プロフィール

ぱすてぃ

Author:ぱすてぃ
百合が好きでポケモンを好む、文章を書く人です。
好みのゲームは任天堂系/テイルズはじめRPG全般/デモンズ・ダークソウルなど。
百合は小説漫画といろいろ。百合文も書きたいです。

【ドラクエ10】
ぱすてぃ [MY795-653]

最新記事

リンク

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログコミュニティ

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

ポケットパスタ・ゲーム記
ゲームのプレイ日記を書きたい分だけ書くブログです。3DS「RPGツクールフェス」で『かけらのメガルエ』を第1回コンテストに投稿中。
テイルズオブベルセリア 第3回プレイ日記!
 
 どうもです!
 ベルセリア、前回からしばらく空いてしまいましたが、その間がっつり進めまくり!
 そして、ついに本編をクリアいたしました!
 ちょっとそのままネタバレ含む要素も色々書くと思うのでご注意だけ!
 とりあえず最初に言っておきますが、めちゃくちゃ面白かったです! こんな良作テイルズを遊べる日がまた来るとは!


写真 2016-09-07 10 32 52

 クリア時のデータはこんな感じ。サブイベントを多分ほぼこなしていたりしたので、レベルは標準より少し高いかもですね。難易度ハードで進めていましたが、一部の戦い以外はそこまで厳しくもないかなという感じで進みました。

 驚くべきはプレイ時間!  なんと77時間38分……!
 3~4時間くらいは放置している時間があると思うんですが、他のRPGでもそういう時間が多少なりとも生まれているであろうことを考えると、相当な長さだと思います。今までテイルズで一番長かったのはヴェスペリアで58時間くらいだったかな?

 ベルセリアがスゴいのは、この長大なプレイ時間が決してむやみな引き伸ばしや薄め要素によるものではないということ。
 多分ストーリーの本筋的には他のシリーズと比べてもそこまで長くなっているわけではないと思うんですが、最初から最後まで密度のあるプレイが続いた印象です。

 長くなる要因として大きいのは、ボイス量の多さですね!
 街のモブとの一部会話は「!」マークがついていて、これがスキットのような長い尺でボイスつき。モブのセリフだけでも相当な量だと思います。やたら熱い人とか変な人とかいたりして、モブのいきいき感がやたらすごい!
 スキットも数は普通だと思いますが一つ一つが非常に長いですし、とにかくサブも含めたほとんどのイベントにボイスがついているのには驚かされました。エクシリアまでしかテイルズ遊んでいなかったのでそのあとの2作がどうなのかは知らないんですが、とにかく「ここにもボイスつくの!?」と思うことが多くてびっくりしましたね。
 私は面倒になったらボイスパートも少し飛ばしてしまうことがあるんですが、今作はほとんどそういうことがありませんでした。
 ひとつにはオートメッセージ送りのテンポが最適だというのもあると思いますし、もうひとつはやっぱり全体的なキャラの魅力に引き込まれるところがあったからかなと思います。

 
 ほんとにもう、シナリオやキャラに関しては良すぎてびっくり!
 ストーリーの大筋自体は「喰魔集め」とか「カノヌシの人間沈静化」みたいな基本に沿ったものなんですけど、それぞれのシーンでのキャラの掘り下げや設定の濃さを肌で感じられる充実ぶりがあったと思います。
 なんていうか、いつものテイルズに比べてシナリオライターの人の力がだいぶ高いように感じましたね! ちょっとしたスキットとか街の食べ物の話ひとつとってもよくできています。

