プロフィール

ぱすてぃ

Author:ぱすてぃ
百合が好きでポケモンを好む、文章を書く人です。
好みのゲームは任天堂系/テイルズはじめRPG全般/デモンズ・ダークソウルなど。
百合は小説漫画といろいろ。百合文も書きたいです。

【ドラクエ10】
ぱすてぃ [MY795-653]

最新記事

リンク

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログコミュニティ

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

ポケットパスタ・ゲーム記
ゲームのプレイ日記を書きたい分だけ書くブログです。3DS「RPGツクールフェス」で『かけらのメガルエ』を第1回コンテストに投稿中。
第二百二話「打ち上げと振り返りと3Dランド」

 どうもです。現在、白門祭(中央大学の学祭)の打ち上げから帰還して落ち着いたところだったりします。
 ちと飲みすぎましたが、ホライゾンまでには体調回復を行っておきたいですね。そんな状態ですが、つらつらと書かせてもらおうと思います。

 とりあえずはじめに、その白門祭について。
 前記事のとおり、中央大学ポケモンだいすきクラブ(サークルのブログに飛びます)というサークルに所属しておりまして、白門祭ではほぼそのブースに居る感じでした。あ、来て下さった方が万が一いらっしゃいましたら超ありがとうございましたです。

 昨年できたばかりのサークルで、今回が初の学祭参加だったのですが、サークル側としては思っていたよりもずっと多くの人にお越しいただけて、年表イラストなどの参加型展示にもいっぱい協力していただけて、いろいろと嬉しく思っております。
 特に個人的には、親子連れのお客さんが多くいらして下さったことが嬉しかったです。自分が大学生になっている中で、今の時代でも昔と変わらず、小さい子がポケモンを好きでいてくれるということを実感できました。私が持っていったぬいぐるみとかで遊んでくれていて、その甲斐もあったというものです。

 バトルブースもそこそこ盛況していたかと思います。DSを持参して、バトルするつもりでいらっしゃった方はもちろん、DSをお持ちでない方向けに本体とロムを貸し出しさせてもらっていたのですが、コレの利用頻度が思った以上に高かったです。
 その貸しロムというのがまた、あらかじめすさまじい厨パ(600族てんこもり)だったりして、小さい子にまともにプレイしているサークル会員がボコられる状況があったのも面白かったですね。ええ、もちろんそのうちの一人は私のことですが。

 それと、一角に置いていたポケスタ金銀もかなり働いてくれていました。
 今の大学生って、金銀まではポケモン分かる、という人がすごく多いんですよね。なので、あのミニゲーム群も馴染みやすかったと思いますし、ランダムでパーティ組んでくれるチャレンジバトルもかなりの需要がありました。
 ミニゲームのほうは、小さい子も結構プレイしてくれていましたね。総じてシンプルなルールで分かりやすく作られているんだなぁと。
 というか、今プレイしてみるとミニゲームのクオリティの高さが結構すさまじいですね。シンプルさはもちろん、システムの練りこみや見た目の華やかさなど、最近の大方のミニゲームよりも勝っているように感じました。このクオリティでのマリオパーティポケモン版みたいなのが出たら飛びついちゃうかもしれません。まぁポケスタ金銀のすごいところは、あくまで傍系としてこれらミニゲームがあるということなんですけども。
 とりあえずラッキーのたまごのヤツでパーフェクト出せたので自分的にも満足ですええ。

 今日(日曜)に開催された大会の時は居られなかったのですが、結構盛り上がったようでなによりです。IRを使った見せ合い63ということで、アナログで見せ合いをするためのエントリー用紙みたいなのが残っていたのですが、ワタッコをメンバーに入れていた方が超気になる……。

 とまぁそんな感じで、自分的にもサークル的にも、まず間違いなく良かったと言える出展だったのではないかと私は思っています。やはり交流を広く持てる場というものはステキなものですね。サークルの方々もお疲れ様でしたということで。コレ書いてる今頃には流石にみんなちゃんと家に帰れてるかな……。


 あとはええと、マリオ3Dランドについて。個別記事にするほどのものでもないのでサクっと行きましょう。

 現在、スペシャルコースを一応8-城までクリアし、その後の強化クッパ(速射炎の飛び出しやべえ)も撃破。ということで一応一連の攻略は終わった……かと思ったらもう1ステージあるとかーーーー!?

