プロフィール

ぱすてぃ

Author:ぱすてぃ
百合が好きでポケモンを好む、文章を書く人です。
好みのゲームは任天堂系/テイルズはじめRPG全般/デモンズ・ダークソウルなど。
百合は小説漫画といろいろ。百合文も書きたいです。

【ドラクエ10】
ぱすてぃ [MY795-653]

最新記事

リンク

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

FC2カウンター

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログコミュニティ

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

ポケットパスタ・ゲーム記
ゲームのプレイ日記を書きたい分だけ書くブログです。3DS「RPGツクールフェス」で『かけらのメガルエ』を第1回コンテストに投稿中。
モンスターハンター:ワールド 第3回プレイ日記!
mhw3-5.jpg

 少し空いて、3回目!
 びしびしと進めてまいりました。
 それにしても今回は本当にモンスターとマップの絡みの迫力がすごい! 入り組んだ地形にしっかり対応した動きをしたときとか、映える画が見れます!

 前回はじめて触れたライトボウガンにすっかりハマってしまって、ほぼメイン武器になりました!
 オドガロンのライトで通常弾2の速射を、ほぼすべての相手に。属性速射も強いかなと思ったらなんかイマイチ火力が出ませんでした。スキルしっかり盛らないとなのかな?


気軽に救難、マルチプレイ!


mhw3-8.jpg

 この前フレンドの方と遊ばせてもらったのをきっかけに、ちょっとだけ野良のマルチプレイにも参加しました!
 
 参加したのはいずれも「救難信号クエスト」。これ、いいです!
 パッとクエストに途中参加して、倒したらそれで解散。前後の集会所のやりとりがないので、煩わしさが少ないです。
 一期一会なところもいいですね! わたしは元から固定メンバーでの周回プレイみたいなものがあんまり合わないので、集会所から同じ人と何度もクエストに行くという形式が煩わしくてモンハンのマルチを苦手にしていた部分もあったのかなと今回感じました。
 ワールドワイドマッチにしていると、海外の方とのマッチングがあるのも面白い! 定型文がそれぞれの国の言語そのままで表示されるので、多国籍感を肌で感じながらプレイできます。中国語はなんとなくわかる感! 

 かなりたくさんの人が遊んでいるはずなんですが、意外と救難信号の検索がひっかかることが少ないかなとは感じました。
 救難に参加するとすぐに他の人もやってきて4人埋まることが多いので、いわゆるホスト側の人が少ないのかもですね。自分でクエを受けつつ救難信号を出してみるのも面白いかも!

 まだまだ進行途中なのと、今回はソロだとソロ用の体力設定になるので、素材集めを含めても現状はまだまだソロメインで行こうかなという感じです。
 でもこのマルチの気軽な感じ、気に入りました! いずれは、かな?


後半モンスターの風格、ウラガンキン!


mhw3-2.jpg

 5つめのマップ「龍結晶の地」に到達して、このモンスターとも出会いました!
 そう、ウラガンキン! いつもは硬いけど属性で攻めればいいし攻撃もそんなに怖くない、わりとかわいいモンスターのイメージだったんですが……今回のガンキンさんはこわい! ガチ!

 振りまく火薬の岩がかなり厄介になってますし、えらいスピードが出る上にでっかくなった体格で攻めてくる回転攻撃が何度も往復してきたりして、今までとは段違いのインパクトとプレッシャーを放つ強敵になった印象です。
 上位で初登場、しかも後の方で登場という格上扱いになっていますが、それに恥じない実力の持ち主だと思います!

 いつもはライトで大体の相手に行ってましたが、今回はたまらず水の双剣にチェンジ! 作っといてよかった!
 と、効果ばつぐん! じめん・いわにハイドロポンプくらい効果ばつぐん!
 そのおかげで、なんとか狩ることができました。属性弱点がっつり突いた双剣はすごい火力出ますね……。
 そのときはオーダーレイピア系統だったんですが、そのあとより水が高いジュラトドスの双剣を作りました。水属性はジュラトドスのが結構強いのかな! 高位のモンスターに水がいない気がします。
 

バケモノお嬢さま、ディアブロス亜種!


mhw3-7.jpg

 えぐいモンスターといえば、これ!
 今回は限られた数しか出てこない亜種のうちの1体、やっぱりいるよね、ディアブロス亜種!
 素のディアブロスもなかなかのモンスターですが、黒いのは輪をかけてヤバいことになってます!

 全体的に攻撃力がハンパなく高くて、ガンナーだとほぼ2撃でダウン。
 突進系の攻撃範囲が広いのでちょっと油断すると吹っ飛ばされて、そこに運悪く追撃が入るともうアウトという!
 特に助走からのチャージダッシュが強烈! 確定で気絶してしまうので、オトモとかに追撃が逸れないと実質一撃という恐怖の攻撃で、これに苦戦させられました。引きつけてぎりぎりに回避したり、あえて相手側に走りつつ回避したりすると避けられますね。

 この強さ、1回でもう……! って感じなんですが!
 ちょうどこのディア亜種の装備が色々欲しくて、何度も狩ることになってしまいました!
 今回のディアは角素材が角破壊でしか出ないので、「上質な黒巻き角」の入手がとにかく大変!
 結局、7、8回くらい狩りました。やっと作った装備の次の強化に3つ必要だったりしたのはいったん目をつむります!

 ディアブロス系統は、近くにターゲット以外の亜種or原種がもう1体いることが多いのも厄介なところ。
 縄張り争いをすることはあるので、うまく利用しつつこやし弾で分断を狙って戦ってます。
 縄張り、基本的に亜種が勝つんですけど、ごくまれに原種が勝つっぽいです! 亜種討伐のときに出ると思わずにんまり!


ついに対決! ネルギガンテ!


 mhw3-4.jpg

 そして! 先ほど、ついに今回のメインモンスター、ネルギガンテの討伐に行ってきました!
 βテストでもあえて戦わないようにしていたので、プレイは初見!
 攻撃を食らった部分のトゲが白くなり、そのあと黒くなって、全身が黒くなったら必殺技が来るという情報だけは知っている状態で、いざバトル! 相棒のオドガロンライトで!

 全体的に、連撃に警戒が必要な相手という印象です!
 腕を叩きつけた後に広範囲に衝撃波が起きたり、攻撃を食らってしまうといいタイミングで追撃を合わせて来たり、2段構えの攻撃が強力! 油断したところに攻撃をもらって、そこで慌てるとアウトみたいな感じ!

 でも、ライトボウガンなら比較的戦いやすい相手!
 起爆竜弾にひっかけやすく、歩き撃ちでも結構攻撃を避けられるので、立ち回りが安定しやすかったです。
 白くなった部位に随時切り替えて射撃を当てていける柔軟性も魅力! トゲの色が変わる条件がいまひとつよく分かってない(ダメージを与える? でも戻ることも?)んですが、なんとか戦えました。
 全身が黒トゲになったあとは、咆哮から強烈ダイブの必殺技! ガンナーの防御でもなんとか即死は免れたので、それでもだいぶありがたかったです。
 非常に範囲が広いものの、緊急回避なら安定して避けられますし、ころりん回避でも割と避けられました。

 終わったあとはトゲがリセットされるので、一息つけます!
 でも、ひとつ怖い点がありました。起爆竜弾を置いとくと必殺ダイブの時に爆発させて怯みを取れることがあるんですが、そこでダウンしてしまうとトゲのリセットが発生せずにすぐまたダイブを使ってくることが!
 全身が黒くなったときは、あまり起爆竜弾を無理に置かない方がいいのかなと感じました。

 終盤、危ない目に遭ったものの……。

mhw3-3.jpg

 どうにか無落ちで初見撃破! タイムも13分ほどという感じ!
 今回、せっかくなのでこの初見の動画を撮ってみました! モンハンWの初動画を!



 起爆竜弾すてき! いけめん!

