プロフィール

ぱすてぃ

Author:ぱすてぃ
百合が好きでポケモンを好む、文章を書く人です。
好みのゲームは任天堂系/テイルズはじめRPG全般/デモンズ・ダークソウルなど。
百合は小説漫画といろいろ。百合文も書きたいです。

【ドラクエ10】
ぱすてぃ [MY795-653]

最新記事

リンク

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログコミュニティ

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

ポケットパスタ・ゲーム記
ゲームのプレイ日記を書きたい分だけ書くブログです。3DS「RPGツクールフェス」で『かけらのメガルエ』を第1回コンテストに投稿中。
ドラゴンクエスト10 第344回プレイ日記!

 こんにちは!
 にわかにアツいDQXTVから一夜明けた、7/13(水)
 この日もまた、熱気ただよう一日となりました。

dq344-6.jpg

 先週の土曜日以来の登場となる、最強状態のダークキング……「ダークキング4」がおでましに!
 勝てば称号が手に入る最強ダークキング、撃破を求める人はやっぱり多く!
 初日はまだ圧倒的な強さを見せ付けられるばかりだった人も、数日のあいだに判明したことを利用すれば勝てるのではないかと、ところによっては初日以上の熱を持ってのチャレンジがあったのではないでしょうか。

 かくいう私も、そのひとり!
 この日に備えて、まずはいくらかの準備をさらに進めました。とりあえず髪型をあのふわもさ髪に!
 今回、スキル的に戦士とバトルマスターでダークキングに行くことにしておりまして、特に4はバトマスで参加することにしました。

写真 2016-07-11 19 19 30

 王家の迷宮を回していたら、こんなベルトが拾えました!
 スライム9%のベルトにはややダメージが劣る(特に会心)と思いますが、後からついたHP10が嬉しいですね!
 今回は、このベルトを装備していきました。バトルステーキ☆3を食べてこれをつけとくとHP629になりまして、レーザーを確定耐えするラインよりはちょっと余分になるんですが、やいばのぼうぎょでエンド攻撃のプレスを防いだときだったかに1ケタで残ったことがあったので、悪くはないのかもです!
 戦士で使う機会があれば、きようさも嬉しいところですね。


写真 2016-07-12 1 19 55

 付随してこんなベルトも! ダークキング、状態異常の中では幻惑は多少通るほうだったりします。
 3や4は耐性も強いのでまず通らないと思いますが、1~2で試してみても面白いかもしれません。2回判定があり回転も速い二刀流が主流になるダークキングのバトマスならではのベルトですね!
 関係ないんですが地味に「雷特技10/幻惑4/魔導4」とかいうベルトも出たりしてこっちも嬉しかったり。


 さらに、達人のオーブも調整!
 風でベホマラーの瞬きなどを外して復讐系を保持したうえで、今回はじめて「気まぐれな追撃」を入れてみました!
 補助職で同じ行動を意図しないタイミングで起こすのが怖かったのでつけてなかったんですが、今はとにかく火力が欲しいところ! 手数が増やせるのなら大歓迎です。レグのパラなんかだと使う技が追撃に該当しないぽいのでジャマになることもなく!

 はやぶさ斬りなどは戦士の証のようにターンを消費しない2回発動になる一方で、二刀流Aペチは本来の4回攻撃のあとに5回目が出るという具合になっています。結構すばやく、右手の一撃目と同じ威力なので会心が出ると550くらいのダメージになり、地味ながら大事かも!
 使っている限りでは、ダークキングとの戦闘中にジャマになることもありませんでした。


 そして……。

写真 2016-07-13 12 35 08

 会心4.7%だったはやぶさの剣改を、錬金石で4.9%まで強化しました! 準々理論値ってやつですか……!
 成功→大成功に強化したのは、これが初になります。錬金石65個を消費しましたが、とにかくいま筆頭で使う武器ですし、常闇の聖戦で戦士とバトの2職がメインとして扱う武器であれば悔いはいっさいなく! 将来的にはアンさんという天下り先もありますし!

 加えて、風虎のくつみかわし4.4%も用意!
 みかわし足は今回、ほんとうに優秀だと思います。錬金石での失敗強化と相性がいいですし、メインで行く職のものは手にとってみることをぜひおすすめします!

