プロフィール

ぱすてぃ

Author:ぱすてぃ
百合が好きでポケモンを好む、文章を書く人です。
好みのゲームは任天堂系/テイルズはじめRPG全般/デモンズ・ダークソウルなど。
百合は小説漫画といろいろ。百合文も書きたいです。

【ドラクエ10】
ぱすてぃ [MY795-653]

最新記事

リンク

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

FC2カウンター

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログコミュニティ

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

ポケットパスタ・ゲーム記
ゲームのプレイ日記を書きたい分だけ書くブログです。3DS「RPGツクールフェス」で『かけらのメガルエ』を第1回コンテストに投稿中。
Enter The Gungeon 第4回プレイ日記!
eg4-4.jpg

 う、うっひょー! 虹色の箱っ!!
 珍しいものは本当に珍しくて、中々に未知が尽きないのがこのガンジョン!
 第4回目は、進展を色々とお届けしたいと思います!


一掃! 4人の過去を始末!


 前回、ついに大ボスのドラガンを初撃破するも、最終局面の過去パートでパイロットさんが無事お亡くなりに!
 本作の目的である「過去を始末する」ことが、目前で成し遂げられずに終わってしまいました。

 が!

eg4-1.jpg

 ふっとべばばあーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!

 リベンジ! 成し遂げました!!
 残りハート半分という本当にギリギリの勝利! めっちゃ狭い間隔の弾抜けるやつがキツすぎる!

eg4-2.jpg

 ……ということで!
 ついに、初! 「Enter The Gungeon」、過去を始末! 
 つまり、エンディングまで到達できました! やったー!! お見事! Zさん鳥だった!

 デス数は57回! 実は前回のパイロット初過去での敗北時も同じ57回で、これは直後の58回目のプレイでのクリアということになります。
 57回目でようやく倒せたドラガンを、まさか2連続で行けてしまうとは! これはラッキーでした!
 

 これにて一件落着……ではなく!
 パイロットは、4人いる操作キャラのうちの1人。まだ、過去を始末していないキャラが3人います。

 でも!


eg4-3.jpg

 ソルジャー!


eg4-5.jpg

 ハンター!


eg4-6.jpg

 プリゾナーっ!

 それから一気に、残りの3人のキャラクターでもドラガンを倒し、その後の過去パートをクリア!
 一挙に、4人のキャラクターで過去を始末することができました!! うひょー!

 このゲーム、キャラクターの性能差というか性能に依拠する部分が少ないので、1人クリアできればほぼ同じ感覚で他のキャラも行くことができました。
 58回目から、おそらく10回以内に残りの3キャラもクリアできたというあたり、本当にこのゲームは一度突破口を開いたところまでは思った以上にスイスイ行けるようになっているなと感じます。今はもう初回みたいに2層で死ぬなんて考えられない!
 種類のアンロックだけで引継ぎや装備の持ち込みという要素がないのに、こういうことになるっていうのがとても面白いです。

 4キャラの過去ボスの体感の難易度は、パイロット>プリゾナー>ソルジャー>ハンター という印象でした。
 パイロットはやっぱ操作系変わるのがやばい! なんかミサイル撃てるらしくてそれ知らなかったので実際はもう少し楽なのかもですが!
 プリゾナーは小型ボスとお供の構成で、ステージに引っかかる階段もあって削られやすい印象でした。これもハート半分でギリギリ勝利!

 過去ストーリーの内容は、割とみんなあっさりという感想です!
 別にあんまりストーリーとかどうでもいいゲームなので、これはこんなもんかなって感じです。
 個人的に好きなのはパイロットのやつ! 小型の宇宙船一機ででっかい戦艦率いる艦隊をぶちのめすという一番スケール的にあり得ないシチュエーションが、ガンジョンの戦いを経て異常なほど成長したということを端的に描写していて気に入っています。まああれ余計重罪人になってカンパーイとかしてる場合じゃない気もするんですけど! でも一機で倒したとかあり得ないから記録が残ってなければ謎の事故とかで処理されそうな気も!

 ともあれ、まずはゲームの大目的である「過去の始末」!
 4人のメインキャラで、無事達成できました!


かわいさ炸裂! 2人の隠しキャラ!


 がしかし! 4人で終わりじゃありません!
 攻略情報を解禁してみると、このゲーム、2人ほど隠しキャラクターがいるとのことでした!
 早速解禁してきた、1人目がこちら!

eg4-7.jpg

 「ロボット」! か、かわいい…………。
 他のキャラと大幅に違うのは、ライフがハートではなく、すべてアーマーになっているということ!
 アーマーというのは本来、アイテムを取得することで追加できるオプションのライフで、アーマーを持っているときにダメージを受けるとライフのかわりにアーマーが消費される(同時に周囲の弾を打ち消す「ブランク」が発生)というもの。
 ハートは常に0個で、アーマーが尽きるとダウンするようになっています。

 アーマー自体はハートの上位互換ではありますが、ロボットの場合ハートを取っても無意味(というか取れない)ので、体力回復がアーマーの取得か各ボスをノーダメで撃破したときのボーナスでしか行えず、総合的な耐久力はかなり不利になっています。

 そのかわりなのか、初期武器の「ロボットアーム」が超高性能!
 メイン4人の初期武器が5~10発の装填数なのに対し、ロボットアームはなんと20発。
 精度も非常に優れていて、他の武器を絡めつつずっと使っていける性能があります。
 「プラズマ弾」のパッシブで水のある場所を撃つと雷を発生させることができ、水を撒くアクティブを持っているのも地味に使いやすいです。
 クセのあるアーマーライフの分、武装が優秀なキャラという印象です! なによりかわいい! 洋ゲーのロボットだから絶対キモいと思ってた!