 このあと、1人でも無理なく狩れそうだったのでいくらか連戦しました。
 宝玉的なのは出なかったので、もうちょっと狩りたいところです! ありますよね宝玉的なの!
 いずれにしてもネルギガンテ、緊張感ありつつわりと気持ちよく戦えますし、属性やられや状態異常のいやらしい要素などもないので、素直に戦える楽しい相手な印象です。古龍としてはシンプルかなって感じしますけど、なんとなくモンハンワールドらしいなと思います!

軽くまとめ


mhw3-6.jpg

 ネルギガンテの素材から、スラッシュアックスのネルガルガッシュ、それとネルギガンテ防具のオーグ、バゼルギウス防具のバゼルあたりを混合させた装備を作ってみました。つ、つよい! 挑戦者やっぱ強い!
 渾身のスキルはかなりライトと相性よさそうな気がするので、ライトの防具ももうちょっと考えたいなと思ってます。

 いま、回避距離の装飾品がめっちゃ欲しいんです! これさえあればかなりいい感じなんですが!
 装飾品はまだまだ軽めのスキルのものしか持ってないんですが、いい装飾品はもうちょっと深いところのクエストということになるのかな? 
 そろそろラストの相手も近いと思うんですが、クエがどうなっていくのか気になるところです。でも情報は見ません! 手探り楽しい!

 それでは、今日はこのへんで。ヘビィもまた使いたくてネロディアーカまで作ってみたんですけど扱い難しすぎ! 狙撃竜弾のクリーンヒットの威力がぶっとんでるので、うまく使えれば強そうではあるんですが……!


web拍手 by FC2
モンスターハンター:ワールド 第2回プレイ日記!

 2回目、まいります!
 さきほど、少しフレンドの方とマルチプレイをしてみました! 
 わりとモンスターの体力に歯ごたえがあって、やってて楽しかったです。3人編成だったのでちょうどよかったのかも!


げに恐ろしきはキリンかな!


mhw2-2.jpg

 シナリオの山場が近づく中で、唐突にキリンのクエストが発生!
 いつもわりとあっさりな感があるとはいえ、総モンスター数が限られる今回は古龍が急に出てくるとびっくりします!

 とはいえ、キリンはいつもさほど苦戦せずに倒してきました。角にでかい攻撃してればあっさりあっさり!
 そんなわけで結構ナメてかかったら……。

 な、なんですかこいつ! こいつほんとにキリンですか!
 全体的に攻撃範囲が大幅にパワーアップしていて、かなり戦いづらくなっている印象でした! てかなんか体デカくなってないですか! こんなのもうケルビじゃない! 元からケルビではないだろうけど!

 スラアクで初戦では1落ちしてしまい、かなり時間がかかっての討伐になりました。
 その後ヘビィで行ったらある程度戦いやすかった感じがします! 斬裂弾やっぱ便利!
 今回はまだ使っていない大剣も、やっぱり相性よさげな気がします。
 しかしほんと強くなりましたね! さっきもマルチで1落ちアウトの調査クエスト余裕こいて貼ったら見事に死にました! わたしが!


お見送り決戦! ゾラ・マグダラオス!


mhw2-3.jpg

 そして、シナリオが山場を迎えました!
 冒頭から追い続けてきた古龍、ゾラ・マグダラオスとの決戦がついに!

 体に取り付いて排熱器官を叩きつつ、ネルギガンテを撃退する前半戦
 初見では鍾乳洞にスリンガーを撃つ方法がわからなくて(落ちてる石ころを拾えばOK!)、ちょっとあたふたしてしまいました。排熱器官の爆発も結構避けにくくて厄介!
 ネルギガンテは割とあっさり撤退してくれるな……と思ってたら、二度目以降の挑戦で全く攻撃しなくても撃退になることに気づきました。あれって実は特に意味がなかったりするんでしょうか!

 後半戦は、バリスタと大砲の弾で出来る限り体力を減らす防衛戦!
 防衛対象の耐久力があるので、やっぱり緊張します! あたふたしつつ、NPCが詰めてくれる大砲の弾をガンガン撃っていきました。もういいから自分たちで撃ってって9割の人が思ったはず!
 下に船があるのをだいぶ後から気づいたりして、結構ロスがあったと思うんですが……耐久力が7割くらい残っている状態で、クリアすることができました! いえい!

 しかしここでHPを削り切っても、設定上ではあくまでマグダラオスを倒したことにはならず!
 マグダラオスがみずから死期を迎える場所を地脈から海へと遠ざけ、最後はマグダラオスを見送るのみという一戦でした。
 でもこれ、結構好きです! モンハンの古龍ってこのくらい超常的な、人間が手出しできない領域を持った存在って描かれ方をされたほうがそれらしいなと思います。
 ダラ・アマデュラなんかはこれと対極にある超大型古龍かもですね! ハンター1人で謎のエネルギーで隕石まで降らせるような古龍を討伐できてしまうという。これはこれで神話の領域まで踏み込むほどに成長したようなハンターの姿を楽しめた感覚があって、思えば遠いところまで来たものだって思った記憶があります。結局どっちでもいいんじゃ!

 難易度的には、特に難しいことはない超大型でした!
 どこかで高難易度版になったバージョンとも戦えたら楽しそうだなと思います。後半戦で通常武器が通用しなくなるので、ちょっとそういう設定が難しい相手かもですが!


解放、上位クエスト!


mhw2-6.jpg

 マグダラオスを、見送ったことで!
 そう、上位クエストが解放されました! 
 今回は情報なしで進めているので上位来るタイミングも知りませんでした。ストーリーもまだ続いているっぽいですね!
 いつも村クエが終わってしまった後に本番の上位やG級をやるとき、村の人たちのセリフとかが発展しなくなるのが寂しかったので、個人的にはこの形式は結構嬉しいです。今回はほんと、村と集会所の区別がきっぱりなくなりました。 

 今回、上位ではじめて解放されるものが色々あります!
 大きいのが、装備の装飾品とスロット! よくよく考えてみれば確かになかったですねこれ!
 防具はスキルが多いαとスキルが少ないけどスロットが空いてるβの2種類が用意されるようになり、よりバリエーションが増えました。おおむね1スキルない分スロットが1つ空いているという形なので、装飾品が揃っているならβのほうが汎用性が高くなるのかな?

 でも、今回はお守りではなく装飾品のほうがクエ報酬などでのランダム入手! 揃うまで、しばらくはかかりそうです。
 装飾品収集なら終わりはありますし、今回はランダム入手要素は抑え目という感じ! 現実的な範囲で、みんな同じスキルにできるようになりそうです。
 お守りシステムも結構好きでしたけど、まああれちょっと狩りをしない時間が長くなりすぎたってのはあると思うので、無いなら無いでって感じはします!
 スキルシステムの大胆な変更も、とっつきやすさはかなり増しました。シミュレータでギリッギリまでスキルを盛りまくった装備を探して、なんとかスキルポイントを10とか15まで揃えてはじめて発動させるスキルを見てニヤニヤするのも好きでしたけど、ゲーム内だけで自分なりのカスタマイズをする遊び方ができたほうが健全かなとは感じます。いろんなシリーズの防具を適当に作っていけるのがいいです!

 現在は、リオレイア……???さんの任務クエを受注する直前まで進行! もうちょっとフリーを進めてから行こうと思います。
 これ、4だったかのやつを思い出します。ちょーハイパー強かった記憶!


これはハマる! ライトボウガン!


mhw2-4.jpg

 今回、新たにライトボウガンに手を出してみました!
 今まではぼっちをこじらせていることもあって火力不足の感があり、あんまり使ってこなかったんですけど……ワールドのライト、これはすてき! めっちゃ楽しいです!

 まずは、歩きながら撃てるようになったこと!
 速射も移動しながら撃てるので、操作系統の整理と合わせてめっちゃ扱いやすくなった感じがします。スイスイよけてバスバス当てていける!

