プロフィール

ぱすてぃ

Author:ぱすてぃ
百合が好きでポケモンを好む、文章を書く人です。
好みのゲームは任天堂系/テイルズはじめRPG全般/デモンズ・ダークソウルなど。
百合は小説漫画といろいろ。百合文も書きたいです。

【ドラクエ10】
ぱすてぃ [MY795-653]

最新記事

リンク

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログコミュニティ

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

ポケットパスタ・ゲーム記
ゲームのプレイ日記を書きたい分だけ書くブログです。3DS「RPGツクールフェス」で『かけらのメガルエ』を第1回コンテストに投稿中。
RPGツクールフェス プレイヤー 第1回DLプレイ日記!

tfp1-1.jpg

 こんばんは! ポケモンの瞬間風速の中ですが、今日はちょっと「RPGツクールフェスプレイヤー」も触ってきました!
 先日にご紹介した、3DSの「RPGツクールフェス」でユーザーが作ったゲームを無料でDLして遊ぶことができる、ツクール新作のプレイ専用ソフトですね! わたしも製品版は買っていませんが、3DSさえあればユーザーさん作成のゲームを誰でも自由に遊ぶことができます。

 製品版が発売されてユーザーさんによるゲームの投稿がはじまってから、はじめてソフトを開きました。
 既にたくさんの作品がアップロードされているのでコレと決めて遊ぶのはむずかしいのですが、情報を集めている中で目にしたタイトルや、評価カテゴリに入っているタイトルをちらほらとピックアップしてプレイさせていただきました。

 で、せっかく遊ばせていただいたので、ごく簡単に各タイトルの感想を書いておこうと思います!
 

○『ノンアルコール★エイジス』  作者:新谷一帆さん  プレイ時間:10~15分
 ニヒルな主人公、ジョージが西部劇のような舞台を立ち回る戦闘なしショートストーリー。
 雰囲気バリバリのセリフ回しが見事なんですが、なんとジョージを含めて登場人物が全員子供のグラフィックという! だからノンアルコール! 各キャラの顔グラとセリフの強烈なギャップに驚かされます。
 しかしそれだけの作品ではなく、イベントシーンのアクション演出などがツクールの素材を活かしつつとても凝った作りになっており、子供ばかりの舞台にも違和感を感じなくなってくる軽い没入感がありました。薬莢が落ちる演出がすばらしかった!
 この作品はほぼイベントを追う内容で、15分程度の短時間で終わるものですが、ぜひ作者さんの中~長編作品を遊んでみたいと思わされました。


○『きみの勇者』 作者:ライアーさん プレイ時間:10分程度
 早くも、ツクールフェスで自作の戦闘システムを取り入れた作品。体験版verらしく、プレイ時間は10分ほどです。
 サイドビューのように展開されるバトル画面では、画面下側に出る↑↓→←といった毎回違う表示が。対応した十字キーをコマンド入力して、成功すれば相手にダメージ、間違えたり時間切れになったら自分にダメージ、という「十字キーコマンド入力バトル」という感じのシステムになっています。
 分かりやすいシステムで、コマンドの表示やバトル画面の画作りもきれいにまとまっています。シンプルながらちゃんと発展性も考えられていて、コマンドが見えにくくなるギミックなどが搭載! 
 EDで見られる、正式版の予告と思われる場面では、今回のverからかなり発展していそうなバトルシーンが展開されていました。
 自作システムをこれだけカッチリ作られているというだけで、既にスゴイですね! RPGらしく、主人公を強化できたりする要素があったりすればなおいいかなと思いましたが、シンプルなシステムの中に組み込むものでもないかもしれません。


○『あの日に戻って君を守る』 作者:Shinさん  プレイ時間:15~20分
 主人公の未来ツクルが、10年前に何者かに殺害された妻を救うため、タイムマシンを作り過去に戻る、それまでとそこからの物語。
 暗転画面に顔グラとメッセージの表示で展開されるのがメインの、ノベルゲームですね! 
 プレイ時間的には短いのですが、その中できっちりプロローグ+3章に分かれた物語が展開されます。主人公に感情移入できる十分な展開と演出が描かれ、コンパクトな舞台の中できっちりと登場人物を描き切るムダのない物語でした。終盤の展開は胸に詰まる!
 個人的に評価したいのが、重要な局面でプレイヤーが操作する余地がある点ですね! 「タイムマシンE」に関する流れも見事ですし、最初ちょっと分からなくて一度別データをロードしなおしたりしてしまいましたが、「時間」を見つける場面ではハッと! わたしはノベルゲームには疎いですが、ただ見ているだけでなく自分で操作する部分があることで、物語が体験としてより印象深いものになりますね。