eg4-15.jpg

 隠しキャラ2人目は、「ブレット」! こ、こっちもかわいい!
 このゲームのいわゆるクリボー的なポジションのブレット族の1体が、プレイヤーキャラになっています。赤いマントがトレードマーク!
 他のブレットとは違い、ガンジョンでは異端とされる剣が標準装備!
 またドッジロールで相手に大きなダメージを与えることができたりと、近接戦を意識したキャラになっています。

 ただ、固有の特徴は剣とドッジロールのみ!
 近接武器と体を張った攻撃という、ネタキャラポジションかなと思えます。

 でも、意外にソツのないキャラクター!
 なんといっても、実は剣が有能!
 射撃がわりに出せる斬撃で相手の弾を打ち消せるだけでなく、ライフ満タンならどこぞの最近英傑って呼ばれるようになった勇者のように剣からビームが発射!
 ビームの性能は初期武器としては高めで、打ち消し効果も含めて序盤では圧倒的に便利!
 慣れてくると1層なんかはボス含めてノーダメージないしライフ満タンで越していくことになるので、初期武器で戦うことが多い序盤とのシナジーが大きくて扱いやすいです。後半もライフがあれば他の武器を節約して剣を振るのも!
 接触ダメージがなくなる特性もドッジロール攻撃だけじゃなくて普通に便利ですし、結構ハイスペックな印象です。


eg4-8.jpg

eg4-16.jpg

 そして、ロボットおよびブレット、2体の隠しキャラクターでも無事に過去を始末することができました!
 ロボットは背景はある程度想像と合ってましたけどまさかの展開でした……人類最後の希望の女性があれっていうのが洋ゲー感! 日本のゲームだったら確実にかわいい女の子ですよあれ!
 ブレットはもう完全に言い逃れできないレベルでブレットの伝説! キャノンはさすがに笑う! でも一番きつかったです!


まさに地獄! 隠しステージ、第6チェンバー!


過去を始末したのち、再びドラガン撃破後の異空間に行くと、過去を始末する銃があるところより手前の床から、隠しステージに行くことができるという情報を入手! 早速行ってみました!

eg4-9.jpg

 実はやっぱりあった第6チェンバー、その名も「弾丸地獄」!
 1~5と同じようにザコ敵が普通に出現する、通常形式のエクストラステージになっています。

 その難易度は、かなり激しめ!
 そもそも十分歯ごたえのある5層をさらに強化したような敵構成で、数も耐久も強力な上、新しい敵がいやらしい弾を絡めてくるようになっており、道中の難易度がかなり高くなっています。

 最大の問題点は、補給ができないところ!
 宝箱やお店がなく、敵からも弾丸がなかなか(全く?)落ちないので、手持ちの武器の弾数がゴリゴリ削られてしまいます。
 はじめて行ったときはハート不足で、その後もう一度行ったときは弾が尽きて、あえなく力尽きてしまいました。
 5層でドラガンを倒したときに、まだまだ余力がある状態じゃないと、とてもじゃないけど攻略は困難!
 正統派かつ難関の隠しステージ、その歯ごたえに今まで積み上げてきた自信を見事に打ち砕かれました!


eg4-10.jpg

 しかし! 好機がめぐってきました!
 実はブレットの過去を始末しようとしていた時、非常に仕上がりが良い状態になったので、過去の始末を捨てて第6チェンバーの攻略を選択した回がありました。

 どこかの女性バウンティハンター愛用のアーム銃、「ヒロイン」
 どこかの青いアーマーのロボット愛用のアーム銃、「ロックハンド」! 名前がアウト!
 超有名な元ネタを持つこの2つの武器は、いずれも非常に使い勝手のいいチャージショットで、高い火力と圧倒的な弾持ちの良さを誇ります。
 この回では、なんとこの2種を同時にゲット! しかも近距離で弾が巨大化する「スキャター弾」でさらに火力強化、弾が貫通する「ゴースト弾」で弱点の範囲攻撃力を取得と、隙のない状態に! HP回復アイテムの「メディキット」まで!
 今までは弾が尽きていた6層を、ばっすんばっすん突き進んでいきます。

 はじめてまともに6層を探索したその回、ついに、ボス部屋にたどり着きました!


絶望の連戦! ゾンビキング!


eg4-11.jpg

 第6層の最奥部で現れたボス、「ゾンビキング」! これはもしやタイトル画面の……?
 わかりづらいですが、画面中央にうっすら映っているガイコツが実際の姿です。

 ついに辿り着いた隠しボス戦、しょっぱなから「ヒロイン」のフルチャージでガンガン攻めます!
 意外なほどしっかり削れ、相手の攻撃は意外にもゆるめ!
 こ、これはいける! いけてしまう!
 初見ゆえに惑わされつつ、どうにかHPを削り切りました! いやっほ


eg4-12.jpg

 で、でたー!!
 一気にでかくなって、第2形態に! やっぱありますよねこういうの!
 ここからは攻撃も強力に! 左右から等間隔で来る弾、避け方があると思うんですけどうまく分からず連続でダメージ!
 それでもこちらは高いスペックで、どんどんごり押し! 回復アイテムも使ってなんとか間に合わせ……。
 とどめの、チャージショット! 決まりましたああぁぁあ!!



eg4-13.jpg

 あら?

eg4-14.jpg

 う……う…………うひょーー!!
 まさかの! まさかの第3形態とか! どんだけしぶといんですかゾンビですか!
 いかにも最終形態らしい(そうであってほしい)小さな姿になったゾンビキング第3形態の弾幕の前に、ギリギリで突破したつもりだったわたしのブレットちゃんのわずかなハートがあっという間に吹き飛びました!
 