 そしてなんといっても、新アクションの「起爆竜弾」! これが良い!
 〇ボタンで地面に爆薬を設置して、モンスターが上を通ったときや味方の攻撃が当たったときに3回(?)まで爆発、ダメージを与えるというもの。
 ダメージが高く、肉質を無視するのか弾が通りにくい硬い場所も壊してくれたりして、火力面でもひるみを取る安全面でも非常に役に立ちます。敵が突っ込んできたときの起爆で結構エグい音するのがすき! ディアブロスさんが爆音とともに75ダメージくらい受けながら飛び出してきます!
 リロードは短くはないですが、3個まで順次使えるので無駄遣いしなければしっかり立ち回りに組み込んでいける感じです。

 今は扱いやすい通常弾Lv2/散弾Lv1速射の銃を使ってますが、エコだしさくさく狩れるしほんと良い感じです!
 パーツを全部近接強化にして火力を出すようにしてて、ダメージ的にもタイム的にも多くの敵でいいペースの狩りができています。上位でも5分針がちらほら!
 ガンナーで接近戦しないとなので、トビカガチやオドガロンなどの細くて速い敵、それと起爆竜弾が当てにくいよく飛ぶ敵との相性はあんまり良くないですが、そのへんは近接やヘビィで補ったりしています。
 地味にあの新技ボウガンパンチもいいですよね! そこそこダメージ出てるの笑う! 鈍器使いで強くなるのももっと笑う!


有能! ぶんどり刀!


mhw2-1.jpg

 ああ、ポイントカンスト……
 ともあれ、最後はオトモの道具「ぶんどり刀」のおはなし!

 これ、思った以上に効果ありますね! 1体のモンスターから4~5個ぶんどってくれることも多々!
 落っことし投擲は少し使いづらいですけどこれも地味に素材増やしてくれますし、非常にありがたいです。さすがにレア素材は拾ってこないのかな? って感じですけど、爪とか翼膜みたいな部位系のちょっと不足しがちな素材を補ってくれるのがいいです!
 回復の道具にしないと大幅に回復力が落ちてしまうので、そこは相談しつつ。でも無いなら無いで緊張感持って戦いますし、回復ミツムシはムダ撃ちになることもたまにあるので、上位の初見モンスにぶんどりで行っても割となんとかります!

 オトモ自体の行動だけでも十分ですけど、指笛の指示を使うとさらに取ってきてくれます。
 指笛が納刀しないと使えないので、オトモの扱いは納刀早い武器の方が有利な気がします。
 少し気になるんですが、片手剣は抜刀しながら指笛できたりするんでしょうか!


軽くまとめ


mhw2-5.jpg

 てなわけで、ぬるっと上位に入っていきました!
 装備の拡張性と作成候補がぐっと広がって、まだアイテムも不足が多く、非常に楽しい時期です!
 どこで野良マルチを大きく解禁していくかは迷いどころですが、やっぱり初見部分はソロで挑むのが合っているので、当面はソロメインで行きたいと思います! さあ桜レイアどうなる!

 それでは、今日はこのへんで。あの爆撃機みたいなモンスターなんですか! ちょっとすき! 装備がつよそう!


web拍手 by FC2
モンスターハンター:ワールド 第1回プレイ日記!
mhw1-5.jpg

 じゃん! こんにちは!
 早速ですけど、『モンスターハンター:ワールド』! はじめました!
 いつかのブログでも言っていたように、しばらくは様子見でもいいかな? と思ってたんですが、3回目のβテストのときにはじめて体験してみたらこれは最初にやっときたいやつだ! ってなって、急ぎで購入を決めてしまいました。
 ということで、少し遅くなりましたが第1回のプレイ日記です!


一気に進化、グラフィック!


mhw1-2.jpg

 ワールド、何が一番印象的かといえば、やっぱりグラフィックの強化かなと感じます!
 ずっと3DSでシリーズが展開されていたところから、いきなりPS4! 
 あらゆる面で、圧倒的に絵がパワーアップしています。特にフィールドの遠景の綺麗さっぷりがすごい!
 
 わたしが最近遊んだのはスイッチ版のXXだったんですが、ここからも相当パワーアップしています。やっぱりモンスターのグラフィックも基本が細かくなっているから全然違いますね!
 新モンスターも魅力的ですが、絵に関してはボルボロスやリオレイアといったおなじみの既存モンスターでより感動できました。


ばっさり改修! システム周り!


mhw1-3.jpg

 そして、ある意味ではグラフィック以上にたくさん変化があったのがシステム系の部分!
 全体的に、「今までなあなあで続いてきたお約束を、一度全部見直す」という感じで、基本的なシステムは今までのモンハンと同じでありつつ、わかりづらいところや不便なところの仕組みが徹底的に改修されています。
 砥石が無限だったり、はぎ取った素材がアイテムポーチを圧迫しなかったり、切れ味ゲージの消耗が色ごとに可視化されたり、拾ったアイテムが自動調合されたり、納品クエストはアイテムを入手するだけでよかったり……などなど、適当に思いついたものだけでも枚挙に暇がない!

 画像のように、武器強化で派生表が表示されてそこから選べたり、防具生産がシリーズごとに表示されたりと、装備系の画面もめっちゃよく変化しました!
 作りたい装備を登録しておくと、必要素材量が表示されたり作成可能時にアナウンスがあったりするウィッシュリスト機能なんかも、いちいち「あの武器の素材これで数揃ったっけ……?」って加工屋さんに確認しに行かなくてよくなったりと、非常に便利になっています。

 拠点がかなり広いので移動が若干手間だったり、クエスト受注後に読み込み時間があったりなどなど、もちろん難点といえる部分もありますが、全面的に新しくなったシステムの挙動を見ているだけでもなんか楽しいです!
 

武器選びも新鮮に!


mhw1-8.jpg

 4~XXまでのここ何作か、ほとんど大剣と片手剣、たまに操虫棍をメインとして遊んできました。特にX系統はもうほとんど大剣片手まつり!
 なので、ここは心機一転、武器種も変えてより新鮮味を出していければと!
 X系統のスタイルがなくなったので、とりあえずどの武器もとっつきにくさは減ったかなって感じがします。スタイルは面白いんですけど、まったく知らない武器種だと武器自体の動作とスタイル特有の動作それぞれに慣れる必要があるのがちょっと大変でした!

 で、まずはスラッシュアックス!
 新要素として、剣モードで攻撃していると溜まるビンゲージがMAXになると覚醒が発生するようになりました。
 ゲージ系の武器は苦手なんですけど、覚醒は基本的に剣攻撃が強化されるだけのシンプルな効果なので難しく考えなくても使っていけてます。
 覚醒状態の解放突きで発生する「零距離解放突き」がかっこいい! どかーんと!
 今は覚醒状態ですぐに剣ゲージが切れたりしてあまり覚醒を活かしきれていないので、スキルや動かし方をなんとかしてもうちょっと覚醒をうまく使えるとよりよいのかなと感じます。
 地味にわたし、斧モードの振り回しが好きなんですよね……剣ゲージがいっぱいあるのについ使っちゃうことが!


mhw1-7.jpg

 近接武器は、あと双剣を使ってます!
 いつも強走薬を飲んでスタミナ消費をなくして戦うのが前提みたいな感じがあって、それで敬遠していました。
 今回は鬼人化状態でのスタミナ消費が減ったようで、アイテムに頼らなくても十分戦いやすくなったみたいです!
 実際使っていても、適当なスキルでも動かしやすい感じがします。

 双剣、がっつり火力が出てる感が!
 弱点の部位に乱舞を当てたときのダメージの量が凄まじい! 属性弱点を突ける戦いやすい動きの相手に持っていくと、かなり早い時間で狩れることが多いです。
 〇ボタンの回転しながら動く攻撃で大きく移動しながら攻撃できるので、うまく動けているときは回避と攻撃が両立できてだいぶ戦いやすいです。
 ぶっちゃけまだコマンドが適当なので、もっと動きに慣れたいです!
 そんな状態でも十分に戦えちゃうあたり、やっぱりとっつきやすくなっている感じがします。


mhw1-6.jpg

 そして、ヘビィボウガン!
 色々とわたし的に嬉しい変更があって、これも使っています!

