プロフィール

ぱすてぃ

Author:ぱすてぃ
百合が好きでポケモンを好む、文章を書く人です。
好みのゲームは任天堂系/テイルズはじめRPG全般/デモンズ・ダークソウルなど。
百合は小説漫画といろいろ。百合文も書きたいです。

【ドラクエ10】
ぱすてぃ [MY795-653]

最新記事

リンク

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログコミュニティ

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

ポケットパスタ・ゲーム記
ゲームのプレイ日記を書きたい分だけ書くブログです。3DS「RPGツクールフェス」で『かけらのメガルエ』を第1回コンテストに投稿中。
ダークソウル ARTORIAS OF THE ABYSS 第1回プレイ日記!
 ドラクエ10漬けの毎日で、これをどうするか迷っていたのですが。
 評判よさげだったので、昨日の夜に購入してスタートさせました!

 本作は昨年の発売日に購入し、11月頃までプレイしています。同カテゴリにその時のプレイ日記があるので、よろしければご覧ください。


 さて、当日まで買う気ではなかったので、追加要素どころか本編の知識もほとんど思い出せないまま始めてしまいました。

 キャラは10人全枠埋まっていて、その中から理力技量型のレベル98キャラを選んでみました。結晶魔法武器エンチャで戦うのが結構面白かった記憶があったもので。ちなみにおそらく2週目です。

 まずは手順を調べ、湖のヒュドラ戦。こいつダクソの中でもトップクラスに好きな敵なんですが、操作感を取り戻すのに手間取ったりでボコボコにされました。
 なんとか倒し、書庫の新ゴーレムなど処理し、いざ過去世界へ!


 降り立ったのは小さな洞穴の中。
 早速白サインが出ていましたが、最初はなるべくソロで行きたかったのでそのまま先の霧をくぐり…

 っていきなりボスとかーー!!?

 ボス「霊廟の聖獣」は、素早い身のこなしと雷攻撃を持つ敵。火力はそこまで高くないですが、正統派の強さがありますね。
 尻尾がいかにも切れそうだったので、本体への攻撃は避けてチャンスを伺うことに。
 しかし攻撃に慣れるのに時間がかかり、軽く数回はぶち転がされました。

 で、慣れてくると各攻撃の対処も見えてきます。
 バルデル直剣とカイト盾のスタイルだったんですが、近接ラッシュは後退しながら受けると空振って盾受けに余裕ができます。
 遠距離の雷弾は、連発型は横歩き、単発型はロリで回避ですね。横飛行しながらの雷弾が避けづらいですが、一応ロリで回避可能って感じでしょうか。雷カットの高い盾とかあれば楽かもですね。

 肝心の尻尾切りタイムは、飛行からの飛び掛かり攻撃後が一番やりやすいですかね。回避と同時にロック外しするといい感じです。あとは長時間のけぞりが発生する水流も、わざと受けてからの飛び掛かり回避がぎりぎり間に合うので利用できました。

 どうにか尻尾を切り、武器をゲット!
 本体倒すだけならそんなにキツくはないので、隙に付け入って撃破しました。


 いきなりボスでビビりましたが、ともあれこれで本格的なステージ攻略開始です。
 長くなると思うので、ここからは追記に畳みます!



======

 そんなわけで、霊廟の聖獣を撃破して王家の森庭へ。
 麗しいキノコのエリザベスさんの品揃えにがっかりしつつ(でも黄金松脂はいいですよね!)、大きな橋を渡っていくことに。
 
 このマップは横に広い森林になっていて、木人が一回り強くなったようなクワorハサミ持ちの生物と、斧を持った石の巨人が出現敵。
 前者は全く問題ありませんが、石巨人は高い耐久と避けにくい斧攻撃でかなり苦戦します。できる限りスルーしてしまうのが楽だと思います。

 最初は何も分からないので、何度か倒されたり落ちたりしながら道を見つけ、少しずつ進んでいくことに。
 と、ある場所で現代の森の猫狩人ゾーンと非常に似ている場所を発見。もしやと思って進むと、石造りの小さな建造物がしっかりありました。
 これで反対側へ……と思いきや、内部にエレベーターがあり、降ろされた先には闘技場的な建物。
 霧がかかっていたのでもしや……と思いつつ入ってみると、やはりボス戦でした。

 っていきなりアルトリウスさんとは聞いてないけどねーーー!!?