軽くまとめ


eg4-17.jpg
 
 ということで!
 ゾンビキング討伐、ならず! です! 今そこまで!
 いやあれはちょっとマジでヤバいですね6層! 道中含めたときの難易度よ!

 ショートカットエレベーターも多分最後まで繋げましたし、目下の大きな目標はゾンビキングの撃破です!
 6層がボスバトルオンリーとかじゃなくて、ちゃんと今までの延長線上で高難度のステージっていうのは個人的には好みです!
 厳しい戦いになりそうですが、どうにか1回は突破したい……!

 攻略情報も解禁しているんですけど、アイテムの効果に知らなかったものとか隠されているものとか色々あって驚きます。
 ゲームやってるだけじゃ分からないようなことがたくさん!
 ちゃんとした攻略情報のまとめが、英語のサイトさんでしかないらしく、英語読みに行く気がさらさらないわたしさんはまだまだよく分かっていないことも多いです。
 ただ、ガチガチに詰めたプレイをするわけでもない以上、全体像を知りすぎるとそれはそれでモチベーションに障るかなと思い、掲示板やツイッターの話題から情報をかいつまんで、手探り感も残しつつ遊ぶのもいいかな? と考えています!

 それでは、今日はこのへんで。5層の女の人のたまに饒舌になるの大概おもしろいですね! いや話し相手いなかったのかなとか色々思っちゃうところもあるんですけど!


web拍手 by FC2
Enter The Gungeon 第3回プレイ日記!

初耳! 弾丸の材料あつめ!


 さてこんばんはの第3回!
 前回、ついに初到達を果たした第5層
 その時はすぐに死んでしまったんですが、その後もう一度来て探索をしていると、見るからに大ボスがいそうなボス部屋の入り口が。
 そそくさ離れてマップを埋めていたら、床が次元のゆがみを起こしている、いかにも重要そうな部屋を発見!
 そこに、訳知り風の不思議な女性が! 話を聞いてみると、とんでもないことを口にしてくれました!



eg3-1.jpg

 ちょっちょっちょちょっとまってメモしますからまってカシャッ!!

 旅の目的である、ガンジョンの最奥部に眠る、「過去を始末する銃」
 これ、なんと銃だけでは過去に戻る効果を発揮せず、過去に戻る弾丸も必要になるとのこと! めっちゃ大事なことですやん!

 そして、弾丸を作るために4つの材料を集めてくるよう言い渡されます。
 それぞれバラバラの回でもいいし、途中で何回死んでもいいから、累計で4種類の材料をこの5層の部屋まで持ってくることができればOKとのこと。それでようやくラストに行けるようになるという流れのようです。
 
 じゃあとりあえず、今回はどうあっても過去を変えることはできない……。
 プレイヤーのソルジャーの心中いかばかりかという中、しかしせっかくなので、行ってみました!


ついに降臨! 大ボス、ドラガン!


 5層のボス部屋へ向かうと、いかにもな長い通路からの最奥部へ!

eg3-2.jpg

 そして、ついに対峙! 大ボス、「ハイドラガン」! 通称ドラガン!
 
eg3-4.jpg

 本体は動かないタイプの壁型ボスで、そのぶん攻撃はとても苛烈!
 ブレスによる大量の炎弾や、剣を壁に突き立ててそこから弾を放ってくる攻撃など、様々な大規模攻撃を組み合わせてきます。
 ドラガンが映るようにマップの広範囲が表示されるため、自キャラの表示サイズが小さくなっており、いつもと少し違う感覚での戦いということもあってどんどん攻撃を受けてしまいました。
 初回挑戦では、ほとんどなすすべなく撃沈! こ、これ倒すんですか……!

 4つの弾丸の材料のうち、「黒曜石の薬きょう」は、ドラガンを撃破しないと入手することができません。
 なのでその後も、到達できたときは何度か挑戦をしてみました!
 上の画像のときは、一定時間無敵の「アイアンポーション」を備えた上で、ハチが集まって攻撃する火力高めの「ハニカムガン」を主力に、大ダメージで攻めることができた回!
 文字通り鉢の巣になるドラガンに、まだ余裕のある体力! これはいける!
 
 ……が、後半戦でハニカムガンの弾が尽きてしまい、そこからは焦りが生じてほぼ常時弾に当たるほどの被弾率。
 そしてそのまま、やられてしまいました! アイアンポーションのリキャストがあと少しだったので、それが溜まってれば……!

 そんなわけで、ドラガン戦は何度も散々な結果で終わってしまいました!
 死因はもちろん、「ドラガン」……

eg3-3.jpg

 やかましいわっ!!


紡ぎだせ、過去を始末する弾!


 ともあれ、「過去を始末する弾」の4つの素材を集めることに!
 「アルカナガンパウダー」と「超次元の鉛」は普通では渡れない崖の向こうにあって、これはもうネットで渡り方を調べてしまいました。
 「プライムプライマー」は2層のショップにて高額で販売。キャラの「パイロット」がプライマー以外のお店の値段を下げたりカギを開けられるスキルを持ってて向いてそうだったので、ここはパイロットで。
 と、ちゃんと使ってみると結構パイロットの能力が気に入ったので、その後も使い続けることに!