 L2で照準、R2で射撃というシューター的な操作になったので、まずこれがだいぶとっつきやすくなった印象!
 加えて、しゃがみ撃ちが廃止されたのも! わたししゃがみが非常に苦手で、使う時はいつもしゃがみ不可になるけど攻撃が上がる強化(リミッター解除でしたっけ!)を選んでいました。
 大ダメージを狙うならしゃがみを駆使しないと難しい武器だった印象なんですけど、それが無くなったので相対的にわたしに合う武器になってくれた感じがします!

 斬裂弾が強いと言われていたので使ってみたら、確かにこれは良いですね! 弱点部位に当るとガンガンひるむ!
 新要素の特殊な弾も、「狙撃竜弾」をいま使ってるんですけど、けっこういい感じ!
 ダメージ表示が出るようになったので、竜撃弾のような弾も使いたくなりますね。寝てる相手に撃ったり、隠れ身の装衣で見失わせてから撃ったりするのも面白い! 一回ダウン時にコロリンで接近してから当てた竜撃弾でトドメ刺すことができてめっちゃカッコよかったです!

 スラアク・双剣・ヘビィという組み合わせ、実はわたしのモンハンデビューの3Gのときによく使っていた武器種だったりします。なつかしい!
 進行に応じて、もうちょっと武器種を増やしていくのもいいかな? と思っています! そのぶん作る武器や防具も増えると思いますが、その回り道も楽しいのがモンハンです!


遭遇! とんでもない不具合!


 と、色々新鮮で楽しいモンハンワールドなんですが!

 ひとつ! 重篤な不具合に遭遇してしまいました!
 何が起こったかというと、ずばり!


mhw1-1.jpg

 調査ポイントが、なぜかカンストしました!    いやなんじゃこれーー!!!?

 いやなんか、配信バウンティってあるじゃないですか!
 それが達成された時の報酬として、画面の通りにありえない量の調査ポイントが加算されて、それで一気にカンストするっていう現象が発生しました。
 どうにもこれ、いま配信されている配信バウンティの条件を満たしたわけでもないのに発生したっぽくて、達成条件も「マカ錬金」とのみ書かれていて(この段階ではまだマカ錬金は未開放)、明らかに正常ではない挙動で発生した何かしらの不具合だと思われます。ちなみに2回発生しました! もうぱんぱんなんですけど!!

 ネットで調べてみたら、同じ不具合に遭った方がけっこういたので、どうやらわたしだけではなかったようでとりあえず安心!
 ただ、あんまり大きな話題にはなっていないようなのと、この不具合が発生すると取れてしまう「調査ポイントを10万集める」というトロフィーの獲得率が0.1%なので、発生率はかなり低いのかもしれません。

 いやこれ、いやポイントカンストはすごいんですけどね!
 調査ポイント関係のバランスは完全に崩壊してしまったので、とっても複雑です! こまります!
 今はまだ調査ポイントの使用量にも限界がありますが、そのうち調査ポイントで少し手に入れにくいアイテムを交換できる場所とかもできるっぽいので、そこで有利になりすぎてしまうのは本意じゃないです。ほどほどに交換したいですね。

 このほかにも、ショートカット登録が解除されたり、わりと大きな部分で不具合があるのが気になるところ!
 できるだけ早く、アップデートでの改善に期待したいところです。てかマジポイント返却できませんかこれ! すっごい修正難しそうだけど!


軽くまとめ


 ということで、なんかとんでもない目にも遭ってしまいましたが!
 おおむねは、しっかり楽しく遊んでいます! XXのときにはもうしばらくモンハンいいかなと思いましたけど、今回はまた新鮮味ある!

 現在、レイギエナを倒したところまで進めました。ギエナの体防具が欲しいのでもうちょっと狩りたい!
 今回、ストーリーが結構あるのが印象的ですね。話自体は特に面白かったりとかいうわけでもないにしても、Xが非常に薄味だったぶんそこそこ楽しんでます。マグダラオス戦すごかった!
 受付嬢ちゃんもどんどん愛着が沸いてきますね! 自キャラもムービーだとかわいいから見ごたえある! ムービーだとかわいいから! ムービーだと!

 あと、マルチプレイについて!
 わたしはぼっちをこじらせて、モンハン=完全なソロで遊ぶゲームとしてやってきましたが!
 今回は、マルチプレイも遊んでみようと思います! いぇーい! そのための発売日買い!
 ただ、やはりまずは行けるところまでソロで行って、一通りやってからマルチを遊ぶつもりです。
 いまはちょっとネットが混雑していたりと、どのみち少しマルチがしづらそうなので、まずはがっつり一人で初見を楽しんでいきたいと思います!

 それでは、今日はこのへんで。今回のアイルーかわいい! イベントシーンで出るとき特に!


web拍手 by FC2
ショベルナイト プレイ感想!
sk9.jpg

 さてどうも!
 今回は、ここ数日で遊んでいたゲーム、「ショベルナイト」のプレイ感想です!
 PCをはじめ色々な機種で発売されているゲームで、わたしはスイッチ版を購入しました。
 実はこの前、1/14まで30%オフのセールで1500円くらいで売っていて、ゼルダが終わる前に購入だけは済ませていました。
 めずらしく、レトロな感じの画面のゲームですが……?


歯ごたえと懐の深さを持つ、現代のレトロアクション!


sk7.jpg

 ショベルナイト、有名なゲームですが! わたしは今回遊んでみるまで、具体的にどんなゲームなのかよく知りませんでした。
 ごらんの通り、2Dの横スクロールアクションですね! 
 ショベルを得物とする主人公、ショベルナイトを操作して、ショベルで土を掘ったり敵を斬ったり、下突きでホッピングのようにジャンプしたりといったアクションでステージを進んでいきます。
 限られた色の数で描かれる、ファミコン時代のようなグラフィックになっています。
 
 わたしは幼いころのアクションゲームといえば、マリオワールドやヨッシーアイランドといったスーファミのゲームが最初だったので、あまりこうしたレトロ感の強い画面に懐かしさや強い魅力を覚えるタイプではなかったりします。
 また、マリオ系以外の2Dアクションはそんなにやったことがないので、個人的には色々となじみの薄いタイプのゲームでした。海外のタイトルということもあり!


 でも、面白い! アクション部分だけ見ても、良い出来だと思いました!

sk4.jpg

 グラフィックはかなりレトロですが、アクション自体は軽快でヌルヌルしていて、挙動に慣れると操作にもどかしさや煩わしさをあまり感じなくなりました。
 ザコ敵やボス敵のアクションも軽快かつ気合が入っているものが多く、レトロな見た目のアクションゲームを、現代の感覚で楽しめるといった趣があると思います。
 ステージギミックもそれぞれのステージごとに色々な種類のものがあり、見た目と機能の両面で各ステージの個性を際立たせるものになっています。

 そして、結構むずかしい! わりと死にまくりました!
 敵の攻撃力はライフに対して控えめで、ライフが削られて死ぬことはあんまりないんですけど、穴やトゲといった即死トラップでのミスが発生しやすくて歯ごたえがあります!
 後半ステージなんかは特に、初見ではなかなかシビアな操作を要求されることも。飛行船のステージで風が一定時間ごとに特定の向きに吹いてきて、キャラが飛ばされてトゲに刺さったりするところが印象深かったです。
 ただ、ステージにチェックポイントがあり、ミスしてもお金をある程度落とすだけ(ミスした場所付近まで行くと回収可能)で、機数やゲームオーバーといった概念がないので、リトライはかなり気軽。繰り返しチャレンジしてれば、どこもやがては突破できた感じでした。

sk5.jpg

 基本アクションの他にも「レリック」というMP的なものを消費する魔法アイテムがあり、これに一瞬無敵効果のものがあったりするので、これをふんだんに使えば多少ごり押し気味に進めたりも可能。
 レリックや武具の特性の取得、ライフ等の強化を「村」などで行うことができ、ステージの隠し場所などを探索して得たものを使ってじわじわとショベルナイトが強化されていく過程を楽しめるのも、魅力のひとつだと思います。

 一方で、そのレリックは必須ではないというのも特徴!
 例えば従来のゼルダシリーズのアイテムみたいに、特定のギミックを越えるためにかならずこのレリックを使わなければいけない、ということはありません。
 極端に言えば、レリックを全く入手しない状態でもクリアが可能になっています。その状態でクリアするとゲーム内の功績(実績)が入手できたり……。
 様々な効果を持つレリックを駆使したくなる歯ごたえとバリエーションに富んだステージ構成でありつつ、実は初期状態の基本アクションだけでも攻略できるようになっていて、様々な方法で攻略ができるようになっている……という懐の深さは、本作のステージのデザインにおいて特徴的な部分だと思いますし、個人的にはそれがなかなか魅力的だと思いました!