 すごい勢いで飛び掛られた後突き殺されました。

 アルトリウスさんはすっかり深淵堕ちしてしまっていて、人外剣技で襲い掛かってきます。
 とはいえボスの中ではかなりの正統派で、デモンズのつらぬきさんを思い出す戦闘スタイルですね。
 しかし動きのキレの良さは、覚えている限りではつらぬきさんを遥かに上回っていました。一撃が重い上に回避がかなり達者で一方的に攻撃できる機会があまりないので、各攻撃に対処しつつスキを見て一発ずつ叩き込んでいくという感じになりますね。
 
 それを掴むまでも、掴んでからも、何度もやられまくりました。でも戦闘自体は楽しかったので、どうにかソロで突破してやろうと亡者でハッスル。
 バルデル直剣は片手でもR2の威力がいい感じだったので、ひたすらこれをスキに刺していくことに。魔法防御が圧倒的なのか、結晶エンチャではダメージが10%くらいしか変わらなかったので、呪術にスロットを割きました。火の玉や大火球はわりとよく効きますね。

 最も注意する攻撃はダッシュ突きでしょうか。判定が2ヒットある上、強化モードの時は1撃で5割以上持っていかれてたっぽいので、対処必須です。
 盾削り値も壮絶に高いので、被害を出さないならとにかくローリングしかないっぽいですね。中装ローリングでも慣れればわりと避けられましたが、ここは軽くして木目ローリングでもいいのかもわかりません。

 10回近く倒されて、ようやく撃破できました。このあたりからは断片的に攻略情報を目にしつつやったので、キアランさんは即殺害。意外に強くて驚きました。


 その後はさらに奥、ウーラシール市街へ!
 敵は基本2種類だけですが、ザコの近接型も接近からの攻撃が早く、数が集まると結構危ないです。そしてなにより闇の魔法を使う魔道士の火力が結構はっちゃけてるので、こいつへの対処が大事ですね。

 銀のペンダントの存在は知らなかったので、適当に正面突破で進むことに。技量キャラなので弓があり、それが大きな助けになりました。ヘッドショットを連発すれば魔道士は完封できたりしますね。

 初見時は紋章の鍵なども知らなかったのでスルーしつつ、奥へ奥へ。壁一枚挟んだところに敵が張っていて、それをメッセージのおかげで対処できたりで、デモンズの初見時みたいな楽しみ方ができました。市街のマップ構成はデモンズの城とダークの不死街が混ざったような感じで好きですね。
 
 最奥で鉄肉塊のような敵を倒し、篝火へ。その奥は深淵の穴となっており、市街から一続きのマップという扱いですね。鉄塊さんがボス扱いのほうがしっくり来るといえば確かですが、1ステージが広大なのも悪くないと思います。


 さて、深淵の穴。

 暗いです。

 巨人墓場並の真っ暗っぷりに、この世の果て臭ぷんぷんのマップ。恐ろしいところです。
 最初はやはりソロだったんですが、太陽虫をつけるという発想が出てこなくて、めっちゃ暗い中を手探りで進めました。なんか怖いの浮いてるし……。触れただけでダメージ受けるし……。

 と思ったらその怖いのがアイテムの人間性をドロップ。………………こいつら人間性じゃん!!
 まさかあの人間性が敵になって襲ってくるとは予想していませんでした。しかもドロップでいつも慣れ親しんだ人間性を落としますし、一体どういうことなんでしょう? 闇の魔術はどうも人間性をファイアーしているっぽいので、人間性を闇の力(深淵)に浸したら人にとって有害なもんになるんでしょうか。襲ってくるというよりはただ近づいてくるだけなので、人間に吸い寄せられてるだけとかで結構不可抗力だったりするのかもしれません。知りません。


 で、右も左も分からないまま下にだけは徐々に進んでいくと、大きな霧が。あれ?

 はい今回の最奥部ボスきましたー!!

 「深淵の主マヌス」は、個人的に位置固定の壁系ボスを想像していたんですが、実態は超ハッスル系肉弾戦ボスでした。体格差すごいのにガンガン殴ってきます。
 とにかく回避重視にしつつ立ち回りましたが、魔法も効き目が薄いようであっという間にボコられました。もう2回くらい行ったんですが、ソロで倒せる見込みがまるで無かったので、諦めて白さんに手伝ってもらうことに。

 たぶん呼ぶ人が多いんだと思いますが、白を召喚するのには随分時間がかかりましたね。なんとか人を2人集めて、いざ再戦。……と、そのうちの一人が道案内をいろいろしてくれ、アイテム回収やシフの救出などできました。シフさんあんな場所に隠れてたら普通わからないです。

 再戦ではやはり優位に立てましたが、マヌスもさるもので、エストがガンガン飛んでいきます。そしてHP半分くらいになったところで何か様子がおかしくなったと思ったら、闇の弾がいっぱい降ってきてガードの上からぶち殺されました。闇魔法も使うんですね……。
 前述のとおりこの時点では銀ペンダントの存在を知らなかったので、そのまままた白さん連れて再挑戦。今度はいいところまで追い詰めますが、エストが切れてしまった上で白さんが両倒れ、起死回生の人間性ッ!! したんですが焦ってボコられました。