 それぞれの素材を手に入れたあと、5層の女性のところまで届けないといけないので、なかなか難しい!
 失敗も交えつつ、何度かに分けて、3つの素材を届けることができました。

 残る素材は、ひとつ!

eg3-6.jpg

 ドラガンから手に入る、「黒曜石の薬きょう」!
 通算57回目のチャレンジで、ついにこの怪物に迫るチャンスがやってきました!

eg2-5.jpg

 勝負の切り札は、ちょうど前回ご紹介した「ソードガン」!
 リロード時に相手の弾を切り払って跳ね返すことができる、剣がついた銃!
 
 ドラガンの弾も、例外なく反射することができました!
 無敵時間がかなり長く、ちょうどドラガンの攻撃時間に合うくらいで、スターウォーズみたいにカキンカキン弾をはじき返しまくり!
 返した弾がこちらの攻撃になることも合わせて、ダメージを受けないままどんどんドラガンのHPを削っていきます。
 なんか一度、ドラガンの巨大な銃みたいなのも跳ね返せたような……?

eg3-7.jpg

 初期HPが少なかったのにも関わらずここまで減らすと、ドラガンは無敵状態になり、画面全体に及ぶ攻撃!
 ただご覧のとおり、わりと大き目の隙間があいているので、そこをドッジロールで抜けていけば他の攻撃より避けやすかったです!
 切り抜けたあとに露出するドラガンの心臓を高火力武器で攻撃し、またソードガンで攻撃を切り抜け、そして!

eg3-15.jpg

 ドラガン、撃破っ!!
 「黒曜石の薬きょう」、ゲット!

 ということで、ついに……!


eg3-9.jpg

 「過去を始末する弾」、完成っ!!!  やっふー!!


最終局面! パイロットの過去!


 ドラガンをはじめて倒し、「過去を始末する弾」が完成した57回目のチャレンジ!
 弾を手に入れたあと、そのままドラガンの間を越えて最奥部へ進むことができました。

 その先に広がる異空間の向こうに、巨大な宝箱! 開封!
 光とともに浮かび出でたのは、そう、「過去を始末する銃」!
 前回、鍛冶場が5層だったから最後って感じしなくて6層まであるとか思ってましたけど、ここがもうラストでした! やった!

eg3-10.jpg

 弾を込めた銃の力を使い、ついに過去を始末するときがやってきました!
 トリガーを引き、時空のゆがみに飛び込んだその先は……!


eg3-12.jpg

 パイロットはかつて、宇宙で海賊稼業のようなことを働いていたようです。あっ世界観わりとSFです!
 仲間とともに、漂流した宇宙船の残骸から、ヘゲモニー帝国の物資を不法に回収していました。青いほうがパイロット!
 しかしこの直後、ヘゲモニー帝国の巨大戦艦に発見され、拿捕されそうになってしまいます!
 仲間はパイロットに、自分の回収を待たずにワープで逃げるように言います。

 ここがパイロットの、始末したい過去!
 本来のパイロットは、どうやらここで自分だけワープで逃げてしまったようです。
 選択肢が出て、もちろんここは逃げないことを選択! 今こそ過去を変える時です! さあ、あとはエンディングイベ……


eg3-11.jpg

 と、提督風の凛々しい老齢の女性のカットインが入って、


eg3-13.jpg

 ボス戦が始まってしまいました。ん?
 いきなりここで、いわゆるふつうのシューティングゲームみたいな戦闘機での操作に突入。
 ドッジロールができないことに気を取られているうち、提督風の凛々しい老齢の女性が指揮する艦隊の攻撃がどんどん当たってしまいます。
 3つ用意されていたハートが削れる中、応戦。しかし削り切るには、いささか体力不足。
 いやでもこれもうイベント戦みたいなもんでしょうし、この提督風の凛々しい老齢の女性なんだかんだ優しそうだし、負けてもイベント進むとか、もっかいやり直しができたりす



eg3-14.jpg
 
 ばばあーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!

 いや聞いてない! それは聞いてない! こういう感じだとは聞いてない!!
 こんなん過去を始末する銃じゃないですやん! 過去を始末するチャンスができるけど下手すると自分が始末される銃ですやん!

 ということで、まさかのドラガン撃破後、おそらく最終局面での過去シーンでゲームオーバーになってしまいました!
 冷静に戦えばなんとかならなくはなさそうでしたけど、そもそもドラガン倒せたのは完全にソードガンのおかげなところあるので、これは過去始末できるのいつになるやら! もうあの紫船のZさんとかいう人いいんじゃないっすか! だめか!
 

軽くまとめ


 そんなわけで、過去の始末、ならず! です!
 でも、ラストに自分の力で過去を変える専用バトルがあるっていうのは熱いです!
 各キャラの設定や変えたい過去については、最終局面まで基本的に一切語られないので、これは他のキャラもどんな感じなのか気になってしまいます。ともあれまずはパイロットかな?

eg3-5.jpg

 思ってない思ってない割りますよこの!
 
 なんかこういう高難易度モード? 的なものを起動してくれるっぽいキャラとも出会いましたし、とりあえずは大ボスであるドラガンを一度撃破できましたけど、まだまだここからという感じです。
 なんとかこうソードガンみたいな抜け道に出会えることを祈りつつ、また潜れればと思います! 普通に弾幕避けようとは思わないスタイル!

