プロフィール

ぱすてぃ

Author:ぱすてぃ
百合が好きでポケモンを好む、文章を書く人です。
好みのゲームは任天堂系/テイルズはじめRPG全般/デモンズ・ダークソウルなど。
百合は小説漫画といろいろ。百合文も書きたいです。

【ドラクエ10】
ぱすてぃ [MY795-653]

最新記事

リンク

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログコミュニティ

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

ポケットパスタ・ゲーム記
ゲームのプレイ日記を書きたい分だけ書くブログです。3DS「RPGツクールフェス」で『かけらのメガルエ』を第1回コンテストに投稿中。
第百四十八話「バトル百合に行き着けばいい」
○まどか☆マギカで対戦アクションゲーを作ったらこんなんなれ
・鹿目まどか
:間口の広い中~遠距離型。発生判定の強い主力射撃。近距離対応の射撃も装備する万能型。
・美樹さやか
:初心者向けの近距離型。自動回復+アーマーで接近戦。使い勝手は悪いが、投擲による飛び道具も所有。
・巴マミ
:コンボ重視の中~遠距離型。打ち上げ技→コンボ補正減少効果の“ティロ・フィナーレ”が強力だが、技後硬直がでかい。
・佐倉杏子
:上級者向けの近~中距離型。多節槍はボタン押しながら使用で分離拘束攻撃。使い分けには練習を要する。
・暁美ほむら
:上級者向けの中距離型。豊富な実弾武装は操作が煩雑。時間停止はコンボ入れ放題になるが、使用後性能低下。

 まどかをどうやって初心者向けの性能にするかが難しそうですよね。なのはゲーのなのはは扱いやすかったですが、あれはゲーム全体としてクロスレンジのほうがおまけっぽい感じがありましたし(やりこんではないです、というかアクションゲー苦手)。この場合私なら真っ先にまどかに手を出して、シンプルさに飽きて杏子に走り操作むずくて別のゲーム買うパターンになりそうです。

 ……やっぱり妄想の方向がこういうのに行きます。人生戦闘厨。戦闘システム厨? 自分がやるにあたっては、総じて上手くはないですし格ゲーはにわか以下ですけどね。つーか杏子が逆ダルシムみたいなことに……。
 さて、小説書きの助走用になにか書こうと思ったらこんなスタートになりましたがこっからどうする。

 ……思いつかねえ…………。いや、PSNが死んでるせいでデモンズつなげなくて発狂とかありますがそれはそれで終了ですし。しかしアレ困りますよねぇ。

 あ、そういやさっきポケモンBWのこの前の回を見ました。予告でも既に露見していたように、作画すんごかったです。
 いつからの傾向なのかは知りませんが、あくまでゲームに準拠した技幅の設定とかはほんと見てて楽しいです。「シママはいろんなワザを覚える」発言→ニトロチャージとか、もうニヨニヨですよね。
 ただまぁ、アレをミジュマルにぶっぱというのは問題点。基本的にタイプ相性に準拠した会話が行われているのに、一部の半減程度の攻撃に関しては途端にパタンと言及が避けられるので、違和感がでかいです。「見せたいワザ」を「使わなくてはならない相手」との都合が悪くなると、アニポケはこれを結構やってくるような気がしますね。
 多くの半減相性攻撃はそこそこのダメージを与えているので、ポケダンシステム的にいまひとつの軽減率が低い世界だとでも解釈しとけばいいでしょうか。まぁ、個人的にはわざわざ面倒くさい解釈をつけなくても「この作品ではこういうもの」と割り切って見ればいいとか思ってる派なので(設定作らなくちゃいけないやつがそれでいいのかははなはだ疑問の一言)、別にいいんですけどね。

 岩ホタチは視聴者の多くが全力で「小さいの作ってやれよイシズマイさんーーーっ!!?」ってツッコむところですが、あれもまぁ、ああいうものだと思えば。
 ただ、ピカチュウの10まんボルトをだいぶ食らってもびくともしなかった岩が、シママの強でんげきはで削れたのはちょっと残念でした。これも、実によくあるピカチュウ周りのパワーバランス批判なので、今更感はありありですけどね。ちなみに、その後のにどげりによる破壊はよかったです。理屈的にもタイプ相性的にも。というかにどげりの描写、かっこよかったなぁ。シママの脚の形状からか、刺突攻撃のテイストを持っていて。ミジュマルの回避パートもよく動いてましたし。

 アニポケのバトル描写は、「公式がこんな面白いこと考えてる!」という、実に失礼な類の感動を得られるので毎回楽しみにしています。エフェクトの再現とアレンジ、発動されるポケモンのパーツ、変化ワザの落とし込みなどなど、萌えられる部分はいっぱいありますよね。ワザ描写の参考にさせてもらうことも多々です。

 ゲームのアレンジ表現という意味では、全面的に楽しめますしね。 
 ライモンシティにいつたどり着くのかは分かりませんが、ジムと遊園地はもちろん、サブウェイやミュージカルにも触れてくれたらものすごく嬉しいです。ミュージカルはみんなでワイワイ舞台でパフォーマンスやるのかな、とおおまかに想像できますが、サブウェイのビジュアル面は本当にどうするのか見所です。スルーの可能性も結構ありますけども!

 それでは、今日はこのへんで。だけどこうした描写を安易に多設定化していくだけでは、文章の場合は冗長になって終了ですよね。つまり実際書かないと始まらないということで行ってきますー!

スポンサーサイト

テーマ:日記・雑記 - ジャンル:ゲーム

web拍手 by FC2
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://cottonpasty.blog134.fc2.com/tb.php/178-05bf63a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)