FC2ブログ
プロフィール

ぱすてぃ

Author:ぱすてぃ
百合が好きでポケモンを好む、文章を書く人です。
好みのゲームは任天堂系/テイルズはじめRPG全般/デモンズ・ダークソウルなど。
百合は小説漫画といろいろ。百合文も書きたいです。

【ドラクエ10】
ぱすてぃ [MY795-653]

最新記事

リンク

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログコミュニティ

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

ポケットパスタ・ゲーム記
ゲームのプレイ日記を書きたい分だけ書くブログです。3DS「RPGツクールフェス」で『かけらのメガルエ』を第1回コンテストに投稿中。
スーパーマリオオデッセイ まとめの全体感想!

全体の感想です!


mo4-15.jpg

 マリオオデッセイ、さきほど、自分なりのプレイ完結まで進めた第10回のプレイ日記を書かせていただきました。
 で、そのあとにそのまま本作全体の感想を書いていたんですけど、どうも量が多くなってしまいまして!
 せっかくなら、こちらは未プレイの人にも読んでもらえるといいかなと思って、別の記事にすることにしました!
 気になっている方の参考などになれば幸いです。

 ※ただ、ちょっとゲームの全体像がわかってしまう話になると思うので、情報見たくない! という方はスルーでお願いします! そんでそのままゲーム屋さんに行ってください!
 





濃密ボリュームの最新マリオ!


mo1-10.jpg

 マリオオデッセイ、とにかく濃密なボリュームのゲームでした!
 久々の箱庭タイプが帰ってきた3Dマリオは、ただマップが広くなっただけでなく、探索をすることでそこらじゅうからパワームーン(パワースター的なもの)を手に入れることができる仕掛けだらけの濃いステージ構成に!
 ムーンの総数はここでは伏せますが、プレイ前はとてもとても想像しきれないボリュームでした!

mo10-25.jpg

 わたしのプレイ完了時のプレイ時間は45時間台らしいんですが、軽くもう2、30時間くらいは多くプレイしていた錯覚を受けるくらいに、濃密な中身がありましたね。
 3DSのマリオ3Dランドが結構楽しんだわりにプレイ時間26時間くらいで驚いた覚えがあるんですけど、それ以上の感覚!

mo4-5.jpg

 もちろんギミックの量もとんでもないことになっており、1つの種類のキャプチャー(敵キャラや物体に乗り移る能力)を様々な場面で使えるようにすることで、様々なバリエーションのムーン集めを楽しむことができました。
 そのいずれも、やっていて操作に違和感を覚えることがあまり無くて、このへんは本当にさすがだなと思います。
 ジョイコン2本持ちがオススメされているのでこれで遊びましたが、ボタンとモーション操作を自然に使い分けながら遊べて、快適な上に没入感が高かったと思います。転がりアクションのときに両方のジョイコンふりふりするのが楽しかった!

HD振動も活かした、世界観への入り込み


mo5-12.jpg
mo3-9.jpg

 世界観についても、大きな魅力のひとつ!
 それぞれに設定も作り込まれた、いろんな国の景色を楽しむことができました。
 
 景色だけではなく、それぞれの国に住まうキャラクターの空気感というのも、個人的にはすごく好きでした!
 ギャラクシーや3Dランド系ではあまり見られなかった、それぞれのステージの住人たちがのんびりそのへんで日常の暮らしをしている様子に接しながら冒険をすることができて、その穏やかさやゆったりとした感じが最近のマリオとして新鮮でしたし、雰囲気そのものに魅力を感じました。
 これは、久々に箱庭の3Dマリオをやったからこそ作り出せた雰囲気だと思います。
 本編をクリアした後にも、それに関してちょっと嬉しいことが起こるようになっていて、わたしはそれも気に入っています。

mo3-7.jpg

 以前に、「海の国」という炭酸の海水があるステージでの炭酸の表現をすごく評価させてもらったんですが、そうした様々な感触の表現に、HD振動の機能をふんだんに取り入れているのも大きな魅力でした!
 HD振動、最初はすごく面白そうだと思っていたんですけど、なかなかそれを全力で活かしているソフトが出てこなくて、いまいち魅力を感じ切れていなかったんですよね。マリカのコイン取ったときとか、ARMSのパンチ、スプラのセンプク中がちょっと気持ちいいかな? くらいの感じでした。

