プロフィール

ぱすてぃ

Author:ぱすてぃ
百合が好きでポケモンを好む、文章を書く人です。
好みのゲームは任天堂系/テイルズはじめRPG全般/デモンズ・ダークソウルなど。
百合は小説漫画といろいろ。百合文も書きたいです。

【ドラクエ10】
ぱすてぃ [MY795-653]

最新記事

リンク

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログコミュニティ

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

ポケットパスタ・ゲーム記
ゲームのプレイ日記を書きたい分だけ書くブログです。3DS「RPGツクールフェス」で『かけらのメガルエ』を第1回コンテストに投稿中。
ドラゴンクエスト10 第94回プレイ日記!
dq94-1.jpg

 きれいだね、もはんしゅう(プリズニャンのお名前)……

 こんばんは!
 直前に、プレイヤーや装備関係の記事(第93回)を書きましたので、よろしければそちらもどうぞ。

 さて、今回はようやく広場の写真を使って記事を書く時間ができました。
 というわけで、「レンダーシアでの冒険」のお話をざざっとしていきたいと思います!

dq94-10.jpg

 紆余曲折あってココラタの浜辺に接岸したグランドタイタス号。ここが初めてのレンダーシアの地ですね。

 ここから色々回りましたが、とりあえず、ストーリーは最後まで終了させました!
 (記事後半で終盤のネタバレ話題あり。その部分にはまた注意を入れます)
 また、今回は全てソロサポでこなしています。
 というのも、なんだか2.0ストーリーは無性に一人で攻略したいなあと思わせる雰囲気がありました。
 その雰囲気というのは、いわば「冒険している感」とでも言いましょうか。まるで歴代ドラクエのようなオフラインのRPGを遊んでいるような、一人での探索とイベントを楽しませてくれる作りになっていたと思います。
 
 そう感じさせる要因として大きなもの。それはなんといっても、マップの作り!

dq94-7.jpg

dq94-4.jpg

 街もフィールドも、バージョン1とは打って変わって複雑な起伏と高低差に富んだマップになっています。
 上の写真はセレドの街ですね。段々になった土地に住居が密集していて、オブジェクトの密度の高さを感じる街です。なんか用事がなくても訪れたくなる作り。
 下はロヴォス高地にある「樹天の連橋」という樹上の足場。こういう自然系足場構造物めちゃくちゃ好きなので、はじめて見たときは思わず声をあげてしまいました。
 これらのような、行ってみて楽しめ、さらにその先が見たくなるマップが満載だったと思います。バドリー岩石地帯のように単純に高低差があるのではなく、曲がった坂道があったりと、行ってみるまでその先に何があるのかいい意味で分からない作りをしているのがかなり魅力的でした。

 ダンジョンも、バージョン1は一体なんだったんだろうと思うくらいしっかりダンジョンしていますよね。
 謎の地下水路、リンジャの塔などは本当にオフラインっぽくてびっくり。オンラインでもこんな複雑なダンジョンを用意して問題ないのなら、今後もぜひこのようなマップを用意してほしいなと思いました。

dq94-8.jpg

dq94-9.jpg

 また、この「夜の色」もすごーく魅力あります。ピラミッドから始めて出てきたときは思わず空を見上げてしまいました。アラハギーロ南の湖もあざといけど好きすぎます。
 昼も彩度が抑えられていて、どことなく感じられる寂しさがフィールド曲によって一層引き立てられ、より冒険感を高めてくれていたと思います。

 このあたりのマップの魅力の豊富さは、バージョン1の積み重ねあってこそのものと10時間生放送のときに言われていましたね。今後にも期待したいところです。


 それからストーリー。こちらもまた、なんとなく1人で進めたくなるものでした。
 ボリュームこそ各キークエと大差ないのですが、どの町のストーリーも続きが気になって、そこに新しいマップを見たいという欲求が重なってどんどんストーリーを進めた感じです(このあたり、バージョン1は途中に長時間のレベル上げが必須だったという事情はあるので一概に比較はできませんが)。
 メルサンディもセレドもアラハギーロも、いずれもはじめて訪れたとき陰鬱さや胡散臭さが漂っていて、なんともドラクエっぽいなあと感じました。結末がけっこうえぐいあたりもまた……。
 
 登場キャラもみんな魅力的ですね。ミシュアはもとより、ザンクローネかっこよすぎリゼロッタかわいいセラフィちゃんマジ天使(所有スキル的な意味で)とかとか。特にザンクローネさんの古き良きラノベキャラっぽい雰囲気めっちゃ好きです。ちっty(ry