 落ちてもいい穴とミスになる穴の区別がつきづらい場所があったり、周囲が真っ暗になって落雷で一瞬だけ見えるようになるような場所でのフラッシュの明滅が激しすぎたり……と、ギミックのデザインにやや見にくい部分は散見されましたが、アクションやステージの出来はおおむね良質だと思います。馴染みがなかったわたしでもすぐに慣れて楽しめるようになりました!


ストーリー展開も!


sk8.jpg

 ただアクションするだけじゃなくて、合間にはストーリーも挿入されます!
 主人公のショベルナイトは、相方のシールドナイトとの旅の途中で強大な力を持った封珠の力の発動に見舞われ、シールドナイトを失って旅も断念することになってしまいます。
 しかしその後、封珠の力を操る魔女「エンチャントレス」と、彼女が率いる8人の騎士「ボクメツ騎士団」が台頭。エンチャントレスと騎士団が各地を支配し人々が抑圧されるという事態に、ショベルナイトは再び立ち上がり、騎士団と魔女を倒して平和を取り戻すために戦う……というのが冒頭のあらすじ! まあクッパとクッパファミリー的な感じですよ!

sk6.jpg

 各ステージのボス戦前後に少量のセリフやイベント演出が挟まれたりする程度なんですけど、このストーリー演出がなかなか良い!
 シリアスとコミカルを混ぜ込んだ正統派の内容になっていて、シンプルでありながらプレイを盛り上げてくれました。
 
 騎士団の各ボスもしっかりキャラが立っていて、それぞれに魅力があります。
 実は全員がエンチャントレスの忠実な僕……というわけでもなくて、というよりそんなに忠誠心強くなさそうなやつのほうが大半を占めていて、わりと好き勝手な主張や振る舞いをするというのが面白いところ! わたしはプロペラナイトとか好きです!
 画像のフロストナイトのように、ショベルナイトとの因縁を持っているらしいキャラクターもいて、背景の物語も想像したくなります。

 終盤の展開は、熱い! そして切ない!
 あれ最後はやっぱりそういうことなんですかね……! でももしかしたら! もしかしたら!

 日本語への翻訳のローカライズが優れているのが、大きな魅力!
 英語版の原文がどんな感じなのかは分からないですけど(英語よめないし)、日本語版のセリフはほとんど違和感がない言い回しにしっかりと翻訳されています。
 日本語特有の口調や口癖でキャラに個性がついていたり、ダジャレも日本語由来のものになっていたりと、非常に力の入った翻訳なんじゃないかと感じました。村の人々のセリフなんかもしっかり訳されてますね。

 シンプルなアクションゲームでありながら、ストーリーや台詞の魅力というのもショベルナイトのお話をする上では欠かせない要素だと思います!


もう1つの、いやもう2つの物語!


 さらに!
 本作には、実はメインとなるストーリーモードが3種類収録されています!

 ショベルナイトが主人公になっているストーリーを基本として……

sk3.jpg

 「プレイグナイト」を主人公とした、基本は同じステージで、まったく違う能力で遊ぶストーリー。

sk2.jpg

 「スペクターナイト」を主人公とした、まったく違うステージで、まったく違う能力で遊ぶストーリー。

 これら2種類のアナザーストーリーモードも、ゲーム初期から自由に選択して遊ぶことが可能です。
 プレイグナイトとスペクターナイトは、いずれもボクメツ騎士団の一員、つまりボスキャラ!

 で、これがすごい! がっつりと楽しめました!
 ストーリーはどちらも全く別物ですし、村的な拠点がそれぞれのキャラによって違います。
 他のキャラ編でちらっと登場したこのキャラが実はこんな役割があった、とか、入手したあのアイテムは実はこういう経路で……とか、三編のあいだで色々な繋がりが見えてくるのが非常に面白かったです!
 
 プレイグナイト編は大体のステージ内容こそショベルナイトと同じですが、アクションが完全に別物なので、ぜんぜん違う内容として遊ぶことができました。
 クセのある2段ジャンプ+溜めジャンプや、カスタムが非常に豊富なメイン攻撃の爆弾、すべてショベルナイトとは別物の魔法アイテム「アルカナ」と、アクの強さが魅力です。
 ストーリーはおそらくは本編のアナザー、if的な感じ! 本来は敵側のキャラクターが主役ということで、序盤はアウトローなノリで進んでいくんですが、中盤以降からがらりと雰囲気が変化! そして最後はショベルナイト編とは打って変わって痛快なストーリーで決着するという、意外性といい意味での本編に対するカウンター的な面を持ったシナリオになっています。爆発しろですよ爆発!

 スペクターナイト編は、いわゆる前日譚!
 実はボクメツ騎士団はエンチャントレスの命によってスペクターナイトが集めたという設定になっていて、その過程、スペクターナイトが各地を回って騎士たちを味方につけるために挑みに行くところをプレイします。
 こちらは各ステージの名前こそショベルナイト編とだいたい同じなものの、中身は全く別!
 壁登りや壁キック、カマを使った空中ダッシュ斬りやサーフィンといった軽快で自由度の高い専用アクションを存分に活用できるギミックが満載のステージになっています。もちろん魔法アイテムもオリジナル!

sk10.jpg

 そしてスペクターナイト編は、ストーリーがたまらない!
 キャラ選択のところで「悲劇の前日譚を切り進めよう!」と紹介されているんですけど、もうこの悲劇の前日譚ってネタは基本的に強いってことは分かっていながら、なお驚きと感動を受ける物語になっていました。スペクターナイトだけの前日譚じゃなくて、この人とかあの人の話でもあったりして……。
 最後のシーンはまたこれうまい! わたしみたいにショベルナイト編でレリック使いまくってごり押しした人間によく刺さります!

 なんのこっちゃって感じですけど、ともあれ2つのアナザーストーリー、単純に「ちょっと別の見た目のキャラで遊ぶ」という範疇を大きく超えた内容になっていて、ショベルナイト編だけで終わらせるのは絶対もったいないです!
 どうやら、アナザーストーリーはかつて、後からDLCとして配信されたものみたいです。といってもなんか無料DLCだとか! これは少しお金取ってもいいやつだと思います!


まだまだ掘り下げ不足だけど、まとめ!


sk11.jpg

 そんなわけで、ショベルナイト、プレイグナイト、スペクターナイトの3つのストーリーをクリアしたところまで本作を遊びました!
 レトロになじみがなくても楽しめるアクションに、シンプルだけど良質なストーリーを楽しめる、評判と人気に違わない作品でした!

 実は最初は、そんなにこのゲームの良いところが見つけられたわけではありませんでした。
 でも、やればやるほど作り込みの深さが肌で感じられて、後になればなるほど魅力的になっていった感じがします!
 個人的にすごいなと思ったのが、3キャラ分のアクションを作りつつ、共通している敵やギミックも多いこと!
 アナザーの2人はショベルナイトとは違ったアプローチでギミックを活用できるようになっていて、1つのギミックに活用の多様性を自然と持たせているところに設計の妙を感じました。

 ここまでお話する機会がなかったですけど、BGM! BGMめっちゃいいです! 
 もちろんBGMもレトロ風なんですけど、メロディライン強めで熱い曲が多くて、プレイが盛り上がること! というより、昔のゲームのシンプルで熱い曲の雰囲気がよく出ているんだと思います。
 わたしは特に「運命の呼び声」がすごく好きです。運命の塔入口のやつ! マシンナイトステージの「陰謀という名の凶悪機械」も!

