プロフィール

ぱすてぃ

Author:ぱすてぃ
百合が好きでポケモンを好む、文章を書く人です。
好みのゲームは任天堂系/テイルズはじめRPG全般/デモンズ・ダークソウルなど。
百合は小説漫画といろいろ。百合文も書きたいです。

【ドラクエ10】
ぱすてぃ [MY795-653]

最新記事

リンク

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログコミュニティ

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

ポケットパスタ・ゲーム記
ゲームのプレイ日記を書きたい分だけ書くブログです。3DS「RPGツクールフェス」で『かけらのメガルエ』を第1回コンテストに投稿中。
Pokemon GO 第1回プレイ日記!

 ドラクエ10を遊ぶかたわらひそかに待ち続けていた、話題沸騰のあのタイトル!
 そう、「Pokemon GO」が本日ついについに日本でも配信開始されました!! うひょー!
 スマートフォンのゲームアプリは全く触ったことがないので、他のゲームとは色々性質が違うものの、いちおうこれが初のスマホゲーになります。

 いやしかし、日本での配信前からハンパじゃない盛り上がり方でしたね!
 アメリカを中心とした海外で先行配信されると、目をうたがうほどの熱狂ぶり。私はそれまではいまひとつこのゲームの性質をよく分かってなくて、慌ててゲームの仕組みとか「Ingress」について調べた次第です。
 連日ニュースでも取り上げられていて、さまざまな方面からちょっと規格外な規模の注目が集まっていました。
 配信開始日が明らかにされなかったので、ここ数日は毎日やきもきさせられましたが、ようやくというところで!


 ゲームの仕組みなどはどこでも見られると思うので、さっそく私のプレイ感想で行きたいと思います!

 ちょっと時間を使って近くを歩いてきましたけど、これは新鮮なゲーム体験ですね……!
 
写真 2016-07-22 18 18 51 (5)

 地図上に表示された拠点「ポケストップ」を自分で歩いて目指しながら、途中に出会ったポケモンをゲット!
 見知った場所なのに、ポケモンGOの中でアイテムやポケモンと出会えるスポットとして意味づけられていると、まるで現実の道がゲームのマップになったような軽い錯覚を受けました。

 上の画像は野生ポケモンと対峙したときの画面ですね。ARモードをオンにしておくと、カメラに映った風景の上にポケモンが表示されます。
 これが思っていたよりいい感じ! iPhoneのカメラで表示される風景は十分に綺麗で、ポケモンのモデルも結構なめらかな上によく動くので、位置関係によってはポケモンがAR風景の中にほどよく溶け込んで見えます。ARといえば3DSのイメージがあったんですが、カメラの性能が段違いなので受ける印象もかなり違いますね。ARを切ることもできますが、せっかくなら実際の風景を見ながら遊ぶのもいいかなという気にさせてくれます。

 モンスターボールをスワイプで投げる感覚も結構ちゃんと作られている感じがしますね。ほどよく難しく、慣れたり落ち着いたりすればちゃんと狙った場所に飛ばせます。思ったよりもレスポンスがいい!
 ボールがポケモンに当たったあと、おなじみのボールが揺れる演出もステキ。強いポケモンはボールを破ってくることもあるので、思った以上に本編に似た緊張感が感じられることもあります。
 こうしたゲットの場面はもっともっと単純な作りかと思っていたんですけど、ちゃんとポケモンっぽいなと感じました。


写真 2016-07-22 18 18 51 (8)

 ポケストップですが、自宅からでもアクセスできるものが1箇所ありました!
 ポケストップにアクセスすると、モンスターボールをはじめとしたアイテムを手に入れることができます。同じポケストップでも5分後にはまたアクセスすることができるようになるので、こまめにチェックしておけば簡単にアイテムを入手できますね。

写真 2016-07-22 18 18 51 (2)

 おかげで、モンスターボールにはまず絶対困ることはなさそう!
 自宅からポケストップにいけなかったとしても、少し家の近くなどの行きやすい場所のポケストップを回るだけで、かなりの数のモンスターボール(や回復アイテム等)を獲得できると思います。モンスターボールは課金で買うこともできますが、まずもってその必要はないように感じました。
 注意しておきたいのは、アイテムの所持上限が初期状態だと「すべての種類のアイテムを合わせて350個まで」という点ですね。モンスターボールが増えすぎてきたら、右のゴミ箱マークから個数指定で少し処分して、他のアイテムを持つ枠を確保していくといいと思います。ドなんとかっていう最強の倉庫整理ゲームを長いこと遊んでいるわたしからすれば今のところは天使のような楽さですええ!

