プロフィール

ぱすてぃ

Author:ぱすてぃ
百合が好きでポケモンを好む、文章を書く人です。
好みのゲームは任天堂系/テイルズはじめRPG全般/デモンズ・ダークソウルなど。
百合は小説漫画といろいろ。百合文も書きたいです。

【ドラクエ10】
ぱすてぃ [MY795-653]

最新記事

リンク

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログコミュニティ

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

ポケットパスタ・ゲーム記
ゲームのプレイ日記を書きたい分だけ書くブログです。3DS「RPGツクールフェス」で『かけらのメガルエ』を第1回コンテストに投稿中。
ポケットモンスターX・Y 第1回プレイ日記!

 ついにやって参りました! 大並びのヤマダ電機で予約受け取りして、12日AM11:30ごろスタートです。
 できるだけモンハン4の記事のように簡潔に纏めたいとは思うんですが、初回はどうなることやら!

==

○進行度合
現在バッジ3個入手直後のバトルまで。従来シリーズならもう4~5個は取っていそうなプレイ時間に……。
目に付いた横道や建物はできるだけ進入、パルレやスパトレは少し触る程度。
また、がくしゅうそうちの性能があまりに優秀すぎたので、主力勢Lv20位以降は機能をオフにしています。

○手持ちポケモン

xy1-2.jpg

なるべく新ポケ中心で行こうかなと! ハリボーグさんは地味ですが高いBとやどりぎで難敵突破の鍵。
ヒトツキは想像通りのイケメン! Sはかなり低いですが出せばなんとかなる的な。基本温存気味です。
フラエッテ嬢も育ってくると中々。フェアリー高火力技が来たら一気に活躍の幅が広がりそうかも。
アマルスはでんじはやパワージェムに化けるしぜんのちからが優秀。でも弱点の多さが響きます。
エリキテルさん、進化さえすれば他の連中についていけるはず! しかしノーマルは割と邪魔!
そしてペラップはまさかの「おしゃべり」が威力65混乱100%で3つ目のジムをほぼ単騎駆け。
趣向に合わせてなるべく均等に育成。学習装置オフのバランスは従来の通常プレイよりややシビアで歯ごたえあるなって感じです。おかげでコアルヒーさんが戦力外通告受けましたがあまり気にしない!

====

 と、プレイ具合はこんな感じです。ここからは初回ですし、フリーなお話でも!

 ともかくも、今回は思いっきり進化しましたね!
 OPからしてDS時代から大きくグラフィックや音楽が変化したことを実感させてくれました。
 実際の操作画面はいままでよりもかなり視点が変わる場面も多いため最初は戸惑いましたが、既に慣れつつあります。

 まずは何をとっても、ポケモンのグラフィックは大きな評価点かなと思います。
 XYのPVやプレイ映像を見ていると、「まるで据え置きと見まごうような精彩さを持つ画面(ロバートvsゲフリの人のエキシビション動画など)」と、「やはり携帯機かなと感じてしまう画面(CMのメガシンカシーンなど)」の2種類があって、どちらが実機に近いのか発売前にはよく分かりませんでした。しかし実際遊んでみると、これは前者の精彩方面にかなり近いかなと。
 
 どのポケモンが出てきても、初見ではそのグラに驚かされます。公式イラスト調の色使い、大きなポケモンの質感、小さいパーツの細やかな見栄えなど、期待を上回ってくれました。立体視で見栄えがより良くなる面も含めて、ちょっとテリワン3Dに近い良さを感じました。
 それに加えて攻撃や被ダメ、ひんしのモーションがあり、表情変化も用意されていたりして、思っていたよりもずっとグラフィックを眺めることに楽しみと面白さが感じられるなと思います。
 今回は新ポケ抑え目旧ポケ多目のデザインですが、旧ポケも毎回グラの進化で楽しめるので、むしろ今回はこれでよかったんじゃないかなと思えてきます。ビッパとかオタチとかかわいすぎでしょう。ポポッコさん花回ってて感動ですよワタッコ期待!

 このグラを扱うシステム面も、かなりいい感じですね。さっくさく!
 戦闘はより軽く早くなりましたね。HPの減り方とか、今まではどうしてもシステム上限界があった感のある箇所を根本から作り直して快適にしてくれてるかなと。
 マップ画面はローラースケートのオンオフがやや気になりますが、ほぼ上位互換で神がかった性能をしたじてんしゃがじきに手に入るので、以降はそこまで煩わしいこともなく。L=Aなんかも嬉しい!

 
 それから、いわゆる脇の要素の力の入りっぷりに結構引きます。少し遊ぶだけで本編を忘れかける!

