プロフィール

ぱすてぃ

Author:ぱすてぃ
百合が好きでポケモンを好む、文章を書く人です。
好みのゲームは任天堂系/テイルズはじめRPG全般/デモンズ・ダークソウルなど。
百合は小説漫画といろいろ。百合文も書きたいです。

【ドラクエ10】
ぱすてぃ [MY795-653]

最新記事

リンク

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログコミュニティ

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

ポケットパスタ・ゲーム記
ゲームのプレイ日記を書きたい分だけ書くブログです。3DS「RPGツクールフェス」で『かけらのメガルエ』を第1回コンテストに投稿中。
モンスターハンター3G 第6回プレイ日記!

 上位は地獄だぜフゥハハァー
 ……しかしG級とかさらにこの比じゃないんですよね? どんな世界なんでしょう。

 ともあれ村上位クエスト邁進中です。プレイ時間48時間、☆7を少しずつ攻略中という感じ。

 まずは前回話していたボルボロス狩り。
 あのあと2回ほど狩って、無事にボロスS防具一式を作ることができました!
 これまでほとんど防具を新調していなかった(前が下位フロギィ)ために鎧玉は余りまくっており、尖鎧玉段階まではフル強化できました。
 上位の敵の攻撃はこれでも痛くないわけではありませんが、感覚が下位で戦っていたときとかなり近くなり、とにかく防御力の高さというありがたみを感じています。
 あと、これまで手を出していなかった装飾品の埋め込みも行いました。防具で6スロットあったので、1つを腹減りにしてボロスSの腹減りマイナスを回避、残り5つに観察眼を埋めて捕獲の見極めが発動するようにしました。ほとんどの攻略が捕獲で、かつ脚を引きずるまではタイミングがわからなかった私にとっては神スキルです。

 さて、それでようやく体裁が整い、他の上位モンスター連中にも挑めるようになりました。
 使用武器は相変わらず「ヴォル=ショット」。ガンキンさんのヘビィボウガンですね。

 どのクエストも怖くてたまらなかったんですが、とりあえず割と対処しやすかったリオレイアさん……の亜種に挑んでみることに。桜がナンボノモンジャーイ!!

 なんぼのもんでした。桜やばいです。
 基本的な火力はそこまで高いわけでもないですが、とにかく攻撃が避けられない。突進→ダイブ回転とか、突進回避→炎近接ブレスとか、あと相変わらずの3連火弾とか、畳み掛けるような連続攻撃で回復を満足に行う前にぶち殺されました。

 ちょっとどうしようもなさすぎたので、一時諦め。
 逃げるように選んだのが「水没林に咲く」。クルペッコ亜種の狩猟クエストですね。
 コイツも大概やばそうだったんですが、調べてみたらキークエストだったので後々やるんだし……という感じです。

 さて、遭遇してしばらく戦闘。基本的にはクルペッコとそこまで大きな行動の違いは無いような気がしました。ただ、全体的に固くて怯まないなぁ……なんて思っていたらヤツが! イビルジョーさんがいらっしゃいました!!
 …………なんというか、デカイんですねジョーさん。ペッコの何倍もあるような巨体で、明らかにゲーム内でもヤバイヤツ的なオーラが凄かったです。モンハン買う前からよく名前を聞いたので人気モンスターということは知っていたんですが、会ってみてなんとなく納得できました。
 流石にジョーさんをどうこうする気は無かったので、ウンこやし玉を投げたり(でもジョーさん巨体の割に足細くてらっしゃるから当てにくい……)、あとはペッコ亜さんを攻撃に巻き込ませたりで対処。武器がヘビィボウガンなので、武器出し状態では攻撃を回避しづらく、逃げ中心になってしまいました。

 で、30分以上かかってようやくペッコ亜さんがピンチになり(ここで始めて捕獲の見極め発動。知識無かったので、敵マーカーが点滅してびっくりでした)、ジョーさんの横槍もなく捕獲成功。いやぁ怖かったです。ペッコ亜さんも相当しぶといですね。