 海外のゲーム「Ingress」が元となった……というかこのポケモンGOも海外で開発されたゲームだからか、ポケストップの場所に関しては「え、そこ!?」って思うものもあったりしますね!
 印象的なのは、公園や遊歩道などに置いてあるモニュメントだとかちょっとした石のオブジェがスポットになっていることが多いということ。その中にはポケストップではなくジムとして登録されているものもあり、その微妙なズレが面白くもありますね。
 それにしても、このポケストップの登録ってのもスゴいですよね……。日本どころか世界中のあらゆる場所に用意されていて、それぞれに場所の名前や写真、場合によっては説明文が添えられているという物量感には、ちょっとめまいがします。グーグルマップの仕組みなんかを上手く使っているんだと思いますが、本当に自分の家の近くにもポケストップが出てきたときはやっぱり少し驚きましたね。


 最初はドードーやビードルといったよく居そうなポケモンばかり出会っていました。
 が、家の近くの大きな公園の坂道を歩いているとき、不意にこのポケモンが登場しました!


写真 2016-07-22 18 18 51 (7)

 ゴローン! し、進化系!
 慌ててボールを投げるも、2回くらい揺れたところで破られてしまいます! これが初ボールやぶられでした。
 さらに投げまくるも何度も破られて、いよいよ相手が逃げる恐れも感じられる段階になってきました。
 これはまずいと、いっそう精度を高めて確実にボールを当て続け……なんと、7回目くらいでようやくゲットできました!

 苦労したぶん、めっちゃ強力!
 CP(=戦闘力)がその時点での手持ち最高よりも2倍近くあり、一気に戦力がパワーアップ!
 このあたりでちょうどレベルが5になったので、ジムバトルに挑戦することに!
 
 地図上に表示されている、派手なマークのスポットがジムですね!
 ジムバトルは、プレイヤーがそれぞれ分かれて所属する3つの陣営が所有権を争うという要素になっています。

写真 2016-07-22 18 18 51 (4)

 私は黄色の「チーム インスティンクト」にしました! 直感・本能系ってところに惹かれて!
 近くに青チームが所有しているジムがあったので、そこになぐり込み!

写真 2016-07-22 18 18 51

 バトルシステムはまだちょっと把握しきれていないのですが……。
 ゴローンのCPが相手のポケモンよりもかなり高かったので、さくっと勝利!
 1戦で名声(=相手の所有権パワーみたいな)を0にすることができたので、黄色チームのジムとして乗っ取ることができました。
 ジムに自分の名前とポケモンが表示されるのは、なかなか気持ちがいいですね!
 ジムには自分のポケモンを配置することができます。配置したポケモンはやられて帰還するまで自分の手持ちとしては使えなくなり、ジムにやってきた他のプレイヤーと自動で戦うようになります。

 自分(のチーム)が手に入れたジムでは、トレーニングバトルというものができるみたいですね。
 ジムに配置したポケモンと自分の手持ちを戦わせて、自分が勝つことでジムの名声を上げることができます。名声が上がったジムはジムレベルが上がり、配置できるポケモンの数が増加! 同じチームのジムなら、複数の人がポケモンを配置することもできます。
 ただ、とりあえずゴローンを預けてみたら自分の手持ちでゴローンに勝てるポケモンが1匹もおらず、自分のポケモンにぼこぼこにされたあげくなにも手に入らず回復アイテムだけ消費するという展開になりました。かなしみ!


 ジムにポケモンを配置しておくことで得られる大きなメリットは、ポケコインの入手ですね!

写真 2016-07-22 18 18 50 (1)

 ポケコインというのは、ショップで使える通貨です。
 主には課金で買うものなんですが、ゲーム内で入手することも可能なんですね!
 ショップ画面の右上にある盾のようなマークをチェックすると、いま自分がジムに配置しているポケモンの数に応じたポケコインが手に入ります。とりあえずゴローン1匹でチェックしてみたら10コインもらえました! 小額ではありますが……!
 注意したいのは、この盾マークのチェックは22時間ごとだったかに一度しかできないという点。なるべく多くのポケモンを配置できているタイミングでうまくチェックしたいところですね。


 最強のゴローンが手持ちから離れてしまったものの、かなり強力なのでそう簡単にはやられないはず!
 ……とか思ってたら後できっちり倒されてました! トサキントつよい!
 ジムを守るのはなかなか簡単なことではなさそうですね! 挑戦する側は6匹までポケモンを用意することができるということもあり、同じチームのプレイヤー同士でがっちりと防衛体制を整えなければ、すぐに倒されてしまうかもしれません。ころころ入れ替わるほうが楽しいとは思いますが!