 それがオデッセイは、全編のあらゆる操作、ギミックに細かくそれらしい振動が発生するようになっています。
 バイクやオデッセイ号のエンジンパイプなどは特にリアル感があり、逆に自然すぎてコントローラーが振動しているという意識をしないほどにゲームと一体化した感触を味わうことができました。ジョイコン操作と合わせて、いっそう没入感が高まっていたと思います。
 わたしは今作のプレイの終盤で、とある形でこれまでのプレイの過程を思い起こさせる場面に対面したのですが、そこでとても大きく心を動かされました。それは、ゲームに気持ちよく入り込めたからこその感覚だったかもしれないなと思っています。
 最初からスイッチ向けに作られたはじめての大作アクションゲームとして、スイッチならではの機能であるHD振動の魅力を存分にアピールできているのが、このマリオオデッセイだと思います。イマイチHD振動わかんない! 体感してみたい、って方はぜひ!

エンターテイメントとして、突き抜けたマリオ!


mo2-7.jpg

 そして、エンターテイメント性!
 これを強く打ち出し、見事に表現しきっているのが、今作の最大の魅力だとわたしは感じました。
 CMも主題歌のミュージカルが流れたりしていますが、あの雰囲気をちゃんと作品内でも味わうことができます。

 クッパは倒しに行かなくちゃいけませんが、その過程で個性的で気のいい人たちとの楽しい交流が数多くあり。
 クッパとの戦いは、最後は……。
 わくわくする体験を小さく小さく積み重ねていき、大事なところでそれを爆発させる構成で、もともとが明るめなマリオの世界観をさらに賑やかに味わい深く楽しむことができました。作品全体の雰囲気は、3Dマリオの中ではぶっちぎりで好きです!
 そうしたエンターテイメントの流れを「旅」というテーマに落とし込むことに成功していて、ゲーム全体のまとまりの良さをひしひしと感じた次第です。


気になった点も!


mo1-1.jpg

 もちろん、気になる点もいくつかあります!

 ひとつは、パワームーンの配置があまりに多すぎるかな? ということ!
 ボリュームがあるのはもちろん素晴らしいことなんですが、あまりに小刻みにムーンが置かれているので、ひとつひとつのムーンを取る重みというのはどうしても軽くなっていると思います。
 さしてアクションを用いることなく普通に取れちゃうムーンとか、基本やることが同じギミックを複数回使うムーンは、獲得できてもさほど喜びがないものもありました。

 今回わたしは、ゲーム内のパワームーンを基本的にすべて集めきることができました。
 さほどコンプリートということに興味がないわたしでも集めきれる程度に、ちゃんと探索するモチベーションはかき立ててくれるようになっていると思います。
 が、取り方が重複することもある膨大な収集要素を網羅するのが苦手! という方は、ちょっと今作のムーンのシステムは合わない可能性もありますね!
 ただ、本編クリアやそれ以降の進行に必要なムーンの数はコンプが必要ないようになっているので、網羅しないと全部の面を遊べない、ということはありません。なんか本編はボス戦すっ飛ばしてもOKらしいですし、クリアするだけなら最低限の探索でも行けると思います。そのへん、むしろ他のマリオよりも楽なつくりかもしれませんね。


mo1-7.jpg

 気になる点の2つ目は、ステージの見た目のバリエーション!
 わたしは、ギャラクシーや3Dランドのように、ステージが小分けだけれどひとつひとつに見た目の個性が大きいタイプの3Dマリオもかなり好きなタイプだったりします。
 今回は大きな箱庭ステージの中にたくさんの要素を詰めるという形なので、どうしても世界の見た目のバリエーションは少なくなっていますし、上の2作にあった、ステージ全体がそのままアイディアになっているようなダイナミックでオリジナリティのあるマップも、なりを潜めた感があります。そこが、個人的にはちょっとだけ残念でしたね!