 そして、3キャラのストーリーを終えた程度では、ぜんぜんやりこんだことにならないのがこのゲーム!
 高難度のお題に挑む「チャレンジモード」、装備を引き継いで被ダメージ等が増える「ニューゲーム+」、そして実績的な要素「功績」と、クリア後のコンプリート要素が豊富に用意されています。
 功績の内容が非常にハードなものがある(一度も死なずにクリア、無強化クリア、早解きなど……)ので、これはそう簡単には埋まらないなと思ってとりあえずプレイはここまでにすることにしました。
 なので、まだまだ浅いところを掘っただけなんですけど! それでもしっかり楽しむことができました。

 プレイ時間は、ショベルナイト編が6時間半、プレイグナイト編が5時間強、スペクターナイト編が3時間強くらいでした。
 後半になるほど慣れるのと、スペクターナイトはスペックが高めでさくさく進めたのかなと思います。
 ストーリーやるだけならこのくらいの時間でさくっと遊べるので、なんとなく名前聞いたことあったりで興味がある方は一度プレイされてみてもいいかもしれません!

 それでは、今日はこのへんで。しかし、エンチャントレスとは結局一体……! あれに意志があるのか、それともあれの力を受けてああいう意識を持った存在が誕生したのか……?


web拍手 by FC2
ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド 2周目(マスター+縛り) プレイ日記最終回!
zm5-1.jpg

 ブレスオブザワイルド、2周目の5回目になりまして!
 今回ついに、最終回……クリアを迎えることができました!
 一気に駆け抜けた後半戦、お話していきたいと思います!

縛りプレイ内容


☆基本
◯マスターモードでプレイ
◯全神獣攻略、祠もなるべく攻略
◯DLCの追加要素も順次触れていく
◯1周目の記憶が抜けた状態でプレイ。攻略情報などは極力仕入れない

→終盤は祠の所在などの攻略情報を解禁!

☆縛り内容
◯ハート強化を祠10攻略ごとに
(強化可能回数=祠攻略数/10)通常:4
・神獣クリア時のハートの器は取らない

◯がんばり強化を神獣1攻略ごとに
(最大強化回数=4回)

◯防具強化禁止+装備制限
・暑さ寒さエリア以外ではレックス服のみ
・レックス服を手に入れるまでは初期装備、それに準ずる防御1装備
・神獣4解放後、好きな防具を装備してOK

◯英傑の加護禁止
◯妖精使用禁止
◯ボス戦・力の試練・フィールドボスでは弓使用禁止
◯マスターモードのオクタ風船の足場(敵含む)に対して弓使用禁止
◯神獣4クリアまでカカリコ村に入るの+ハテノ村でプルアに会うの禁止
◯ビタロック等の強化禁止
◯マックス系料理、スタミナ限界突破料理禁止
◯画面表示をプロモード
〇「一撃の剣」の試練中の戦闘で弓使用禁止


●「剣の試練」では、ボス戦でも弓使用OK
〇「厄災ガノン」戦では、息吹の勇者服セットで固定

 …趣旨としては、あくまで「ふつうに2周目を楽しむ」こと!
 ゆるめたりしばりつけたりしつつ、最後まで行ってきました!


力こそ正義! 蛮族リンク!


zm5-2.jpg

 4神獣を解放し、ついにカカリコ村とハテノ村への入村を(バイクで)果たし、にわかに文明づいてきた英傑リンクさん。
 しかし後半戦、この服と出会ってしまいました!

 そう、蛮族セットの防具!
 攻撃力アップの効果、今まで詳しい効果を知らなかったんですけど、なんとなーく想像で3つ装備で+15%くらいかなと思っていました。
 調べてみたら、1つで20%、2つで30%、3つで50%とかいうとんでもない補正効果! 防御力もそこそこですし、これはもう着るしかないです!

 というわけで、寒さ熱さエリア以外ではほとんど蛮族の服ばっか着てました! 
 マスターバイクで平原でも荒野でもどこでも走り回って見かけた動物をひき倒して肉のかたまりに変え、魔物の集落があれば火薬庫のような武器欄からなんでもかんでも取り出して襲撃して牙や角や肝に変えていく蛮族のすがたはもはや英雄とはほど遠いなにかでしかない気がしつつ、高まった攻撃力のおかげで探索がしやすくなった状態で各地で力をつけていくことができました。まあほら蛮勇って言葉もありますし! ほぼ文字の並びしか見てませんけど!
 

ばいばい蛮族! 難関、剣の試練!


zm5-3.jpg

 蛮勇探索で祠100コ攻略を達成し、ついにハート強化回数が10回→ハート13コになり、マスターソードを入手!
 その後もさらに探索して、祠110コまでどうにかこぎつけ、ハートが14個になった段階で!

 「剣の試練」、行くことにしました! マスターソードを強化するためのコンテンツ!
 
 剣の試練は、サイハテノ島と同じような持ち込み一切不可のチャレンジです。禁止! 蛮族禁止です!
 階層ごとに決められた敵とオブジェクトが配置されていて、敵を全滅させることでフロアを進んでいく、現地調達+敵攻略型の遊び!
 序位(13F)、中位(17F)、極位(24F)の3種類があって、それぞれ途中でやられてしまうと最初っからやり直し! もちろんセーブは不可になっています!
 まずはこれまでと共通の縛り内容を設けたまま、この剣の試練に挑んできました!

 ……が、めちゃくちゃむずかしい! これはヤバい!
 最初、序位の1Fのボコブリン3体でいきなり死にました! これほんとにガチのやつ!
 なんといっても、マスターモード! 敵のランクが1つアップ+自動回復があるので、敵の配置が一気に脅威になります。
 こちらは回復アイテムも限られるので、とにかくダメージを受けないようにしつつ安全に、でも自動回復に負けないダメージを出して倒していかなければならず、最初っからめっちゃ苦戦しました!
 
 大活躍したのが、バクダン! 武器耐久を使わずに相手をハメれるのでかなりありがたいですね。+に強化するのを禁止しているので、2種を切り替えてぎりぎり青ボコブリンを完封できるくらいの性能ですが、相当に重宝しました。
 でも4Fだったかにもう黒ボコブリンが出て、こいつが既に爆弾だけじゃ回復スピードに追い付けないのが大変! 

 毎回慎重に進まざるを得ないので時間がかかりつつ、何度も何度も序位の序盤でやられ、それでもどうにか乗り越えて進んでいきました。
 
 ……が!


悪夢! 序位10階、白いリザルフォス!


zm5-5.jpg

 ひいひい言いながら到達した、序位の10階!
 ここは、まさに地獄そのものでした!

 スタート地点が細い桟橋で、奥にはリザルフォスのドクロ集落。
 正面に青だったかのリザルフォスがいて、スタートと同時にいきなりこちらを発見! !マークが出てしまうと笛を吹いて、即座に集落にいる他の魔物……白いリザルフォス2体がこちらに向かってくるという内容!

 白いリザルフォスの能力が、この時点ではまさにお化けそのもの! 
 この段階で手に入る武器ではいくつ壊しても撃破しきれないほどのHPに、非常にすばやい挙動。吹き飛ばして落とせば数が減る……と思いきや、狭い足場で下が水なので、むしろ落とすと手出しできない場所から高威力の遠距離水でっぽうを連発してくるようになりかえって厄介。
 倒そうと思った場合でも、間違って水に落としてしまうと弓以外では届かない場所に行ってしまい、あっという間に自動回復でこれまで壊してきた武器の分のダメージを回復され、弓の火力も不十分なので弓だけでの撃破は困難……と、攻撃面でも耐久面でも、明らかにこの段階で戦うにはムリがある相手! マスターモードの一律強化がハンパなく効いてます!