 それでは、今日はこのへんで。お店に置いてある9999コインの売り物、あれは一体! 普通じゃ絶対買えなさそうですけど!


web拍手 by FC2
Enter The Gungeon 第2回プレイ日記!
eg2-4.jpg

 ガンジョン、潜ってます!
 激しい弾幕を放ってくる敵のところだと、どうしても処理オチしてしまいますね!
 スイッチのTVモードならましになるのかな、とも思うんですけど、携帯モードでのプレイがあまりに馴染みすぎていて、今のところは携帯モードのみで遊んでいます。
 携帯モードとインディーズソフトの相性、本当に良いです! スイッチがなかったら、インディーズタイトルに興味を持つこともあまりなかったかもしれません。
 他にも注目している作品はいくつかあるんですけど、とにかく今はガンジョンですガンジョン!


5層到達! それは豆腐じゃないんです!


eg2-6.jpg

 これまでのチャレンジ回数は、40回弱というところ。
 そのうち33回目で、はじめて4層のボスを倒し、ついに第5層……チェンバー5に到達しました!
 しかし4層ボスで体力を削られ、初の5層で攻撃を受けて満身創痍になり、最期は半障害物のメタルキューブの角に頭をぶつけて死ぬというみじめもみじめなゲームオーバー! 「あっ」ってなりましたわ!


eg2-1.jpg

 今のところ、油断しなければおおむね3層までは行くことができて、3層ボスを倒せるかどうかは五分五分くらいです。
 4層ボスはまだ慣れない相手ばかりで、来れたとしてもほとんど負けてしまいます。
 「呪いの石像」強い! 倒せたときはなんか壁みたいなボスでした!

 深い層まで来ると、武器は充実することが多いんですけど、体力に不安を抱えるケースが多いです。
 こちらを追尾してこない、間をかいくぐるようなタイプの弾幕を不用意にもらってしまうことが多いので、これを減らしていかないとなと思います。あのちょいちょいっと移動するのがなっかなか正確に行かない!

 今のところ、基本的にはすべての部屋を探索してアイテムを集めてからボスに挑むようにしています。
 ただ、もちろん道中で攻撃を受けてしまうこともあるので、状況次第ではあえて探索をしないという選択肢もありなのかな、とか。
 ともあれお店で買うアイテムやキーの使い道といい、取捨選択の要素が分かりやすい形で提示されるのは、本作のゲーム性の高さをよく感じるところです!


軽く武器紹介!


 本作に登場するたくさんの武器から、気に入ったものをご紹介したいと思います!
 すごくいろんな種類があって迷ったんですけど、2つに絞りました!

eg2-2.jpg

 ひとつは「スナイパーライフル」!
 セミオートの銃で、早い弾速と長い射程、そして高威力かつ2体まで当たる貫通能力を持つ武器でした。
 この手の武器としては装填数が多くて、威力と貫通力のおかげで弾持ちも悪くなく、道中のメイン武器として大活躍!

 上に載せた、5層まで到達した33回目のチャレンジで手に取った武器でした!
 途中で弾がバウンドするパッシブアイテムを入手し、壁越しに攻撃できるようになったこともあり、すごく使い勝手がよかったです。5層まで行けたのはこの銃のおかげ!


eg2-5.jpg

 2つ目は「ソードガン」! 剣であり銃! とてもいい中二設定にしては色がちょっと意外!

 フルオートの連射タイプの弾が出て、無難に扱いやすい武器なんですが、これだけだと剣要素がありません。
 なにが剣かというと、リロード時に銃を振り回す動作になって、その間は敵の弾を切り払って跳ね返すことができるという!
 ボスの壁型の弾幕を抜けるときとかに使いやすく、このリロードを主軸に組み込んでボスを倒せたりしました。めっちゃかっこいいし実用的!

eg2-3.jpg

 ただ、説明文にあるように、どうやらこれ一種の呪いの武器みたいなやつらしく!
 手に入れると呪われるエフェクトが出て、何かしらの影響が発生するようです。
 過去を始末するまでは攻略情報は封印しようと思っているので、これがなんなのかはよく分かっていないんですけど、どうもこの手の呪い効果が発動したときは、赤黒い強化個体の敵キャラが登場しやすくなっているような……?
 倍の攻撃力を持つので、かなり厄介です。ボスもこの状態で出てくることあるのがヤバい!
 でも、今後もソードガン見たら絶対持っちゃいそうです! かっこいい!


軽くまとめ


 どうにか、一度は5層に行けたわけですが!
 どうもこれ、5層で終わりじゃないっぽいですね! 各層対応のアイテムが5で終わりっぽかったから5までだと思ってたんですけど考えてみたら最後はもうアイテムとか出ないか!
 5層、いや6層を目指して、少しずつやっていきたいと思います。

 最初は2層ボス突破が難しかったところから、なんだかんだで3層は歩き慣れるくらいまで来たので、アンロック要素と自分の経験の積み重ねでどんどんアベレージが良くなっていく感覚があってすごく楽しいです。
 実力的に、そろそろ伸び悩みそうな気もしますが! あっ操作そういうことじゃないっていうのがほんと多い!

 それでは、今日はこのへんで。すっかり言い忘れてたけどハンターからソルジャーメインに変えました! 各キャラクリアで何かアンロックとかもあるのかな?


web拍手 by FC2
モンスターハンター:ワールド 第8回プレイ日記!