 前に買っていたげんぶの道着下の毒ガードも正式に装備して、いよいよバトマスとしての準備も整いました。

 
 そして迎えた、水曜日!
 この日の夜はけっこう遅くになってからのインになりまして、そこからどっぷりチャレンジ開始です。
 と、実は、先日のダークキング2の時に誘ってもらったフレンドさんが、昨日の4のときにもまたお誘いをしてくれまして!
 フレンドさん2名+野良の僧侶さん1名と一緒に、いざ勝負です!
 構成はいずれも、「バト・戦士・道具・僧侶」ですね! 基本、ほとんどの回復をせかいじゅのしずくでまかなう戦い方になりました。


dq344-7.jpg
ちょっとこの写真は1だったかの時なんですが……

 ダークキング4のなにが最も強力かといえば、それは他ならぬ耐久力!
 1~2とは比べ物にならず、3とも一味違うHP・守備力・属性耐性で、制限時間20分の中でのとっても厳しいダメージ与えを要求してきます。
 災禍の陣で守備力が下がっていると、一気に与えられるダメージが大きくなったりしますね。会心特化のバトマスにとってはやや恩恵が薄い面もありますが、ありがたい技です。

 そしてそれ以上に、どうぐ使いの必殺「強化ガジェット零式」が攻撃のキーに!
 全ダメージ2倍効果の陰に隠れていますが、会心率もアップする補正がかかります。
 ガジェットの上で出す片手剣Aペチの右手会心ダメージは、550×2で1100ほどにもなりました! 不死鳥天舞で会心率を上げた状態でのAペチはかなり会心率が高くなり、もりもりとダメージを与えることができます。
 これたぶん、「奇跡の会心攻撃」で増やした会心ダメージも2倍になっているっぽいので、戦士やバトには必須の宝珠かもですね! 素の状態でも25+5で30増加というのは今回はものすごく大きい!

 必殺宝珠はもちろんとして、究明者のコートセットを崩さずに着て必殺率を最高の3.5(3.6)%にしておくのは、どうぐ使いの基本と言えるかもしれません。
 ただその上で災禍やガジェットはランダムで発動可能になるものなので、どれだけたくさん、よりよいタイミングで災禍やガジェットを引けるかという運の要素も強いと思います!


 バトルマスターとしての立ち回りは、「とにかく死なないこと」「可能なかぎり火力を出すこと」の両立が大事だと思います!
 死んでしまうと立て直しのために他の人のターンを割いてしまったり、せっかくの不死鳥やミラクルブーストが消えてしまったりするので、可能な限り死なないで戦い続けるのがまず大切かなと。
 とはいえ、逃げてばっかりだとダメージが与えられないので、基本的にはどんどん攻撃することも重要! 真やいばが入っている状況ではエンドに逃げられるタイミングが乏しそうだったらそのまま攻撃したりとか、ダークシャウトが間近で発動したときにすぐさまAペチを入れたりとか、細かい部分でより多く一発入れるということを積み重ねていくことを心がけました。

 ミラクルもろば斬りも、ダークキング戦ではなかなか優秀ですね!
 ダークキング2~では、もろば斬りの極意をマックスにした状態でもテンション20までのもろば斬りでの自滅は基本的にありません。安定した大ダメージが狙えるので、ミラクルブースト中はもろば、不死鳥天舞中はAペチ、と使い分けると常に高いダメージを出すことができますね。
 とはいえ、やっぱりもろばは危険な一面も。発動時に急にダメージを受けると自滅してしまうので、レーザー飛び交う状況ではなかなか使えません。序盤戦の静かなとき、壁をしていて攻撃が来ないと分かっている状況などで使っていきたいですね。

 ミラクルブーストは単体でも優秀!
 片手剣Aペチの全段に回復が乗り、会心がまじると簡単にHPが全回復するくらいの回復量が得られます。
 後半戦では、ミラブを入れた状態のAペチでとっさに自分を回復させることが結構活きてきますね! うまく使いたいところです。
 ターンを攻撃に割きたいところでもあるので、タゲ下がりやクリスタル召喚で下がるときなど、ダークキングから離れなくてはいけない場面で入れられるといいかもです。


 ……という具合で、戦術も少しずつ習得しつつのバトル!
 かなり手練のフレンドさんでしたし、結構いけちゃうんじゃないか……と思っていました。

 が、そう甘くはなかったです……!

dq341-8.jpg

 メンバーも変えながら何食か戦ったんですが、勝利ならず!
 HP赤のあとわずかで全滅したり、一度時間切れまで戦えたこともありと、4の初日に比べて確実に進歩はあったんですが!


