プロフィール

ぱすてぃ

Author:ぱすてぃ
百合が好きでポケモンを好む、文章を書く人です。
好みのゲームは任天堂系/テイルズはじめRPG全般/デモンズ・ダークソウルなど。
百合は小説漫画といろいろ。百合文も書きたいです。

【ドラクエ10】
ぱすてぃ [MY795-653]

最新記事

リンク

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログコミュニティ

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

ポケットパスタ・ゲーム記
ゲームのプレイ日記を書きたい分だけ書くブログです。3DS「RPGツクールフェス」で『かけらのメガルエ』を第1回コンテストに投稿中。
第百三十五話「書こうと思えば」
 よし、オレもとりあえずブログ書こう!(からばれさんとこの毎日更新に感化されて)
 今から書き始めると4時になりそうですが、まあええと、なんかだらりだらりと書きます。

 今日っつーか23日、ひっさびさに大学に行ってきました。勉強会もすべてお流れになってしまっていたので、おおよそ2週間ぶりです。目的は新年度定期更新に必要な通学証明書の発行。それだけ。素で往復三時間なんですが、しかし今の定期が切れてからでは一日2000円の交通費がかかってしまう手前、どこかで行かないわけにもいきません。
 地震後に電車を使うのは今日が初だったんですが、駅構内がことごとく照明落としていて非日常感バリバリですね。びっくらこいたのが多摩モノレールで、なんと車両内、電光掲示板以外の照明ぜんぶダウンで運行。見た目死んでます。しっかし、モノレール乗車中に地震に遭うのは怖そうですねぇ。ゆりかもめが停止した時は高架を歩けたみたいですが、コレはそういうワケにも行きませんし。

 悲しいことに食堂が全滅だったので、生協で買ったカップラーメンだけ食べて速攻帰還……がてら、2軒ほどブックオフに寄ってきました。目的は以下。

1、妹の赤本捜索(とりあえず、昔のやっすいの) → 一冊だが105円でゲット
2、母の北海道ガイドブック捜索         → 値は張ったが新しいのゲット
3、GBA版FF5捜索             → は2店とも置いてあった

 まぁ、そんなもんです。途中中古ゲーム屋にも寄った(しかもなんとGBA全品半額!!)んですが、ここもFF1・2のみ。思えばこの前のブコフに4500円でも置いてあったのは結構奇跡だったのかもしれません。だが私は早まらない。3500円くらいまでは早まらない。
 とはいえ、FF4Aは2000円ちょっとで置いてあるんですが、5Aは倍して当たり前なんでしょうね、少なくともブックオフだと。ちくしょう、もっと数出てりゃ……。

 百合本捜索はお金がなさすぎるので今日はやらず。というか、ブックオフに並んでる500円までの百合姫コミックスはそれなりにだいたいチェックしてしまった気もします。最近は新作も多いのでどんどん増えてはいると思いますが……。

 あ、でも、積んでた「さよならフォークロア」という百合姫漫画を読みました。うん、なかなか。
 私の好きな控えめ、押され気味の先輩が主人公ってのがなかなかツボでした。うん、やっぱり年下がぐいぐいと引っ張るほうが……なんかこう、バランスが取れるというか、好みです。
 話自体は驚く展開などが用意されているわけではありませんが、基本的な葛藤が丁寧に描かれているのと、キャラの表情が豊富なので、物語における主役二人の心情を味わうことに比重を置いて読むことができました。読む側も丁寧に丁寧に、ひとつひとつの台詞にこめられた思いを考えながら読むのを推奨する作品ですね。
 
 と、これは割と自戒に近い感想だったりもします。
 漫画ってなんだかスピード先行で読んでしまうクセがついてて、じっくり読み入るという行為を無意識的に行うことができないんですよね、私。

 これはもしかすると、ええと……。
 個人的に「ストーリーを追うもの」としてもっとも多く触れてきたであろう媒体がRPGだと思うんですが、アレをプレイするとき、自分の興味は割とゲームシステム方面に向いているせいで、話をよく理解せずに進める悪癖があったんですよね。そういう物語受容の仕方が基本的に身に染みてしまっているから、他媒体においても読解力を得られない、なんてことが起きているのかもしれないと少し思いました。単純に総合的な考察力に欠けてると言えば、それまでなんですが。こんなこともココでよく喋っていることかもしれませんが、まぁ自分の認識できる範囲で直していきたい部分のひとつです。

 ややこしいめんどいお話はそのへんにして。
 一昨日あたりに情報見ましたが、「英雄伝説 碧の軌跡」が発売決定っ!! と。
 地震後、いちばんテンション上がる情報でした。
 
 詳しくはどっか見てもらえばいいのであえてここでは書きませんが、まぁ全力で購入決定ですよね。フツーに零SCですもんね。たぶんレベル継続とかそういうレベルの続編ですもんね。
 前作はティオルートに走ったんですが、あの好感度イベントの扱いはどうなるのか。後でエリィ版のイベントも見ましたが、アレの有無でぜんぜん主役二人の関係変わってきちゃうじゃないですか。あぁ、ロイドさんのことだからアレですか全イベント発生済みですかさすがです。

 さっきあんなこと言っておきながら、また言及するのはこういうことになってしまいますが。 
 軌跡シリーズも、もうちょっと後戻り可能なゲーム設計になってくれると嬉しいんですけどねー。いつも最終局面に来るとサブイベントとかを発生不能になってしまったりで、クリア直前の腰を据えた寄り道プレイが一切無いのは、ときどき引っかかることがあります。テイルズやってろというご指摘はごもっともですが。べつに本集めを失くせとか言っているわけではなく、もう少し舞台を遊べる決戦情勢も、たまにはいいなぁと思うんです。

 ただ、プレイしているときは後戻りできない点にそんなに不満を覚えることはないんですよね。零なんかはモロにそうですが、たぶん決戦時の疾走感ある展開に呑まれて、寄り道できないことに対するデメリットが見えなくなっているんだと思います。これ自体はいいこと、です。話の持って行き方でそう思わせるRPGというのもそうはありません。クリア後に覚える一抹の寂しさを、どうにかこうにかしてほしいというところです。2周目? はいそうします

 うおっ、マジで4時ですね。1時間書いてるという実感、基本的にあんまり無いんですよねぇ。

 それでは、今日はこのへんで。GBAFF5の目撃情報、随時募集してます。

 

スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

web拍手 by FC2
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://cottonpasty.blog134.fc2.com/tb.php/164-56ec92c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)