イビルジョー、とうじょー!


mhw8-2.jpg

 でんでんでんでんでんでん…………

 はいどうも! 今回は久々にモンハンワールドです!
 歴戦古龍との戦いに明け暮れる日々からも、しばらくの日々が過ぎ。
 ここ最近、本作とは距離を置いていました。

 そんな折、3/22、大型アップデート第1弾が実施されました!
 モンハンとしては珍しい各武器のバランス調整が行われたのも大きな要素でしたが……。

 なんといっても、最大の目玉は新規追加モンスター「イビルジョー」!
 あの大食いさんが、ついに新大陸にも登場ということでした。
 ただ、いま通常個体のイビルジョーが一体追加されただけで、他にコンテンツの追加とかがない状態だと、あんまりやりたいこともないかな、と思って、3/22には特に触れないまま別のゲームを遊んでいました。
 ということでしばらくの間、わたしがイビルジョーの姿を見ることはなさそうだったんですが……?


サプライズ降臨、歴戦イビルジョー!


mhw8-3.jpg

 けさツイッターのトレンドを見ていたら、「歴戦イビルジョー」の文字が飛び込んできました。
 そう、3/24からのイベントクエストで、歴戦個体のイビルジョーと戦える「脈打て、本能」が配信!
 しかもなんと、完全なサプライズ配信でした! ふつうイベントクエストは公式ツイッターでかなり前から何度も告知して、プレイヤーに広く周知された状態で配信されるというスタイルなので、これは異例の展開!

 さらにこの「脈打て、本能」では、基本報酬にカスタム強化に使う竜脈石が出ることが判明!
 英雄の竜脈石になる「輝く竜脈石」も手に入るので、かなり嬉しい報酬内容になっています。

 このクエストの配信により、プレイヤー間で大きな盛り上がりが発生!
 その流れを見て、わたしも久々に本作を起動しました! イベクエは期間限定ですし!

 しかし、このクエストが盛り上がっているのは、様々な要素が絡み合ったうえでのこと。
 サプライズ配信・竜脈石の報酬、そして…………!


圧倒的暴君! ワールドのイビルジョー!


mhw8-6.jpg

 そう! その歴戦イビルジョー、めちゃくちゃ強い!! これこそが盛り上がりの源流!
 
 わたしは、通常のイビルジョーも今日はじめて出会いました。
 この時点で、色々びっくり! ワールドのイビルジョー、かなり動きが厄介になっている気がしました!
 体格が大きくなった気がするうえ、左右連続振り回しやしこ踏みといったおなじみの行動が軒並みリニューアルされて、過去作のままの感覚だと当たってしまう攻撃が非常に多くなっているように感じました。
 タックルも尻尾まで攻撃判定がぎっしりあって、位置だけで避けるのが困難な印象です。

 mhw8-4.jpg

 特に、尻尾回転攻撃が非常にきつい!
 まだ動きのクセを掴んでいないからということもあると思うんですが、発動が読めず、足元にいると確実に当たるような範囲になっているので、従来のように足元にがっつり張り付いて攻撃し続けることが非常に難しくなっているように感じました。

 他のモンスターの例にもれず、通常個体の攻撃力はカスタム強化が済んだ防具なら非常に軽くなっています。
 しかしはじめての狩りでは、通常個体にも関わらず起き攻めに次ぐ起き攻めでやられてしまうという事態に!
 
 そして通常個体にも慣れないまま、勇み足で歴戦イビルジョーに挑んでみると!
 そこに待っていたのは、まさしく地獄絵図でした……!

mhw8-5.jpg

 とにもかくにも、通常個体のやさしさであった攻撃力が激増!
 ライトボウガンで行ったのでガンナーなんですが、防御450でも大抵の攻撃で5~6割持っていかれる超威力!
 ドスジャグラスを装備して叩きつけてくる攻撃では8割クラス、新技の地面ヘッドバットではおそらく体力200でも即死じゃないかというほどのえげつないダメージを叩き出してきて、とんでもないことになっています。

 怒り状態での行動間隔が非常に短く、食らいやすいのに食らったらやばい攻撃を矢継ぎ早に繰り出してくるので、ちょっと気を抜いて一撃もらってしまうと、そこからもう回復を許してもらえないままやられてしまう、ということが非常に起こりやすくなっています。

 初回では、2乙しながらギリギリで撃破!
 その後も、一度も乙せずに倒せたほうが少ないくらいの感じでした。
 いやこれは、本当に思っていた以上です! 耐久力も含めて、歴戦古龍などは目じゃない強さ!
 イビルジョーって、設定上は非常に強力なモンスターなんですけど、4やクロスだと片手剣で足元に張り付いて回避力にモノを言わせながらずばずば切ってるだけで大抵どうにでもなっていたので、時間はかかるけれどあまり強い相手という印象がありませんでした。
 だから今回のイビルジョー追加というのもそれ自体ではさほど大きなインパクトを感じなかったんですけど、今回で完全にそのイメージがひっくり返された感じです!


おねがい回避性能! 対ジョーのライトボウガン装備!


mhw8-1.jpg

 ライトボウガンの装備、歴戦イビルジョー向けに組んでみました!
 バランス調整は一切なかったけどそれはつまり完成度の高い武器ってことなんです! そうなんです! どこでもいいからいじって!
 武器は破滅の引金、つまり通常弾運用です!