 耐久力がスゴいと同時に、やっぱりPTを壊滅させてくる破壊力も秘めていますね。
 ちょっとタゲ逃げが失敗したところに刺さってくるキングプレスで、一気に複数に大ダメージ。そこにレーザーが飛んできたり、あまつさえもう一撃キングプレスがぶっとんで来ることすらあります。こうなると、白からすでに辛い!

 やっていて気になったのは、僧侶がタゲ下がりするのが結構難しそうだなということ!
 ダークキング戦の僧侶は、聖女の守りを回すのが大事な役割になってきます。で、キングプレスなどでまとめて聖女がはがれてしまった時など、どうしても次の攻撃までに聖女をかけないとPTが危ない状況でやむを得ず前に出ると、そのときにタゲが僧侶のときにキングプレスなどが発動してしまう……という流れが、ほとんど毎回ありました。
 それを考えると、聖女がはがれた前衛は一度離れて後ろにいる僧侶のところに行くのもありなのかなと! メイン壁を担う戦士は難しいかもですが、バトでは意識するのもいいかもしれません。攻撃をおろそかにしない範囲で、ですが!

 ただ、僧侶をやる場合はそうした自タゲ行動への警戒を自分ですることも非常に大事だと思います。
 武神の護法や災禍の陣なんかをむやみに入れに行くと、逆にPTを壊滅させてしまうおそれも! よくタゲ見てから動くとよさげです。
 けっこう気になったのが、せかいじゅのしずく! あれ、結構硬直が長いので、うかつに使うとタゲ逃げ失敗しちゃうんですよね。
 ベホマラーで回復しきれないダメージが基本なので難しいところではあるんですが、留意したほうがよさそうでした。どうぐ使いは140スキルで少し早く使えるので、どうぐがしずくで回復することも大事かもですね!


 ダークキングは強さによって少し行動が変わってきまして、4は黄色以降の「ダークテンペスト」の使い方が特徴的になっていますね!
 1~3は「紫雲のたつまき→ダークテンペスト」というわかりやすい確定パターンがあります。
 一方で4は逆に、「ダークテンペスト→紫雲のたつまき」と使用。これは怖い!
 ……と思いきや、実は「召喚→通常攻撃→ダークテンペスト→紫雲のたつまき」という確定行動のパターンがあるので、召喚の後に来た通常攻撃を合図にしてダークテンペストのタイミングを知ることができますね! これをしっかり知ってテンペストを回避するのがとっても大事です。
 テンペスト→紫雲はそれ単体ではやられることがないので、ボーナスタイムのように扱うことができます。このときのPTでは、このタイミングに合わせてガジェットを何度も発動できたタイミングがあり、これは非常にアツかったです!
 召喚されたクリスタルから離れたところでテンペストを受けるためにも、やっぱり召喚が来たらみんなで大きく下がるのがベターなのかなと思います。
 
 ただ一筋縄ではいかないのは、「召喚のあとに必ず通常攻撃が来るわけではない」ということ!
 その場でやみのはどうを撃ったり、ダークシャウトを放ったり、これはだいぶ頻度少ないイメージでしたがタゲにキングプレスを使ってくる場合もあります。いずれも下がることで被害が減らせる行動であるという点はある程度共通しているので、そこまで難解ではないんですけど、なかなか厄介な面ではありますね。

 注意したいのは、「召喚の直後のタゲ行動は、ターンエンドまで引っ張らないほうがいい」ということですね。
 キングプレスがくる場合もあるっぽいのでそのまま受けるのは怖いんですが、ただタゲ下がりしてターンエンドを迎えてしまうと、せっかくの通常攻撃→ダークテンペストのパターンが無くなってしまいます。後になって変なタイミングでテンペストが来ることも!
 それどころか、なんとこのときのターンエンドでダークシャウトを使うことがあります。これ出してしまうと、さいあく「ダークシャウト→ダークテンペスト」という夢の必殺コンボが来てしまう可能性まであるので、ぜひ避けたいところですね。

 という具合でテンペストの対処はできるんですが、ただ4の場合はテンペストの安全地帯であるダークキングの周囲にぴゅんぴゅんレーザーが飛んでくるんですよね! これが辛い!
 レーザーで瀕死になったところに、テンペストの後の確定行動であるたつまきが刺さるとちょうど死んでしまうようになっていたりと、まー上手くできてます! バトのミラブAペチなんかはこの時のレーザーの流れ弾に強いので、うまく活用していきたいですね。


 幾度も行けそうな感覚はつかめながらも、最後まではとどかず!
 最終的にはちょっと集中力も途切れてざくざくやられてしまい、PTは解散となりました。でも長時間ありがとうございました!
 
