアンを復活させてしまいます。ローリアンは耐久が低いうえにロスリックのほうが背中にいて攻撃が届き辛いので、少なくとも一度は復活させることになってしまうはず!
 初見では見事にこのザオラルギミックにやられて、回復が尽きてやられてしまいました。

 そこから何回か挑み、苦戦を経てどうにか撃破!
 強い魔力の盾を長い期間使うためにエストの灰瓶を3つほど持ち込んで、うまく掛けなおしながら戦うのがカギでしたね。
 基本的にガードしながら回り込み、攻撃中にワープした時は中距離からの突き(後ローリング)orジャンプ突き(早めにローリング)が来るという感じ。溜め振りおろしはタイミングを覚えれば確実に横ローリングで避けられます。ロスリックが来てからも基本は変わらないので背中攻撃を意識しつつ地道に戦えばなんとかなりますね!
 第二形態でローリアンが倒れた時にロスリックが転げ落ち、その後に祈り動作に入りますが、この間は無防備(かつダメージ増える?)ので削りのチャンス! ただし少しするとザオラルと同時に神の怒りで吹き飛ばしてくるのでほどほどに。これはちょっとアストラエアさんのオマージュ感!


 さて! これで、最初から祭祀場にいる「追放者ルドレス」に加え、「深淵の監視者」「神喰らいのエルドリッチ」「巨人ヨーム」「王子ロスリック」、合わせて5人の王の薪がすべて揃いました。
 祭祀場に戻ると、ついに火継ぎの儀式を行うことに! 火防女に導かれつつ儀式を行ったプレイヤーが、そうして最後に向かうことになるのは……。

写真 2016-03-27 22 18 06

 「最初の火の炉」
 もっとも古い時代の火継ぎが行われた場所で、まさにダークソウル1の最終マップと同じ名前ですね! 直前に火防女が言う「ロードラン」というのは、ダークソウル1の舞台となる場所の名前です。
 火の消えた祭祀場からスタートし、外に出てすぐワープする篝火が。その先は灰でできた巨大な一本の坂道になっており、もはや敵もアイテムもいっさい登場せず、坂を上りきった先に広がる開けた空間で……。


写真 2016-03-27 22 18 02

 ついに、最後の戦いが!
 ボスの名前は「王たちの化身」

 最初は剣を持っており、強力な剣技で攻め立ててきます。……が、しばらく経つと武器を変更!
 「杖+魔術」「槍+奇跡」「曲剣+呪術」のいずれかのスタイルにランダムで移り変わり、それぞれ全く違った行動を取ってきます。それぞれの武器攻撃に加え、杖モードでは浮遊結晶やソウルの大剣に強烈なソウルの光線、槍モードでは神の怒りやリジェネ回復といった具合ですね。

 その戦い方はまるでプレイヤー側が取るものにそっくりで、そしておそらくこのボスのモチーフは、まさにプレイヤーキャラクターそのもの!
 それも、ダークソウル1のプレイヤーを意識したものということなんですかね! ダークソウル1ではプレイヤーがラスボスである薪の王グウィンと戦い、彼に勝つことで火を継ぐことになり(別のルートもありますが!)、その時のプレイヤーキャラが同じように薪の王として、今度はダークソウル3でのプレイヤーと戦うことになった……という流れ! 1のプレイヤーにも様々なスタイルがあったわけですが、それらを色々と内包したつくりになっているというところでしょうか。
 特徴的なのが曲剣モードで、1で人気が高かった呪術の「内なる大力」や「クラーグの魔剣」、そして「暗い木目の指輪」を思わせるアクションを取ってくるあたりがいかにもそれらしい演出になっていると思います。

 ここまでのボスと比べるとやや攻撃力は控えめなものの、耐久力がそれなりに高い上にモードによるパターンの変化や絡め手があり、やはり納得の強敵!
 それでもなんとかHPを削りきり、勝利……!