 何度かここまで来たんですが(途中で4Fの黒ボコブリンでつまづくことがあるのがまた大変!)、まともにやりあう手段が何も思い浮かばなかったので、ここは攻略情報を解禁!
 青リザルフォスを弓で速攻で倒して笛を止めて、白いリザルフォスの背後まで忍び寄って、5Fで手に入るトゲモリブリンバットで「ふいうちループ」! 
 ふいうち後に敵の正面に回ると、起き上がった敵が必ず真後ろに振り返るのでそのまま連続で何度でもふいうちを入れることができるという、システムの穴を突いた究極のハメ技! 今回はじめて知って、これ以降色々な場所で活用するようになりました。
 ギリギリの緊張の中、どうにかこうにかこのふいうちループを決めて……序位10F、クリアできました!

 そしてはじめて10Fを突破できた回で、そのまま最後の14Fまでクリアー!
 14Fはヒノックスが出てくるので本来はボスに弓禁止なんですけど、もうここが限界だと思って剣の試練のボス戦では弓を解禁することにしました! おめめ狙えるならいける相手!


逆転現象? 中位と極意の試練!


zm5-4.jpg

 序位であんな地獄絵図になったんだから、中位と極位はどんだけヤバいの!
 ……と思っていたんですが!
 意外にも、中位と極位は序位と比べて進みやすかった感じがします!

 武器やアイテムがかなり充実することと、敵を倒すことに関して抜け道がたくさんあるのが大きかったです!
 序位にはあまり無かった奈落や溶岩のマップがあるので、弓のヘッドショットや両手武器の2段目で敵を落としてしまえば実質一撃! スマーッシュブラザーズ!!
 中位序盤は弓でスマブラ、極意序盤はホネなので爆破などでさくさくと、装備の少ない各序盤に武器の威力を問われない場面が多いのが、進みやすい要因だと思います。
 極意序盤で手に入る3色の属性武器も非常にありがたく、氷雪の大剣で炎リザルフォスをバラバラにできたりと、ものすごく簡単に処理できる相手が多くなります。

zm5-6.jpg

 また、中位からは途中の休憩ポイントに妖精やマックス料理といった強力な回復アイテムが! これは死なない!
 ただ、ここは平常時の縛り内容を守って、これらのアイテムは封印したまま進みました!
 妖精はやられた時の蘇生効果のみを禁止ということにしているので、料理に使用! はじめてやったけどさすがに妖精あぶるわけじゃないんですね! よかった!
 マックス素材はかまどの下の火でおいしく焼いて、軽い回復アイテムとして使います。ぜいたく!

 ただ、敵の火力は高いので、思わぬところで食らった一撃がワンパン……ということも!
 さすがに、何度かミスして最初からになってしまいました。階層数が多いので後半にやられるとこれが大変!
 
zm5-7.jpg

 最大のミスは、極位17Fにはじめて到達したとき!
 ライネル1体がぽつんと待ち構える部屋で、こいつの姿を見て、思わず剣を抜いてしまいました。

 ……ワンパンッ!!

 ちがう、違うんです! 剣とかこれもう使ってる場合じゃないんです!
 そう、ここはもう、「古代兵装・矢」で一撃必殺するのが正解! 拾ってたのにやられてから存在思い出しました!

 極意の終盤戦は、この古代兵装・矢の独壇場!
 合計で9本ゲットできるので、ちょっとだけ自力撃破を頑張れば、あとは厄介なライネルやガーディアン系をこの古代矢でばんばん倒すことができます。もともと縛り内容には含まれないしもう縛ってられるかこんなもーん!!
 17Fのライネル以降の終盤戦は、初見でぐいぐい! 終わりが何階か分からなかったので残り2本になった古代矢にドキドキしつつ、23Fへ!
 開幕のライネル+馬ボコブリンに死ぬほどびびりつつ、ライネルを消し飛ばして安全な場所からボコブリンを排除!
 残った砲台ガーディアンを、古代矢温存のために頑張って近接で倒そうとするも自動回復に阻まれ、ここはもう近接武器を残したほうがいいと思って……古代矢で一撃必殺!

 それが、剣の試練の最後の一撃でした!


覚醒! 不眠のマスターソード!


zm5-8.jpg

 ……ということで!
 剣の試練、無事にクリアー!! うひゃっほほうほっひゃー!!(蛮族

 ごほうびは、「マスターソードの常時覚醒」!
 ガーディアン戦やハイラル城でのみ本来の力を発揮するマスターソードが、常に攻撃力60の覚醒状態で使えるというもの!
 どうやら耐久力も覚醒状態だと大幅にアップするようで、平常時の使い勝手が跳ね上がります!
 蛮族装備で使うと、白銀の魔物でもサクっと倒してしまう超火力! これは退魔の剣ですわ!

 さらに、「剣ビーム」もかなり便利ですね! ハート満タンで投げると出るあれ!
 威力30、かなりの射程、まっすぐ飛ぶ、耐久消費なしということで、動物を狩るのに超便利! 草もズバババって直線に狩れるのがハンパないです! 木も切れたらカンペキでした!


ここは一気に! 祠120コンプリート!


zm5-9.jpg

 剣の試練攻略後、110コだった祠、最後の10個の攻略に乗り出しました!
 ここからはもう祠のありかの攻略情報も解禁して、一気に! 一覧マップから自分が見つけてない祠を特定するのにちょっと苦戦しつつ!

 最後に残った2つのうち、ひとつは「雪山の日誌」の祠!
 1周目では最大の謎として残したまま放置していたもので、今回は惜しくも情報に頼ってクリアすることに! 時間夜中付近だと思ってた……っていうのと、これは仕掛け気づけなかったかも!

 そして、赤い月が出ているときに生まれたままの姿になる祠!
 これ、赤い月が来た直後に存在を思い出したので、次の赤い月を待たなくてはいけないことに!
 覚醒マスターソードの蛮族リンクで、木を爆破しまくり魔物を狩りまくり、とにかくハイラルという世界にダメージを与えることだけを考えて各地で暴れまわりました! 
 その甲斐あってか無事に赤い月が出て、達成!
 だいぶ時間はかかりましたけど、最後のハイラル漫遊という感じの時間を作れたのは良かったかも!

 ……ということで!
 ここで、ついに祠120コをコンプリートしました!! ひゅー!
 1周目ではやらなかったことだったので、喜びもひとしお。できることなら自力で……と思いつつ、途中でやめてしまうよりはずっと良かったかなと思っています。


zm5-10.jpg

 ご褒美の、「息吹の勇者服」もゲット! 青もいいけどやっぱ緑もいいですね! まあ今回青いの着たことなかったんですけど!
 

試練の覇者の戦い! 黄金のライネル!


zm5-11.jpg

 いよいよ、今回のプレイも締めに向けて加速していきます!
 祠をコンプしたあと、これはぜひ戦っておきたかった、黄金のライネルとのバトルに挑んできました!
 マスターモードでのみ戦える、ライネルの最強版! 実は1周目で白銀ライネルと戦ったこともほぼなかった気がします。

 ルールとして、弓の使用は禁止としました!
 アッカレ地方の紅葉に雨が降りしきるある種幻想的な風景の中、裏ボスの風格を備える黄金ライネルさんと、いざ勝負!

 ……ワンパンッ!!

 あかん! あかんやっぱこれハートとかなんの意味もないですわこれ!
 まあその、金ボコブリン+王家の剣でもハート15コがワンパンなので! これは予想の範囲内でした!

 となれば、攻撃はぜんぶ避ける! そしてラッシュ!
 ライネルといえば、な対処で、きっちり回避ジャストからの反撃を叩き込んでいきます。ビッグバン的な技は普通のガードだとムリなので、余裕を持って離れました!