 そんなこんなミスって、計5、6回目くらいでようやく撃破。綺麗に勝ちたかったらもっと慎重になりつつ反応をよくしていく必要がありますね。
 

 ともあれ、これでメインの流れは一応押さえられました。ひと段落して、ここからは取りこぼし要素の回収へ。
 銀ペンダント、紋章の鍵、闇の飛沫、追う者たちを回収し、カラミットに焼かれてゴーさんと対面。ゴーさんめっちゃいい人……! そしてかっこよすぎです。
 
 サブボスのカラミットも、まずは一人で突撃。そして一回で諦めました。一人じゃ尻尾は切れないです。
 3人だとモンハンみたいな感じになって(いや3Gソロでしかやってないですが)、タゲられてない時に楽に尻尾に取りかかれますね。エストガブ飲みプレイで強引に勝ってやりました。


 ……という感じで、一応だいたいの要素を回収。てなわけで、対人のほうに手を出してみました。
 まずは闘技場。決闘共闘乱闘とありますが、個人的に好きそうだった乱闘に挑戦。
 最初は比較的短い待ち時間で戦うことができ、いざ勝負。

 お、おもしろーー!!

 このゲームのシステムで時間制バトルができるのはかなりいいですね。死んだ直後に完全復活でリスポンというのがすごく新鮮です。ゲームルールはガン逃げ型が勝ちに近かったりするので突き詰めると微妙な気もしますが、自分のキャラで適当に他人をぶち転がしたりぶち転がされたりしたいときなどはすごく楽しめそうです。

 ただし、マッチングがかなり厳しいですね。
 待ち時間が長すぎて、ながらで並行できるものでもないと厳しいと思います。うちのTVが2画面表示できればDQ10と一緒にできるんですが……。これはどうにか改善期待です。


 でまあ、かなり待たされるので、新マップでの侵入も試してみました。
 本来デモンズのときから、ステージを攻略している相手にあの手この手でちょっかい出すのが好きでこのシリーズを好きでいる感が強いので、やってみたら闘技場よりこちらのほうがなんだかんだで熱中度あったりです。
 なによりこちらは即座に侵入できるのが嬉しいですね。

 自キャラはSL99、体力持久30の理力28、技量40くらいのキャラで、武器はバルデル直剣or絵画守りと黒竜の大剣、左手はカイト盾と魔術師杖。魔法はさっそく闇を入れて、闇の飛沫、追う者たち、結晶魔法の武器という感じです。

 とりあえず、闇の魔法はかなり強いですね。追う者たちは相手を追い詰めていく性能があり、運良く当たれば大ダメージ。基本的に相手はこれに対して逃げるしかないので、対面状態からでも結晶エンチャをかけるチャンスにもできます。
 追う者+スタブなんかも強力で、相手が転んだら即座にゼロ距離で闇の飛沫を使うと、相手によってはトドメになったりもします。追う者と飛沫のそれぞれがかなりいい性能な上に、この2つの相性も抜群という感じがしますね。結構タイマンのことも多いので、もっと複数戦も経験してみたいです。

 侵入先としてはウーラシール市街が長くてモブも多くて地形も楽しめますが、ステージ自体の人気も強いのか、いわゆる道場的な使い方をしている人も多いですね。
 嵐1のように、複数で待っていて1人ずつけしかけてくるというアレなアレにはまだ出会っていないですが、こちらは攻略している人をステージ途中で倒すのが目的で来ているので結構残念だったりします。こういう人はステージ奥に逃げてもほぼ確実に追ってこないので、最初から速攻でケンカ売っていくようにしてますね。戦えば技術は大抵私なんかよりも上な人ばかりなので、学ぶことは多いです。


 また、低レベルでソウルだけ大量に持っていたキャラを使って、Lv98の上質戦士を作ってみたりしました。
 なかなかいい火力になるんですね。DLCのボスは魔法防御がやばいので、純物理のほうが有利そうですし、とりあえず攻略において不便は感じませんでした。

 こちらもマヌスまでは終えて、あとはカラミット倒してゴーさんの弓をいただく予定です。大弓も使えるので叩き落しなど超期待ですね!


 と一気に話してしまいましたが、1200円で買ったDLCの内容としては大いに満足しています。
 付随したアップデートで長期間の不満点もある程度改善されているのが嬉しいですね。まあ、闇の魔法やら闘技場マッチングやらの修正は欲しい感じもしますが、このまま何も来なかったとして許せない、というわけではないかなと個人的には思います。
 攻略面は大きなステージが2.5個分、ボス4体程度なので、そこまで超ボリュームというわけではないですが、少なくとも一般的なDLCの中ではかなり良質なものだと思うので、買ってそう損はしないと思います。
 
 それでは、今日はこのへんで。黄金の残光の人気は異常ですね。技量キャラなのでたまに私も使います。

スポンサーサイト

テーマ:DARK SOULS - ジャンル:ゲーム

web拍手 by FC2
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://cottonpasty.blog134.fc2.com/tb.php/804-3c2983f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)