 と思ったら!  王たちの化身が叫びを上げるとともに炎を爆発させ、HPが完全回復してさらにモードチェンジ!
 今度は巨大な剣のスタイルに一本化され、非常に激しい攻撃を叩き込んでくるようになります。
 と、第二形態になってからしばらくして、戦闘曲の中に聞き覚えのあるピアノのフレーズが! そしてこの攻撃のスタイル!
 第二形態のモチーフは……先ほど挙げたダークソウル1のラスボス、「薪の王グウィン」のものでした! ピアノのフレーズは1でのグウィン戦で流れるBGMですね!
 1のプレイヤー的存在を倒して、さらに遡って1のラスボス、最初の薪の王であるグウィンと戦う……今回の火継ぎの旅とダークソウルそのものの締めにふさわしい、熱い流れになっています。
 第二形態は大剣の攻撃に加えて、1のグウィンは使ってこなかった雷の攻撃もぶっぱなしてきます。グウィンがまだ力に溢れていたころ(ダークソウル1よりさらに前の時代)には雷を用いていたようで、今回はそのパワーも存分に発揮してくるというところ! しびれる!
 最も強力なのは大剣の連続攻撃で、食らってしまうと4連続攻撃+トドメの大爆発をまとめてもらってしまい、特大ダメージが! 私のステだと即死こそしなかったものの、HP7~8割ほどを持って行かれる大技です。

 
 ……という概要でして、熱い展開でありながらその攻撃の激しさ、多彩さにひたすら苦戦させられました!
 強い魔力の盾をメインで使っている紋章の盾にかぶせても、結構スタミナを削られてしまう攻撃も多く、かといってローリングで避けるには難易度が高く……そしてニ形態に渡って戦い続けるぶんのエスト瓶が持たないというのがよく響いてきて、連敗につぐ連敗を重ねました。
 それでも、もうここまで来たらあまり寄り道などせずに倒したい! ということで、手持ちの装備から使えるものを探すことに。

 と、受け能力と炎カット率に優れる、「黒騎士の盾」が目に入りました! 1でもだいぶお世話になった盾!
 しかしこの盾の必要筋力は18で、私のキャラは筋力16! これでは使えません。
 ……そこで、筋力がアップする「騎士の指輪」を装備! これで21まで筋力が上がり、黒騎士の盾を装備できました!
 狙いは、黒騎士の盾の性能で強い魔力の盾を使ったらどうなるのか、ということでした。もともとの受け能力が高いぶん、スタミナ削りをより軽減できるのではないかと!

 結果ですが……。
 なんか、スタミナ全く消費せずに攻撃受けられるんですけど! なんだこれ!

 ダウンやガードブレイクが起こるような一部の大技を除き、大抵の攻撃はダメージも0になるだけでなくスタミナゲージが一切減らないまま完全に防ぐことができました。紋章の盾では全くこんな片鱗もなかったんですが……。
 これにより、強い魔力の盾の効果中の盾ガードは、多くの攻撃に対して実質的に無敵状態に近いものに! スキを見て攻撃することが非常にやりやすくなり、一気に戦いやすくなりました。
 第一形態の突破が安定し、そして第二形態の攻撃も多くをシャットアウト! 連続攻撃→大爆発のコンボも、最初から最後まで全て防ぎきることができます(さすがに爆発で大きく後に弾かれますが!)。
 少しだけ死んでしまったりもしましたが、戦い方にも慣れてきて……予想外に強力だった戦法のおかげで、ついに王たちの化身を撃破することができました!!




 動画で様子をご紹介! 強魔盾のガードでスタミナが減ってないところを見られると思います。
 あれですね、ダクソ1では同じポジの強い魔法の盾という魔術が発売直後「効果中は”盾を構えていなくても”完全に無敵になる」という効果があって存分に使われていたなんてこともありましたからある意味でダクソ1の流れということですよ! そういうことにしときましょう!