 もう少しチャレンジしたい気もするけど、野良でメンバー集めるのは大変そう!
 でも気の済むところまではやりたいな……と思っていたところに、別のフレンドさんからお誘いをいただきました!
 同じ自分バトマスの戦バト道具僧侶構成で、2PT目の延長戦チャレンジです!
 
 
dq344-8.jpg
画像は違うメンバーですが……
 
 特に新たな装備などを準備するわけではありませんが、気合いはより高めて!
 今回は最初から、残り11~12分前後でのHP黄色がわりと安定して取れる状況に!
 序盤のうちからガジェットが出ると、ばりばり削れますね。道具さんがガジェットの前に必ず磁界シールドを置いてくれたので、ダメージ減効果とともに合図にもなってくれました。
 道具さんはブメに持ち変えてレボルスライサーを撃つところも! 意外と入ることも割とありますね。レボル中のバトマス会心は850~くらいのいいダメージが出ます。

 とはいえ、やはりめちゃくちゃ強い……!
 せっかくのガジェットチャンスも、たくみなダークキングの動きによって活かせなくなることも多かったです。ていうかひたすらキングプレスしまくってくるのが一番単純に辛い! 陣がある以上あんまり下がるといけないですし!

 そして、何をどうしたって黄色以降のレーザーを完璧によけるのなんてまずムリなお話で!
 比較的硬直が少ないバトマスでも、幾度となく当たってしまいました。建て直しができそうなタイミングで不意にレーザーに当たって予定が崩れるっていうのがとにかく怖いですね! ガタガタになっている状況だと、わかりやすい通常→テンペスト→紫雲パターンも脅威になったりします。

 それでも、しずくを撒き散らしながら何度か惜しいところまで!
 あとは運しだいなんじゃ、という感覚もあったので、幾度目かの挑戦に走ります。

 序盤はやや遅い展開で、11分台でのHP黄色。そこから黄色も苦戦しますが、ガジェットに会心Aペチまつりを当てられたりと攻めはそれなりに!
 気が付くとに滑り込んでいきましたが、ただこのあたりで結構ひどい状況になってしまい! 3人がやられてしまうなど壊滅寸前になりながら、それでもここまで来たらということで全力で立て直して反撃に転じます。

 残り2分をあっというまに切ってしまい、とにかくここからは捨て身の攻勢に!
 レーザーをしずくでごまかしながら、何度も生まれるテンペストの台風の目でガンガン攻撃していきます。
 そして、邪神の宮殿で見られるような全員での大慌て攻撃体勢の中で、


dq344-4.jpg

 出ました、出してくれました、強化ガジェット零式!!
 今こそ、不死鳥天舞はやぶさ改Aペチの最大の見せ場! 斬って! 斬ってっ!


写真 2016-07-14 5 04 30

 斬りまくれないじゃないですかっーー!! 錬金釜今いいから!!

 もはや聖女もなにもない状況、ダークキングさんの通常攻撃が直撃してガジェットを床ぺロすることに! あっスパイシー!
 もう既に残り時間は30秒くらいで、私の蘇生なんてどうするか迷う状況……でしたが、僧侶さんが蘇生してくれました!
 復活時間がやたらと長く感じる中で、他の3人ができる限りの攻撃をしてくれますが、それでも倒せません!
 結局、私ができたのは、バイキも入らない状態でのAペチ! 一度撃って会心まじりとはいえ雀の涙ほどのダメージを出すにとどまります。
 そして本当に最後の最後、あと一発だけ入れられそうだったので、連打のままに最後のAペチ!


 ……が、


写真 2016-07-14 5 03 23

 ……まさかの、


dq344-3.jpg

 トドメとなるとは……!!

 なんと、なんとなんと、本当にラストの攻撃の2ケタダメージで、最後のHPを削り取ることができました!
 ということで…………長い長い連戦の末の末に、ダークキング4、討伐成功しました!! うひょほー!!


写真 2016-07-14 5 09 20

 その討伐時間、なんと、19分59秒63……!! タイムアップまであと0.37秒!
 ダークキング4の最遅討伐時間グランプリいけるかもしれませんね! ていうかもうブワーって画面が暗転するパターンだと思いました!
 