 それは良かったわけですが、しかしキークエを調べたら結局さっきのリオレイア亜種戦は避けられないということで。
 どうしても突破しなくてはならないのならと、BOXに詰めてあった戦闘用アイテムを大量に持ち込んで、さながらフルアーマー状態で突撃してみました。

 新たに持って行ったのは、シビレ生肉などのトラップ肉系、1発しかなかったけど閃光玉、数は少ないけど大タル爆弾(G)など。うん、どれもほとんどこれまで使ったことありませんでした。
 なので、生肉系の使い方が判らず、こいつらは実質産廃でした。あれですよね、ハンターが見てないところじゃないと食いませんよね肉とか。どう使えばいいんだろう……。
 ただ、閃光玉→大タル爆弾Gは役に立ってくれました。閃光玉は長時間移動を止められるのでかなり有効ですね。大タルは確実にダメージを与えてくれたんだと思いますが、いかんせんどの程度のものなのかがわかりませんね。

 あとは初めて竜撃弾なども使ってみましたが、まぁフルアーマーアイテムたちは効能が限定的だったりわからなかったりだったので、結局は普通の弾でぺちぺち頑張ることになりました。
 けど、初回はあれだけ超絶望的に思えた攻撃が、いざ再戦してみたら結構ひょいひょい避けれるようになり、後半は攻撃をかなり回避できるようになっていました。ボルボロスと一緒じゃん、とまでふと思ってしまったり。
 最初に自分が攻撃できると思っている回数よりも、1回少ないところで回避に移るということをするだけで、相手の攻撃をかなり楽に対処できるようになりますし、あとは各攻撃への回避法を見つけるだけですね。
 レイア亜種の場合、突進後は近接ブレスか近距離飛行攻撃の二択で、ブレスなら股を抜けるようにローリング、飛行なら離れるようにする。3連火弾はよく見て当たる一発をローリングする。あとは隙に攻撃攻撃ですね。
 というわけで、どうにかこうにかレイア亜種も捕獲。これで☆7の緊急クエストが出現です。

 で、その相手はガノトトス。体験版で一度だけ戦いましたが、そもそも操作がわからなくて海の中に潜る前にぶち殺された相手です。こいつ、モロに顔が魚なんですね。結構気に入りました。
 こいつに関しては、とにかく陸上でのタックル攻撃に引っかかりまくるのが辛かったです。なにあのヒレのローリング狩り性能。これに連続で当たり2乙でした。
 ガノトトスはいかにも海の中のほうが強そうですが、個人的には水中のほうが戦いやすかったです。ボウガンは基本的に水中戦をあまり苦にしませんしね。
 その水中では、2次元的な攻撃が多かった気がします。つまり水の中での上昇下降を扱いこなせるかどうかが重要な相手であり、ある意味では水中の3次元的な動きを練習させる存在なのかもしれないと感じました。私? 普通にめっちゃ2次元の住人でしたが何か。なぎはらい痛い。

 まぁ、2乙しておきながらも一応ガノトトスは初回突破。
 晴れて☆7に進出です。

 ここで、ペッコ亜種さんの素材から「ペコキッシュサンダー」というボウガンを作れるのに注目。
 しかし電気袋という素材が全く手に入っていないので、入手先を調べてみると、☆7に出てくるギギネブラ亜種ということで。
 さっそくあのちょうきもいさんの亜種とのバトルに行ってきました。

 ……こいつはホント散々でした。
 まずホットドリンクを忘れるというリタイア級の出落ち。しかしもう戦闘開始してしまいました。
 で、どく(?)タイプからでんきタイプになったギギネブラさんのよりいやらしい攻撃にそれはもう転がされ転がされ。
 あの3つに分かれる雷弾に、まぁ引っかかること。雷ダウン→近接攻撃を何度も食らい、もうリタイアするかなぁと何度も思いました。
 でも面倒くさいし! という一心で戦闘続行。しかし固い……書いてて思い出し顔しかめするレベルで固かったです。手持ちの弾をほとんど撃ちつくすレベル。2乙して、40分掛かって、なかなか罠にかかってくれなくて、それでもようやくゲットしました。もう行きたくないですこわいです。幸い、3個必要だった電気袋は6個も出てくれたのでたぶん大丈夫なはず。