 色々ありすぎて本当になにを話すかって感じなんですけど、とりあえず一番良かったシーンは地脈でカノヌシと対峙するあの場面ですかね! 涙ぶわーですよもう!
 アバル→エンドガンドのテレサとオスカー→監獄塔襲撃とベルベットがどんどん追い詰められてからの衝撃のカノヌシ登場。ここでベルベットの精神が砕けて、そっから長い地脈のダンジョンを進んでいくという流れで、カノヌシ出てからの展開だけでも都合1時間以上ひたすらぐっちゃぐちゃに暗い状況が続いて、そこからのあのフィーの魂の叫び! 本心を吐き出すベルベットの慟哭も演技が凄まじくてとにかく熱かったですね! 
 この後に戦うのがメルキオルっていうのもいいですね、思う存分ぶん殴れる感じが! シンフォニアの仲間全員はぐれる→合流してからのプロ……なんでしたっけさん戦に近いものがあります。この後心機一転でコスチューム色々変えたら直後のザコ戦でちょうど第3戦闘曲が流れ始めたのもテンション上がりました!

 フィーのほうのライフィセットがあそこまで熱いキャラになるというのは意外でしたね! パーティメンバーとはいえ幼いキャラなので、ずっと守られる対象として進んでいくのかなとか思っていました。
 普通に考えたら男らしく成長したほうがカッコいいのが当たり前なんですけど、それをやってくれないRPGって本当に多いので、あんまりそういう期待のある想像はできず……すさまじくいい意味で裏切られた次第です。
 成長する過程も丁寧にできていて、特にロクロウとアイゼンに色々教えてもらうシーンはスキットなどでもかなり充実していて印象深いですね。さっきのシーンでもアイゼンが術で自分を固定しながらフィーの腕を掴むとか、ちゃんと他のメンバーの支えがあって成長できた感があるのが良かった思います。

 ベルベットも含めて、もちろん他のキャラも素晴らしい完成度。ほとんど情報を仕入れてなかったので、買う前までは「なんかイロモノ多そう今回……」とか思っていたんですが、終わってみれば歴代でも相当好きになりました。パーティメンバー全員の良さという意味ではトップかもっていうくらい!

 なんというか、過度にキャラクターの核心部分を曝け出さないところがよかったですね。ベルベットはその限りじゃないんですけど、ロクロウ・アイゼン・マギルゥあたりはそれぞれ抱えた事情を持ちつつもいい意味でパーティに持ち込みすぎない、というか。
 たとえばマギルゥの設定とか、壊れた心がどうにかこうにかなってちょっと本来の自分を取り戻して感情をあらわにする展開とかありそうなものですけど、そういうところを見せずにおいたまましっかり魅力を出しているところがなんか気に入りました。アウトローなキャラが集まる本作ならではというところもあるかもしれませんね。

 エレノアもすごくいい! 仲間になってからのスキットやサブイベでのはしゃぎっぷりも良いんですけど、本筋を見ても生真面目さがいい方向に貫かれていて、芯の部分では他のキャラに負けないブレなさがあると思います。
 あとやっぱあれですよね、エレノアとベルベットによるフィーの取り合いのやりとりは最高ですかねあれ! 終盤はフィーが男らしくなった上にベルベットとエレノアもお互いの立ち位置をはっきりさせるのであんまり見られなくなりますけど、中盤のいくつかのシーンはニヤニヤが止まりませんでした。とんでもない姉ゲー! 目覚めそうになるからやめて!

 そしてベルベットも見事ですね。優しく話すときは本当に優しくなって、最終的にはその優しさが絶妙に混じった喋り方になるのがやっぱりすごい演技だなあと感じました。
 ラストの展開はああいう風になりますけど、想像していたよりもだいぶ晴れやかな終わり方でしたね。スタッフロールのあの冒険の絵がまたすごい泣ける!
 すごく良いと思ったのが、ベルベットがアルトリウスのことをしっかり理解したうえで倒そうとしているというところですね。アルトリウスも結局は感情を捨てきれない部分を残していて、なんだかんだ等身大の人間だったところは魅力になっていると思います。