 汎用装備に入れている耳栓を抜いて、かわりに回避性能を組み込んでいます!
 初回やってみて、とにかくコロリンの無敵時間が足りない印象が強くて、これは久々に回避性能の出番かなと!
 4やクロスでは回避性能とかブシドーを使いまくっていたんですけど、ワールドは火力や耳栓をつける構成に慣れ切っていたので、回避性能の必要性を感じたのはかなり久々です。

 3くらいでもいいかなと思ったんですが、構成上5まで入れてみることに。
 さすがに、かなり避けられるようになります! タックルの回避が非常に安定しますし、左右振り回しもジョーの身体にくっつきながらぬるっと避けられる! ブレスも大丈夫です。
 ただ、攻撃の出が非常に早いものがあるので、反射が追い付かずに回避をする前に攻撃をもらってしまうこともありますし、間隔が短いので回避で避けたあとの硬直時間に次の攻撃を入れられることがあったりして、過信はできないと感じます。
 ライトボウガンの回避がクセがあるので、これが全部コロリンだったら……と感じることはありますね! ステップとスライディングも、うまく使っていきたいところです。

 この装備で、一番早いときで16分くらいで捕獲ができました。遅いと20分くらい!
 3乙しないために、「不屈」はソロなら絶対に入れときたいですね! 2乙後なら攻撃はもちろん耐久も多少マシになります!


軽くまとめ


 ということで、久々のモンハンワールドで尋常ではないジョーに会ってきました!
 討伐時間がかかりますし、3乙の危険もあり、その上でそこまでボロッボロ英雄石が出まくったりするわけでもないので、実質的に歴戦古龍を回すのに対してアイテム集めの効率がいいかどうかは、結構わからない部分も大きいです。こっちだと珠は出ないですし!

 でも、報酬がしっかりしている強敵と戦う、っていうのは、やっぱり遊びとして素晴らしいですね!
 先ほども書いたように、強敵かつ竜脈石も狙えるからこそ、盛り上がって受け入れられたんじゃないかと思います。
 強敵とはいえ、さすがに過去作のギルドクエスト・極限・二つ名クラス・超強いイベントクエストほどにはヤバい相手ではなく、手の届きやすいレベルの強さだというところもミソかもしれません。
 たまにでいいので、今後もこういう強くて稼げる相手と戦えるクエストが出てくれると嬉しいかもです!
 さらに、チャレンジ用の超強力個体みたいなのもいずれは……! 今回はちょっとそういうのもやってみたいかも! 口だけで終わる可能性大ですが!
 大型アップデートは、第2弾が4月に予定されているようなので、それもまた楽しみです!

 それでは、今日はこのへんで。これ歴戦怒り喰らうイビルジョーとかもあり得るんでしょうか……。か、か、かっかってこいっ!!

web拍手 by FC2
Enter The Gungeon 第1回プレイ日記!
eg1-1.jpg

 こんばんは! また見慣れない絵が!
 今回は、Switchで配信中のDLソフト、『Enter The Gungeon』(エンターザガンジョン)をはじめてみました!
 ゴルフストーリーを終えて、同じようにスイッチで評判の良いインディーズソフトの情報をいくつかピックアップした中から、特に興味を惹かれたのがこのタイトルです。
 価格もゴルフストーリー同様、1500円! お手頃!
 こちらはPCをはじめとした他機種版がすでに発売されていて、スイッチ版も2017/12/21には配信開始されていました。
 
 謎の力を持った弾丸によって、銃や弾丸にまつわるモノがひしめくように作り変えられた迷宮が舞台。
 迷宮の最下層には、「過去を始末することができる銃」が眠るといわれ、その銃を求めて迷宮に挑む冒険者たちが主人公。
 はたして、迷宮で待ち受けるものとは! そして、過去を始末することはできるのか!


弾幕シューティング×不思議のダンジョン!


eg1-5.jpg

 ゲームの概要を一言で説明すれば、「弾幕シューティングゲームと、不思議のダンジョンのミックス」です!
 プレイヤーは小部屋と通路で構成されたフロアを、出現する敵と戦いながら探索していきます。
 出現する敵は、シューティングゲームのような弾丸を発射して攻撃してきます。
 それを避けつつ、こちらも銃で射撃をして敵を撃破!

 移動操作は左スティックで、360度自由に動けます。
 同時に、照準操作を右スティックで行い、キャラクターの移動方向とは関係なくこちらも360度自由に狙うことができます。
 動きながらの射撃で回避と攻撃を同時に行うことができ、最低限慣れさえすれば、操作感はかなり快適な印象です。


eg1-3.jpg

 全部で5層? の階層が存在するようで、各階層のボス部屋でボスを撃破すると次の階層へ進めます。
 一方、ハートが尽きて倒されてしまうと、即ゲームオーバー! 
 手に入れたものをほぼ全て失い、最初からやり直しになってしまいます!


eg1-4.jpg

 そして、小部屋と通路の構成・出現する敵・手に入るアイテムの配置は、毎回ランダム!
 これこそが不思議のダンジョン、いわゆるローグライクと言われる部分になります。
 ボスも各階層ごとに数種類がランダムで出てくるので、待ち受ける障害のバリエーションがかなり豊富!


eg1-6.jpg

 驚いたのは、その圧倒的な物量!
 プレイヤーが扱うにはいろいろな種類があるんですが、その総数がすごい!
 この欄のサイズに対して、右のスクロールバー……。シルエットだけなら大半は見ることができるんですが、ものすごい数です。
 おそらく階層ごとに手に入る銃の種類は変わってくると思うんですけど、序盤しか見てない現状でもひとつ前のプレイと銃が被ることがめったにないのがすごい!

eg1-2.jpg

 銃の種類も様々で、通常の弾丸・光線銃・火炎弾・ロケットランチャー・メールボックス(?)・Tシャツ発射装置(!)など、定番からネタまでなんでもあり!
 性能もそれぞれ個性的で、チャージが必要だったり最後の1発だけ強力だったりと、独自の特徴を持ったものも数多く、決してガワだけが豊富というだけじゃないのが素晴らしいところです。

 銃だけでなく、冒険をサポートするアイテムも多種多様!
 能動的に使用する「アクティブ」、持っているだけで効果を発揮する「パッシブ」と2つの種類があり、それぞれに面白いものが色々あります。
 手に入るアイテムも毎回ランダムなので、思わぬ強力な性能を持ったアイテムと出会えたときの喜びも魅力的!


