プロフィール

ぱすてぃ

Author:ぱすてぃ
百合が好きでポケモンを好む、文章を書く人です。
好みのゲームは任天堂系/テイルズはじめRPG全般/デモンズ・ダークソウルなど。
百合は小説漫画といろいろ。百合文も書きたいです。

【ドラクエ10】
ぱすてぃ [MY795-653]

最新記事

リンク

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログコミュニティ

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

ポケットパスタ・ゲーム記
ゲームのプレイ日記を書きたい分だけ書くブログです。3DS「RPGツクールフェス」で『かけらのメガルエ』を第1回コンテストに投稿中。
魔法少女リリカルなのは TheMovie2nd A's 感想!(2回鑑賞後)

 なのは2nd、2回目見てきました!
 ということでほんの軽くまた感想書きたくなったので、一応単独記事にしてみます。

 本文は追記のほうに畳ませていただきます!



=====

 さてさて、今回はまた場所を変えて見てきたりしました。

 いや、これ行ってきてよかったです。初回は無意識のうちにA’sのTV版からの変更点を探してしまい、相違点や差分ばかりに目が行く減点方式の観方になっていたかなと思っていまして。
 で、2回目はシーンの流れが分かっている上で見られるので、TV版のことをあまり頭で考えずに2nd単体の魅力を楽しむことができたかなと思います。


 とりあえず個人的に1番好きなシーンは、事件終了後、八神宅での「泣いてもいいと思うよ」のところですね。
 あれは漫画版からの逆輸入……ということで良かったと思いますが、最初はそのことに確信が持てませんでした。
 というのも、漫画版の記憶が薄れつつあったというのももちろんあるのですが、それ以上にあの場面が映像になっている状態が自然すぎたから、という印象が強いです。TV版でも普通にこのシーンがあったような、強い既視感を覚えたということですね。
 
 2ndではリインフォースの登場機会がぐっと増えているので(覚醒時にも人格が表に出ているのとか、大きいですよね)、リインフォースを失うはやての悲しみもより深いものに感じられました。それを振り切って強くなっていくはやての姿を描くにあたって、彼女の思いを吐き出させるシーンというのが必要で、このシーンはその要求に見事に応えられるものだったのではないかと思います。
 あと、2ndのラストは2年後という比較的近い未来を描いています。TV版よりずっと短くなっている、まだ9歳のころからの地続きの時間の流れを感じさせるこのラストに繋げるにあたっても、「泣いてもいいと思うよ」のシーンはいい役割を果たしているんじゃないかなと。

 それとこのシーンを語るにあたって外せないのは、エタブレのCメロアレンジが流れるところですね。
 初回鑑賞時のことですが、中盤、はやてとシグナムの語らいのシーン。ここで序盤部分のアレンジが使われ、ここも非常にいいシーンなのですが、サビ前でアレンジが終わってしまって少し残念な気がしていました。
 それを踏まえての、シーン的にも非常に感動する場所でのまさかの2回目アレンジだったので、リインフォースの旅立ちまでで一度は流し終えた涙がここでまたぶわっと再湧きした次第です。
 2度目の鑑賞時も、来るぞ来るぞと構えておいたのに思いっきり直撃食らいました。観ているときにはそんな余裕なかったのですが、あの部分の歌詞を思い出してみると、胸に潜めてしまっている苦しみをぶつけてほしい、それをすぐ隣で受け止めるから……みたいな心情がかなりマッチしているなと感じます。書いてたらあのシーンだけでももう1回見たくなってきました。


 このシーンを大きく取り上げてみましたが、もちろん他にも感動するシーンは非常に多かったです。というか中盤以降はちょっと気を緩めるとすぐに涙腺が緩む場面ばかりですね。

 それと、漫画版からの逆輸入でもうひとつ大きな要素として「ブラストカラミティ」もありました。
 あれははっきりと漫画版の魔法だと覚えていたので、初回からその方向の感動が強かったです。演出自体もド派手で、個人的にはその後の戦いよりもさらに盛り上がった一撃だと思いました。ごんぶと砲が行ったあとにシューターとランサーの束が放たれる流れがすごい好きですねー。

 戦闘はどれも見応え抜群ですが、特にヴィータの初回襲撃時はやたら凝っていた感があります。ラケーテンハンマーを当てに行くシーンのぐりぐり動くアングルとか、アイゼンにぶんぶん振り回されるのを利用して独特の軌道を描く立ち回りとか、かなり面白かったですね。あの戦闘方法を標準化したら製作側がいろいろ大変そうです。

 削られたシーンや人物などに関する感じ方は、追記冒頭の通り。2回目で2ndを単体作品として認識できるようになったかなという具合です。
 全体として、2nd単体でかなり良かったな、と思えます。「友達だ」の扱い方とか、気になる部分がまったく無いというわけではもちろん無いですけどね。とにかく、「2回見てよかった」というのが私的な最大の感想です。

 ざっとした感想はこんな感じです。
 いちおう、これ以上さらに観に行く予定はないので、来場特典は2回のミニ色紙で交換してきました。
 誰のものにするかは迷ったんですが、2回目を見ながらなのはにしようと決定。明確な決め手は無いんですが、やっぱりなのはの曲がらない純粋な強さは大好きですね。

 それでは、今日はこのへんで。次の映画があるなら、やっぱりあの空白部分を見たいという思いが非常に強いですね。なのはの重傷、フェイトの執務官試験の2つを主軸でぜひ。

スポンサーサイト
web拍手 by FC2
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://cottonpasty.blog134.fc2.com/tb.php/735-2be882a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)