 ということで、その真最終ステージ、8-王冠とやらを出すために奮闘中です。
 簡単な条件としては、「表・裏の全てのコースの……1、スターメダルを集め、2、マリオとルイージ両方でクリアし、3、旗を一番上で取って金色にする」で良かったかと思います。うひょう鬼畜。
 初回はほぼ全ステージマリオで攻略したので、1-1からスーパールイージ3Dランドしてる感じです。金旗を取っていないところは補完しつつ、現在S7ワールドまで来た状態ですね。このあたりからはギャラクシー終盤レベルのアクションを求められるので実にアツイです。そして熱くなるほどルイージが死にまくります。

 ……いや、なんか最近は前転と幅跳び系をやたらと使いたくなって、結構そのせいで死んでるんですよね。危ないったらありゃしない。
 でも、どーしても使いたくなっちゃうんですよねぇ。あのスピード感、一度使えるようになると忘れられません。
 前転、前転幅跳びなどは通常攻略にはほぼ必要ないので、クリアだけならほとんど趣味アクションみたいなものなんですが、個人的にはそこが魅力のミソなんじゃないかと思っています。
 初心者は煩雑な操作をすることなく2Dと変わらない通常ジャンプ攻略でき(うちの妹みたいな感じですね。あ、いちおう表クリアしてS1まで行きました)、一歩先に進みたくなってきた人はより早くステージを攻略できる、難易度が高いけどテンポのいいアクションに挑戦できるという形。知らなくても基本問題ないし、それゆえに使いこなせることが自分の満足につながるのかなぁと。インタビューとかでも幅跳び系をそういう上級者向けポジションに設定したという話があったと思いますが、その通りに調整できていると思います。

 で、今回すれちがいで交換できるタイムアタックという要素に、その上級者向けアクションの存在がぴったりと噛み合うんですよね。より速く行くための手段が高難度であるほど、テクニックを見せたい人は燃えるんじゃないでしょうか。
 そういう熱い人の記録がいきなり出てきて初心者が圧倒されないために、「すれちがった中で自分の記録に近い人がぱっと一人表示される」という形式なのも流石。ランキング形式で超早い人がいたりすると、私みたいな非ガチ勢なんかは萎えちゃうこともあったりするものです。

 入りやすさと奥深さの両立が任天堂ソフトに共通する最大の魅力だと思いますが、看板作品であるマリオでそれをさらに推し進めているあたりは、流石という他にないと思います。直前に某1.04でマッチングができなくなったゲームをやっていたせいで、あらためてバランス感覚のスゴさに感心している次第です。

 ということで、やっぱりベタ褒め3Dランドでした。これは2D並……といかずとも、せめて3Dと2Dの平均、つまり2.5Dクラスには売れて多くの人に広まってほしいなぁと思います。

 とりあえず今は8-王冠を攻略しますが、終わったらタイムアタックか、「このは縛り」での新しいデータプレイもやってみたいなぁなど思っております。私、基本的にいままでのマリオで一度クリアしたステージを複数回挑戦したいと思うことって無かったんですが、今回は何回も何回もプレイしたくなります。このあたりの感覚変化も個人的にはすげぇことだなぁ、なんて。

 それでは、今日はこのへんで。さあてあと1時間でベルさんだ……。
スポンサーサイト

テーマ:ニンテンドー3DS - ジャンル:ゲーム

web拍手 by FC2
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://cottonpasty.blog134.fc2.com/tb.php/294-40dacfa7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)