 そして、ついに迎えるラストの展開!
 今回もエンディングの分岐があるようで、ひとまず2種類のエンディングをオンラインストレージを活用して見てきました。
 まだ3種目のエンディングは見られていないですが、とりあえず最初に見た2つはいかにもまたこのシリーズらしいというか、展開的には過去のダークソウルのエンディングと同じような感じですね!
 今回は全ての締めとなる作品ということで、火の力に対する決定的な決着のつきかたがあるのかなとも思っていたんですが、そういうわけでもないようです。
 火と闇が交互に訪れるっていう絶対的なものがあって、その中で人や他の生き物が生き死にを繰り返すという世界観はダークソウルそのものと言えるもので、これを安易に崩してしまうというのは簡単にしていいものではないんだと思いますが、そういう展開も見てみたかったかなとは思いますね!
 3つ目のエンディングを見てないですし、ダークソウル2のようにDLCでエンディングが増えるなんてこともあるかもしれないので、結末の形がどうなっているのかはまだ楽しみにできる部分も残っていますかね。
 それにしても闇ルート(?)で火防女さん斬ったときのあのムービーですよ! デモンズぅ! でもごめんなさい!


 スタッフロールの後は、そのまま2周目に突入するか、それともダクソ2のように一度1周目に留まって後から任意で2周目に行くか選べるという形になっていますね。最後まで丁寧ですね!
 
 とりあえず、1周目に留まることに。
 そして、ひとつ大きな未到達マップがあったので、そちらに行ってきました! もう少しお付き合いください!
 場所はイルシールの地下牢、竜頭石が手に入る竜の像がある場所。
 そこで妖王オスロエスを倒したときに手に入る「古竜への道」のジェスチャーを行い、待つこと数秒。

 暗転の後、「古竜の頂」という隠し? ステージへ行くことができます!
 なんと、一面に青空が広がっているというダークソウルの中ではあまりにも異質な場所! 逆に怖い!
 とはいえ景色は非常にきれいで、目を奪われながらそのあたりに出没する蛇人にやられながら少し進むと、


写真 2016-03-27 22 17 58

 ぎゃー!!?

 早くも、ボス「古の飛竜」との戦いに!
 ここは攻略情報見てたときに戦い方載ってるのを見てしまったので早めに明かすと、「落下攻撃を決めると一撃で倒せる」というボスですね! 正面から戦うとまず倒せないほどの耐久力!
 マップ構成は戦ってから把握したんですが、建物の中を進んで落下攻撃ができる高台を目指すという流れ。途中にはザコ敵が結構配置されていて、実質的には竜の攻撃がギミックとなる中でザコを倒して目的地にたどりつくという戦いになりますね。
 ザコの能力が結構高く、道中にアイテムも落ちているので油断したり気を惹かれたりして何度か死にました! 全スルーで行くにもハシゴ登りを攻撃で止められてしまったりして、結局ある程度は倒してから進むことに。
 高台さえ行ってしまえば、あとは落下攻撃を竜の頭に決めるだけ! あまり竜が抵抗してきたりもしないので操作さえ間違えなければ簡単に決まります。それにしても武器的にはふつうのロングソードなのに一刺しで7800ダメージくらいってどんだけ弱いんですか頭のその部分! 寝てる間に尖った岩にでもぶつけたら最悪死んじゃうレベルじゃないですか!


 撃破後はワープがあり、さらに奥のエリアへ。
 やはり蛇人が厄介なのと、なんかサイホーンみたいな見た目のなめくじ系敵が。「たいあたり・ころがる・かえんほうしゃ」感!
 魔術師とNPC敵の組み合わせもあり、いろいろ注意ですね!
 奥にはまた篝火があり、ハシゴで登れる最上階には……なんと、あのハベル装備のNPC敵が! ハベルさんなんでしょうか!
 倒すと大竜牙とハベルの盾を落とします。今回ハベル防具一式まだ取ってないんですがどこかな?
 ともあれ、篝火近くの鐘を鳴らすとイベントムービーとともに辺りの様子が一変し、目の前にボス霧が! くぐります!
 