 そして3匹の蝶を集め終わると、三門の関所へ戻ってきてグランゼドーラへ向かう展開に。
 ここ、蝶をもらったところからワープさせてくれるのが非常に親切ですよね。ほんとにオフゲーっぽい。あまりにオフゲーっぽすぎて三門ついた時に思わず先の展開に備えようと「セーブしなきゃ!」って思ってしまいました。

dq94-5.jpg

 三門の関所の先、レビュール街道南。ここもまた実に「RPGの後半マップ」っぽさがすてきです。
 その要因であろうこのお二方、バッファロンとモヒカント。
 こういうデカい強い新しいなザコがうろついていると、ああ佳境だなという感慨に浸れます。なんというか、このマップの初見感覚はすごく軌跡シリーズっぽいというか。

 やや長い道のりを抜けると、ようやくグランゼドーラ王国に到着します。

 以降の話はネタバレを色々含んできそうなので、追記にたたもうと思います!


=====※注意※ 以降はバージョン2.0終盤のネタバレを含みます!=======
















 このくらい離しておきまして!

 そんなわけで、グランゼドーラ王国でついに本筋の物語が展開していきますね。 
 城で勇者アンルシアが登場し、ミシュアともどもその客人に。手厚い歓迎に喜んでいたらこの勇者黒いよ!

 城への潜入という王道の道のりの後にミシュアの記憶の中へ。
 ここで一気にミシュア、=アンルシア姫の過去や背景が明らかになりますね。
 色々な場所へ行ってストーリーを追うだけなんですが、不思議と退屈には感じませんでした。それと短時間で一気に語りすぎ……だとは思いますけど、それでもいい感じにアンルシアに思い入れができましたね。

dq94-3.jpg

 さらにここではヤーンさん以来のタイマン戦、「絶望の巨像」とのバトルもありました。
 私棍僧侶だったからよかったけど意外に無視できないダメージ与えてきますよね。回復弱めの職だときついんじゃないかって気もします。展開もあいまって結構熱かったですけど!

 そして勇者覚醒! 服どーすんのかと思ったら!
 アンルシアとしての記憶を取り戻したとはいえ、個人的にはミシュアと地続きの存在のように感じられました。
 偽アンルシアと判明した紫アンルシアさんを追って、ついにラスダン「創世の邪洞」へ!
 
 ここもまた初登場モンスだらけでラスダン感を存分に味わえました。中ボスが意外に歯ごたえある!
 ラスボス前にいるトロルキング、あいつちからゆびわのドロップ率が高いって展開あるんですかねー。
 もしそうだとすればエモノ呼び狩りがよさげな気はしますが、長い道のり+混雑時鯖変えできないというのはきつそう……。

 他のダンジョンも同じでしたが、構成は私が僧侶、サポ僧盗旅という安全めの構成でした。
 回復を済ませてラスダン最深部へ。いざ「魔勇者アンルシア」と勝負! なにこの姿きもい!

 アンルシア姿のままで1回くらい戦ってみたかった気もしますがともかく戦闘。
 最初の形態はジゴデインでサポが大きな損害を受けるものの、回復を厚くしておけば大丈夫。さほど苦戦せず撃破します。

 そして第二形態。

dq94-12.jpg


 アンルシア参戦きたーーー!!
 HP480MP400! 勇者すごすぎ!

 超燃える展開ですね! 集中線入っての私も戦いますってセリフが、今までのストーリーキャラ(ヒューザとか)の展開とは違うんだよ! ってのを雄弁に語っているようでした。
 5人PTでの戦闘となり、相手はジゴデインのほかに設置技「創世の魔力」を使用するように。
 この創世がサポだと非常にきつい! 全く避けてくれないので、即死級の2段ダメージをモロに受けてばたばた倒れていきます。幸いアンルシアはキチガイじみた耐性で通常攻撃以外をものともしないので、彼女のザオリクの力も借りて強引に突破しました。とにかく自分はジゴデインや創世にかからないように動くのが勝利への近道ですね。

 がしかし、まだ終わらない!

 魔勇者アンルシアの第三形態は「闇のころも」を使用するように。
 闇のころも状態ではあらゆる攻撃のダメージが大幅にアップ+こちらの与ダメージ激減という強烈な強化状態で、通常攻撃を含めた全ての攻撃が必殺クラス。


dq94-2.jpg

 これを解除できるのがアンルシアの「勇者の光」。ごんぶとビームで拘束します。
 勇者の光発動時はウルベアのごとく大ダメージを与えられるので、いかにここに火力を注ぎ込めるかで撃破の早さが変わってきますね。拘束終了後も闇のころもを再び纏うまでは普通に攻撃が通ります。

 というわけでアンルシアを中心に戦っていくわけですが、とにかく相手が強い!
 というか創世とジゴデインの範囲がきつい! 創世は完全にサポを殺すための技なので、サポ3では大苦戦。
 こちらも聖女天使などで厚く回復を張って行きますが、火力のキーマンである盗賊を残した状態でうまく攻勢に転じるのが難しかったりして、なくなるMPをせいすいぶん撒いてなんとか補う展開が続きます。

 そしてあるポイントで私が天使なしで落ち、その後のジゴデインでなんとアンルシア以外の味方が全滅!
 しかしそこで魔勇者が無駄行動→アンルシアが私にザオリク→必殺きて聖者→アンルシア落ちる→全員復活という奇跡の展開になり、その勢いでぎりぎり勝利! 脳汁どばどば! アンルシアマジ勇者!