 終盤は特に、時系列的に直接の未来にあたるらしいゼスティリアへのつながりを意識したシーンがよくありましたね。災禍の顕主・導師なんかもそうですけども。
 といってもゼスティリアほとんど知らないので見落としも多そうなんですが! アイゼン回までアニメ見てたのでとりあえずザビーダとのサブイベはぐっと来ました!
 ゼスティリアについては評判がすこぶるよろしくないことと、一部のキャラ・シナリオと序盤の展開(アニメ)くらいしか知らず、問題となっていることについて直接は触れていなかったので、ベルセリアが他作と繋がるという部分の面白みだけを味わえた気がしていい塩梅だったりします。ていうかすごくゼスティリアやりたくなる話がいくつかありますけどそこはまあアニメ見ますかね! アイゼンまじなんとかして!

 人が生まれながらに穢れを生み出す可能性を秘めていて穢れると業魔化、聖隷が穢れてドラゴンになるともう元には戻れない、このあたりの設定はゼスティリアのときから引き継いだものなのかどうなのかよくは知らないんですけど、このへんの世界観設定はかなり厳しいっていうか理不尽っていうかな面もありますよね。ただそれも、ベルセリアはうまく扱っていると思いました。
 業魔とか喰魔になったサブキャラもいいですよね! ダイルとか最初倒しに行った時はなにこのいかにも序盤っぽいイベントに出てくる端役! とか思ってたのにあんな良キャラだったとは! 最後元に戻る時映しちゃあかん人なんじゃないかと思ったら意外にダンディでしたし!


 テイルズといえばシナリオよりバトル! という私がこれだけ先にシナリオとキャラの話をするくらいには、とにかくストーリー面の魅力が強いテイルズだと思います。
 オスカーとテレサ、シグレとメルキオル、四聖主覚醒あたりはまとめて消化されちゃってる感もありますが、ボリューム的には十分すぎるくらいです。
 プレイ時間が長いのも、シナリオとイベントのボリュームに起因するものですしね。
 それに加えて、システムやバトルも十分遊びやすいレベルになっているので、ストーリーの魅力をジャマされずに遊べますし、ミニゲームなどのオマケ要素がやたらに多くてそこでもキャラのやりとりがあったりするのでキャラの魅力がより深まり、全体的に高いクオリティが出来上がっている……という構成のゲームだと思います。

 バトル面ですが、爽快感重視の最近のテイルズでありつつ手堅い作りになっていますね! バトルスピードが早い+動きがヌルヌルしていることもあり、とても快適に遊べます。
 戦闘自体は、基本的に最後までベルベット操作で相手の弱点に一貫できる技を同じボタンに登録して、喰魔状態を維持しながら連打しまくるだけでほとんど突破できました。
 とにかく喰魔になるときの「コンジュームクロウ」が強いですね! HP回復・無敵切り返し・ガードブレイク・BG溜め・連携延長など必要な効果を全て持った超性能技で、ソウルのある限りこれを要所で出していればほぼ無敵で戦い続けられるというのはすさまじい強さだと思います。
 さっきノルミン島のジュード+ミラ戦で負けちゃったんですけど、味方全員やられたのでやけくそになって一人で喰魔状態維持しながら戦ったら結構長いこともって驚きました。

 ともあれ爽快感のあるバトルではあるんですが、ただやっぱり特にベルベット操作だと連携があまりに自由すぎて、ちょっとガードしてSG回復+ガードブレイク効果を得る以外はほとんど攻撃ごり押しでもどうにかなってしまうのはシンプルすぎるかなという感じもしましたね!
 難易度の影響もあったと思いますが相手の火力が高いので、基本的に上から殴り続けるゲームという印象を受けました。
 他のメンバーが何をしているかが分かりづらいですし、自分の操作キャラの特技の動きもなんというか何を使っても同じような感覚がありました。縛氷幻夢と邪霊雷牙とかぱっと見似すぎ!
 リメDやハーツなんかでも思ったんですけど、あまりに特技の連携制限がなさすぎるとバトルが大味になってしまうように感じますね。ベルセリアは弱点特効の要素を入れて使う技をばらけさせてはいるんですが、もうちょっと攻撃だけでなく相手の攻撃をいなすシーンを多めにしてくれてもいいのになと思います。なんとなくですが、ドラゴンのシルバとの戦いがわかりやすく攻撃対処できて楽しめました。まああれ終盤メテオスウォーム連打ゲーされるんですけど!