 これは好みによるところも大きいと思います。オデッセイが大きなジオラマなら、ギャラクシーや3Dランドは小さなヴィネットといったところで、それぞれに表現が得意なものが違ってきますから、一概にどちらが良いと言い切れるものではないですね。少なくとも、オデッセイの「旅」を活かせたのは間違いなく箱庭形式だと思います。
 これに関しては、またギャラクシータイプに近いマリオも出るといいな、ってところで! マリオデはもちろん素晴らしかったですけど、この形式に留まらずにまだまだ面白い形を追求していってほしいですし、きっとそうしてくれるんじゃないかなと期待しています!

mo1-6.jpg

 いちおう3つ目も挙げとくと、「意外と、思っていたよりは革新的ではなかった」ということ!
 ゼルダの流れがあったので、オデッセイも今までのマリオとは全然違うシステム・プレイ感のものが来るんじゃ……! みたいな空気があって、わたしもちょっとそんな想像をしていたりもしました。
 ただ実際にやってみると、今作はとことん、今までのマリオの良さの集大成って感じの作品なんですよね! 
 集大成の作り方がとても高次元だと思いますし、わかりやすい過去作へのリスペクトの要素も丁寧かつ豊富に取り入れられていますけれど、全体として、遊びは「今までのマリオ」からそう離れていないものだったとわたしは感じました。

 まーこれはあれなんですよね、ゼルダが(もちろん良い意味で)おかしすぎるというか!
 ブレスオブザワイルドがあそこまで変わっていたからオデッセイもそれだけ変わるんじゃ、という考え方がそもそも適当極まりなかったですし!
 期待した方向性と実際の差から生じる感覚もとても大事な要素だとは思いますけど、そこにこだわりすぎてオデッセイの良さを見れない評価のしかたはしたくないなと思います。マリオとしての安心感は、間違いなく保証されていますね!

まとめのまとめ


mo1-2.jpg

 ともあれ! 10日ちょっとをかけて、スーパーマリオオデッセイ、ほぼほぼ遊び尽くしました!
 一通りを集めたら終わりのわたしの遊び方でも、とても長く濃密に遊べたマリオでした。
 わたしとしては間違いなく、やってよかったなと思えるタイトルでしたね! 遊びきった時の充実感が素晴らしいです。
 新要素であるキャプチャーも含めて、全体的な操作感や手触りの良さは保証しますし、はじめて3Dマリオを触るという方でも問題なく遊べると思います。マリオとしては初めて(?)、カメラ操作は右スティックでだいぶ自由に回せるタイプなんですけど、最近は視点操作に慣れている方も多いのでは!

  スイッチの1人向けタイトル(2人でもできるよ!)ではゼルダと並んで筆頭でおススメできるソフトですし、簡単なアクションを楽しみたいという方ならゼルダ以上に勧められます。あとマリオ64好きだった人は今すぐ買いにいってください! 夜中ですけど!
 色々強力なアシストが入る「おたすけモード」という機能もあり、プレイを続けさえすればクリアできないということはほぼ無いと思います。
 マリオ好きの方もそうでない方も、ご興味があればぜひ今のマリオを一度味わっていただきたいなと思います!

 それでは、今日はこのへんで。第10回の後に書いていたのでネタバレ全開だった部分があり、ちょっと修正をしました。だ、大丈夫なはず……!

スポンサーサイト




web拍手 by FC2
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://cottonpasty.blog134.fc2.com/tb.php/1485-d3a95223
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)