 いやもう! もうほんとにこんな事あるのかってくらいの展開で、なんか倒した瞬間の実感みたいなのが逆にふっ飛んでるんですよね! レグナード4のときはシンバル叩くおもちゃみたいに興奮しちゃいましたけど、今回はなんかすでにどう思ってたかよく覚えてないくらいだったりします。
 
 とはいえ、倒した印はちゃんと残るもので!

写真 2016-07-14 5 17 58

 どうやらこんな称号が手に入るようですね! なにこの私のためにあるような称号! すごくない?


写真 2016-07-14 5 02 19

 もちろんすごくないです。あらためて、「暗黒を打ち消す者」の称号をゲットできました!


dq344-2.jpg

 いやもう、フレンドさん+ご一緒してくれたみなさん、本当にありがとうございました!! 
 前半戦に誘ってくれたフレンドさん含めてほんと感謝です。野良で行こうと思ったらめちゃめちゃ大変ですよこれは!
 
 ちょっとだけ個人的に反省しとくと、やっぱタゲ判断が甘かったですね! 昔っから苦手なんです!
 キングプレス来るとやっぱりキツいので、タゲ下がりはもっとはっきりやりたいですね。 
 それと後半は慌てすぎてバイキ切れてるのに攻撃しちゃってたことが数回あったので、これも気をつけないとなと。会心はバイキ関係ないとはいえ、よほどの状況でもなければ入れとかないとですね。


 しかしこのダークキング4、とにかくお金がかかるボスですね……!
 85防具の毒耐性とかすっごい価格してますし、何をおいても、今の4の基本戦術にせかいじゅのしずくが組み込まれてしまっているというのがえげつない! ほぼ全ての回復をしずくで行うことが普通にまかり通ってるというのは初めてな気も……。
 一度倒すまではどれだけの出費があっても、という気はしましたけど、今の感じだとさすがに自分でこれ以上4に行くのはちょっとやめとこかなって感じですね! そのお金で1周回してダークゼリー集めたい!
 とはいえバトル自体は楽しいですし、お誘いくださればいつでも行きます! ぜひともに!

 ダークキング、4まで戦ってみると本当に常闇の聖戦ボスのまたレグナードとは違った形という感じで、すごくやり応えがありますね。物理、それも戦士やバトマスの片手剣が主役になってどうぐ使いも輝くバトルというのもポイント高いです。
 タゲ下がりを使った物理PTをベースにした戦法なうえに、行動パターンやクリスタルの数が細かく違うので、1~2あたりはレグナードよりもぜんぜん低い敷居で参戦できるんじゃないかと思います。レグは超面白いですけどがっちりとパラ魔構成の型にはめないとまともに戦えなかったので、これも結構いいところかなと!

 4は今のところ、全員がしっかりと動けて回復アイテムもふんだんに使った上で災禍の陣や強化ガジェットなどをよく引いてなんとか討伐できるというギリギリのラインに合わせてきている感じがしますね……。
 戦士がHPや守備を重視することで4の無補正通常攻撃をぎりぎり耐えられたり、HPを盛ることでバトや僧侶がレーザーに耐えられたりと、こっちが耐える面でもきわどいラインを要求してきます。そのため、頭、体下、ベルト、その他アクセといったそれぞれの枠の錬金や合成がはっきりと活きてくるので、装備をそろえる意味もとてもうまく作り出していると感じました。本体の物理攻撃に対抗できる盾ガードやみかわし錬金の評価も見どころですね。
 だからこそ倒せたときの喜びはひとしおですし、これが今後いろいろなパワーアップなどで少しずつ楽になっていくのがまた面白そうです。今のレグ4のように比較的気軽に日課にできる日も来る……のかな!

 今後は行ける範囲で日課としてこなしつつ、1の日はある程度周回もしてダークゼリー集められたらいいなと思っています。
 おとといアンノウン装備の残りの分も公開されましたが、片手剣がちょっと思ってたのと違う……! 両手剣が小さくなったみたいなのがよかったんですが! あの中だと棍がいいけど出番少ないしどうしようか迷いますね!

 ともかくも、念願のダークキング4討伐成功でした! あらためて、ありがとうございました!

 それでは、今日はこのへんで。

dq344-1.jpg

 わざわざこれ撮りに行った私の深夜テンションですよ!

スポンサーサイト

web拍手 by FC2
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://cottonpasty.blog134.fc2.com/tb.php/1342-1e0d42ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)