 TPがなくて料理で毎戦全回復できるとかそういう快適さは良いと思うんですが、バトルはもっと攻撃と防御の楽しさを織り交ぜて敵にも存在感を与えたものだと嬉しいですね!


 システム面は歴代のテイルズと比べてもかなり快適でほとんど言うことないんですが、装備の強化システムだけはちょっと疑問符もありましたね!
 強化の+値を増やしていくことでソウルやBGなどのキャラ性能が底上げされるんですが、装備にマスタースキルがあるので新しく入手した装備をどんどん使いたくなり、でも新しいほうは強化がしづらいので中々+値を増やせないままゲームが進んでしまいました。
 マスタースキル習得の必要がない部位で着るために少し前の段階で手に入る装備を大きく強化しておくのがいいのかもしれませんが、さすがに全キャラ分そんなことをするのも大変なので、強化システムはあまりうまく扱えませんでしたね。
 敵からのドロップが装備品だけっていうあたりは個人的には結構好きです!

 こうして挙げた部分も決してダメダメということはないですし、特にバトルは十分に楽しめたので、全体的なできの良さはやっぱり揺るがないように感じます。あとまあグラフィックは気になりますけど、イベントシーンの演出という重要な部分はしっかりしているので、やっぱり必要なところを外してないと思います。

 評判がなんだかよさげだったのでそこそこ遊べるかなと予想して買ってみたんですが、見事にその予想も越える出来でした!
 テイルズ本編を発売日近くに買ったのはグレイセス以来だったんですが、一気にテイルズ熱が戻ってくるくらいの感覚です。
 私みたいにゼスティリアをほとんど知らなくても問題なく楽しめますし、テイルズあまり遊んだことない人にも単独でおすすめできる作品ですね。難易度も高くないのでシリーズ初でもとっつきやすいはず!
 主人公がダークな立場なのでとっつきづらさがあるかもですが、それを逆手に取るかのようなキャラクターの魅力の充実させかたをしているので、そこは気にせずに触ってみていいかと思います。


 ともあれ、クリア後にもいくつかサブイベが出たので、とりあえずそれをクリアしていこうかなと思います。難易度ハードはせっかくなので一貫させたいですけど、隠しダンジョンとかジュードミラとか行けますかね……。

写真 2016-09-07 10 34 01

 グレードはクリア時で5700ほどあったので、色々やっているうちにもう少し溜まってひととおりの引継ぎができる7000あたりまで行ければ嬉しいですね。足りなければワンダリングを狩ればいいのかな?
 2周目はまだ遊ぶかわかりませんが、今は特にやるゲームもないので時間があればと思います!
 ああでもほんと楽しかったです! 今後のテイルズもこれだけ充実した作品が続いてくれることを祈りたいですね!
 
 それでは、今日はこのへんで。オスカーさん、アニメで超かっこいい戦闘シーンだったんで本編でもさぞ強力なライバルとして立ちはだかると思ってたんですが……どんまい!  しかしロクロウvsシグレとかアイゼンvsザビーダとか他にもあのアニメのレベルで見たい戦いが色々ありますね……!
スポンサーサイト

web拍手 by FC2
コメント

メルキオルvsマギルゥのとこ
メッチャ好き!
耐えてるあの感じ!
[2016/09/08 18:05] URL | k #- [ 編集 ]


>kさん
いいですね!
真っ先にビエンフーに地脈の出口守らせるのがカッコいい!
[2016/09/10 19:50] URL | ぱすてぃ #4JcWZNxE [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://cottonpasty.blog134.fc2.com/tb.php/1360-8005c374
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)