写真 2016-03-27 22 17 53

 雲が渦巻く大嵐の中に飛来したのは、一頭のドラゴン! そしてその上に乗る「無名の王」
 すさまじく気合いの入った嵐の演出に恥じない、恐ろしい相手ですね!
 第一形態では、ドラゴンに乗った状態で戦うことに。王は雷系の攻撃を、ドラゴンは飛行からの攻撃や炎のブレスを吐いてきます。
 かなり攻撃力が高く、ほぼ2撃でやられてしまう圧倒的な火力が脅威ですね! まあ強い!
 さくっと数回負けてしまったので、そこで先ほど活躍した黒騎士の盾+強い魔力の盾をまた解禁!
 防げない攻撃もありましたが、動作がゆっくりしていることもあり、スタミナ確保しやすい分差しやすく。ドラゴンを斬ってHPを削りきることに成功します!

 ……と、やはり第二形態へ!
 ムービーは少しオーンスタイン&スモウの要素が含まれていますね。でもあのコンビより相手へのいたわりが! やさしい! ていうかあの二人がひどい!
 第二形態では大きくパワーアップして雷をほとばしらせる無名の王との一騎打ちに。対人型ボスとなります!
 攻撃の威力、範囲、頻度、いずれもかなりの高水準で、とにかく非常に強いですね! 他のボス以上に、過去作における周回済みボスクラスのパワーがあると感じました。気を抜くと瞬殺されそうな攻撃の連発!

 しかし、こちらには強い魔力の黒騎士の盾があります!
 使ってみるとほんとにこの人の攻撃もかなりスタミナなしで防いでくれて、渡り合える相手に!
 その性能に頼ったままなんとか掛けなおしや回復を行き渡らせながら戦い……なんと、第二形態は初見で撃破することができてしまいました!




 今回はこちらも動画でご紹介! 盾のがんばりっぷりがこちらでも。

 非常に強い相手だと聞いていたので後半を初見突破できたのは嬉しかったです……が、ええ、これちょっとかなり強いですね! 受け値の高い盾+強い魔力の盾コンビ!
 黒騎士の盾、強い魔力の盾ともにそれぞれ筋力・理力が18必要なので使えるビルドは限られると思いますが、振りなおしができることもあり、その気になれば攻略時には気軽に活用できるかもしれません。もちろん掛け直しが必要だったり防げない攻撃もあったりと気を遣わなければいけない部分もありますが、ひとつの強力な戦法といえる感があるので、なかなか勝てない相手がいて心が折れそうな時などは試してみるのも手……かも!

 って黒騎士盾使う前からも今回ほとんど「強い魔力の盾をかけて物理で殴る」じゃないですか戦法が! 
 ま、まあ! 私がやりたかった魔法戦士風キャラらしいといえばらしいので、これはこれでよしとしときます!
 ちなみに攻撃魔術のほうはほとんど使いませんでした。結晶槍とか使えばまだ違うのかもしれないんですが、消費FPに対して威力などが見合わなさ過ぎて使う理由があまり見出せなかったですね! ソウルの大剣とか楽しみだったんですけど2から弱体化しすぎてかなしい!
 魔法というのは理力をしっかり上げて杖を強化したうえで、ある程度他を犠牲にして威力ブーストの装備を盛りまくることで真価を発揮するものではあるので、そのへんちゃんと組んだらどうなるかはちょっと気になりますね。ただそれでも攻略中のザコ戦で魔術メインで戦っていくのは今作のシステムだと考え辛いかなー! 敵を倒したときにFPを回収できるシステムとかあればいいんですけどね!