 毎回ゼロからのスタートになる不思議のダンジョン系ゲームなので、積み重ねていくものがないのかな?
 ……と思ったら、そんなこともなく!
 ボス撃破時に少量手に入る通貨を使って新しい武器やアイテムをアンロック(すると、次からランダムでダンジョンに出現するようになる)したり、探索中に人と出会うことで新たな要素を解放していけたりと、繰り返して遊ぶことで少しずつ遊びが拡張されていく要素も、しっかり用意されています。

 ランダム要素のバリエーションに積み重ねの要素も組み合わせて、非常に高いリプレイ性を実現していると感じました!
 ならばどんどん、挑むのみです!


当たって砕ける! 高難易度バランス!


 さて、というわけで、潜ってみたわけです、ガンジョン!
 シューティングゲームはあんまり馴染みないですけど、まあほら!

dq422-6.jpg

 ついこの間も、弾幕じみたものやりましたし!
 弾の3つや4つ、いや7つ8つ9つ、すいすい避けてやりますとも! さあかかってこい!


eg1-7.jpg

 ねええええいくつあるのこれええええええええええ!!

 やばい! 弾幕やばい! こわい!
 ずいぶん昔、東方シリーズを数時間くらいだけやったことがあったので、弾幕というものを見るのが初めてではないですし、自分に近い弾さえ避ければいいということも分かっているつもりではあるんですけど、これはこわい!

eg1-9.jpg

 初回のプレイでは、あえなく第2層のボス「ゴルガン」にやられてしまいました。

 このゲーム、基本的にはかなり歯ごたえがあるみたいです!
 道中の敵もしっかりこちらを複数の弾で攻撃してくるものが多く、ちょっと集中力が切れるとあれよあれよと被弾してハートが削れていってしまいます。
 回復手段はあるにしろ決して豊富ではないので、常にしっかりと相手の弾を避けつつこちらの弾を当てていくのが基本です。
 無敵状態になれるローリングもありますが、弾幕の中で一定距離を移動するため、かなり扱いが難しい!
 2層の段階でも、かなりの歯ごたえを感じさせてくれています。

 ただ今回、難しいのは分かっていた上で買いました! 評価している人がほぼみんな難しいって言ってた!
 まともに遊べるかどうかかなり不安もありましたし、実際やってみても歯ごたえがすごいですが……。
 やっていて、「自分が上手くなれば行けそう」感がすごいんですよね! ランダム要素多いけど、死ぬのは自分のせいとしか感じない!
 操作感が良いこともあって、もっと操作に慣れて突破できるようになりたいと思わせてくれますし、リプレイ性の高い仕組みが、壁にぶち当たってもどんどん次への挑戦を促してくれます。
 決してただいたずらに難易度が高いとか、理不尽な難しさで出来ているというわけではなく、プレイヤーの挑戦心を掻き立てることを強く意識した、高いクオリティで調整された高難易度のバランス設定。
 それが、本作の大きな魅力ではないのかなと感じます。いやえらそうなこと言って弾幕ひたすらこわいですけど!!


軽くまとめ


eg1-8.jpg

 10回目の挑戦で、どうにかこうにか因縁のゴルガンを倒し、3層まで進むことができました! 死んだ!
 いつまでかかるか到底分かったもんじゃないですけど、過去を始末できるよう繰り返して遊んでいきたいなと思います。
 能力が少し異なる4人のキャラを選択できるんですが、わたしは「ハンター」が気に入ったので、とりあえずハンターで繰り返し遊んでいます。一緒についてくるペットみたいなのがアイテム見つけてくれるのがとても助かる!

 初回の所感としては、予想以上に面白い! です!
 シューティングゲーム慣れしていないのが不安だったんですけど、自分が360度動けてスクロール型じゃないからか割とアクションゲームの感覚で遊ぶことができて、ジャンルずれを感じなかったのが大きいかもしれません。
 銃やアイテムの種類がぶわーっと多いのも大好物ですし、それが高いリプレイ性に繋がっているゲームとしての構成の良さもとても気に入りました。

 最近、どちらかといえば優しくクリアまで導いてくれるタイプのゲームを遊ぶことが多かった気がします。
 それでちょっと、自分から挑んでいくようなタイプのゲームがやりたくなったんですが、本作はその需要に真っ向から応えてくれている感じがします! このかかってこいや感がたまらない!
 まだ序盤の段階での感想ではありますが、同じように挑戦的なゲームを遊んでみたいという方、「弾幕シューティング×不思議のダンジョン」に惹かれる方は、チェックしてみるのもオススメします!
 オンライン要素は(たぶん)なく、マルチプレイはローカルでの2人プレイのみなので、そこはご留意ください!

 それでは、今日はこのへんで。チュートリアル部屋の入り口にいる人の青ニート感! 青いし!


web拍手 by FC2