 ポケパルレはちゃんと各ポケモンのパーツへの撫での反応が設定されている……んですかね?
 フラエッテが持っている花の花弁のあたりを撫でてみたら、フラエッテ自身は撫でられ反応を起こさずに撫でられている花のある場所を見上げているのを見てちょっと感動しました。
 ミニゲームも単純ではあるものの、意外に忙しい手元操作を要求させたり、手持ちポケモンがパズルになるという面白さがあったりで、こんな脇の脇の要素としてひっそりしていることに驚くくらいです。

 スパトレもあの妙なハイテンション敬語が結構ツボです。じゃなくて(それもそうなんですが)こちらもミニゲームとしてある程度面白いのにびっくり。Lv2とかの段階で既に多少熱いんですが! というかあのスパトレBGMいいですよね超熱い。
 スパトレ内のキャラ性能が取得努力値に依存してたりして、実際の努力値稼ぎの効率的にはどうなのかなって気もしますが、とりあえず前情報から想像していたものの3倍くらいは軽く面白くてびっくりしました。


 そしてなんと言っても!

xy1-1.jpg

 ポケモンの画面だと言っても信じてもらえなさそうな衣装着替え要素!
 を中心としたキャラカスタイマイズ! なんですかこのガルモ的素敵画面!
 今まで基本的に容姿固定の主人公で通してきたシリーズがいきなりコレは凄すぎです。
 今回この要素に惹かれて、はじめてメインロムで女の子キャラを採用したんですけど、ものすごーく賢明な判断でした。着替え時やバトル初手で出てくるリアル頭身時はもちろん、マップの小さな頭身キャラでも髪型含めて十分すぎるほど変化が分かって着替え甲斐ありすぎです。

 登場する服も、バトレボ(だったかな?)のようにトレーナーとしての個性を追求するタイプではなく、あくまで普段着っぽいものが中心なので、モブっぽいものが大好きな私にとってはそれもすごく嬉しかったり。
 いいキズぐすりとかダークボールとかに使うべきお金をデニムのショートパンツやストライプのバッグなどに注ぎこみまくっています。新しい町に着いて服を売っているお店がなかったときのしょぼーん感と言ったら!

 衣装のマイセットもありますし、更に脇要素としての想像を超えて細部設定可能なトレーナープロモやそれに伴うメイクなど、ただただ驚かされました。冒険やバトルだけではなく、ゲーム進行的には脇になってしまう要素も本格的に取り組めるように、というのがポケモンの従来からの方針だったとは思うのですが、今回はより多くのプレイヤーをそれらの要素に引きずり込む魅力を篭め得ているのではないかと感じます。


 とまあ、様々一気に進化していて、遊んでいて大変楽しいです。それでいてプレイの流れは従来通り。
 欠点として考えられる大きなものは立体視の対応度合ですかね。まあ、もともと無いようなものだと覚悟はしていましたし、テリワン3Dのように何も考えてないような薄っぺらさではなく、一応ある程度深度を使い分けた表示になっていたので、ものっそい低く設定していたハードルの下を潜航されるようなことはなかったです。
 
 ともあれ、ひとまずは頑張ってクリアを目指します。そこから様々始まりますね……。

 それでは、今日はこのへんで。しかしこう、なんとも華やかさに欠ける感のある自パーティ。具体的に言うといい感じの炎タイプが欲しいところなんですけども!
スポンサーサイト

テーマ:ポケットモンスター X・Y - ジャンル:ゲーム

web拍手 by FC2
コメント
やほん

私も調子乗って買っちゃった!
万歳田舎!予約なし即買い\(^^)/

今回三択でちょい悩みました!
いつもなら水なのに
初かな草タイプ(゜ロ゜;

まだ二個目のバッチすら
とってないのにハリボさん28!
出遅れた!

衣装とか凄いことになりましたね!
グラ感動!戦闘感動!


学習装置,,,あんな仕様でしたか!
さくさくみんなあがっちゃう!テヘペロ
[2013/10/13 03:54] URL | キル #9lsm/t96 [ 編集 ]


>キルさん
買われたんですね! いいね!
わーいハリマロン仲間だ! かわいいですよね! 進化してもか……わいいはず!
レベルはなんかあっちゅう間に抜かれちゃいそうな気がしますね! がくしゅうそうち怖い!
グラ関係とかほんとスゴいですよね。もう少ししてからDSのを遊んだらいったいどんな風に感じられちゃうのか……。
[2013/10/14 02:58] URL | ぱすてぃ #lOS9w8uY [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://cottonpasty.blog134.fc2.com/tb.php/909-0814b33b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)