 サポでラストは相当きつかったですが、そのお陰で感動の一戦になりました。

 
 そして撃破後イベント…………ってちょっとーーーーーーー!!?
 
 まさか今のレンダーシアが偽物だとは…………。相当大胆な設定です。大魔王の名前とかどうでもよくなってきます。マサコでしたっけ。
 どの街もストーリー投げっぱなしだったのも、真のレンダーシアでの展開とのリンクを考えられた大きな伏線ということですね。アラハギとかよくわかんないまま終わりましたからね……。
 真レンダーシアのマップの様相が今のレンダーシアと同じなのか、出現敵はどうなのか、ルーラストーンで行き来できるのか、とかとかとか気になることが多すぎます。
 過去のオグリみたいなものを想像しておけばいいのかなと思いますが、今いる場所が偽レンダーシアである以上、いつかは真レンダーシアのほうがメインっぽくなる気がしますし、謎だらけです。

 話には聞いていましたが、2.1以降も毎回この本筋シナリオが追加されていくというのは非常に嬉しいですね。特に今回のストーリーは先が気になるので、今から待ち遠しいです。アンルシアが参戦(Lv上がったりするかな?)する展開もまた期待。ボリュームも多少あるといいな……。

 とりあえずバージョン2最初の物語を終えましたが、まさに「眠れる勇者と導きの盟友」ですね。
 アンルシアとトーマの関係が(ひねりを加えた上で)そうであったし、今の時代ではプレイヤーがアンルシアに力を貸す展開になっています。
 本作の性質上、物語を進めるにはプレイヤー以外のキャラクターが活躍する必要がどうしても出てくるものだと思われます。そこでプレイヤーが置いてけぼりにならず、かつイベントキャラが肝心な所でプレイヤー任せにしない。そうしたプレイヤーにとって嬉しい関係を丁寧に構築した形が、「眠れる勇者と導きの盟友」なのかなと感じました。
 2.0時点ではまだアンルシアがプレイヤーのことを「盟友」と呼ぶ機会はありません(考えてみるとアンルシアの意識が自分が勇者の盟友ではなく勇者であるという事実を知ってからまだあまり時間が経過していない?)。これからそんなイベントが待っていると思うと、わくわくしますね。


 とまあ、見事なまでにドラクエっぽくRPGらしい楽しみを味わわせてもらいました。
 ストーリーはDQ10のプレイ時間の中ではごく短い時間しか体験しないものですが、その存在感は決して小さくはありません。それだけの魅力的なストーリーを、今後も楽しみにしたいですね。

 それでは、今日はこのへんで。今年のバレンタイン? イベントにはアンルシア出そうですけど、ネタバレ的な意味でミシュアとして出てきますかね。個人的にはできれば覚醒後のほうが! あ、ミシュアだべさんでもおkです。

スポンサーサイト

テーマ:ドラゴンクエストⅩ - ジャンル:ゲーム

web拍手 by FC2
コメント

アンルシアで検索して来ました。
僕も魔勇者アンルシアとサポで戦ったのですが、第二形態で負けました。笑

第二形態でアンルシアがパーティーに入るのはかなり熱い展開ですよね。プレイしながら「うわ、やばい熱いなあ」と口にしちゃいました!

ピンチのときに共闘ってベタですけど、かなり燃えますよね。王道だけど、王道だからこそ分かりやすい展開で心に響きますね。笑

僕は個人的に魔勇者アンルシアがここでいなくなるのは残念です。いずれ何かの形で協力とか期待しちゃいます。

今度の休みに魔勇者アンルシアと再戦してきます。雷耐性は必須ですね(°_°)

[2013/12/17 12:33] URL | #- [ 編集 ]


コメントありがとうございます!
バージョン1の冥王戦前なんかも結構熱かったですけど、今回はそれを上回ってるなと思いました。素直に燃える展開ですよね。
また出てきてほしいというご意見すごく分かりますw ベジータ的な感じと言いますか…

アンルシアは攻撃きっついですよねー。確かにビーナスつけていくと良さそうです。
今度は無事討伐できることをお祈りしております。
ではではー、ありがとうございました!
[2013/12/20 20:17] URL | ぱすてぃ #eLnC4.eo [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://cottonpasty.blog134.fc2.com/tb.php/925-259eb6a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)