 ☆7で戦ったのは、今のところこのネブラ亜種だけです。
 で、ついさっきやってきたのが、ペコキッシュサンダーの素材である「ステキなクチバシ」を持っているクルペッコがいっぱい出てくる「謳う! 孤島のクルペッコ!」。やたら高い報酬をちらつかせつつ、特殊なクリア条件と狩猟環境不安定を覗かせるあやしいクエストです。

 うんまあイビルジョーさんですね。ジョーさんを呼ぶクルペッコを最低2体倒して、そのときに届くネコタクチケットを納品すればクリアというものでした。恐ろしいクエストです。
 ペッコさんは先に亜種と戦ったこともあり、攻撃すれば意外なほどガンガン怯んでくれるかわいいやつでしたが、ヤバイオーラビンビンのジョーさんと、そして50分以内に2匹狩るという初めての複数クエストというルールのおかげで緊張感がマッハでした。

 いくらクルペッコ無印といえど上位は上位、最初の1体を狩るのには結局20分ちょいかかりました。捕獲してからしばらくは次が出ませんし、そういう瞬間にもどんどん緊張感が高まります。
 2体目はそんな緊張のせいか、攻撃を貰ってしまうケースが多発。火力もバカにできないので回復薬も危なくなり、もしダメだったら……という不安感がとんでもないことに。
 けど、2体目まで温存していた氷結弾と毒弾をフルにぶち込むことで、20分を切るであろう時間で捕獲ができ、「支給品が届きました」のメッセージに大歓喜しつつキャンプに戻ってクリアできました。42~44分くらいだったと思います。あぶない……。
 ここで「ステキなクチバシ」が2本出てくれたので、あと1本でペッコボウガンが作れます。ということで、ペッコ亜種さんのクエストにもう一回行ってこようかなと思ってます。ガノトトスから作れる「ガノスプレッシャー」もいいなぁとか。

 
 いやぁモンハン、どうにか再デビューすることができました。面白さが分かると止まりませんね。
 クエスト方式や素材集めで作る武器など、ゲームシステム自体は昨今の作業ゲーそのものなんですが、その作業部分、特にモンスターとの戦闘が楽しいこと楽しいこと。ヘビィボウガンの操作感が好みすぎることもあり、同じモンスターを何回も狩ることにも飽きがありません。モンスターの行動やプレイヤーのアクションなどがとてもよく練られており、それに慣れていくことでいくらでも高いパフォーマンスを発揮できるようになっているので、上達の楽しさが非常に大きいのだと思います。
 昨今の作業ゲー……とは、むしろたぶんこのモンハンの登場によって生まれてきたものなのだと思いますが、他のクエストゲー、狩りゲーが、(少なくとも売り上げ規模においては)モンハンを越えられない理由は、このアクション面の練りこみの違いなのかなと、桜レイアさんの攻撃を回避している時に思いました。ほんとよく出来てると思います。
 
 しかし、P2のときに一度挫折した人間としては、最初の最初でコケてしまうと面白さが理解できない側面があることも感じます。その敷居を乗り越えるためには、ネットで武器の使用動画を見たりして、どこかでセオリーを能動的に知ることが必要なのかもしれません。実は私、3Gの体験版の初回プレイでは逆に買う気をなくしていたんですよね。ウルクススに大剣で超ボコられて。でもそこで大剣使用でのウルクスス討伐動画を見つけて、それを参考に戦ったら勝つことができて、そのときの達成感に魅入られた……という経験があるので、そんなことを思いました。
 ……ハンターのご友人がいる方は受動的にいくらでも教われると思いますのでどうぞそちらをご利用ください。

 まぁそういう感じで、長くなりましたがモンハン楽しんでます。1月は特に買うゲームが無いのが救いです。

 それでは、今日はこのへんで。明治神宮行ったときに近くの高校生くらいの男の子たちの集団がクルペッコがどうこう話してたんですが、彼らのように定期的に集団プレイできたらそれは楽しいだろうなぁと。

スポンサーサイト

テーマ:モンスターハンター3(トライ)G - ジャンル:ゲーム

web拍手 by FC2
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://cottonpasty.blog134.fc2.com/tb.php/349-9c810e25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)