 写真 2016-07-22 18 18 51 (6)

 ひとつ懸念があるのは、明らかに強力なポケモンをジムに配置しているプレイヤーがいること! もうレベル15とか!
 海外のアカウントを使うなどなどで、今日の配信日よりもずっと早いタイミングでプレイを開始している人が一定数いるみたいですね。ほとんどレベル=CP=強さのゲームなので、これほど強力なポケモンには全く勝ち目がないですし、この人がその気になったら近くのジムすべてを1人で占拠すらできてしまうと思います。
 いまのところ対戦システムがジムバトルしかないので、これが横行すると対戦を楽しむということは難しくなると思います。レベル差が縮まってくればそれほど問題にはならなくなると思いますが、やっぱり今日はじめたプレイヤーとして率直に言わせてもらえば、あまりいい心持ちにはならないですね! しょうがないことではあるんですが!

 悪質なものとして、GPSの位置をごまかしてポケモンを収集するというプレイがあるみたいですね。
 これは処罰の対象になるみたいなので、いくらなんでも現段階では強すぎるプレイヤーみたいなのは通報することも大事かもしれません。「設定→ヘルプセンター→リクエストを送信→不適切なゲームプレイの報告」で行けるみたいですね!

 
 ともあれ、その後もう少し回ってから家に戻ろうと歩いていたのですが……。
 家の前あたりでマップを見たら、近くに勝てそうなジムがあったので、寄り道でそっちまで足を運んでしまいました!
 これある意味で結構恐ろしいですね……! 少しだけ歩くつもりが、あっちもこっちも練り歩くことになったりするかも! 
 でも、まさにこのゲームらしい楽しみ方のひとつだと感じました。まだまだ対戦のシステムはこれからって感じですけど、戦力を高めてジムバトルに挑むだけでもなかなか遊べそうですね!


 写真 2016-07-22 18 18 51 (1)

 いまのところレベル7まで来て、集まっているポケモンはこんな感じ! カイロス! カイロス!
 タマゴを1つ孵化させられたんですが、ガーディが生まれました。タマゴは結構すぐ溢れちゃいますね!

 そんなこんなで初日の感想としては、とにかくもう新鮮で面白かったです!
 もともと現実の位置情報をもとに遊べるゲームという本作のスタイルには興味があったんですが、思った以上にその仕組みを楽しむことができました。
 あと、考えていたよりもちゃんとポケモンっぽく作られているなと感じました!
 海外の会社が開発したタイトルで、ちょっとアバターの雰囲気がアレだったりと、ポケモンの皮をかぶった全然違うゲームではないか……というより、かぶるポケモンの皮の作りがあまり良くないんじゃないかっていう心配をしていたんですが、そこは予想よりも良かったですね。

写真 2016-07-22 18 18 50

 ポケモン図鑑もちゃんとありますし!
 なにより、増田さんの手がけるBGMがとても大きな安心感を与えてくれます。やや近未来風に大胆なアレンジしてある曲が多いですが、ちゃんとポケモンのBGMって感じがしてゲーム全体の雰囲気を整えている印象を受けました。野生戦の曲なんかはシリーズの曲として考えてもわりと好きなほうかもしれません。

 今後の展開にも期待したいですが、ひとまずは自分のポケモン集めとレベル上げたくさんやれればいいなと思います。
 ちなみにうちの周りのジムは、超高レベルのプレイヤーさんもいる青が優勢で黄色はその半分くらい、でもって赤はほぼ0という感じです。青の圧倒的な強さにほどよく挑戦しやすい環境かもですね!
 ……って思って今見てみたら黄色が赤になってますやん! 黄色0ですやん! 燃えてきました!

 それでは、今日はこのへんで。そんでわたしのワタッコはどこに居ますかね! まずタイムマシンか冬眠装置あたり作るところからですかね!

スポンサーサイト

web拍手 by FC2
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://cottonpasty.blog134.fc2.com/tb.php/1346-a036ca4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)