 覚醒マスターソード+蛮族+攻撃アップ料理の火力なら、さすがの黄金ライネルの耐久力にも立ち向かうことができ!
 最初はヤバいと思っていた相手でしたが……。

zm5-12.jpg

 無事、撃破ー! やっほー!

 ……でも!
 ネット見てて思い出したんですけど、ライネルには3種類の武器のバリエーションがありました!
 アッカレで倒したのは、片手剣のライネル! たぶん、一番倒しやすいやつ!
 だったら、やってやるしかありませんということで!


zm5-14.jpg

 ずばん、のライネル!
 近距離ですぐ出る攻撃がないので、突進振りを盾受けしつつ張り付けば比較的サクッと! 
 本体にひかれた時のダメージが12コ半くらいだったのでハート数もここで活きました!

zm5-13.jpg

 そしてどかん、大剣のライネル!
 ぶんまわし攻撃が非常に厄介だと思ったんですけど、正面に回ってみたらほぼ使わないことを発見!
 攻撃に合わせて差し込みつつ、相手の攻撃の終了時に必ず正面にいるように動いたらほぼぶんまわしを封印できて、そこからはサクッと倒せました! アメンドーズかな!

 ……てなわけで、3種の黄金のライネル、無事に撃破できました! ひゃふー!
 せっかくのDLC1弾(マスターモード)の目玉ともいえる相手だったので、触れてよかったです!


最終決戦! 息吹の厄災ガノン!


 剣の試練に祠コンプに黄金のライネル撃破、これで今回、ハイラルでやりたいことは全部やりきりました!
 そんなわけで、一気にハイラル城に突撃! ひたすら上を目指し、障害は5連射獣神の弓の古代兵装・矢で消し飛ばして、気が付けば本丸に!

zm5-15.jpg

 勢いのままに、いよいよラスボス! 「厄災ガノン」戦に挑みました!
 追加ルールとして、さっき手に入れた「息吹の勇者服」セットで挑むことに! 防御4の効果なし服なので蛮族より性能がダウンします。まあなんていうかあのカッコでゼルダの前に出たくなかっただけなんですけど!

 1周目では、普通にプレイしていたはずなのにかなり楽に倒せてしまった厄災ガノン!
 おおまかな評判でも、楽に倒せるボスとして有名です。
 しかし今回、なかなかに苦戦させられました!

zm5-16.jpg

 大剣の攻撃などでかなりハートを持っていかれてしまうのも怖かったんですが、なにより厄介なのが壁への張り付き!
 弓を禁止しているので簡単に降りてきてもらうことができず、バクダンが届かないので最初は自動回復を止めることもできず、壁に行かれるだけでみるみる回復されてしまいました。ああそれダルケルさんとかウルボザさんが削ってくれたらへんのHP!
 相変わらずガードジャストがヘタなので壁張り付きのビームの反射もなかなか決まらず、軽く詰みっぽくなってしまうことが何回か!

 その後、大剣の攻撃をジャスト回避できることを知ってようやく攻撃の糸口をつかみました!
 あと、壁にいるときはブーメラン当てればいいじゃんって発見! もっと言うとこれ剣ビームの出番だったのでは!

zm5-17.jpg

 どうにかHPを残り25%まで持っていくことができたんですが、ここからは無敵オーラが展開!
 ジャスト回避やガードジャストをしたときのみ、攻撃のチャンスが生まれるという、またマスターモードとジャスト苦手なわたし泣かせなモード! やめて反射神経が限界なんです!
 これ、1周目ではこんな大変なことしたかな? と思っていたら、どうやらダルケルの護りで解除できるみたいですね! 今回は英傑も縛ってます!

 この状態の壁張り付きは、まさに悪夢タイム!
 反射できる技を使ってくるかも運だと思うので、張り付き続けられて一気にHPが50%まで回復されてしまうなんてこともありました。ここでも数回やり直し!

 ただ、最後は非常に気持ちよく!

zm5-19.jpg

 連続ジャストから壁張り付きをブーメラン1回でちょうど25%に持っていき、そこから大ビーム反射→大剣ジャスト回避×2だったかが奇跡的に決まり、流れるように連続攻撃!
 ほとんど自動回復のチャンスを与えないまま、一気に攻めることができました! これは覚醒!

zm5-18.jpg

 ……ということで!
 「厄災ガノン」、これにて撃破ー!! ひゅー!
 実は最初、食事も禁止にしたんですけど、戦ってみたらわりとちょっと待ってこれって感じの苦戦をしたのでそれはやめました!
 でも倒せたときは回復料理を1個だけ使ったのみだったので、もうちょっと頑張ってたら……とも思いますけど勝ちゃいいんですよ勝ちゃ!

zm5-20.jpg

 びしいッ!! 撃破した瞬間異様な存在感でうちのあおこちゃんがアピールしてきたのでそこ撮りました!


まとめ!


zm5-22.jpg

 以上をもって!
 ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド、マスターモードと少し縛りでの2周目プレイ!
 無事、クリアとなりましたー!! おつかれさまでしたー!!

 「祠120、コログ137」で終了! コログのスルー感ハンパない! でもあれほんっとに900いるんですか! マジですか!
 祠10コでハート1つ強化というのは適当に決めた縛りだったんですけど、後半100コでマスターソード解放、そこからマスターソードを使いつつ探索ができて110コという区切りで剣の試練、解放後はコンプまで覚醒マスターソードを使う機会があり……という流れが作れてうまく遊べたかなという気がしています。
 祠コンプでちょうどハートが1列マックスの15コになったりしたのも!

 ハート強化以上に、防具強化の禁止が結構大きかった気がします!
 1周目から確かに防御力は影響大きいなと思っていたんですけど、今回無強化でやってみて予想以上の感覚でした。
 逆にこれ、硬い防具を最大強化したときの耐久面ってマスターモードだろうと相当なものになるんじゃ! 自分で調節できるからいいですね!
 1周目後半はほとんどゲームオーバーになりようがなかったのがひとつ惜しいなと思った点で、今回はそのへんの緊張感をわりと長く楽しむことができたと思います。ちょっと死にすぎましたけど!

 DLCの内容も、防具回収などいろいろ抜けている部分はありつつしっかり楽しみました!
 そもそもマスターモードがDLCですし、剣の試練・英傑たちの詩といったそれぞれの大型コンテンツは、今回自分でやれたことでがっつりとゼルダを遊びきった感を得られたなと思っています。じゅうぶん元は取りました!

 1周目は通常プレイでクリアして終わったこともあり、気が付けば1周目以上のプレイ時間になっていました。
 あらためてプレイを蓄積したからか、一度見たイベントシーンも飛ばさずに見たくなるほど引き込まれましたし、エンディングの達成感は1周目にもひけを取らないものがありました! ていうか単純に何度見てもいいですよね!


zm5-21.jpg

 やりたいと思いつつ、いつやるか、どうやるか迷っていたゼルダの2周目!
 思っていた通り、あるいはそれ以上にしっかりと楽しむことができたと思います! 

 コログなど、まだまだやれることは残っていますが、わたしはここまで! ありがとうございました!
 次にゼルダを遊ぶことになるのがいつになるのか、今から楽しみです。
 ブレスオブザワイルド、懐の深いゲームなので、一度遊んだ方もやり方を少し変えてもう一度やってみると、新しい魅力に気づけるかもしれません。お時間があればぜひ!
 まだやったことないって人はお時間がなくてもぜひ! 控えめで50時間~ハマると100時間越えますけどお時間がなくてもぜひ!

 それでは、今日はこのへんで。「Nintendo Labo」に色々びっくり! なんかアクセルペダルにもなってるんですけど! あれ、ほんとにウケたらすごいです。個人的に気になるのは、ひとつひとつのソフトの内容にちゃんと柔軟性や拡張性があるかどうか! ただ決められた手順通り・形通りのものを作ったらその通りの反応が出てやったね、だけじゃなくて、自作段ボールの形を工夫したりすることでソフト側の手ごたえが変化する余地があった方が、きっと楽しめると思います。


web拍手 by FC2