○『闇市』  作者:viprpgさん  プレイ時間:15分~20分
 闇商界の中で生きる女の子主人公が闇商店を任されて、訪れる色んなお客にアイテムを売るゲーム。
 お客さんにアイテムを売るときの値段を、4段階から設定できるようになっています。切羽詰った状況の人には強気で高く売りつけたり、怖い魔物には控えめに半額で売ったり(強気で行くと強奪されてしまう)と、相手に合わせた価格設定をすることで、できるだけ多くの利益を得られるようにする、というのが基本的な部分ですね。
 お客さんの種類が10人前後とそれなりにバリエーションに富んでいて、それぞれに対してある程度丁寧に価格のヒントが提示されるなど、アイテムを売る部分の作りはよく作られていると感じました。いろんな人来るから面白い!
 ただ、一通り販売を終えてからクライマックスに行く流れが急にシリアスっぽくなったり、かと思えばまた急にコミカルに転じたり、そこからさらにオチが飛んでいたりと、闇商店のゲーム部分が終わってからの展開がやや唐突だったかなと思います! 
 変数で表示されていた利益も、なにか分岐要素とかと繋がっているのか不明瞭なまま終わってしまいました。特技の習得に関係があるのかな?
 惜しい部分はありつつ、基本の部分や主人公のずぶといセリフ回しなど楽しめる要素もありました。やや不条理なシーンもあるので、幼い子がひどい目に遭うのがとても苦手という方は注意かも!


○『初心者の為のツクール学』 作者:UNIさん  プレイ時間:3~5分
 タイトルのとおりで、ユーザーさん向けにツクールの基本的なシステムを解説する内容ですね! こういう講座タイプのタイトルも、立派なひとつのジャンルです。
 イカのキャラが「スイッチ」について、宝箱の出現、開封といったイベントを例にとって説明してくれます。シンプルながら実際の作成画面に沿った(と思われる)テロップを流してくれたりと丁寧で、コミカルな演出も挟まる凝った作りですね。
 こういった小品にありがちな内輪っぽいセリフのノリもなく、どんな人でも見やすい作りになっていると感じました。


 ……というわけで、よく調べもせずいきなり適当にガッツリ突撃プレイさせていただきましたけど、しっかり作られた作品が多くて嬉しいかぎり、ありがたい限りです!
 まだ発売から1週間で、今回遊ばせてもらった作品も20時間程度の作成時間で作られているものが大体だったんですけど、いかな短編でもこの期間・時間内でひとつの作品を完成させるということは、全く簡単なことではないと思います。
 そもそも、わたしなんかは創作をしても時間をかけても完成しないのが当たり前みたいなところがあるので、本当に見習わなくてはならないなと思うばかりですね。

 重ねてになりますけど、今回わたしが触っている「RPGツクールフェスプレイヤー」は、eショップから無料で落とせるソフトです。
 今回ご紹介させていただいたタイトルはもちろん、様々なユーザーさん作成のゲームがアップロードされているので、ご興味ある方はぜひ!

 できるだけシンプルにしたいなと思うので、こんなところで!
 今回プレイさせていただいた作品の作者さま、ありがとうございました!

スポンサーサイト

web拍手 by FC2
コメント
ヒントをください。
はじめまして。
rpgツクールフェスプレイヤーをダウンロードして楽しんでいるものです。
「あの日に戻って君を守る」の時間パスワードがわからず、途方に暮れていた中、こちらのブログを発見しました。

つきましては恐縮ですが、
ネタバレにならない範囲でヒントを頂けますか。
何周しても午前0時ほどという以外のヒントが見つからないのです。
[2016/12/03 10:38] URL | FK #- [ 編集 ]


>FKさん
はじめまして!
わたしも、0時しかないよなあと思ってパスワードを00000000のまま入力したりとかしてました!

ヒントですが、作中には時刻に関わる品が1つ登場していたと思います。それがあの入力シーンの時、どこ にあるのか。
とかそんな感じでしょうか…!
ロード等で前のパートに戻る必要はありません。
ヒントとして過不足ありましたらまたコメントいただければ!
素敵な作品なので、ぜひ最後まで遊んでいただきたいです!
ではではー!
[2016/12/03 11:20] URL | ぱすてぃ #4JcWZNxE [ 編集 ]

thanks.
無事二つのedクリアに到りました。
有難う御座います。

ネタバレを避けるよういえば、
「あの子」は自分が生まれるためパパの凶行を止めに来た…ってところなのでしょうか。

(バッドエンドでは生まれてこないため)

ヒント感謝致します。
これからもrpgツクール生活を楽しんでいきます。
自分のオススメは「魔女に会いに行く」と「オルタードアークス」です。
よろしければどうぞ。
[2016/12/04 09:35] URL | FK #- [ 編集 ]

追記
先ほどのコメント訂正です。

オススメした二つのサンプルゲーム、
主さんはもうプレイ済みなのですね。
失礼いたしました。
[2016/12/04 10:19] URL | FK #- [ 編集 ]


>FKさん
おおっ、良かったです! クリアおめでとうございます!
あの子はそうですね、ちょっと曖昧な部分も多いと思いますがそんな感じでしょうか。自分を含め、パパとママという家族全体を救いたかったのかな、とかも少し!

そして魔女に会うとオルタードアークス、これらは流石のクオリティですよね!
わたしも、プレイヤーを落とした方にまず遊んでみてほしいタイトルだと思ってます!
[2016/12/04 15:04] URL | ぱすてぃ #4JcWZNxE [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://cottonpasty.blog134.fc2.com/tb.php/1391-ab99c361
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)