 さて、ともあれこれでラスボスを含めた全てのボスを撃破できました!
 とりあえずの初回クリアの感想ですけど、いや、ほんともうここまで完成度高い作品になっているなんて思っていなかったので、とにかく予想以上に面白かったですし充実感がすごいですね!
 シリーズ過去作、いつもは終盤になってくるとどんどんステージマップの構成がシンプルになっていって、作るの力尽きちゃったのかな……なんて思うのが定番になっていましたけど、今回は終盤にロスリック城→大書庫という気合いの入ったマップが連続していて、もちろんそれまでのマップも手抜きを感じることがなく、最初から最後まで充実した攻略を楽しめました。
 初回プレイのクリア時間は(覚えている限りでは)過去作に比べて短めでしたが、過去作では本編中にいわゆる稼ぎプレイをしていたことも多く、今作ではほとんどそれが無かったりします。その上で密度のあるマップが続いたので、プレイの濃さというものは相当なものでしたね!

 過去作の要素、武器や防具、アイテムなどがめちゃめちゃ大量に出てくるのもすごい! そこまでやるかってレベル!
 何が嬉しいって、やっぱり個人的にはデモンズソウルの要素がちりばめられていたのがたまらないです。デモンズはソニーとの共同で作られた作品ということもあって、ネットでのダークソウルの紹介のときに意図して名前が伏せられていると感じることも多かったので、今作のように色々とはっきりした形で要素が登場するとは思っていませんでした。まさか今になって新作でストームルーラー振れたりするとは!
 あまりにファンサービス要素が多いので、ダークソウル3自体の独自性っていうか魅力みたいなのが打ち出せているのかどうかは少しだけ疑問に感じるところもありますが、それでもボスで言えば深淵の監視者とか王子ロスリック、ステージで言えばイルシールなんかは少なくともダクソ3独自の分かりやすい魅力があるように感じました。

 しかもこれでまだ、オンライン要素にはほぼ何も触っていない状態なので、ここからの広がりもまたすごそうという!
 少しサーバーが危なそうだったりとオンラインは気になる部分もありますが、とにかくどんどん深みにはまっていければと思います。
 
 ネタバレ要素満載部分の後に書くのもあれですが、ソウルシリーズ過去作を楽しんだ方(特にデモンズ・ダクソ1好きの方)は絶対にプレイする価値があると思いますし、シリーズ未プレイの方にも単純にとても完成度の高いアクションRPGとしてぜひ触れてほしいなと思います。過去作要素は知ってればニヤリとできるというだけのものなので今作からでも大丈夫!
 難易度が高めなことは否定できないので、じっくりと腰を据えてマップを探索したり、何度やられても諦めずに強敵の対策を考えたりするのが好きな方に向く作品ではあると思いますが、ご興味があればぜひ!


 ともあれ!
 NPCや誓約など、まだまだ回収していなかったりする要素も多いのですが……。
 ちょっと、実は2キャラ目のプレイを開始しようかなと思っているところです! いぇーい!
 とにかく、重い鎧を着たい欲求が強すぎて! 王道となる素性騎士で脳筋系のキャラ、仕立てたいと思います。モノにもよりますが各種要素の回収などもこっちのキャラでやろうかなと!

 実はもう軽くステ振りも考えていて、

○騎士 レベル9→レベル99(+90)
生命 12→35(+23)
集中 10
持久 11→26(+15)
体力 15→30(+15)
筋力 13→50(+37)
技量 12
理力 9
信仰 9
運  7


 ……くらいをベースに調整していけたらなと! まあ細かいことは実際やりつつですね!
 ちょっとオンが安定していないのと、全体的なプレイ状況が進んでマルチが活発になるタイミングを待ちたいのとで、いい機会かなとも思います。びしびしいきましょう!

 それでは、今日はこのへんで。運特化キャラとかも気になりますよね……狂気光ブルブラ並みのすごい爆発はあるのか! それともやっぱネタなのか!

スポンサーサイト
web拍手 by FC2
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://cottonpasty.blog134.fc2.com/tb.php/1309-d7631f8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)